sea

皆さん応援本当にありがとうございました。

とにかく無事終わりました。

長い嵐の後、試験を終えた私は、その日からその次の日の夜までずっと眠ってしまっていました。

今日やっと、色々動ける気持ちになって、久しぶりにゆっくり料理とかしてみました。

でも、本当に久しぶりすぎるので、材料の買出しに生協に行くと、凄い荷物になって自転車のかごにひとつと、両方のハンドルに下げて押して帰りました。

  

  

その時お父さんの自転車の後ろに乗る4歳くらいの男の子が私を見て、

「ねえ、ねえ、お父さん見て見て。凄いお荷物だね。」

と言いました。

かわい~いと思う私とは反対に申し訳なさそうに苦笑いのお父さん。

「ぼく、お姉さん手伝ってあげたいよ。かわいそうだよ。」

そうだねえ、とお父さん。

  

  

なんて優しい心をもった子どもなんだろうと、感動しました。

誰が言ったわけでもないのに、子どもが自然にそういうことを言うのは、きっとママやパパが本当に優しい人で愛情をかけてそだてているからなんだろうなあと思いました。

ほんと天使です。

でも、実際にはあんなに小さくてかわいい子が持ったら動けないくらい重かったけど(笑)

だって今日はポイント5倍デーだったんですよ。ほほほ

  

  

そういう訳でお昼は茄子のアラビアータバスタ、夜は豆乳鍋でした。

おいしかった☆

AD

あと1日

テーマ:

花

  

今日は、E が自分も含めて4人分予約しておいてくれた、国家試験会場の近くのホテルに泊まります。

明日、もしものことがないためです。

どんな理由でも、遅刻すれば、もう来年まで受験することができなくなってしまうので。

  

  

そんなわけで念のため、前日入りです。

運よく得意な問題ばかりが出ますように(笑)

AD

あと2日

テーマ:

アン

いまさらって言う人もいるかもしれないけど、

私はここが頑張り時だと思うので頑張ります。

だから、そんなに書くこともできないので、赤毛のアンの言葉でも…

  

  

「人生には曲がり角があるわ

 その向こうに何があるかは分からない

 でもその曲がり角を曲がると

 きっと今までとは違った素晴らしい景色が広がっているの」

AD

電動歯ブラシ

テーマ:

ソニッケアー

今日は学校でした。

久しぶりすぎて、なんか学生だったんだと改めて思いました(笑)。

今日は、国家試験の受験票受け取りと、ガイダンスでした。

3月の8日に卒業式で、それまでに大掃除やら注射演習など色々学校行事もあるので、実家に帰るのはその後にすることにしました。

母が心配だけど、母には学校に行きなさいと言われましたので…

  

  

ところで、今日帰り際、Kちゃん に呼び止められて

「お母さんがいつもお世話になってるからこれ渡してくれって。」

と、紙袋をもらいました。

葬儀の時やKちゃんの誕生日に手紙を出したことで、気を遣っていただいたみたいです。

かえって悪かったといったん断りましたが、結局ありがたく受け取ってしまいました。

  

  

その時は、失礼だと思って中身も確認しなかったのだけど、帰ってきて見てビックリ。

ソニッケアーという電動歯ブラシセットでした。

こんな高価なものだったとはと、慌てて電話したのですが、

「うちの会社の商品だから気にしないで」と言われ、またまたありがたく…ということにしてしまいました。

  

  

お気遣いと、何よりKちゃんが元気そうだったのが嬉しかったのですが、電動歯ブラシも本当に欲しかったので素直に嬉しかったです(笑)。

だって高価だし、自分では欲しくても買わないもん。

今日、歯を磨くのが楽しみです。

でも先にお礼の手紙を書きます。

春の歌

テーマ:

春

  

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪をかき分けてきた
食べられそうな全てを食べた

  
長いトンネルをくぐり抜けた時 見慣れない色に包まれていった
実はまだ始ったとこだった

  

「どうでもいい」とか そんな言葉で汚れた
心 今放て

  

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

  

平気な顔でかなり無理してたこと 叫びたいのに懸命に微笑んだこと
朝の光にさらされていく

  
忘れかけた 本当は忘れたくない
君の名をなぞる

  

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を

  

歩いていくよ さるのままで孤り
幻じゃなく 歩いていく

  

春の歌 愛と希望より前に響く
聞こえるか?遠い空に映る君にも

  

春の歌 愛も希望もつくりはじめる
遮るな 何処までも続くこの道を
  

  

  

  

  

去年の春、親友にもらったスピッツのCDに入っていた曲「春の歌」の歌詞です。

この曲も歌詞も好きです。

遠い空にうつる君も歩いているでしょう。

私も歩いていきます。

春よこい

テーマ:

三渓園 夕景

  

今日は一日家にいました。

勉強してました。

まだ寒くて暖房は欠かせないけど春は近づいてきているのでしょうか。

早く春になって欲しいです。

春はすがすがしいイメージで好きです。

桜もきれいだし。

私は昼間より夜の桜が好きです。

  

  

私の今住んでいる家の近所に、三渓園という日本庭園があります。

歩いて1分のほんとに近所です(笑)。

そこには湖があって、湖の周り一杯に咲く桜が落とす、湖面の花びらが本当に美しいのです。

花見の季節には夜も開園していて月と花びらが両方浮かんでいるのが見られます。

引っ越すまえに、もう1度見に行こうと楽しみにしています。

Tのおばちゃん

テーマ:

Tのおばちゃん、

母の中学生の頃からの親友で本当に長い間仲良くしてくれて感謝してます。

うちと子どもの年齢がみんな一緒で、そういう意味でもおばちゃんと母は本当に仲良しだね。

血のつながりもないのに私のことも小さい頃から色々面倒見てくれてありがとう。

  

  

このあいだ、2月3日の節分の日、母を迎えに行っただけのつもりが私まで晩御飯ご馳走になってしまって。

でも、おばちゃんの作るものは何でも手が込んでて美味しくて本当に何でもできる人だなあって関心するよ。

もう長く寝込んでいるおじちゃんの世話を愚痴ひとつ言わず楽しそうにやっているおばちゃんを心から尊敬します。

  

  

あの日も、節分だから豆が食べたいと言ったおじちゃんの言葉は、もう私には何を言っているか聞き取れない時もありました。

だけど、おばちゃんはおじちゃんの言ってることは何でも分かって、「豆は飲み込みがちょっと不安なのよね。」と私に言いながらも軽くつぶした豆をおじちゃんに食べさせ嬉しそうに笑ってた。

  

  

私が看護学校に入学して10日もたってない頃に、母が脳下垂体に膿腫があると分かって手術を受けなきゃいけなくなったことがあったよね。

あの時、手術当日は立ち会えても、単位があるから翌日に横浜に帰らなきゃいけなかった私は母を一人残すことが不安だった。

でも、おばちゃんがあの時も母のそばにいてくれた。

手術を前にした母におばちゃんが100万円を渡して、「これで元気になって帰ってきて」と言ってくれたことは、後から聞いたんだよ。

受け取らなかったけれど、母はその友情だけで十分心強かったんだよ。

  

  

私も都合のいい話だけど、おばちゃんがいてくれてるから母を福岡に一人残してても安心感があったの。

介護で大変なおばちゃんのところに週に1回は母が顔を出してるのも、母は看護師だから少しは役に立つかなって反面、おばちゃんがいてくれるから、母も安心だなって気持ちがあった。

  

  

今朝母からのメールで、

「驚かないで聞いてください。今朝早くTのおばちゃんが亡くなりました。クモ膜下出血でした。今、Tさんちにいます。電話はできません。また知らせます。」

というメッセージを見るまでは、まさかおばちゃんにもう会えなくなるとは思ってなかった。

  

  

たった1週間前、2月13日、母がまたお邪魔して、二人で出かけるっていうから送っていって、また帰りに迎えにいった時、坂の下まで降りてきてくれて、運転席の私を覗き込んで、

「試験頑張ってね。Mちゃんなら大丈夫よ。」

って言ってくれたのが最後になるなんて。

  

  

お母さんね、17~18日に知り合いと行った旅行から帰ってきたとき、土産物の袋を出しながら「これとね、これがTさんのなんだ♪」って嬉しそうに言ってたんだよ。

あれ、まだ渡してなかったのに。

うちはお父さんがいなくて、子どもはみんな関東に出てるから、お母さんは福岡でひとりで、私たち子どもがどんなにこっちに来いといっても来なかったのは、Tのおばちゃんがいたからだよ。

    

  

私、「甘いもの今はいいや」とか言って、おばちゃんがあの日お母さんに持たせてくれた手作りのアップルパイ食べてないんだ。

またいつでも作ってもらえると思ってたんだよ。

おばちゃんはずっと元気だったし、心配なのはおじちゃんだけだと思い込んでた。

看護師になろうってのに、おばちゃんの血圧がどうなのかとか考えもしなかった。

  

  

おばちゃんの作った料理を食いしん坊の私がシアワセそうな顔して食べるのを見て、「そんな風に食べてくれるとうれしいわ」って、この間言ってたじゃん。

私、もうおばちゃんの作った料理食べれないの?

年取ったら、お母さんと二人で暮らそうって言ってたじゃん。

あれはどうなの?

  

  

お母さん、一緒にお花やったり、お習字したりする相手がいなくなったじゃん。

一緒にいこうって、スポーツセンターの申込書もらってきたばっかだったじゃん。

あと少しで私、看護師なるんだよ。

楽しみにしてくれてたでしょ。

本当は嘘でしょ?

嘘なんでしょ?

お母さん、あれきり電話してこないんだ。

もうそろそろ、「冗談でした(笑)」って電話かかってくるんでしょ?

再開

テーマ:

横浜 赤レンガ倉庫

  

福岡から帰ってビックリした(予定外だった)ことがいくつかありました。

ひとつは、トイレの電気をつけっぱなしで出かけてしまっていたらしく、電球が切れてたこと…!!

もうひとつは電話が止まっていたこと(インターネットができない)!!

  

  

で、やっと今日、つながってホッとしました(笑)。

社会人になったら、全て引き落としにしておこう。

だって、なんか知らないところでいつの間にかお金が動くの現実味がなくて嫌いなんですよね。

それよりは、払い込み用紙が来て、コンビニで現金で払うほうが私のナイ頭では分かりやすかった(笑)。

でも、社会人になるのを機に、全部引き落としにします。

そーします(>_<)

雨ニモマケズ

テーマ:
宮沢賢治の手帳

ニモマケズ 

風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
  

欲ハナク
決シテ瞋(いか)ラズ
イツモシズカニワラッテヰル

  
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲ食ベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ

  

野原ノ松ノ林ノ蔭ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ束ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコワガラナクテモイイトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ

  

ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ

  
サウイフモノニ
ワタシハ
ナリタイ

  

  

中学生の時、この詩をはじめて見た時は、なんだか寂しい感じだなあと思いました。

でも今は好きな詩です。

決してこんな風にはなれないだろうけど、こうあれたら素晴らしいなぁと思います。

めったにいないだろうけど、こういう人もどこかにはいるんじゃないかと思います。

  

  

明日横浜に帰ります。

あっという間でした。

まだ帰りたくないけれど仕方ありません。

近いうちにまた来れることを願います。

   

  

明日は新幹線で親友のTと一緒に帰ります。

博多発に乗車してくるTと小倉で合流し、新横浜で先に私が下車し、東京でTが下車するという算段です。

あなたの住む町を横切るかもしれません。

名前バトン

テーマ:

いつもバトンではお世話になっている、『焦らずとも何はともあれの今日』のまぁさん らバトンをいただきました。

では早速始めます。

  

  
Q1.ハンドルネームは?

「Marilyn」です。

  
  
Q2.由来は?

もともとこのブログは『MonroeWalk(モンロー・ウォーク)』という名前でした。

それは、私のメールアドレスがマリリンモンローの名前を使っているからでした。

メールアドレスを決める時はどうしていいか分からず、スッゴイ好きっていうわけでもないけど、ちょっと好きだし有名だからとマリリンの名前を使いました(笑)。

その私の歩みをつづるからモンロー・ウォークだったんです。

そういうわけで、必然的にマリリンになったと…。
  

  
Q3.本名の由来は?

色んな説があるんですけど本当のとこはよく分かんないです(笑)

  

  
Q4.過去につけられたアダ名は?

小さい頃は「まぁちゃん」

学生時代からは「ちぃちゃん」。

今でもそうです。

  

  
Q5.1番大切な恋人になんて呼ばれたい?

何でもいいですけど、私はできれば相手のことを君付けとかちゃん付けで呼びたいので、相手にもそうして欲しいかな…。
  

  
Q6.ハンドルネームと本名どっちがいい?

そりゃ本名ですよね。

前述のようにハンドルネームはテキトーですから(笑)
  

  
Q7.生まれ変わっても本名でいたい?

いいえ。

次は男性に生まれ変わってみたいので(笑)。

  

  
Q8.誰にバトンを回しますか?

では、北海道出張から帰ってらしたhiroppieさんにお願いします。

いつもスミマセン。