believe

テーマ:



たとえば君が傷ついて くじけそうになった時は

かならずボクがそばにいて 支えてあげるよその肩を



もしも誰かが君のそばで 泣き出しそうになった時は

黙って腕をとりながら 一緒に歩いてくれるよね






久々の好きな言葉シリーズです☆

この間、小学校でこの歌を練習している風景を目にしました。

卒業式の練習でしょうか。

私も小学生の頃この歌を歌ったことがあります。



子供がこの歌を歌っているのを聞くと、なんだかとっても感動します。

別れと出会いの桜の季節がもうすぐそこです。


AD

星という輝き

テーマ:
rose


バラはこの夜に香る

一日のお別れにのぞんで

おもしろみのある強い言葉をさがす

冷たい冬空にも つらい毎日にも

夜は等しく幕をおろす

星という輝きがなければ

生きるかいもないでしょう


                     銀色夏生




そろそろ暑い日も増えてきているけど夜はやっぱりまだひんやりしていて、このくらいの季節もいいです。

なんだかんだ出掛けるのが好きな私だけど、窓を開けて部屋で過ごすのも気持ちよくてこういう気候はありがたい。


今日が休みなら、床を丁寧に拭いたり、ずっと出してなかった返事の手紙を書いたり、コーヒーを入れて読みたかった本を片っ端から詠んだりするのになぁって、仕事の日程思ってしまう。

で、休みになったら案の定、出かけてしまってたりね。

AD

やりとり

テーマ:


A


  


夜勤で、休憩に入ってソファに座ったとたんメールが入りました。

偶然だけどタイミングよすぎ(笑)

  

  

『愛という言葉は 私が使おうにも

 あまりに濫用されている、


 崇拝という感情は あなたが軽蔑しようにも

 あまりに軽蔑されている、


 ひとつの希望があまりにも絶望に似て

 分別も もみ消す必要はない、


 あなたからの憐れみこそだれのものより

 さらに貴い』



最近は会ってないSでした。

いや、わざわざ会ったりする事は今までに一度も無いか。

本牧に住んでた時によく行ってたお店の店員のコです。

私の友達も何人か連れて行ってたし、地元仲間という感じで、お店の人みんなと友達で以前はよく遊んでました。

  

 

エッ、しかもそれだけ?

う~ん、ちょっと意味が分からない。

これはえーっと、

『聖書の箇所?

 ステキだね。言葉の響きもキレイ』

  

  

『シェリーっていう詩人。

 詩に惹かれたのはあなたのせいだよ。』

  

  

あら、上手(笑)

でも不思議だな。

私が詩が好きなことは母親と、このブログを見てる人くらいしか知らないし、ほとんどの人はこの私がブログを書いてることすら知らないのに。

それにSはいまどきのコって感じで、詩っていうタイプじゃないのに。

ま、いいや。そんなことより負けてられない(笑)

  

  

『シェリーなんて名前までステキだね。

 いつかシェリーの詩集を書店で手にしてしまうかもしれないのは

 君のせいだよ』


返信した後すぐに仕事に戻って、このやりとりをしたことも忘れてて、今朝家に帰って寝る時に、あ、そういえばと携帯をみるとそれ以上は返信が入ってませんでした。

あはは面白い、意味わかんなすぎ(笑)



笑えたので、これ以上深く突っ込む気はないですが、詩はいったいどういう意味なのか(Sがメールした心意ではなく、ほんとに詩自体の意味が)知りたいです。

私には難しい言葉ばかりで謎です(笑)



A




AD

夜のテラス

テーマ:

小浦ブルー

「夜のテラス」

傷つけてあげる
あなたがそうと気づかない方法で

あなたがいつかひとり
夜のテラスへさまよい出て
なんとなく空を見上げるような時
何かとても大切なものを失ったような
そんな気に
なるように

そして
私の
悲しみと共に
二人
別々に
泣きましょう



                           銀色夏生

会おうよ

テーマ:


プラネタリウム



会おうよ


迷惑だなんて言わないでね

タイミングだけで生きてるような

僕らだから



                銀色夏生




タイミングが人生を左右することがあるって

そう感じる時がたまにだけどあります。

タイミングって、ただそれだけのことなのに大きい。


sakura



The three essentials of happiness are:
something to do,
someone to love,
and something to hope for.

(幸福になるための3つの要素。
することがある、愛するひとがいる、そして願う何かがあること)



本当かどうかは分からないけど、本当な気がします。

だとしたら私は幸福なんだなぁ。

あなたは幸福ですか?




summer

テーマ:

秋翠さん に短歌を詠むことをすすめてもらって、頑張って考えたけれど、

思うことも、はせることも、さして何もない私なので、

私の住まう神奈川の夏の好きなところを詠んでみました…

  

  

江ノ電

  

海沿いを  緑の電車  ガタンゴトン

 

浮かぶ江ノ島  帽子のように

  

  

箱根湯元

  

汗にじむ  湯より見上げる  月高く 

   

箱根の山に  蝉の鳴く声 

  

  

  

  

  

だーからねー、難しいんだよ~。

キョーヨーとかね、チセイとかね、ないからさぁ~

ブー

(笑)

  

  

でもなんとなく伝わったでしょ。

私の好きな神奈川の夏。

秋翠さんのようにはいかないよ…

ミシシッピーリバー

テーマ:
ミシシッピーリバー

人が生まれる前から 流れているんだね

空より広い豊かな ミシシッピーリバー

  

君はいつでも明日を 指差す矢印さ

知らない世界へ行こうと 歌ってる

  

きっといつか 行くよ僕も

君が目指す海へ

そして君に負けないくらい

遠く 旅をするんだ




蒸気船の汽笛は まぶしいシンフォニー
しょげてる時も心が ふくらむんだ

 
君は小さな頃から いかした友達さ
なんでも話せるやさしい パパがわり

  
きっといつか 行くよ僕も 

星の下を ひとり
そして君に負けないくらい

大きな夢を つかむよ

きっといつか 行くよ僕も 

君が目指す海へ
そして君に負けないくらい 

遠く 旅をするんだ

  

  


ミシシッピーリバーという曲で、小学生の頃学校で歌っていた曲で、曲名も歌詞もこれで正確なのかはわかりません。

誰の歌なのかも知らない(笑)

でも、この歌詞にメロディーが凄く合ってて素敵で、たまに思い出して口ずさんでいたりします(笑)

暗い話題を避けると、他には何もしてなくて話題がなくなるので、好きな『詩(コトバ)』シリーズが続いたりします(笑)

ほほほ