森田崇允のブログ

ライブ情報、音源情報、その他活動、たまに趣味についてなども書いていきますので、よろしくお願い致します。

【森田崇允 公式サイト】
http://moritatakamasa.com


テーマ:
JFN系列のラジオ番組
simple style~オヒルノオト~に出演します。
演奏もします。
聴いてみてくださーい!

{82FB75BA-F860-4E30-B9CB-52DB77D9AB60}

simple style~オヒルノオト~
http://www.jfn.jp/oto

*毎週月~金 11:30~12:55(生放送)

パーソナリティー
●月、火
板井麻衣子(いたい まいこ)
2010年ミス•ユニバース日本代表に選出され、同年8月ラスベガスにて開催された世界大会に出場。
ラジオ番組ナビゲーターのほか、モデル、MC、レポーター等多岐にわたって活躍中。
http://ameblo.jp/maikoitai/

●水、木、金
リアド慈英蘭(リアド ジェイラン)
世界中を飛び回るエジプト人の父を持つ。
自らもエジプト、アメリカなどでの居住経験があり、マレーシア、東京などでも過ごす。
http://horipro.co.jp/talent/HAP031/


▼ネット局(曜日によってネット局が変わりますが、金曜日は下記になります。)
FM群馬 ・ FM石川 ・FM岐阜 ・FM三重 ・FM山陰 ・ FM岡山 ・FM徳島 ・ FM高知 ・ FM長崎

・simple style~オヒルノオト~
『仕事の手をひと休みさせて、午後への活力を与えてくれる、心地よい音楽と、自分らしいスタイルを見つけるヒントが転がっているような、知的好奇心くすぐる情報をお届けします。』

〈出演〉
森田崇允 
w/荒井旭(Acc)久保田正道(Per)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
お越し下さいました皆様ありがとうございました!
{391B8092-B8A6-49DA-B74D-F871F52FDA9E}
日曜日らしいよい時間でした。

案の定打ち上げは朝まで爆烈。
{500CE485-DAAA-4567-A9B5-973551CE1E13}

酒って怖いですね。

森田崇允次回のライブは
7/8(金)下北沢祭@北沢タウンホール?
20:30~出演予定です。
{42E51CC4-A12B-459E-9EA2-C1B2B639B1C8}



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
音楽活動を続けていると、日々沢山の方々にお世話になる訳で、やっぱり最終的に人情ではないかと思う今日この頃。

わたくし森田崇允、マイペースでありますがラーメン屋巡りが趣味でありまして、特に昔ながら雰囲気のある店構えと、不恰好な親父店主から繰り出されるスマートな手さばきを堪能し、目の前に着丼した小宇宙を啜るのが何よりエンターテイメントだと思っております。

そんな私が今までに食した一杯から、直感のみで連想した、これまた大好物のワールドミュージックを中心とした名盤珍盤合わせてご紹介させて頂く趣味的企画。

題して…『らーめん啜ってこの一枚!』

ちょいとサボってましたが
今回ご紹介するお店は
1966年創業
半ちゃんらーめんの産みの親。
神田神保町『さぶちゃん』
そしてラーメン界の生きる伝説
店主のさぶちゃんです。

らーめん屋巡りを始めた当初に訪問したときは未熟過ぎてわかりませんでしたが、色々な歴史を食するうちに、さぶちゃんの偉大さに気づき、山岸さんの時のように後悔せん!と再訪。

神保町は古き良き文化が残る町
今じゃ天然記念物的なエロ本が並ぶ書店を何軒か通り過ぎ、洋食屋(さぶちゃん兄経営らしい)がある小道を曲がると…

{17E16BFE-3E21-4049-8FC3-A1EC7ED9931C}

相変わらず貫禄ある佇まい

{C7F0F5D6-B984-492B-AB0F-A4D94724B07B}

いらっしゃいました。
こちらがさぶちゃんこと、木下三郎その人です。

{7512E710-C547-4E78-9E6E-3645A7738B0E}

もちろん頼むのは
半ちゃんらーめん 750円
(常連は『半ちゃん』と一言で注文。)

さぶちゃんはゆっくりどんぶりをもち、魔法の粉、醤油ダレ、ネギをどんぶりにいれ、カウンターにおき淡々と麺の茹で上がりを待つ。

さぶちゃんとは対照的な女形の息子さん?(噂によると)がスープを入れ、湯切りを終えたさぶちゃんが麺を泳がす。具材をのせ完成。

{9229349B-9D51-4DEE-9B92-1D7CD3B23C0C}

きたー!

{202E914F-487E-4B4F-988E-78D846FDC987}

が、しばし待ちます。
半ちゃんを。
なかなかこないが耐えます。

きたきたー!

{6F8FE3CE-9434-4243-86DB-9726E1FFA03E}

これです。
これが歴史を変えた組み合わせです。

さぶちゃんいただきます!

生姜が香るスープ。柔い細めん。
淡白なチャーシューと甘すぎるメンマ。

そしてなんといっても作り置きを温め直したチャーハンマナーを覆すチャーハン!

こうゆうもんなのです。
上手い不味いではなく、さぶちゃんの生き様を頂くのです。

創業五十年。
奇跡の組み合わせを編み出した功績と、半ちゃんを作り続けたさぶちゃん歴史を頂くのです。

はいっ!

{7FF4CBE2-B450-46E8-BC3A-73AD3A0F4FE6}

ごちそうさまでした!

会計時チラッとテレビを見て「ところ変われば品変わる。東京じゃ落花生なんて言わないね」と小生にはまだ到底理解出来ないであろうお言葉をかけてくださいました。

さぶちゃんありがとう。


…ミロンガ辺りでコーヒーをひっかけ余韻に浸る。
世界広しといえどあんなカリスマ親父なかなかいねーよ。

{535006CC-87B9-4AFE-A678-765299D6C7F2}

いらっしゃいました。

PELLO EL AFROKAN(ページョ.エル.アフロカーン)
album『FUNKY AFROKAN』

『モサンビーケ』というリズムの第一人者で革命後のキューバを躍らせまくったおっさんです。

強面だけど愛嬌のある容姿とダミ声がさぶちゃんとだいぶ被ります。

ちなみモサンビーケとはキューバのアフリカ色の強いカーニヴァル音楽(形態)『コンガ』を基に生み出されたリズムで、オリジナル編成はパーカッション隊とトロンボーン隊のみという、奇跡のバランス。

音楽も食も組み合わせとバランスに一番センスを問われます。

名前もアフリカ、モザンビーク共和国のスペイン読みからきているらしく、ページョ本人もアフリカのイメージを強調するために使ったとおっしゃってます。

このアルバムは日本編集盤で、大量の太鼓達の濃厚なグルーヴに、唸るトロンボーンとビンビンのエレキベースが乗っかり、ページョの合図で歌って踊って大爆発、モザンビーケをバンド・サウンドとして確立した名作『UN SABOR QUE CANTA』から全曲。
あとは選りすぐりのシングルとラスト数曲はフォルクローレとしてのコンガの再現も聴ける半ちゃんばりのお得感。

故 中村とうようさんがアメリカで言えばデューク・エリントンはアルセニオで、J.Bとアート・ブレイキーを足してに2割ったのがページョだとおっしゃってましたが、私にはデュークは山岸、J.BとA.Bはさぶちゃんに聞こえます。

御年さぶちゃん78歳。

(残念ながらページョは2000年に67歳の若さで亡くなっていました…一度拝見したかった!)

これからも貫禄のある湯切り姿と半ちゃんを堪能させてくださいね。

皆さんも気になるお店や好きなアーティストのライブは後悔する前に行きましょー!


『PELLO EL AFROKAN』





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。