モントリオール日和

カナダ・ケベック州・モントリオールから、様々な話題をお届け中!


テーマ:

皆さん、こんにちは。


英語は、やっぱり難しいと感じる今日この頃です。


最近は、辞書なしでも、

大分スムーズに教科書を読めるようになってきたわけですが、

もちろん、すべての単語を理解しているではありません


文脈から意味を判断していることもよくあります。



最近、もの大きな勘違いをしていたことに気がつきました。


皆さんは、VALUABLE という単語の意味を知っていますか?


この単語は、


「価値の高い」というような意味があります。


では、INVALUABLE という単語の意味はご存知ですか?





私は、IN という部分から、

「価値が低い」という意味だと思って文章を読み進めていました。


何度、繰り返して読んでみても、

どーしても、文章がつながらない・・・。



という事で、辞書で調べてみると・・・




INVALUABLEは、

「非常に価値が高い」

という意味でした。


どおりで、全く文章がつながっていかなかったわけです。


ちなみに、

VALUABLEの反意語はVALUELESSです。



英語って、やっぱり一筋縄ではいかないものですね。


AD
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

テーマ:

みなさん、こんにちは。


また、また久々の更新となってしまいました。


今学期は、何だかとっても忙しいのですが、

ちょっと気になったことがあったので、

記事にしてみたいと思います。


みなさんは、"All day" の意味を知っていますか?


たぶん、英語の嫌いな方でも知っているのではないかなと思います。



日本語でいう "一日中"ということですね。



では、All day っていうのは、

何時から何時までのことだと思いますか?












先日、エッセイの指導をしてもらっているときに、

こんなことを教えてもらいました。


「All day (一日中)っていうのはねぇー、

午前7時から午後7時までのことなのよー」



「それから、every day(毎日)は月曜日から金曜日まで」



All day に、そんな基準があるなんて知りませんでしたよ。


一日中の基準なんて、

人それぞれ、少しずつ違うんじゃないかなーなんて

思ったある日の午後でした。


みなさんの一日中は何時から何時までですか?

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは!


本日は、前回の問題の正解発表です。


コメントをくれたKEIKO☆さんとTomoさん、

そして、こっそり考えてくれた皆さんありがとうございます。


Don't create a silo!


正解は、


「サイロを作るな!」



では、ありません。



サイロって、一般的に、窓もなく、

壁で覆われた、背の高い建物ですよね。


当然、サイロの中にいたのでは、

外の様子は、わからないのです。


外の様子がわからない=世界が狭い



ということで、


Don't create a silo!


「視野を狭くするな!」


「自分の専門分野だけに固執しないように!」

ということなのです。

これは、大学の授業で先生が話していたのですが、

一般的に使われているのかは、

調べてみないとわからないです。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは!

突然ですが、

サイロ

(英:Silo

って何かわかりますか?

家畜の餌等を保管する、高い塔のような建物ですね。

(写真がなくてごめんなさい)


ここで問題です。

下記の一文を訳してください。

Don’t create a silo!

正解は、次回の記事で発表いたします!

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、こんにちは!

3日ぶりの更新です。

アメブロのバージョンアップが終了したみたいですね。

あまりパソコンに詳しくない私には、
何がバージョンアップしたのか正直よくわかりませんが、

私もバージョンアップしたつもりで本日の更新をしたいと思いますよ。


それにしても、

今日のモントリオールは、さわやかでしたよ。



今更ですが、

私の住んでいるモントリオールは、
カナダケベック州というところにあります。

カナダの中で、唯一、第1言語がフランス語の州です。


英語が第2言語で、バイリンガルが多いのも特徴です。


そんな、モントリオールで私は、
英語系(授業が英語)の大学に通っているわけです。


普段の学生生活では、とりあえず英語がわかれば問題なし。


私のフランス語は、たぶん買い物・旅行会話程度です。



だから、フランス語ネイティブの人達が、











ぶわぁー






って話したら、全然わからないし、




ケベコワ(ケベック州出身の人)が90%以上のパーティなんかに行くと、


フランス語が全くわからない人として扱われて、

かなり知能が低い人として見られたり、
自分自身もすごい劣等感を感じてしまうこともあるわけです。


+アジア人ということで、すごく変な見られ方をされたりすると最悪です。


パーティだから、楽しいはずなのに、
何でこんな思いをしなきゃいけないんだーって
思ったことも、たくさんありますよ。






初対面の人に、

すごい勢いでこんなことを言われたことがあります。








あんた、2年もケベック州に住んでるくせに、

























何でフランス語が


全然しゃべれないのよ!




って。


もちろん、そんなこと言われて、
だまっちゃいられないので、
学校のことも含めて言い返しましたよ(笑)









でも、そんな言い方しなくてもいいと思いませんか?


私は、日本で外国人に、



なんで、(何年も)日本にいるのに日本語が全然話せないのよ!」




何て、言ったこともないし、
そのことに特に不満も感じていませんでしたよ。







モントリオールにいる皆さんは、
少なからず私のような経験をしたことも多いと思います。


海外で暮らしている皆さんで、
差別を経験したことがある方も多いと思います。










が、しかし!











そんなことで、凹んではいられないのです。




どこにいても、パワフルでなければいけませんよ!
(と、自分に言い聞かせる)



というわけで、


私は、フランス語が話せない私をバカにした人たちを

いつか驚かせてやろうと、













メラメラ、メラメラ










野望を燃やしているのでした。




本日は、バージョンアップ後の初記事ということで、


モントリオール生活の裏側をお届けしてみました!




次回の記事からは、通常営業いたします。



皆様、これからも


モントリオール日和


よろしくお願いします!

いいね!した人  |  コメント(20)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様、こんにちは!


今日も、モントリオールは暑いですよ。

体感温度は、36度ぐらいだったようです。

こんな日は、地下にもぐるに限ります。
(モントリオールの地下街は、世界一広いとか?)


地下街は涼しいけど、
モントリオールの地下鉄って暑いんですよ。

東京の地下鉄みたいに、冷房きいてません!


そんなわけで、こんな暑い日には、
暑い日にちなんだネタをお届けしたいと思います。







あるとっても暑い日の私と友人の会話。




私   「I'm thirsty.」

    (のどが渇いたよー)

友人  「What?

     (なんてっ?)



いやいや、暑いし、のども渇くって、

だから、そんなに驚かなくても・・・





私    「I'm thirsty.」

    (のどが渇いたよー)


友人  「Are you kidding?」

    (何、冗談言ってるん?)




いやいや、冗談とか言ってないし、
しつこいけど、暑いし、もうけっこう歩いてるから、

のども渇きますよ。




友人































You are not thirty!

  (あなたは、30歳じゃないでしょっ!)









Noooooooooo!

ノーーーーーーーーーー!)








いくら私だって、地下鉄のエスカレーターで、
まわりに人がたくさんいるのに、







I’m thirty!

(私は、30歳だー!)

とは、繰り返しませんからっ!











皆様も

Thirsty
 と Thirty には、ご注意ください!





もう、のどカラカラって方

=カナダ留学ブログランキング=
1クリックお願いします!

いいね!した人  |  コメント(17)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは!

今日のモントリオールは、
曇ってはいるものの、とても過ごしやすいです。

今日は、週末ですから、


とっても







ゆる~い、ゆる~い





ネタをお届けします!

(いつも、ゆるいんですけどね)

このBlogを読んでくださっている方の中には、
日本語以外の言語を使って生活している方も多いと思います。

第2、第3言語を使った”笑い”が、
わかるようになるのって難しいと思いませんか?


言葉を知らないから笑えなかったり、

笑いのつぼが違って笑えなかったり・・・・・


でもね、日本語を勉強している外国人に、










日本語のダジャレ





を言って、

笑いをとるのも、なかなか難しいものですよ。



モントリオールで
大学で日本語勉強暦3年の女性に出会いました。

たまに、何が言いたいのかよくわからないときもあるけど、
ちゃんと会話は成立するぐらいのレベルです。


そんな彼女に、






日本語のジョークを教えてほしい








と言われたのでした。

こりゃ大変だ!と思ったのですよ。

いろいろ迷ったすえに、
私が彼女に教えてあげたこととは・・・・・・。














若者の文化に着いていこうと、

はりきった中年男が、お風呂上りに一言


あー、

















きもかった!





このオジサマ、


”きもい”の意味を”気持ちが良い”と勘違いしていたわけです。



もちろん、最初、
彼女は、何がおもしろいのかが、さっぱりわかっていませんでした。


そこで、私は一生懸命解説したわけです。

”きもい”っていうのはね、
若者がよく使うことばで、”気持ちが悪い”の略なんだよ。
でも、このおじさんはね、”気持ちが良い”っていう逆の意味と勘違いしていたんだよ。

というようなことを、英語と日本語を折りまぜて。

彼女も理解してくれたらしく、



爆笑!





「はじめて日本のジョークを聞いた!」と大喜びだったのでした。


それでは、皆様、残りの週末も楽しく過ごしてくださいね!


=カナダ留学ブログランキング=
今日の記事で、笑ってしまった方、
1クリックお願いします!






いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆さん、こんにちは!

今週も1週間お疲れ様でした。

週末も仕事の方、お疲れ様です。
私も土曜日は、
大学で課題をやらなくてはいけないのです。

この間忙しくて、Blogが更新できない間も

息抜きに、皆様のところに、
こっそりとお邪魔をしていたわけですが、


mireineさんの記事を読んで、(mireineさんの記事へGo !)






うぉー!

これは、私も記事に書かなくちゃ!!!





と思って、

数日間、暖めていた記事を、
本日はお届けしたいと思います。

その名も





トイレ論







でございます!





皆様、異国の地で心配なことの1つと言えば、

やっぱりトイレじゃないですか?


だから、全く仏語が話せなかった私が、

とりあえず、覚えてきたフランス語といえば、









トイレは、
どこですか?







Ou est la toilette?

(ウ エ ラ トワレット?)





さぁ、フランス在住の皆様、
フランス・フレンチを勉強している皆様、
違和感を感じてしまいましたね!




mireineさんも記事に書いていましたとおり、
フランスでは、



Ou sont les toilettes?

(ウ ソン レ トワレット?)


っていうのが、

「トイレは、どこですか?」

のたずね方だそうですね。

ここで、フランス語がわからない方へ少し解説:


Ou っていうのは、場所をあらわす言葉(英語で言えば where)

例えば

このお笑い芸人、青木さやかさんの写真集のタイトル

Ou voyez-vous? は、彼女のきめセリフ

どこ見てんのよっになるわけですね。


(この写真集、けっこう売れているらしいですね)



このトイレ論で問題なのは、



la toilette 
(一つの)トイレ


les toilettes
(2つ以上)トイレ


の違いなんですよ、皆様!


トイレを探している、
私は、一箇所で良いから空いている場所があればいいと思う。

正直、一度に、いくつもの便器は必要がないのだ!


だから、


Ou est la toilette?


って質問しても、全く問題がないと思うのですが、


フランス人は、それを許さないわけですよ。


モントリオールで、
フランス人のフランス語の先生が
理由らしきことを説明してくれたんですが


確か、トイレは一箇所じゃないからとか・・・


正しいところは、忘れてしまいました。


ご存知の方、ぜひ、教えてくださいね!


それにしても、
こういう部分がフランス語の難しいところだと思うんですよ。


日本語が複数形にうるさくなくて良かったですよね!










トイレ達は、

どこですか?









なんて、
日本語で質問されたことはありませんか?




北米の人気Blogはこちらから!

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

フランスってどんなとこ? 」(by mireineさん)の

役に立たないワンポイント フランス語”で
(本当は、役に立っていますよ!)

モントリオール日和」を紹介していただきました!

mireineさんの記事へはこちらから、GO !)


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




皆さん、こんにちは!
今日も、お元気ですか?

ところで、皆さんプレゼントを貰うのは、
お好きですか?

突然、あまり親しくない人に、

に、プリウス(車)をあげるよ!」

なんて言われたら、
何か裏があるんじゃないかと思って、
疑ってしまいますが・・・。

親しい人達からの、
心のこもった贈り物は、



とっても
うれしいですよね




私は昔、

365日、誕生日プレゼント受け付けます!

って、いろいろなところで宣伝していました(笑)



英語で「贈り物」のことを

GIFT(ギフト)っていいますよね。
日本でも、ギフト券なんて言葉を使うので、
皆さんご存知ですよね?

でもね、GIFTって言葉を使うときは、
気をつけなければいけませんよ。





「貴方に、ギフトがあるの!」






何て、カッコつけて、
日本で、ドイツ人に言ったら大変ですよ。


GIFTは、ドイツ語で、
















って意味ですから。

私は、つい最近まで知りませんでしたが、
皆さんご存知でしたか?

ピギィさんは、ご存知だったかもしれませんね。
(どうして、私がピギィさんが知っているんじゃないかと思ったかを知りたい人は、こちらへGO !)

私は、真面目に勉強していたときに、
このことを知ってしまったので、
図書館で笑いをこらえるのに必死でしたよ。


皆さんは、
を贈りたいって思ったことはありませんか?


北米の人気BLOGはこちらから


いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆さん、こんにちは!
お元気ですか?

今日は、一日、涼しい図書館で過ごしたので、
私は、元気にしていますよ。

本日は、
montrealへ10の質問
minaさんからいただいた質問にお答えしたいと思います。


真面目に答えさせていただきます。


質問内容:

モントリオールへ英語を勉強する為に留学を考えているのですが、
モントリオールはフランス語圏なのですよね・・?! 
その点で英語学習にマイナス面を感じることはありますか?


私自身は、特に、モントリオールがフランス語圏だから、
英語の勉強をするのにマイナス面を感じたことがあるか?
と聞かれれば、



無いです!




と答えます。


ただ、全ての人にとって、

英語を勉強する街として
モントリオールが良いと思っているかというと
そうではありません。

というわけで、
私が考える&聞いたことがある


モントリオールでの英語学習に

不向きな人


モントリオールの英語学習に

満足できない人




をまとめてみたいと思います。


例1:

英語よりフランス語が得意

フランス語のレベルが日常会話以上


=理由=
フランス語が話せる人は、
フランス語に頼って生活していまいがちになるようなので、
日常生活で、英語を使う機会が少なくなるので。

街の人達も、フランス語が話せて、
英語がちゃんと話せない人と、
あえて英語は話さないと思います。

英語も、かなり上級者なら問題ないと思います。



例2:

生活の全てが

英語じゃないと満足できない人



=理由=
モントリオールは、バイリンガルが多いとはいえ、
フランス語圏です。

街の看板は、ほとんど、フランス語表示です。
メトロの車内放送は、フランス語だけです。

スーパーの表示(野菜や果物の名前)もフランス語です。
ちなみにお菓子なんかのパッケージは2ヶ国語表示です。


例3:

言葉の訛りに偏見を持っている人


=理由=
多国籍な街なので、
いろいろな訛りの英語を聞きます。

テレビや映画で聞く英語以外は、
英語だと思えない人は、
モントリオールには不向きだと思います。
(そんな人はいないと願いたいです。)






私は、2年以上モントリオールに住んでいるわけですが、
多くの人が心配している、
フランス語訛りの英語が移ることもなく、







日本語訛りの英語








を話しております。
そりゃー、2年前に比べれば、
多少の進歩はあると思いますが・・・。


モントリオールに、私よりも長く住んでいて、
英語がペラペラだって、
日本人だってわかってしまう英語の方もいます。


英語系の大学の教授の英語だって、
その人の第一言語訛りがありますよ。


フランス語英語、中国語英語、スペイン語英語等など。


私は、訛りも個性があっていいと思っています。
慣れるまでは、聞き取るのが大変でしたが、
最近は、とくに問題ありません。

働くようになれば、
いろいろな国の人の英語を話すことがあると思います。


その時に、

あなたの英語は、
訛っているのでわかりません!

なんてことは通用しないと思います。


実際、私は、他の都市で英語の勉強をしたことがないので、
英語圏の都市と比較することはできません。

月並みなことを書きますが、
語学は、本人のやる気次第だと思います。


minaさん、参考になりましたでしょうか?



モントリオールで英語を勉強している、したことがある皆さんは、
どう思いますか?

コメント&TBよろしくお願いします!


モントリオールで英語を勉強したことがない方も
もちろん、

コメント&TBよろしくお願いします!




北米の人気BLOGはこちらから


いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。