俺の競馬の楽しみ方

ジョッキーを目指した男が趣味としてお気楽な立場で競馬を楽しむ日々


テーマ:
残口150口以下という警報が発令された本日、ずっと様子見していたケイティーズソレルに出資しました。




募集総額:2,200万円(一口:44,000円)
性別:牝   毛色:栗毛
生年月日:2015年1月20日
厩舎:関西 角田晃一 厩舎
生産:ノーザンファーム
父:ハーツクライ
母:ケイティーズベスト
母の父:ファルブラヴ
英語名:Katies Sorrel
意味:母名の一部+栗毛馬



昨日アップされた3月調教動画は、多くの様子見者の心を動かし、一気に残口点灯となるほど素晴らしい動きでした。



最近気付いた事は、
『脚が細いと、回転量が増し、キレのある脚を使える』
ということ。

ケイティーズソレル1歳時の測尺は
体 高:153.0 cm
胸 囲:176.0 cm
管 囲:19.3 cm
馬体重:432kg
※2016年9月中旬

19.3㎝という管囲はまず怪我の心配をしてしまうが、一方で「脚自体が軽いので、脚の回転数はその分上がる⬆」と思う。
特にブライトエンブレムやバレーロなどジリ脚の愛馬を多く持っている自分は、シュッとしたキレ脚を持つ馬にやられる事を痛感してきた。2・3歳戦は特にスローの一瞬のキレ勝負が多いので、キレる脚が使えないといくら底力があっても勝ち負け出来ない。


2017/03/02 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本、残りの日は軽めの調整
担当者「この中間は馬体の成長を促すために坂路調教を2本から1本に切り替えて調整しています。調教メニューを控えめにした効果で、少し引き締まり過ぎていた腹袋もふっくらとして、理想的なバランスに戻りました。坂路での動きから身体能力の高さを感じますね。素軽いですし、キビキビしており、動きにキレがあります。このペースでは余裕がありすぎるくらいの手応えで登坂しているので、すぐにでもペースアップできそうですが、現状、体が細くなりやすいタイプですので、馬体の成長具合をみて調教量を調整して対応しています。飼い葉も食べていますし、精神的にもそこまでカリカリするタイプではないので焦らず成長を促していけば見映えのする馬体に成長してくれると思います」馬体重440㎏


コメントからも調教動画からも、キレる脚が使えるのは明白キラキラ



調教動画は、最初の11月動画から素晴らしいフットワークで、脚の細さや馬体重の軽さなど微塵も感じさせない安定した重心と、スムースな脚の回転が光っていた。
ちょっとパワーというか荒さが物足りない感じがしていたが、それがついに昨日アップされた3月動画で、ガツンと荒さとキレが見える走りを見せてくれたのである。


もう全部揃ったのではなかろうか。


そしてある馬にタイプが似ていると思った。
父ハーツクライの牝馬。
440㎏前後の軽い馬体。
馬体のシルエット。


うん。ヌーヴォレコルト二世だわ。


馬体を比べると本当にタイプが同じで、見た目の迫力よりもずっと強い馬な気がする。「軽さ」「キレ味」を武器にするタイプですな。


1歳9月(募集時)

1歳10月

1歳11月

1歳12月

2歳1月

2歳2月

2歳3月


1歳時はポワーンとしたふんわり馬体だったのが、年明けて2歳になった頃から一気に削ぎ落とされ、競走馬体型に。それでも馬体重自体は横ばいなのだから、しっかりと筋肉が増えてきた証拠。
逆に心配された、立派な胴回りに対しての細い管囲という大きな怪我の恐れも、胴回りがシェイプされたことにより、緩和されたのではないか。なによりこれだけ腹が巻き上がってきていても、坂路での動きは全く非力さを感じず、チップに負けない安定感抜群のフォームで走れている事が素晴らしい。
繋ぎから蹄の角度も完璧で、だからロスなく推進力に活かせているかと。
前躯が深いのも、軽さの中にも重厚感が出ていてバランスが良い。全てが軽いとやはり弱くなってしまうから。




言わずと知れたこのケイティーズ一族からは、ヒシアマゾン、アドマイヤムーン、ゴーステディ、プレイ、ダガーズアラベスクなど輩出し、超一流馬に成れるだけの底力がある。

ヌーヴォレコルトやマリアライトのような近年流行りの『軽量女傑』を目指して頑張って~🎵



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
星出走頭数 10頭
星本年度戦績 42 戦 4 勝 (4-6-0-3-2-26)
星本年度獲得賞金 8,829万

花火優勝レース花火

2016-05-07 東京 芝2400
緑風S(1600万下)
サムソンズプライド

2016-07-03 函館 芝2000
3歳以上500万下(牝)
アグレアーブル

2016-08-06 札幌 芝1200
HBC賞(1000万下)
クードラパン

2016-10-15 京都 ダ1400
2歳未勝利
バレーロ



♂サムソンズプライド
1600万下→オープン
6歳牡馬 美浦・杉浦宏昭厩舎
2016年 9戦 1勝 1-2-0-0-1-5 3,558万
通算 40戦 5勝 5-4-7-1-2-21 1億2,386万

2016-12-25 中山 芝2500
有馬記念(G1)
16着 14人(180.3) 横山典 484kg 0万
 
2016-12-03 中山 芝3600
ステイヤーズS(G2)
7着 8人(42.6) 吉田豊 484kg 0万
 
2016-09-25 中山 芝2200
オールカマー(G2)
10着 9人(95.0) 横山典 472kg 0万
 
2016-09-04 札幌 芝2600
丹頂S(OP)
5着 8人(20.0) 福永 476kg 240万
 
2016-08-06 札幌 芝2600
札幌日経オープン(OP)
12着 5人(11.9) 柴山 484kg 0万
 
2016-05-29 東京 芝2500
目黒記念(G2)
8着 7人(16.6) 戸崎 476kg 0万
 
2016-05-07 東京 芝2400
緑風S(1600万下)
1着花火 3人(4.7) 田辺 482kg 1844万
 
2016-02-07 東京 芝2400
早春S(1600万下)
2着 1人(2.6) 田辺 478kg 736万
 
2016-01-09 中山 芝2200
迎春S(1600万下)
2着 4人(8.2) 田辺 482kg 739万

まさかの!愛馬MVPキラキラ
 最多賞金獲得(3,558万)
 最多出走(9戦)
 最多重賞出走(4戦)
 唯一のGⅠ出走(有馬記念)
予想以上の活躍ぶりにびっくりしちゃったよポーン
1600万下での安定した成績にもびっくりチュー
そしてラストサプライズの40戦出走記念・有馬記念にはびっくりしすぎた笑い泣き
数々の感動をありがとう笑い泣き



♂ヴィルトグラーフ
1000万下→引退(佐賀)
6歳セン馬 美浦・牧光二厩舎
2016年 1戦 0勝 0-0-0-0-0-1 0万
通算 30戦 3勝 3-2-3-3-3-17 3,584万

2016-01-05 中山 ダ1800
初日の出賞(1000万下)
12着 15人(189.3) 江田照 534kg 0万

残念ながら、1000万下では敷居が高く引退。
でも本当に残念だったのは、
最後の最後にようやく芝コースで初めての追切をして、
思った以上に芝での感触が良くて芝レースへの出走を示唆したのにも関わらず、
なぜかそのまま引退したこともやもや
おれは出資時から引退まで芝適性をずっと期待してたのに‼ムキー
もう絶対、牧厩舎には出資しません。
そして移籍した佐賀で長距離チャンピオンなうなのです🎵素晴らしいキラキラ



♂ワールドインパクト
1000万下→1000万下
5歳牡馬 栗東・友道康夫厩舎
2016年 1戦 0勝 0-1-0-0-0-0  609万
通算 10戦 2勝 2-5-0-0-0-3 5,589万

2016-08-21 新潟 芝2200
阿賀野川特別(1000万下)
2着 6人(12.8) 津村 516kg 609万

感動した笑い泣き上矢印
菊花賞以来、約2年ぶりの復帰戦で2着!!
しかも直線で一度先頭に立つ驚きのマクりを見せてのものだから衝撃びっくり
3歳時でまだまだ完成途上という評価だったので、6歳の来年は本当に飛躍を期待してまっせ炎
さっさか2勝してオープン馬になってGⅠ出走してくれっ上矢印



♂ブライトエンブレム
オープン→1600万下
4歳牡馬 美浦・小島茂之厩舎
2016年 3戦 0勝 0-0-0-0-0-3 0万
通算 10戦 2勝 2-1-0-1-0-6 7,373万

2016-05-08 東京 ダ2100
ブリリアントS(OP)
7着 4人(11.6) ルメール 490kg 0万
 
2016-03-12 中京 芝2000
中日新聞杯(G3)
10着 3人(7.6) ルメール 496kg 0万
 
2016-01-05 中山 芝2000
中山金杯(G3)
6着 2人(4.8) ルメール 492kg 0万

大変残念な1年でしたガーン
昨年の菊花賞で岩田Jの危険騎乗を受けて手綱を強く引っ張り、その後遺症で調子を崩すムカムカ
ダートなど無駄に使ってしまい、あげくに屈腱炎発症…。
今や皐月賞の1~6着馬はブラエン以外、全馬がGⅠ馬にチーン
うちは未勝利やチーンチーンチーン
来年中に復帰してください笑い泣き



♀クードラパン
オープン→1000万下→1600万下
3歳牝馬 美浦・久保田貴士厩舎
2016年 7戦1勝 1-1-0-1-0-4 2,805万
通算 11戦 3勝 3-1-1-1-0-5 4,514万

2016-11-06 福島 芝1200
みちのくS(1600万下)
8着 3人(7.2) 菱田 490kg 0万
 
2016-10-23 京都 芝1200
桂川S(1600万下)
8着 4人(5.6) 池添 490kg 0万
 
2016-09-24 中山 芝1200
セプテンバーS(1600万下)
2着 6人(13.1) 吉田隼 496kg 740万
 
2016-08-06 札幌 芝1200
HBC賞(1000万下)
1着花火 6人(12.6) 菱田 492kg 1535万
 
2016-06-05 東京 芝1400
由比ヶ浜特別(1000万下)
11着 9人(31.5) 村田 492kg 0万
 
2016-03-13 阪神 芝1400
フィリーズレビュー(G2)
17着 6人(14.8) 田辺 480kg 0万
 
2016-01-11 中山 芝1600
フェアリーS(G3)
4着 4人(8.0) 田辺 482kg 530万

こちらにも驚かされました上矢印
パンチ不足で実力不足が明らかになり、このまま引退まで活躍できず…と思っていたら、
まさかの初1200でいきなり優勝!びっくり
そして次走の昇級戦でいきなり2着!
来年は短距離重賞に顔を出せるくらいになってね~デレデレ



♀アグレアーブル
500万下→1000万下
3歳牝馬 美浦・斎藤誠厩舎
2016年 3戦 1勝 1-0-0-0-0-2 750万
通算 5戦 2勝 2-0-0-0-0-2-1-0-0 1,450万

2016-07-03 函館 芝2000
3歳以上500万下(牝)
1着花火 2人(4.2) 岩田 492kg 750万
 
2016-05-21 東京 芝1800
カーネーションカップ(500万下)
6着 1人(1.9) 福永 486kg 0万
 
2016-04-24 東京 芝2000
フローラS(G2)
6着 5人(8.1) 岩田 492kg 0万

まさかの期待外れに肩すかしを喰らいました風鈴
オークスではなくダービー!とか言ってた頃が懐かしい。
学んだのは、いくら身体のパーツパーツが迫力あって素晴らしくても、まとまりがなければ噛み合わないということ。
走り方がバラバラな感じですな。
もはや岩田の"元彼女"に成り下がり??



♀シロインジャー
新馬→引退
3歳牝馬 栗・吉田直弘厩舎
2016年 4戦 0勝 0-0-0-1-0-3

2016-09-24 阪神 ダ1200
3歳未勝利
15着 9人(25.2) 鮫島駿 528kg 0万
 
2016-07-23 函館 芝1200
3歳未勝利
4着 11人(37.0) ティータ 534kg 72万
 
2016-06-04 阪神 ダ1400
3歳未勝利(牝)
15着 5人(11.6) 戸崎 530kg 0万
 
2016-03-19 阪神 ダ1800
3歳新馬
14着 4人(7.6) ルメール 526kg 0万

愛馬史上最悪の人災でした。
この戦績でなぜ芝を1度しか走らせなかったのか。
ハービンジャーはダート走らないという有名な定石があるのに。
最後の無責任出走レースドタバタ劇はなんやねん。
貴重なユキチャンの初白毛仔にここまで酷い扱いをしたことで、
「吉田厩舎というだけで馬体も見ずに出資検討外」という一口馬主常識が作られましたね。



♂バレーロ
新馬→500万下
2歳牡馬 栗・高野友和厩舎
2016年 4戦 1勝 1-1-0-0-1-1 770万

2016-11-12 東京 ダ1400
オキザリス賞(500万下)
12着 2人(5.9) Mデムー 472kg 0万
 
2016-10-15 京都 ダ1400
2歳未勝利
1着花火 1人(1.3) 川田 470kg 500万
 
2016-09-10 阪神 ダ1400
2歳未勝利
2着 1人(2.7) Mデムー 468kg 200万
 
2016-07-16 中京 芝1600
2歳新馬
5着 4人(7.0) 武豊 456kg 70万

出資時からの期待に応えて3戦目で勝ち上がり上矢印
しかし精神的に疲れてしまったのか、走る気を無くした模様。。。
まだまだ色々な工夫をして、可能性を見出だして欲しい。



♀スカイノーヴァ
新馬→未勝利
2歳牝馬 美・藤澤和雄厩舎
2016年 1戦 0勝 0-0-0-0-0-1 0万

2016-10-30 東京 芝1800
2歳新馬
8着 3人(6.5) 戸崎 434kg 0万

出資時は480㎏あったはずが、坂路調教開始してすぐにまさかの激ヤセゲッソリ
そして現れたのが、うすーい馬体滝汗
案の定、調教も手応えいっぱいいっぱいで、明らかにパワー不足ドクロ
どこまで良化できるか。


♂クレッシェンドラヴ
新馬→未勝利
2歳牡馬 美・二ノ宮敬宇厩舎
2016年 3戦 0勝 0-0-0-0-1-2

2016-12-17 中山 ダ1800
2歳未勝利
10着 4人(13.3) 蛯名 498kg 0万
 
2016-11-20 東京 芝2000
2歳未勝利
7着 4人(6.4) 蛯名 494kg 0万
 
2016-10-22 東京 芝2000
2歳新馬
12着 1人(2.8) 蛯名 486kg 0万

馬体写真を見て一目惚れしラブ
迷いなく広尾に入会して出資!!!
生で見てもオーラ漂う素晴らしい馬体で、ダービーを勝てるんじゃないかと照れ
そして美浦でも他馬を子供扱いするほど抜群の調教を連発上矢印上矢印

ところがーーーっっっ!!

まさかのレースで不発ポーンゲッソリチーン
しかも3戦続けて滝汗笑い泣きゲロー
アグレの時も岩田Jが調教の時点で一目惚れして話題になって案外だったが、調教と実戦は全く別物ということを、恐ろしいほど思い知らされた馬でした。
競馬の難しさ、学びました。。。



ということで、

2016年の目標は1つも達成されずアセアセ
期待馬の不発・戦線離脱が痛すぎました。
順調に使えることが最重要ということをサムソンズプライドが教えてくれました。

ということで、2017年の目標は!

星年間出走60戦
星年間勝利7勝
星重賞出走15戦
星重賞勝利

の4つをリアルな目標とします炎



ちなみに、
2016年 42戦 4勝 4-6-0-3-2-26 8,829万
2015年 43戦 4勝 4-5-5-5-5-19 1億0,756万
2014年 44戦 5勝 5-3-8-1-1-26 1億2,256万
ですえーん
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ミスティックリップスの15
に出資してました♪


募集総額:2,500万円
一口出資額:50,000円
性別:牡  毛色:鹿毛
生年月日:2015年2月24日
厩舎:関東 武井亮 厩舎
生産:ノーザンファーム
父:オルフェーヴル
母:ミスティックリップス
母の父:ジェネラス

2016/12/01 <所有馬情報>
調教内容:周回コースでハロン25秒のキャンター2500m
担当者「初期馴致を終え、現在は周回コースでの調教を開始していますが、馬体・脚元など特に心配なところはなく順調に進められています。本格的に乗り出してから全体的な筋肉量が増えてきた印象がありますね。こちらに移動してきた頃に比べても、落ち着きが出てきましたし、気性面の成長も窺えます。今後は坂路調教も取り入れていく予定です」馬体重436㎏



2016/11/01 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
担当者「馴致は現在、鞍とサイドレーンを装着してウォーキングマシン60分の運動を行っています。脚元や体調面に特に問題はなく、カイバ食いも良好です。オルフェーヴル産駒らしく、少し頑固なところがありますから、この先も注意して丁寧に扱っていきたいと思います。今後はタイミングを見ながら、人を乗せてのロンギ場での運動に移行していく予定です」馬体重436㎏



 11日(火)に北海道・ノーザンファーム空港へ移動しています。

2016/10/07 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファームYearling
Yearling担当者「順調に夜間放牧を行っています。スラリとして華奢に見えた馬体も、ひと夏を越してしっかりと筋肉が付き、立派な体に成長してきました。馴致も順調で、洗いや鞍付け、人が跨って厩舎内の廊下を歩くところまで進められています。たまに敏感なところを見せていますが、特に問題なく進められていますよ」馬体重435㎏

 測尺(2016年9月中旬)
体 高:155.0 cm
胸 囲:174.5 cm
管 囲:20.1 cm
馬体重:437kg



一次募集期間で地味に人気して
ギリギリ満口になったこの馬ですが、
ギリギリ実績で出資できましたおーっ!

だ~いぶ経ってからの告白には特に意味はありません笑

別にオルフェ初年度だから選んだ訳ではなく、単純に馬体にしっかりしたブレない芯を感じたから。
筋肉タイプではないのに体幹がブレない不思議な歩様に惚れましたポーン
ちょっとストライドの伸びが無さそうな気もしましたが真顔


そして馬名応募に向けて色々考えて調べてましたが、なかなかこれぞといった名前が見つからず、もういいかなとギブアップする寸前、本日募集締め切り20分前になんとか決定してポチッと送ったのがこの馬名………




ミスティックオーヴ
Mystic Orb

意味・由来:神秘的な宝珠(父名の金細工と関連する宝珠と母名から)



とにかく、母系一族みな頭文字が「」から始まる流れを継ぎたかったのが1番!

そして、オルフェーヴル初年度産駒ということでゴールデンサッシュ・ステイゴールドから続く「」の父系一族の流れも入れたかった!!

探しに探したけど、ミスティックの後には3文字しか残っておらず、なかなか3文字で響きが良くて意味が合う単語が見つからず滝汗

でも「ミスティックオーヴ」なら響きもカッコいいし、実況でもハッキリと聞こえるルンルン

宝珠を画像検索したら金をふんだんに使った神秘的な物体がわんさか出てきて、これなら母名のミスティック=神秘的と、父名のオルフェーヴル=金細工職人とがピタリと合う雷
しかも「オルフェーヴル」を縮めると「オーヴ」になるところまで完璧や~チュー




あとはシルクさんのセンスを信じるのみ。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
晴れスカイノーヴァ
2歳牝馬・関東 藤澤和雄 厩舎
父:ステイゴールド 母:スカイディーバ

 10/30日(日)東京5R メイクデビュー東京〔芝1,800m・11頭〕54 戸崎圭太 発走12:20

2016/10/26 <所有馬情報>
次走予定:今週日曜の東京・芝1,800m〔戸崎圭太〕
藤沢和雄調教師「先週の時点で態勢は整っていたので、今週の追い切りは坂路コースで終い重点に行いました。調教を重ねる毎に動きは上向いてきましたし、初戦から良いところがあると思いますよ。少しやんちゃなところがあり、特に全休日明けは跳ね回っていますが、それぐらい元気がある方がいいと思います」
調教助手「追ってからの反応がまだ物足りないものの、全体的な動きは水準以上のものがあります。調教を進めるにつれ、徐々に子供っぽさが抜けてきて、乗り手とのコンタクトが取れるようになってきました」

 上野翔 10.26南坂良 57.2- 41.2- 26.3- 12.4 馬なり余力

2016/10/20 <所有馬情報>
藤沢和雄調教師「19日にWコースで追い切りました。内から追走・同入しましたが、楽な手応えで動いていました。調教の動きも徐々に上向き、出走態勢が整ったと思っていたのですが、残念ながら除外となってしまいました。もう一度予定を組み直します」

 10/22日(土)東京4R・芝1,600m〔54 C.ルメール〕に出馬投票しましたが、非当選で除外となったため、来週の東京・芝1,800mに回る予定です。

 上野翔 10.19南W良 55.6- 41.3- 13.2[7]馬なり余力
  レッドソレイユ(障未勝)馬なりの内を0.6秒追走同入

22日(土)東京4R・芝1,600m〔54 C.ルメール〕(除外の可能性があります)

 杉 原 10.14南W良 57.3- 42.5- 13.1[9]直強目追う
  デルカイザー(古1000万)馬なりの外を0.6秒追走0.6秒先着

2016/10/13 <所有馬情報>
藤沢和雄調教師「引き続き順調です。今週は変則日程なので、月曜に時計を出し、後は週末ぐらいにやる予定です。飼い葉は良く食べていますし、体調面は良好です。予定通り来週の競馬に向かえるでしょう」

 五十雄 10.10南坂良 58.1- 42.3- 27.4- 13.1 馬なり余力
  ダノンスウィート(新馬)馬なりに0.8秒先行0.2秒遅れ

2016/10/06 <所有馬情報
次走予定:10月22日の東京・芝1,600m(牝)〔戸崎圭太〕
藤沢和雄調教師「6日に坂路コースで時計を出し、新馬同士で併せ、先行・同入しました。まだかったるい感じがしますが、動き自体は悪くありません。ただ気性的にはまだ子供で集中力があまりありません。このまま進めて東京3週目の牝馬限定戦でのデビューを予定しています。あと2週あるので、十分間に合うと思います」

 助 手 10. 6南坂良 55.6- 40.3- 25.9- 12.8 強目に追う
  シンボリバーグ(新馬)馬なりに0.3秒先行同入
 杉 原 10. 2南坂稍 56.8- 41.2- 26.0- 12.7 馬なり余力
  ダノンスウィート(新馬)馬なりに0.6秒先行同入

2016/09/29 <所有馬情報>
調教助手「先週の金曜にゲート試験に無事に合格しました。28日に坂路で終い15-15程度の時計を出しましたが、初めてにしては良い感じで動けていました。まだ目途は立ちませんが、この後の状態を見ながらこのまま競馬まで行くか、一旦放牧に出すか判断することになると思います」

 助 手 9.28南坂良 64.2- 47.2- 30.5- 14.9 馬なり余力

 23日(金)にゲート試験を受けて合格しています。

2016/09/22 <所有馬情報>
藤沢和雄調教師「入厩後も順調に調整されています。まだ幼く、やんちゃな面を見せていますので、ゲートは慎重に進めていますが、近い内にゲート試験を受けられると思います。動きはいいですし、素質は秘めていると思いますよ」


2016/09/15 <所有馬情報>
調教内容:坂路コースでキャンター/ゲート練習
藤沢和雄調教師「まだ入厩して間もないので仕方のないことですが、チャカチャカして落ち着きがなく、子供っぽいところを見せています。ゲート練習は順調に進んでいますし、すぐに試験はパスするでしょう」
杉原誠人騎手「まだ精神的に幼さが残り、ゲート練習も気を付けて行っています。背中の感触は良いですよ」

2016/09/08 <所有馬情報>
在厩場所:8日に美浦トレセンに入厩 
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週2回坂路コースで15-14
天栄担当者「こちらの環境にも慣れて、調教では集中して走れるようになってきました。まだ体力が付き切っていなくて、坂路コースでは最後の方は手応えがなくなってしまいますが、ゲート試験まででしたら問題なく行けると思います」

 8日(木)に美浦トレセンへ入厩しています。

2016/09/02 <所有馬情報> 
調教内容:周回コースで軽めのキャンターと週1回坂路コースで15-15
天栄担当者「特に問題なく、木曜から坂路コースにも入れています。まだ環境に順応していないせいか集中できていない面がありますが、坂路の動きにはさすがと思わせるものがあります。ストライドが大きく、騎乗者も背中が良いと絶賛しています」馬体重464㎏

2016/08/26 <所有馬情報>
在厩場所:福島県・ノーザンファーム天栄 
調教内容:周回コースで軽めのキャンター
天栄担当者「こちらには熱発もなく無事に到着し、周回コースで軽めの調教を始めています。環境の変化のせいか調教中は集中できずにチャカチャカしているので、まだ本来の動きは分からないですが、そういう状況でも素質の高さが窺えますね」


 23(火)に福島県・ノーザンファーム天栄へ移動しています。

2016/08/19 <所有馬情報>
担当者「この中間も順調に乗り込みを進められています。馬体重476㎏と数字が示すように、以前に比べてずいぶんと馬体がしっかりとしてきて、それに伴い坂路での動きも良くなってきています。相変わらず乗り味が良く、センスを感じる馬ですよ。素質はいい物を持っていると思うので、上手く成長させていけるように調整していきたいと思います」




2016/08/05 <所有馬情報>
担当者「この中間も同様のメニューで調教を行っています。休むことなくコンスタントに乗り込んでいますが、脚元含めて特に悪いところもなく順調に進められていますね。気性面で難しいところがありますが、その辺りも徐々に成長してきています。秋の移動を目標に今後も乗り進めていきます」馬体重463㎏


2016/07/22 <所有馬情報>
担当者「この中間も同じメニューですが、コンスタントに乗り込んみながらまた馬体重が増えているように、成長の真っ最中という感じですね。見た目にだいぶ競走馬らしい体つきになりつつありますし、動きも徐々に余裕が出てきました。この夏でさらに良くなってくれそうですので、今後もしっかり乗り込んで鍛えていきます」馬体重466㎏

2016/07/08 <所有馬情報>
在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
調教内容:ウォーキングマシン60分、週2回屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本、残りの日は周回コースでハロン18~20秒のキャンター2,400m
担当者「特に悪いところなどもなく順調に調整しており、引き続きハロン15秒のメニューをこなしています。馬体が成長して以前より動けるようになっているのは良いことなのですが、気性面ではまだ幼さが残っていますので、調教中も普段もしっかりコントロールして、心身ともに成長させていきたいですね」馬体重460㎏



先週のクレッシェンドラヴに続き、今世代出資馬がデビューを迎えます!
牝馬なのに募集額3200万円のスカイノーヴァ♀

しかしながら、1歳冬に調教を始めるやいなや、大きかったハズの馬体がみるみる細くなり脂肪が取れて現れた馬体は、なんと薄っぺらな筋肉。。。
ここまで華奢な馬体とは分からなかったなぁ。。。

その不安通り、坂路調教も非力で時計を出せず手応えも一杯一杯ゲッソリ

これじゃもう期待出来るわけがないと、半ば諦め気味でNF天栄に移動。

なぜか背中の良さを絶賛されるものの、
美浦へ入厩するとやはり非力で坂路で手応えが無くなるというコメントチーン

デビュー前の追い切り映像を見たが、以前よりは確かに良くなっているものの、やはり全体時計は相当軽め。藤澤厩舎だからというのもあるが、併走馬に比べて余裕がない滝汗


それなのに前日オッズは単勝7.8倍ポーンポーンポーン


東京芝1800やぞ。。。


馬名カッコ良すぎるやろ……ゲロー


とにかくできるだけがんばれ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
晴れクレッシェンドラヴ
美浦 二ノ宮敬宇厩舎
牡2歳 鹿毛 2014.04.14生 新ひだか産
父:ステイゴールド 母:ハイアーラヴ (母の父:Sadler's Wells)
販売総額 3,200万円 / 総口数 2000口
一口価格 16,000円

16.10.20
 10月22日(土)東京5R 2歳新馬(芝2000m)に蛯名正義騎手にて出走予定。
今週の追い切りも相手がついてくるのに苦労する形。ちゃんと水準以上の動きが出来ていますよ。直線でも伸びていましたが、そこからもう一段グンとくるかは未知の部分。切れ味とはいうよりは、長くいい脚を使うタイプと見ていますので、距離はある程度あった方が良さそうですね。ゲートはあまり速い方ではないものの、ここは初戦ですし、前半は慌てず慎重に出して行き、ラストの長い直線で脚を伸ばすレースで良いのではないでしょうか(佐々木助手)
昨日のウッドは時計がかかるコンディションでしたし、2歳馬で長めから行って66秒は大したもの。3Fや半マイルであれば格好をつける馬もいますが、5Fからはなかなかタイムを出せませんから。きっといい負荷がかかっているのではないでしょうか。動ける馬ですし、楽しみです(三浦助手)
今うちに入厩している他の2歳馬がどれも稽古でついて行けない状況ですから、それなりの手応えを感じてはいます。ステイゴールド産駒にしては、乗り難しくなさそうなのもイイですね(篠原助手)
脚元に反動がくることもなく、今回は我慢が利いている状況。追い切りでゴール板を過ぎた後も伸びていたように、デキも良さそうですよ。今が490kg台ですから、競馬に行って480kg台になるのでは。将来的にも期待できそうな馬ですので、まずは無事にレースを終えてくれればと思います(斎藤厩務員)


16.10.13
今週の追い切りでもウッドにて先着しています。
今日のところは併せた相手が止まった分もありますが、それを差し引いても水準以上。感触は良好ですし、息の感じも良くなっていますね。ややうるさく、敏感な面があるとはいえ、走り出してしまえば大丈夫。期待できそうな動きを見せてくれています(佐々木助手)
角馬場では跳ねたり、うるさくしたりと少々ガチャつきますが、これはいつものこと。今回はここまで脚元に疲れがくることもなく、今朝の動きも良かったですよ。来週10月22日(土)東京5R 2歳新馬(芝2000m)に向かいましょう(斎藤厩務員)


16.10.06
昨日は坂路を1本、今朝ウッドにて蛯名騎手を背に追い切られています。
まだトモが少し甘い印象ですが、動き自体は良かったですよ。物見をすることはあっても、父の産駒にしては悪くないほう。中距離以上が良さそうなタイプのように思います。前回の入厩時に、球節周りに疲れがきた経緯がありますので、あとは反動なくレースまで持っていけるかどうかでしょう。(三浦助手)
周囲の馬や物事に釣られてワーッとなるあたりは、まだ馬が若いですよね。ゆとりのある体つきに見えますが、レースまで日がありますので、今はこれくらいでも良いでしょう(斎藤厩務員)

16.09.29
今週の追い切りでは、楽な手応えでフィニッシュしています。
ゴール板を過ぎた後も余力がありましたし、乗り味が良く、以前より中身も良くなってきた感じ。動けそうな馬ですよね。イメージは芝の中距離。切れ味というよりは、どんどんどんどんスピードに乗ってくるタイプなのではないでしょうか」(平野騎手)
ちょっとうるさくなってきた印象ですが、精神的に追い込まれているような様子とは異なりますからね。(斎藤厩務員)
現時点では、10月22日(土)東京5R 2歳新馬(芝2000m)を中心視。鞍上は、蛯名正義騎手の予定(三浦マネージャー)


16.09.22
 美浦トレセン在厩。同じデビュー前の2歳馬をパートナーに、少しずつピッチを上げて調整されています。
きっとやれば動けちゃいそうな馬ですからね。まだ四肢が枯れていないというか、成長途上の段階(斎藤厩務員)
まだ若馬らしいところはありますが、6月の頃に比べれば、あらゆる面で良くなりつつあるようですね(佐々木助手)
立ち上がるようなことはなく、そこまでの悪さはしませんが、ちょっと敏感なところがありそうなのは、ステイゴールドの走ってきそうなタイプとも言えそう。それに見栄えのする馬ですよね。(三浦助手)


16.09.14
 昨日、美浦トレセンに帰厩しています。
馬体はそこまで太くなく、
ひとまず第4回東京開催(10/8~30)でのデビューを目標(斎藤厩務員)


16.09.07
坂路にてハロン20秒ペースのキャンター2本
到着直後は輸送により、少々お疲れモードでした
動き、背中の感触がイイ馬ですよね(国分担当)


16.08.31
ドリームファーム在厩。まずは運動のみで移動の疲れを癒やしています。
輸送により、到着後の体温が高めだったものですから、目下は無理せずゆっくりと。夏を越して馬体がしっかりした印象でしょうか(国分担当)

16.08.29
昨日ファンタストクラブ木村牧場を出発。本日、トレセン近郊のドリームファームに到着しています。

16.08.24
今週は台風の影響により、屋内ダートコースが中心。先週末には坂路にて速めの時計をマークしています。
坂路にて終い2F14.0-13.5を計時。この時計でも余裕ある登坂ができていますよ。(川嶋担当)

16.08.17
軽いキャンター4000mを消化。週2回、坂路にて速めを乗り込まれています。
昨日は半マイルから単走で57秒程度。ラストも楽に13.3が出た調教師によれば、『それであれば美浦近郊に移動させ、再入厩にむけて進めていこうか』とのこと。(川嶋担当)

16.08.10
軽いキャンター4000mを消化。
昨日は3F43.0-13.0(単走)で登坂。(川嶋担当)

16.08.03
ハッキングキャンター4000mを消化しています。馬体重498kg
今は馬体にひと回り余裕がある
脚元の疲れもすっかり癒えた様子(川嶋担当)

16.07.27
体高163cm、胸囲189cm、管囲20cm
引き続き脚元の経過が良好(川嶋担当)


16.07.20
14日(木)より、試験騎乗を開始しています。
現在はダク2000m、ハッキング1000~1200mまで乗っており、むしろ脚元はさらにスッキリとしてきた印象(川嶋担当)

16.07.13
ここにきて、球節は見る見るスッキリとした状態に。明日から試験的に騎乗して常歩を行ってみることになりました。(川嶋担当)

16.07.06
馬体重496kg
向こう1ヶ月ほどは休養に充て、今夏は再調整に専念。秋以降に目標を切り替え、段階的に進めていきたい(川嶋担当)


16.06.29
ファンタストクラブ内木村牧場在厩。移動直後は引き運動30分。現在は、午前午後60分ずつのウォーキングマシン運動を消化しています。馬体重486kg
冷却を続けている中で日毎に回復しつつあります
7月一杯は無理のない内容で大事を取り、8月から本格的にピッチを上げていくイメージで(川嶋担当)

16.06.27
24日(金)にファンタストクラブ内木村牧場へ放牧に出ています。

16.06.23
函館競馬場在厩。先週末あたりから、左前に疲れを見せ始めたため、いったん小休止。
ここにきて球節の周辺に軽く疲れがきた様子。どこかで捻ったのかもしれませんが、おそらくは疲れからくるものと思われます。念のため検査をしたところ、骨や腱に異常はなく、獣医師によれば、『さすがにこのまますぐ競馬とはいかないものの、少し楽をさせれば回復してくるだろう』とのことでした。(斎藤厩務員)

16.06.16
 函館競馬場在厩。今朝、ウッドチップコースにて追い切りを消化しています。
函館とはいえ、午後の地震の影響は全くなく、揺れそのものも特に気にならなかった程度。到着後も物を見たり、周囲を気にしたりと、引き続き集中力に欠けるようなところはあるものの、気性面の悪さを出す感じではありませんよ。三浦皇成騎手を背に馬なりで併入し、『好感触』の様子でした。
目標は2回函館の芝1800m戦(斎藤厩務員)

16.06.09
 昨日は蛯名騎手を背に追い切りを消化。今朝、函館競馬場にむけて出発しています。馬体重484kg
これから良くなってきそうな感じを抱かせる馬なんですよね。(蛯名騎手)
昨日の稽古では終いまで手応えに余裕がありました(斎藤厩務員)


16.06.02
ウッドにて15-15程度。
目標は第2回函館開催(7/9~)。ゲートの感触などから少し距離があった方が良さそうですから、芝1800mのレースを意識し、まずは蛯名正義騎手に声をかけて(二ノ宮調教師)
現時点ではまだ中身が伴っていない様子ですが、やわらかくて乗り味自体は上々。最初の数歩は比較的ゆっくりとした発進(佐々木助手)
集中しきれなかったりと、まだまだ子供。(斎藤厩務員)


16.05.26
美浦トレセン在厩。今朝、ゲート試験に合格しています。
練習がてらに受けてみたゲート試験を一度でパス。手元で進めていきながら、デビューまでの方向性を考えていく(調教師)


16.05.19
本日、美浦トレセンに入厩しています。

16.05.18
本日、美浦トレセン近郊のドリームファームに到着しています。
半マイル54秒台、ラスト1ハロン13秒を切る。
産地馬体検査を待たずに
最終的にはこちらが暑くなる前に入厩させ、行けそうであれば、そのままデビューまで進めていく(二ノ宮調教師)


16.05.06
週2回、坂路にて速めを乗り込まれています。馬体重484kg
週1回は半マイルをハロン15秒で入り、段々とペースを上げて13秒台でフィニッシュ。馬なりで手綱を抑えたほどでした。(川嶋担当)
6月15日に静内で行われる産地馬体検査を受けておくのも良いでしょう。目下は慌てずじっくり乗り込み、さらに力をつけていきたいと考えます(二ノ宮調教師)

16.04.21
19日(火)には、坂路にて半マイル54.8-40.8-13.5を計時しています。
速めの登坂後もケロッとして
当初は早期入厩の方向で検討していましたが、(木村牧場での育成調教を経て皐月賞を制した)ディーマジェスティがそうだったように、この時期は古馬の胸を借りながら更に力を蓄えていくことも将来にとって非常に有意義なこと。入念に乗り込み本数を重ねた上で、あらためて美浦行きのタイミングを考えていきましょう(二ノ宮調教師)

16.04.13
週2回、屋外のウッドチップ坂路コースにて速めを乗り込まれています。
週のうち1回は3F15-15、もう1回は3F15-13と、この時期にしてはかなり進んだ稽古内容。楽々馬なりでスーッと併走馬を置いていきました。
当初から姿格好を抜けて良く見せていましたし、その後もフォルムを崩すことなく良化が進んでいる感じ。完成度も高いほうだと思います。(川嶋担当)

16.04.01
週2回、屋根付き坂路にて2F15-15前後で乗り込まれています。
馬体重488kg、体高163cm、胸囲188cm、管囲20c
二ノ宮厩舎2歳馬の最も進んだ組
まだ気持ちだけで力んで走ろうとする分、前駆に頼りがち。(川嶋担当)


16.03.07
 競走馬名は「クレッシェンドラヴ :Crescendo Love」に正式決定。音楽用語で“だんだん強く”+母名の一部より命名となりました。

16.03.04
 週2回、屋根付き坂路にて2F15-16程度で乗り込まれています。
馬体重486kg
ペースを上げても飼葉をよく食べてくれます。馬体減がないのは強み。
トモに力がついて走行時の頭の位置が低くなり、踏ん張りの利いたカッコいいフォームに変わってきましたよね。
ときおり環境や状況の変化に敏感なところを見せます
もう15-15前後は馬なりで出せそう(川嶋担当)


16.02.05
屋根付き坂路にて週2回、ハロン16~17秒ペースで乗り込まれています。
馬体重474kg
現時点ではまだ力み気味の走りで前輪駆動といった感じ(川嶋担当)

16.01.07
 年末に坂路にてハロン16秒ペースを1本。
馬体重480kg
出そうと思えば、もっと時計を詰められそう。
他馬の動きに反応してみせたり、すれ違う馬を蹴りにいったりと、人間や他馬に支配されたくないとする父の産駒の特徴を引き継いでいる様子。(川嶋担当)

15.12.04
週1~2回、坂路にてハロン20秒前後のキャンターを乗り込まれています。
馬体重470kg
進めるにつれてテンションが高まっているが、心身が張っている状態。
調教時は先頭でも行けますし、後ろからでも我慢ができるコントロールの利くタイプ。
乗り手を選ぶ(見極める)あたりは頭も良いのでしょう。
ダイワメジャーやアグネスタキオン系といったスピードがあって逞しい感じ。それでいて重たくなく、手先が軽い。(川嶋担当)

15.10.23
 北海道・日高町のファンタストクラブ内木村牧場在厩。
馬体重452kg、体高157cm、胸囲185cm、管囲19.5cm
すごく綺麗な体のライン。
跳びもやわらかく綺麗、背中の感触も上々。
今のところ気難しさを見せるようなことはありません。
体の線など、(手掛けた)ナカヤマフェスタに共通するものを感じさせる(川嶋担当)




ついにデビューを迎えますラブ
ハイアーラヴの14こと、クレッシェンドラヴ♂くんキラキラ

ハッキリと申します。

俺の一口馬主人生において、最強馬だと思います!!

これまでの愛馬たち
ブライトエンブレムよりも
ワールドインパクトよりも
サムソンズプライドよりも
ヴィルトグラーフよりも
強いと思います!

一口馬主になって、初めて一目惚れしました。

ひささんの記事を読み、
その馬体を見て、
即座に出資&広尾入会を決意し、
満口になった直後だというのに気付いて慌ててキャンセル募集に申し込み、
なんとアッサリ10/2000口分を出資成功!!


馬体の厚みや深み、そして物凄くキレイなシルエットからは、
同陣営の1歳先輩ディーマジェスティを彷彿とさせました炎
底力、スタミナ、キレ、全体の馬体バランス、気性。
全てを備えた世代屈指の一流馬だと思います。

調教動画を見れば、ほとんど答えが出ているようなものかと。


本当に、広尾さんは毎週調教映像を撮影しに行って、馬体写真も複数枚撮影して、それを即座にアップしてくれて、もう感動するほど仕事ができますな!!笑い泣き


明日は、適度に馬場が使われてきた3週目のAコース。
東京芝2000mという、これ以上ない王道デビューで、最高のパフォーマンスを発揮できるでしょう。

新馬戦とは、期待と不安が入り交じる最高にドキドキするものですが、
ラヴ君に関しては、不安がありません。
展開のアヤで負けることがあっても、一番強い競馬をしてくれるでしょう。
ディーマジェスティも2戦目までは展開に泣き惜敗しましたから。


ステイゴールドの軽い極上キレ味と、
サドラーズウェルズの無尽蔵の底力という、
ワールドクラスのニックスをまさに体現したクレッシェンドラヴ。
瞬発力勝負でも、スタミナ勝負でも、どんなレースになろうとも実力発揮できる万能タイプでしょう。


大いなる夢への第一歩を見守ります流れ星キラキラ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。