2005-03-06 22:46:49

珈琲に関する考察 あこがれ

テーマ:日々、通りすがり
いつから、コーヒーをブラックで飲むようになったのか。
僕が本格的にコーヒーを飲み出したのは高校のときだ。
ある日、親がコーヒーメーカーを買ってきた。
それから、うちでは毎朝コーヒーがでるようになった。

しかし、よくよく思い返せば、
そのころから僕はすでにブラックで飲んでいた。
と、いうよりは、それまでコーヒーを飲む習慣がなかったので、
初めからブラックだったといったほうが的確かもしれない。

しかし、朝、いれたてのブラックコーヒーはほろ苦く
薬を飲むような気持ちで飲んでいた。

なぜ?


答えは明確。

「ブラックで飲めることはかっこいい、砂糖やミルクを入れるのは子供」

と思っていたからだ。

それから、だいたい6年がたった。
今日、僕はカウンターでブレンドコーヒーを頼み、
ブラックで飲んでいる。

残念ながら、いつ、”苦い”という壁を乗り越え、
”おいしい”に辿りついたのかはわからない。

ただ、一つだけ確かなことは
「ブラックで飲めたらかっこいい」というあこがれが
自然と壁の向こうに僕を押しやったということだ。

仕事に関して。仕事はコーヒーよりも確実に”苦い”だろうが、
どれだけ単純でもいいから、あこがれをもって
コーヒーのように、
その苦さを楽しむことができるようになれればいいなと思う。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。