Keramické trhy 2017

テーマ:

去る6月9~11日、Pezinokでは毎年恒例のイベント、Keramické trhy(陶器市)が開催されました。

昨年の陶器市の記事はこちら→★★★

昨年同様、今年も沢山写真を撮ってきました。毎年出店してらっしゃる陶芸作家さんも多いので、昨年見たことあるようなと思うものもちょくちょくありましたが、今年は昨年と比べるとよりアートな作品が目についたように思います。あと、何となく、去年よりもチェコの作家さんの割合が高かったような気がします。


それでは早速、写真による陶器市巡りとまいりましょう。


本物のパイが置いてあるのがすごく気になる・・・。苺かな、ラズベリーパイかな?


こちらにも本物のケーキが。半分だけなのはわざとなのか、食べた後なのか、何気に気になりました。鮮やかな色が爽やかな印象を与えるテーブルウェアですね。



陶器のランプカバーは温かみが感じられていいですね。



アクセサリー色々。



花モチーフの食器が可愛らしく鮮やかで華やかなここの器には、いつも目を奪われます。




そして、今年も(陶器の)猫を探せ~!😸

人の頭にネジのようなソケットのようなものがついたモノは、どんな目的で作られたのか気になりました。何かのキャップ用なのかしらん…?

😺😺😺🐶🐶🐏🐑🐏


🐈🐈🐈🐈🐈


この猫の表情たまりませんな~😹


😼😼🐸🐸


😺🐷🐸

デフォルメの仕方もそれぞれの個性があって、その違いが面白い。



この花柄猫とシマシマ猫のお皿が可愛くて、買うか買わないか悩みました。でも多分使えずに持っているだけになってしまいそうだと思ったので、止めました。


カップは、もう少し丸みのある形だったら良かったな。



ここからはアートな作品。

これら全て同じ作家さんの作品なのですが、どれも色使い、モチーフが面白くていいですね~。こういう世界観好きです。


バイオリン虫…⁉ それとも天使なのか、独特の雰囲気のある作品で、これも好きです。


下段の錆びてひび割れたハート。それを取り囲む玉虫色といい、不思議な魅力と存在感を放っていて、思わずミケさんと共に見とれてしまった作品であります。



今年もいたー!カワウソのようなのと、何となくドラクエのイエティを彷彿とさせるキャラたち。



ここからはまた食器類です。


こんなカラフルでポップなものもありました。


カラフルと言えば、イタリアの作家の作品がどれもとても明るい色使い&遊び心のあるデザインのもので見ていて楽しかったです。

スイカ柄のボウル、お皿、ビーハウス型の蜂蜜入れ。


キャベツの葉っぱデザインのお皿やボウル。やはりサラダ用なのかな。


でもこれだけ食器に個性があると、どの食べ物に使うか限定されてしまいそうですね。😓



茶器も色々。

漫画や文章を考えている時に、こういう茶器でお茶入れて気分転換したら、もっとはかどりそうな気がします。




オカリナを売っている方もいました。子供たちが集まって、実際に吹いて音を出していました。

悪魔くんや鬼太郎の影響で、オカリナを欲しがった時期があったな…。



さて、今回の陶器市でミケさんが「家にあったらいいな~」と言ったものが、こちら。☟


何に使うものかご存知でしょうか。これ、ボウル部分に水を入れて使うウォッシュボウルです。歴史映画などで見たことありませんか?


「玄関に置いて、帰ってきたらこれで手を洗うことが出来たらいいにゃ~♥」


これを置けるほどのスペースが我が家にはないから不可能だけど、アイデアとしては面白いです。😸


という訳で、写真で巡る陶器市はこれにておしまいです。

少しでも楽しんで頂けたのであれば嬉しいです!





via 青ねこ's Life in Slovakia
Your own website,
Ameba Ownd
AD