2006-07-18 00:26:09

サービスセンターのめいたんてい

テーマ:ブログ

「一般しかないんですが・・・」

少女の言葉に私はあっけにとられてしまった。

全く予期していない言葉だったからだ。


雑踏行き交う週末の駅。

構内のサービスセンターで、2,3秒であっただろうか

私たちは見つめあった。


私は、その街の博物館で開催されている展示会の前売り券を

購入しようとしていた。

「このパンフレットの展示会の前売り券をください―――」

この私の質問に問題はなかったはずだ。

なぜなら前売り券は1100円の1種類しかない。


呆然とする私をみて彼女はもう一言加えた。

「学割の前売り券はないんです。」


ここでわかった。彼女は私を学生と勘違いしている―――

いや、むしろ学生と決め付けている。


私はこれまで社会人として生きた1年と3ヶ月が背後で崩れ落ちていくのを感じた。


崩れきったところで、はっと思った。

初対面の人間の職業を、その外観から次々と言い当てる。

その手法はまさしくシャーロック・ホームズだ!

彼女は河原町のシャーロック・ホームズ!


とまで考えて、彼女の推理がホームズと違い、的外れであること思いだした。


とするとなんだろうか、と考え直したとき、はっと思った。

彼女は職業云々を問うたのではなく、

まだ社会人になりきれていない未熟な私の心を読み

それとなく、「あなた、まだ学生気分でしょ?」というメッセージを送ったのだ。


一見、嫌味っぽいが強かに相手の心理を追い詰めていく手法は、まさしく古畑任三郎だ!

彼女は阪急サービスセンターの古畑任三郎!


さすがの古畑警部も接客はまだまだのようです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-12 23:15:27

梅雨は青春のように

テーマ:ブログ

今日も鞄がぱんぱんだった。


普段から、極力荷物は少なくするが、この季節はしょうがない。

鞄の中では、黒い折り畳み傘がふてぶてしく居座っている。


梅雨はいつ明けるのか?

というかもう明けた?最近全く雨ふっていないし。


というかどうなの?はっきりしてよ!


と、優柔不断な少年に告白してしまった女の子の気持ちになりながら、

ふと思いついた。


これは青春だ―――


”これ”というのは梅雨のことである。

いつ始まるかも、いつ終わるかもあいまいで

気がつけば終わっているところも、

期間中はずっと憂鬱で、

晴れた!と思えばすぐに、ぐずつくところも

全て同じではないか!

そうだよね!俺だけじゃないよね!?(後半部分)


とまぁ、悶々と(この言葉もまた梅雨っぽくて青春だ)考えていたら

今日が青春ギターポップバンド spagehetti vabune !!! のアルバム「GPGP」の

発売日であることに気がついた。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-06 01:22:46

あたる

テーマ:ブログ

あたりました。食あたり。

もう3時間腹が痛い。


何があたったのか。

昼飯のカツ丼か?セットでついてたうどんか?

夜飯の最寄スーパーで30%引きであった弁当か?

食後にのんだコーヒーか?


いずれにせよ、無害な食品に紛れて、何者かが僕の腹をあてた―――


いわば巧妙なヒットマンだ。


向こうが、僕の腹を狙い撃ちなら、こちらも銃(ガン)で対抗だとばかりに

僕は引き出しを開ける。


セイロガン これだけが頼りだ。


・・・くだらん!

が、すでに僕の腹は下っている。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-04 00:26:54

spagetti vabune !!! 新曲無料ダウンロード開始!!

テーマ:ブログ

プラムスター


言わずもがな star=星 である。

夜の闇に映える星々は、時に人々を魅了し、時に冒険者たちの道しるべとなった。

そして今ここに、ギターポップの新星が誕生!

「prime plumstar」 その光は、明日のギターポップを照らし出す!


お母さん

    リンゴもいいけど

             プラムもね


7月12日発売 spaghetti vabune!!! 2ndアルバム
「ギターポップ・グランプリ」から先行webシングルとして
「prime plumstar」が無料ダウンロードできます!!!

http://vabune.com/sv/dl/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-07-03 23:42:49

娑婆のくうき

テーマ:ブログ

今日は午後休を取ったので、2時に終業。


会社を出ると、いつもの帰宅時間にはありえない日差しと熱気。


平日真昼間。


すれ違うサラリーマンは営業の途中だろうか、額の汗をぬぐっては、荒い息を吐き出している。

彼らの後姿を見送ると、次第に感情が高まってくる。


―――自由だ!


午後休みをもらうにあたって、午前中業務に集中した反動からか、

いつもはオフィスに閉じこもりきりで、見慣れぬ眩しい東京の街は開放感に満ちていた。


「娑婆の空気はどうだい?」


気分はさながら出所した元服役囚である。


さらに自由を得ても、自分を待つ人は無く

ひさしぶりに帰った家が荒れ果てていることも出所気分を高める。

(土日に神戸に帰り、今日朝、そのまま神戸から出勤しただけ。家が荒れているのは常)


こうして寂しさに打ちひしがれた前科者は、ム所に戻りたがる。


・・・明日も仕事いくか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。