憂国の魔窟/まつしたまさよの護国道まっしぐら

WEBデザインやMac、家族、日本の正しい歴史認識、YouTubeなどに動画を投稿しています♪
日本には教育勅語を!自主憲法制定!自虐史観払拭!

↓護国道まっしぐらのページにお越し頂き、誠にありがとうございます!m(_ _)m
今日もみなさんのクリックに支えられています><♪皆さんがお楽しみ頂ける記事が書けるよう頑張ります!
ぽっちりお願いします。キラキラ

憂国の魔窟 護国道まっしぐら-人気ブログランキング~流星湘南堂←パソコン・スマートフォンから
人気ブログランキングへ
←ケータイから
ブログランキング←パソコン・スマートフォンから
ブログランキング
←ケータイから
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←パソコン・スマートフォンから
にほんブログ村 政治ブログ
←ケータイから

============記事はここから==========



今年も8月6日がやってきた。

午前八時十五分。

この時間を機に、広島も、日本も、世界も、ある方向に時代は変わっていく。。。




このあと訪れる様々な歴史的な出来事は、我々は勿論歴史の一ページとして知ってはいるが、当時の人は勿論知らない。

知らないで、様々な勢力に蹂躙されていることを考えると、胸が痛くなる。。。


日本の歴史も、文化も、この戦争で変わった。しかし、日本が開国した時から、こうなることはある意味必然であったのかもしれない。


などと言うと、不謹慎かもしれないが、アメリカやユダヤは、日本をどうにかして破壊しようとしていたのは確かだろう。




『なぜ広島に原爆が投下されたのか』様のサイトから引用させて頂きました。ありがとうございます。
リンク:http://www.hiroshima-spirit.jp/ja/hiroshima/shiryoukan/morgue_e12.html
---引用はじめ-----------------------------------------

憂国の魔窟/護国道まっしぐら/愛国淑女の日本再生-1
瀬戸内海上空から米軍機が撮影したきのこ雲

■なぜ広島に原爆が投下されたのか■
▽マンハッタン計画▽
●原子力の発見と第二次世界大戦
 1938(昭和13)年12月、ドイツで原子の核分裂が発見され、その後、核分裂の際に大量のエネルギーを放出することが確認されました。原子力の発見です。翌年9月に始まった第二次世界大戦は各国とも国を挙げた総力戦となり、科学の進歩とともに兵器の開発も目覚ましく、航空機などの性能は飛躍的に向上しました。こうした中、原子力は爆弾に利用されました。

●新型爆弾の開発に着手
 ナチス・ドイツの迫害から逃れるためアメリカに亡命したユダヤ系科学者のレオ・シラードらは、ドイツが核分裂を利用して新型爆弾を開発しているのではないかと恐れました。このため、著名な科学者であるアルバート・アインシュタインの署名をもらい、アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領に新型爆弾の研究を促す手紙を送りました。ルーズベルトはこれを認め、1939(昭和14)年10月、アメリカは原爆の研究に乗り出しました。

●太平洋戦争のぼっ発
 1941(昭和16)年12月、日本軍はマレー半島へ上陸するとともに、ハワイの真珠湾にあるアメリカ軍基地を奇襲攻撃して、太平洋戦争が始まりました。日本は開戦後しばらくの間優勢でしたが、翌年6月から次第に劣勢となりました。

●マンハッタン計画
 1942(昭和17)年8月、「マンハッタン計画」と名付けられたアメリカを中心とする極秘の原爆製造計画が始まりました。軍と科学者と産業界を総動員して進められた巨大軍事開発事業でした。44年9月にはこの新兵器を日本に対して使用することを決めました。
 3年の歳月と20億ドルの経費をかけて原爆は完成し、45年7月16日、西部ニューメキシコ州の砂漠地帯にあるアラモゴード実験場で、世界最初の原爆実験を成功させました。人類は、原子力を用いた武器を手にしたのです。広島に原爆が投下される、ほんの3週間前の出来事でした。45年5月までに、ドイツは無条件降伏し、戦況は連合軍の圧倒的な勝利に傾いていました。
 
▽急がれた原爆投下▽
  1943(昭和18)年5月、アメリカが原爆投下の対象に想定していたのはドイツではなく日本でした。翌年9月、アメリカとイギリスの首脳は日本への原爆使用を合意しました。米国が原爆投下を急いだ理由は、次の3点にあると思われます。
 ・日本をできる限り早く降伏させ、米軍の犠牲を少なくしたかった
 ・1945(昭和20)年の米、英、ソ連の首脳によるヤルタ会談で、ソ連はドイツの降伏から3カ月以内に日本に参戦することを極秘に決めていた。米国はソ連の対日参戦より前  に原爆を日本に投下し、大戦後世界でソ連より優位に立ちたいと考えていた
 ・アメリカは原爆という新兵器を実戦で使い、その威力を知りたかったと同時に、膨大な費用を使った原爆開発を国内向けに正当化したかった

憂国の魔窟/護国道まっしぐら/愛国淑女の日本再生-2
憂国の魔窟/護国道まっしぐら/愛国淑女の日本再生-3

▽広島が原爆投下目標に選ばれた理由▽
  1945(昭和20)年春から、アメリカは投下目標都市の検討を始めました。投下目標は、原爆の効果を正確に測定できるよう、直径3マイル(約4.8km)以上の市街地を持つ都市の中から選び、空襲を禁止しました。7月25日には目標都市の広島、小倉、新潟、長崎のいずれかに対する投下命令を下しました。広島を第1目標とする命令を出したのは、8月2日。それは目標都市の中で唯一、連合国軍の捕虜収容所がないと思っていたためです。
 また、終戦までに日本の主要都市は米軍の空襲でほとんど壊滅状態でした。そのなかで、広島はまだ決定的な被害を受けていませんでした。広島が原爆投下の目標に選ばれた理由には、次の2点も考えられます。
 ・都市の大きさや山に囲まれた地形が、原爆の破壊力を探るのに適していたため。広島はまだ空襲を受けておらず、原爆の威力を確認しやすかった
 ・広島には軍隊、軍事施設、軍需工場が集中しており、それらがまだ破壊されずに残っていた。8月6日、広島の天気は晴れ。広島の運命は決まりました。

①入念に行われた投下目標の検討
 投下目標は、軍人と科学者で構成する目標検討委員会で、軍事的観点から検討されました。1945(昭和20)年4月27日の第1回会議で目標地域の選定基準が決まり、17地域が研究対象として選ばれました。その後、投下目標の選定は、爆風で効果的に損害を与えることができるなどの条件で進められました。5月11日の第2回会議で、京都、広島、横浜、小倉の4つの目標が選ばれました。

②投下目標都市への空襲の禁止
 アメリカ軍による日本本土への本格的な空襲は、1944(昭和19)年11月から始まりました。翌年3月からは、東京など大都市への無差別爆撃が始まりました。5月28日には、原爆の効果を正確に測定できるよう、同規模の都市が空襲を受ける中、投下目標都市に対する空襲が禁止されました。

③警告無しの使用の決定
 アメリカのトルーマン大統領の承認の下、19455(昭和20)年5月に暫定委員会が設置されました。6月の会議で、原爆の使用について、「労働者の住宅に囲まれた軍需工場に、事前の警告無し」で行われるべきだと決められました。これに対し開発に携わった科学者の一部は、無警告の原爆投下に反対しました。

④原爆の模擬爆弾の投下
 原爆はそれまでの爆弾と投下方法が異なるため、アメリカ国内の砂漠などで、繰り返し投下訓練が行われました。さらに実戦面の訓練として、地理に慣れ、目標へ確実に投下するため、1945(昭和20)年7月から8月にかけて目標都市の周辺地域に原爆の模擬爆弾(通称「パンプキン」)を投下しました。

憂国の魔窟/護国道まっしぐら/愛国淑女の日本再生-4

⑤第1目標に選ばれた広島
 原爆の投下命令は、1945(昭和20)年7月25日付で発令されました。それには、8月3日ごろ以降、広島、小倉、新潟、長崎のいずれかに原爆を投下するよう記されていました。その後、新潟を除外し、8月2日付で、攻撃日を8月6日、第1目標は「広島市街地工業地域」とする命令が出されました。これは、目標都市の中で唯一、広島に連合国軍の捕虜収容所がないと思われていたからです。

⑥広島の運命を決定した好天
 原爆投下は、当時最も信頼された目視で行うこととされていました。1945(昭和20)年8月6日未明、マリアナ諸島のテニアン島から気象観測機が広島、小倉、長崎に向かい、その後原爆を搭載した「エノラ・ゲイ」と科学観測機、写真撮影機の計3機のB29が離陸しました。第1目標が好天との連絡を受けた「エノラ・ゲイ」は、広島に向かいました。照準点は市内中心部にあるT字型の相生橋。午前8時15分に投下された原爆は、相生橋の南東約300メートルにある島病院の上空約600メートルでさく裂しました。

▽原爆投下目標にされた都市▽
<投下目標の変遷(1945(昭和20)年)>
4月27日 投下目標の研究対象として、東京湾、川崎、横浜、名古屋、大阪、神戸、京都、広島、呉、八幡、小倉、下関、山口、熊本、福岡、長崎、佐世保の17地域を選定
5月11日 京都、広島、横浜、小倉を選定
5月28日 京都、広島、新潟に対し空襲を禁止
6月14日 小倉、広島、新潟を選定
7月25日 8月3日ごろ以降、速やかに広島、小倉、新潟、長崎のいずれかへ原爆を投下する命令
8月 2日 8月6日に投下する命令。優先順位は広島、小倉、長崎
8月 6日 広島へ原爆投下(ウラン爆弾)
8月 8日 8月9日に投下する命令。優先順位は小倉、長崎
8月 9日 長崎へ原爆投下(プルトニウム爆弾)

<8時15分で止まった時計>
1945(昭和20)年8月6日午前8時15分-
これは広島の、いや世界の永遠の刻(とき)です。
▽被爆前と直後のパノラマ模型▽


<被爆直前>

○前夜(8月5日)…1945(昭和20)年8月5日の夜から6日の早朝にかけて、警戒警報・空襲警報がたびたび出され、市民は不安な一晩を過ごしました。6日の朝になってようやく警報が解除されて、街には職場に急ぐ人びと、疎開作業に動員されて現場に向かう人びとなど、月曜日の朝のふだんの生活にもどっていました。

○街並み…2つの川(本川と元安川)にはさまれたこの地区は、幕末から明治・大正期にかけて市内の繁華街・歓楽街の中心で、中島本町通り商店街には大きな店舗が並んでいました。木材の集散地であった材木町・木挽(こびき)町、商店街としての天神町・元柳(もとやなぎ)町・中島新町、そこには歴史の古い寺院も多く立っていました。しかし、当時は空襲を警戒して天神町、木挽町、中島新町は、建物疎開がすすんでおり、中島や本川国民学校の児童たちの一部は、郡部に疎開していました。

○空襲…1945(昭和20)年になると米軍はB29大編隊による夜間の無差別焼夷弾(しょういだん)攻撃を始め、全国各地の中小都市にまで攻撃を繰り返していました。広島は空襲らしい空襲を受けていませんでしたが、大規模な空襲に備えて火災の延焼防止と避難空地をつくるために木造家屋を取りこわし、また、町内会や家庭ごとに防空壕(ごう)をつくって、消火訓練や避難訓練などをしていました。




<被爆直後>

○被爆(8月6日)…1945(昭和20)年8月6日午前8時15分、それまでの広島は絵にかいたように美しく、静かな街でした。次の瞬間、目をくらますほどの閃光(せんこう)が走り、ドカーンという大音響とともに、たった1個の爆弾が広島の街を焼きつくしました。街全体が、一瞬にして破壊されました。爆心地から半径2キロメートル以内にいたほとんどの人々が亡くなり、建物も破壊されました。その年の終わりまでに、推定14万人前後の人々が亡くなるか行方不明となり、その数は、当時の市民約35万人の内のおよそ半分に相当します。

○火葬…どこのだれとも見分けがつかなくなった、おびただしい数の焼けた遺体は、その場で火葬するしかありませんでした。その間も死者は増えていきました。昼も夜も、市内のいたる所で遺体の上にまた遺体が積み上げられ、そして火葬されました。

○焼け野…見わたすかぎりの焼け野原となった広島では、広島駅から宇品の港が見えたと言われています。市外から身内の安否を気づかって、または救援活動のため市内に入った人々が、残っていた放射能の影響を受け汚染されました。さらにこの年の秋、原爆の悲劇に追い打ちをかけるように枕崎(まくらざき)台風が広島を襲い、街は水びたしになり大きな被害を受けました。



---引用おわり-----------------------------------------



HD 広島·長崎の原爆爆発の完全な映画 Nagasaki Hiroshima new



広島原爆と広島市電女学生少女運転士
http://www.youtube.com/watch?v=fZtPFXlYLJU&feature=relmfu
http://www.youtube.com/watch?v=4BtmT47GbTg

--------------------------------------------------------------------
日本よ!これからも世界のトップを走り抜こう!
日本にはやはり教育勅語と国軍と自主憲法制定、
失地回復が必要だと思う方は、ぽちっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憂国の魔窟 護国道まっしぐら-人気ブログランキング~流星湘南堂←パソコン・スマートフォンから
人気ブログランキングへ
←ケータイから
ブログランキング←パソコン・スマートフォンから
ブログランキング
←ケータイから
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←パソコン・スマートフォンから
にほんブログ村 政治ブログ
←ケータイから
↑いつもご覧頂きありがとうございます!m(_ _)m
今日もみなさんのクリックに支えられています><♪




ヴェノナ

スターリンの対日情報工作 クリヴィツキー・ゾルゲ・「エコノミスト」 (平凡社新書)

日本人としてこれだけは知っておきたいこと (PHP新書)

ヒロシマの記憶 幻の原爆フィルムで歩く広島 [DVD]

絵本 まっ黒なおべんとう

まっ黒なおべんとう (新日本にじの文学)
このお話は、「原爆がひとつでもあるうちは、世界が平和とは言えない」という女性らしい世界観が根底にあるが、女性で、しかも原爆の体験者とすれば、こういう感想を持ち続けるのは致し方ないとは思う。それについては批判は出来ないだろう。

しかし、日本がいくら「核武装」をしなくとも、世界はどこまでも「核武装化」に傾くのであり、そうである限り、最終兵器を持つ国の発言権や威圧力は高いのであり、そのために、日本は軽んじ続けられるという現実も見なければならないだろう。


日本も原子力爆弾を研究し、開発中であった。その情報などをアメリカに教えたとして、戦後、湯川秀樹氏はノーベル賞に輝くことになる。これは、売国工作への報償であった。


日本が原子爆弾をもっと早く完成させていたら、原爆は落とされなかっただろう。

原子力爆弾対原子力爆弾という、当時かつて無かったほどの最大の力の均衡があったはずだから、その危険性はアメリカもロシアも、認識出来たと思う。


参考→【ノーベル賞】湯川秀樹は、日本の原爆の機密をアメリカに売り渡した。。。
http://ameblo.jp/moody-night/entry-11041043561.html

リンク:
---引用はじめ-----------------------------------------

2011-10-07 21:07:39の投稿より


ノーベル賞の受賞者の発表は終わった。今年は、日本人の受賞者は一人もいなかった。来年こそ、新型万能細胞「iPS細胞」を作製した山中伸弥京大教授が受賞することを祈って。。。

ノーベル賞受賞の発表にわくわくするこの時期に、日本人として初めてノーベル賞を受賞し、一躍国民的な英雄となったあの湯川秀樹博士にまつわる一つの見識を述べたい。



今や数々のソースなどでも確認出来ることだが、湯川秀樹博士は、大東亜戦争時に日本が開発していた原子爆弾の機密をアメリカに売り渡したとされている。アメリカ側からしたら、その報賞のために湯川博士にノーベル賞を受賞させたというのだが、どう思うだろうか?


そもそも、原子爆弾はドイツからアメリカに亡命したアインシュタイン博士がルーズベルトに開発を進言したとされ、その暗号名はマンハッタン計画と呼ばれ、アメリカはこれを着手し成功し、それを日本に落とした。。。。

同時期に、実は日本も「マッチ箱一つの大きさでも、戦艦一つを沈めうる威力のある新兵器」を開発しており(=原子爆弾)、実験段階では既に感性されていたのだ。仁科芳雄博士の研究。

当時、理研ではその研究を学説として発表したらどうかという意見もあったようだが、軍事的国家機密であるということにより、仁科博士の意見で、発表は厳禁とされていた。

当時、理研に所属していた湯川秀樹はそれをアメリカに売り渡したというのだ。。。。




日本の原子爆弾については、サイクロトロンについても書かなければならない。
サイクロトロンとは、原子核人工破壊に用いるイオン加速器で、原子爆弾の開発には必要で、列強国が競って研究をしていた。
そのため、日本はかなり以前からこのサイクロトロンを外国に発注してあったのだが、漸く船積み発送されるというときに、米国の対日宣戦が行われ、出航することが出来なくなった。それにより、開発しあと少しのところで日本製の原子爆弾は完成を断たれてしまうのである。それは同時に、日本の近代兵器戦による敗戦を意味するということになる。、。。。

これについては、予めユダヤとフリーメーソンとの計画の上に練られたものであった。
(「ユダヤは日本に何をしたか」渡部悌治著 p36よりより概要抜粋)


「ユダヤは日本に何をしたか」渡部悌治著

『るいネット』様のサイトから引用させて頂きました。ありがとうございます。
リンク:http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=184119
---引用はじめ-----------------------------------------


湯川秀樹はアメリカ(ユダヤ)に原爆関連資料を横流ししていた!
 
川井孝浩 HP ( 35 東京 設計 ) 08/08/28 AM00 【印刷用へ】
リンク
より抜粋

>日本で初めてそのノーベル賞を受賞した湯川秀樹博士は、戦時中に「新兵器」に関する大変重要な情報をアメリカに流したため、その論功行賞としてノーベル賞を与えられたのだという“事実”もさらりと述べられています。真偽のほどはわかりませんが、失望すると同時に大変な憤りを覚えました。


>日本人初のノーベル賞受賞者として、その名を知らぬ者はいまい。彼は自身の中間子理論が原爆開発に利用された事を終始悔やんでいたという。戦後平和運動に邁進したのもその思いからだったという。ところが、どっこいこれがとんだ食わせ物の話で、彼は実は戦時中、核開発の研究スタッフの一員だったが、日本がまとめた核分裂に関する理論と資料を米国に売ったというのである「ユダヤ人は日本に何をしたか」(成甲書院)。戦後のノーベル賞はその論功行賞だという。確かにノーベル賞というのは白人の独断場で、白人以外の人間に与える気がなかったのは、戦前、細菌学で世界一のレベルにあった日本で、湯川以上の大発見をしてるはずの北里柴三郎や野口英世が賞を受けていない事でもわかる。戦後だって、女性の排卵期日を月経との関係でつき止めた荻野博士も世界的な発見をしてるのに候補に上がったという話も聞かない。大体、ノーベルの遺言に無い経済学賞などというものを後から作っている事自体、この賞が如何に政治的であることがわかる。湯川が売国的な行動をしなければ広島・長崎の惨劇も避けられたかもしれない。売国奴とは彼湯川のことである。中間子理論も彼一人だけの産物ではない。どうりで平和運動にいそしんだはずである。全てアリバイ闘争だったのである。ノーベル賞以降さしたる業績も発見もなく終わった彼は、被爆者の亡霊に悩まされる晩年だったのかもしれない。

引用終り


核の理論について先行していた日本が、真っ先に原爆投下の標的となってしまった背後には、やはり金貸しの意図が働いていたようだ。

湯川秀樹が売国行為に走ったという事実もまた衝撃的であるが、その背後には当然のごとく脅しや騙しの謀略が張り巡らされていたのではないか?と感じてしまう。

売国行為など当然許されるものではないが、その様な行為を平気で焚付ける金貸しの暴論こそ、事実の元にさらけ出して断罪すべきである。



---引用おわり-----------------------------------------


日本よ!これからも世界のトップを走り抜こう!
--------------------------------------------------------------------
日本にはやはり教育勅語と国軍と自主憲法制定、
失地回復が必要だと思う方は、ぽちっと応援お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
憂国の魔窟 護国道まっしぐら-人気ブログランキング~流星湘南堂←パソコン・スマートフォンから
人気ブログランキングへ
←ケータイから
ブログランキング←パソコン・スマートフォンから
ブログランキング
←ケータイから
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ←パソコン・スマートフォンから
にほんブログ村 政治ブログ
←ケータイから
↑いつもご覧頂きありがとうございます!m(_ _)m
今日もみなさんのクリックに支えられています><♪


憂国の魔窟 護国道まっしぐら
流星湘南堂プロフィール

サンダル過去にはこんな記事を書いています右矢印右矢印右矢印過去の記事一覧

--------------------------------------------------------------------
流星湘南堂制作愛国動画拡散♪
応援よろしくお願いします!↓

【侍ニッポン】日本人よ気概たれ!TPPは現代の黒船、不平等条約だ!

【大東亜戦争】英霊に感謝/日本人再生(オルゴール)

【大東亜戦争】英霊に感謝/日本人再生(改訂版)

嵐 Green    日本再生バージョン

南京大虐殺は捏造だった/自虐史観払拭

【硫黄島】忘れがたき壮絶な戦地/英霊に感謝と鎮魂
祝!HD版で動画復活!

私にしてはソフトな動画ですw。こんな日本を実際にこの目で見てみたかった。。。。
夢のような日本。かつて外国人が絶賛したのがわかります。

世界各国との情報戦を、我々一般の日本国民がネットで戦うのです!
どうぞまたご覧になって下さいね。

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆
ハートClubTにTシャツショップを作りました。
憂国の魔窟/護国道まっしぐら/愛国淑女の日本再生-clubTバナー
Tシャツ屋はじめました。覗いて下さると嬉しいですニコニコhttp://clubt.jp/shop/S0000034310.html
PR
いいね!した人

[PR]気になるキーワード