川崎市市民ミュージアムへ。

テーマ:

 武蔵小杉駅からバスで10分。

まりんさんからの情報をいただき、行って参りました。>川崎市市民ミュージアムの企画展「メイド・イン・カワサキ」


 この企画展は2部構成だったらしく、第1部が「川崎モノづくり物語」として、川崎ゆかりのものづくり企業の展示会。残念ながらこちらはもう会期が終了していました。

 現在は第2部の会期中で、「メイド・イン・カワサキ現代美術賞展」が開催されていました。

川崎ゆかりのアーチストによる公募展でした。大賞に選ばれた作品は、川崎に住むご自身の両親の姿をモノや写真で記録していったオブジェ。79歳で脳出血で逝去されたという、お母様の日常と棺に横たわる姿までを圧倒的なリアリティをもって提示していました。


 また、併設展示「川崎の美術 ―川崎を描く/川崎で描く-」では、武蔵野美大時代の今は亡き麻生三郎教授 の絵に対面することができました。私が学生時代、もっとも影響を受けた一人でした。肉体が闇に浮遊するような独特の赤と黒の世界。川崎にお住まいだったのですね。偶然の出会いに感謝です。


 まりんさんの情報どおり、入り口付近のミュージアムショップで、拙著「メイド・イン・大田区」が展示販売されていました。ミュージアムショップに置いてもらえるなんて、夢にも思っていませんでした。

さりげなくたずねたら「結構、売れていますよ」と売店のオバサンがおっしゃっていました(笑)>さすがものづくりの町!

メイド・イン・カワサキ2  メイド・イン・カワサキ1

メイド・イン・カワサキ3

↑アーチストの作ったオブジェかと思っていたら、旧日本鋼管の転炉だそうです。

AD

メイド・イン・カワサキ

テーマ:

「メイド・イン・カワサキ」 という企画展が、川崎市民ミュージアムで開催されているそうです。

入口の展示・即売品コーナーに拙著「メイド・イン・大田区」が置いてあるという情報をゲット!(笑)

「ホンダやトヨタなどの本の中で、一番山が低くなっていましたよ」という情報と、写真を送ってくださったまりんさん、本当に有難うございました! 

照れくさいけれど嬉しいですねぇ。

私も近々行ってみたいと思います。


カワサキ展示会1  カワサキ展示会2

AD

王JAPANの功績

テーマ:

 まだまだWBCの興奮が冷めやらぬ日。


 スポーツメーカーのミズノの株が大幅アップし、「王JAPAN」の経済効果は365億円だとか。

セパ両リーグの開幕も近いですしね。気分は一気に盛り上がります。

最近、暗いニュースが続いた後だけに、今回の世界一は「待ってました!」の朗報ですね。


 民族間の感情の軋轢や、誤審か否かで揺れた大会でもありました。

しかし、こういうさまざまな波をかいくぐっていく中で、国際社会というものが見えてくるわけで。

日本は非常に細やかなプレーで、ナレッジワークに近かったんじゃないでしょうか。その采配をふるった王さんの強いプロデュース力に拍手です。


 しかし、パリーグにも優秀な選手が多いと、改めて実感。パの中継って通常、なかなか見られないだけに、私も含めて今回、そう思った方も多いのではないでしょうか?

そういう意味でも、今回のWBCは自国の優秀な選手を再認識できた良い機会でした。


 それから何よりも、逆境から這い上がって力が生まれる、ということ。

「世界一」が決して手の届かない夢ではない、ということ。

そんなことを次代を担う子供たちに見せてもらえたのが、何よりです。


AD

ちょっと一服。。。

テーマ:

 ふー、やっと終わった>明日のセミナー用のPPTの資料


 今日は読書三昧で、穏やかに過ごしていました。

なんというのか、今、活字が頭の中にするすると入っていくというか、いくらでも読めちゃう感じ。

昨日から一気に3冊読破しました。

また、感想はおいおいと。


もちろん、昼間はWBCの試合に釘付け! いやー、劇的勝利で嬉しい限りでした。

家族全員、久々に興奮しました(笑)

弱い絆の強さ

テーマ:

SNS

 ずいぶん前の話で恐縮だが、今から2年前「よくわかるソーシャル・ネットワーキング」山崎秀夫・山田政弘(ソフトバンクパブリッシング)を読んだ。

 本書はおそらく日本初の「ソーシャル・ネットワーキング」について総合的に書かれたものだと思う。
 ソーシャル・ネットワーキングが日本に本格的に導入されたのが2004年。私もサービス開始早々から始めた。その後の「GREE」や「mixi」の盛況ぶりを見ると、ブログの急速な拡大に追随するコミュニケーション・ツールとしての期待が感じられる。

 ところで、このソーシャル・ネットワーキングのそもそもの定義は、「ネット発の人脈作りによる新しい社交のありかた」である。
 誹謗中傷が多かった匿名性の掲示板の性格を排除し、原則として他の会員からの紹介による閉じたネットの中で穏やかなコミュニティを育てる。

 特に私が興味を持ったのは、ソーシャル・ネットワーキングの歴史と背景について社会学的な観点から書かれた箇所だった。
1.スタンレー・ミルグラム「六次の隔たり理論」
 自分を起点として友人や知人をつなげていけば、世界中の誰とでも6人の知人を介して繋がる事ができる(自分の知人から必要な人物の知人をたどっていける)。

2.マーク・グラノベター「弱い絆の強さ理論」
 社会は多くの強い絆で結合する仲間集団と、その仲間集団どうしをつなぐ弱い絆で成り立っている。新しいアイデアは外の世界(弱い絆)からもたらされる。仲間集団では発想が固定している(新鮮なアイデアは異質の世界や仲間からヒントが得られる)。

3.「ハブやコネクターの複雑系理論」
 個々の参加者が自然にハブとコネクターに相当する人を中心に組織化し、コミュニティを形成する(自然に情報は集約され、「形式知」のみならず「暗黙知」を得るためにも効果的である)。



#昨日、たまたま関東経済産業局局長の高橋武秀氏の産業クラスターに関する講演を聞いたときに、この「弱い絆の強さ」について、紹介されていたので、あらためてここで書き留めておこうと思いました。


東大の工学系研究科助教授の大澤幸生氏の「チャンス発見とその技術」の講義があまりに面白く、おもわずファンメールを送ってしまったら、ちゃんと返信がきました。>ありがとうございました。

この「チャンス発見」の件のついては、またゆっくり書こうと思います。

キャリア教育フォーラム

テーマ:

 大田区教育委員会が主催する「キャリア教育フォーラム (地域と連携した職業観・勤労観を  子どもたちに育成するためのフォーラム) 」に出ます。


大田区内の中学生に仕事とは何か、と知ってもらうことが目的です。

しかし今月は講演が多いです。。。


■開催期間  2006年3月20日(月)

■時  間   13:30~16:00 (受付は13時より開始)

■会  場   大田区産業プラザPIO「大展示ホール」

■主  催   大田区教育委員会大田区の中学生職場支援を支援する会

  ここのところ怒涛の日々、、、というか、連日連夜打ち合わせ三昧で、毎日帰宅が遅く更新もままならない日々でした。

年度末は、道路工事のように期末予算消化の仕事が入っていて、目がまわりそうです。あともう一息。。。


 最近は、自分の年齢的なこともあって、体力、気力との闘いになりつつあります。

そこで、私がとった選択は、

・6期目が無事終わったのを境に、ITコンサル会社の代表権を渡して、私は非常勤取締役に。

・大学の非常勤講師を3月末で降りる

ということでした。


 「捨てる」ことによって、「やり残したこと」を今度は拾っていく。


今後は、ものと心とテクノロジーをつなげていくという、最終タームに入ろうと思っています。



#ということを、本日、自由が丘でお話させていただいたalfさんのおかげで、自分の気持ちを再確認しました。待ち合わせで使った「サンフランシスコケーブルカーコーヒー」 は、時間がゆったりと流れるよいところでした。

早稲田へ。

テーマ:

 午前中、NHKのディレクターさんが来訪。某番組の制作協力のため。

……というか、私が一方的に言いたいことを言って終わったって感じですが(^^;


 午後はたつさんとリーガロイヤルでランチして、会社見学をちょこっとさせていただいて、早稲田大学へイベントに参加するため向かいました。↓

早稲田大学理工学総合研究センターアニュアルシンポジウム`06春「~航空機産業における日本の製造業の役割を語る~」

 地元大田区の製造業もずいぶん関係していますからね。情報収集と勉強のためです。


 本日、またセミナーの講師をしてきました。

東京都からの委託で、 〔聴覚障害者社会教養講座〕 「わたしのキャリア・デザイン」をテーマに武蔵野公会堂で。


 このセミナーには手話通訳はもちろんですが、口述筆記で、私の話をすぐに書き留め、OHPで映してくださるボランティアさんが何名かつきました。この方々の力がなければ、実現しないセミナーでした。

 私もいつもよりもゆっくりと話し、センテンスごとに間をおきました。そして、いつも以上に言葉を正確に、はっきり発音することに心を砕きました。


 普段、何気なく使っている話し言葉ですが、本当にきちんと伝えようと思うと、それなりのスキルが必要だなぁ、と改めて感じた次第。私自身にとっても非常に勉強になりました。


 最後に受講者の一人の方に「元気が出ました。ありがとうございました」と言われたときには、それはもう嬉しくて、嬉しくて。このセミナーの講師のチャンスをくださった東京都教育委員会の方に、この場をお借りして御礼申し上げます。

多摩川へ。

テーマ:

 この雨の降る中、多摩川のグラウンドへ行って来ました。

と言っても、たまたま夫が半休をとって11時ころ帰ってきたので、夫の車に乗って。

保護者が順番で管理事務所へ行って抽選のハガキをわたして、息子の所属する野球部のグラウンド取りをするのです。


 うーん、、、我が家はまだ車で30分走れば着く距離ですが、遠距離の保護者の方は、1日仕事で大変ですね、これも。


 こんなふうに、みんながそれぞれの役割を担いながら、部活も成立しているわけで。

感謝しろよ>息子