箱根へドライブ

テーマ:

昨日(月曜日)、試験を受けて合格し、めでたく運転免許を取りました。イェイ!

そして今日、横浜から箱根まで、レンタカーで行ってきました。イェ―イ!

助手席には友人Tが乗ってくれました。

本当にありがたい。

T以外のほかの誰が、昨日免許取立ての人間の助手席に乗って、箱根までついてきてくれるでしょうか。

私だって、逆だったら絶対お断りです。生きた心地がしないでしょう。

  

  

それでもTは、あまり口出しをしたりすることもなく、見守ってくれていました。

きっと、意識して耐え忍んでいてくれたのでしょう。

本当に考えれば考えるほど、ホロリときます。

感謝するばかりです。

  

  

Tいわく、それというのも妹さんの初乗りに付き合った経験があるからとか。

その時は、ワーワー言いすぎて、しまいには妹さんが怒り出し、二度と一緒に乗りたくないと言われたとか。

しかも、それで交代してTが運転したところ、飲食店をされている実家の看板に自分がぶつけてしまったそうで(笑)。

その経験から、なるべく余計な口出しはすまいと心に決めて同乗してくれたのだということでした。

   

  

ところで、首都高は、合流の時スゴク恐かったです。

車が多くて車間距離もなくて、そんな状態で100キロ以上出して走ってるから、半ば強引に割り込むほかなくて、ドキドキでした。

  

  

帰りは、友人Tを川崎の自宅まで送り、そこからは一人で帰ってきました。

Tは一人で帰すのは心配だから、送らなくていいと言ってくれたのだけど。

結局明日の朝8時に一人で車を返しに行かなきゃなのだから、ここは練習、練習と、不安そうな顔のTを説得して帰ってきました。

緊張したけど、沢山経験できて楽しい一日でした。私は(笑)

  

  

因みに箱根では[天山]という、以前から大好きな立ち寄り湯に行ってきました。

[天山]のことは大好きすぎて、話が長くなりそうなので、またの機会にゆっくり書きます。

おすすめなんです(笑)

  

  

早くうんと上手くなりたいなあ。

そしたら一人で行き先も決めず、気ままに旅行とかしてみたいな。

ブログを読んでくれているあなたのとこへも行くかもしれません(笑)。



AD

合宿中

テーマ:

只今、ネットカフェにてブログ更新中。

初めての体験です。

  

  

運転免許の合宿は、意外に楽しいです。

同時期に合宿に参加したメンバーで、いつもつるんで仲良くしてます。

それぞれ年齢もキャラクターも、全然違うんだけど、だからこそ面白くて楽しくていいです。

  

  

合宿仲間のことはまた後々として、運転免許の学校ですが、

楽しいです。

やっぱり自分で運転するっていうのは楽しい。

今のところ順調で、もうすぐ1段階が終わる頃なのですが、早くゼーンブ終わって普通に運転できるようになりたいです。

   

   

インターネットは、こうしてネットカフェに来ないとできないけれど、こういうのもまた初めての経験で面白いです(笑)。

引き続き、教習頑張りまーす。

AD

私はインターシップの間の1週間、ずっとパソコンを開けずにいました。

私のインターシップの最終日がパークスさんの満了の日だって分かっていたのに。

  

  

パークスさんは初めて私の読者になってくれた方です。

それというのも、私が先に読者になって、それでお返しになってくれたというものですけど(笑)

  

  

パークスさんのブログを初めて見たのは、ある日ランキングというものが1000位まで表示してあるのを知って、その時丁度1000位にいたパークスさんのブログに飛んでみたのがきっかけでした。

  

   

きっかけはもうひとつあります。

パークスさんは、なんでパークスさんなのか分からないけど、私が高校生の頃付き合ってた人は在日韓国人で、朴(パク)という苗字でした。

彼はお洒落な人で、将来はデザイナーを目指していて、いつかブランドを作るとしたら、ブランド名をPARKS(パークス)にすると、言っていました。

それは、朴というのをパスポートなどに表示する時、Parkと明記するそうで、それに所有をあらわすSをつけるということで、PARKSにすると決めたのだとか。

当時の私の勝手で、彼とは別れ、今はどうしているのかも知らないし、別段興味もないけれど、パークスさんの名前を見たとき懐かしい気がして興味がわきました。

  

  

見てみると、期間工をしている彼の、愚痴や文句が書かれていました(笑)。

そのときはそういう時だったのです。

いつもではありません。

だけど、愚痴や不平不満が書かれている彼のブログを見て不思議と癒されたのです。

  

  

私は、いつも悩むこととか、深刻になることとかを避けるようにし、まじめな話題も最後には茶化してしまったり、人に対して不平不満があっても口にしないようにしています。

それは、楽観的でノーテンキでいたいとか、人の悪口を言いたくないという理想のもとですが、見方を変えれば「実はまじめなんだ」とか「暗いんだ」とか思われたくないっていうのと、悪口を言うような人と思われたくないっていうのがあるのかも知れません。

  

  

だけど、生きる過程で悩んだり深刻になったり、人に対して不平や不満があったりするのは自然なことで、それを正直に表出するかしないかなだけだと思うのです。

現に、パークスさんのブログを見て、私がこころ癒されたのは、自分にも、言葉にはしなくても似たような思いがあって、それが内容は違えどリンクして共感をもてたからなのです。

  

   

特に、パークスさんはそれを書くことで生ずる誤解をおそれず、正直な思いを書き連ね、等身大の自分を表現する場としてブログを活用されていました。

『されていました』って、なんか終わったみたいな言い回しだけど(笑)

とりあえず、期間工として満了の時を無事に向かえ、頑張ってきたパークスさんに心からおめでとうという気持ちです。

  

  

そして、これからも夢に向かって歩き続けるパークスさんを応援します。

と、共に、私自身も頑張ります。

パークスさん、あなたの期間工としての頑張りがあったから、私が励まされたり、頑張れたり、成長できたことがありました。

晴れても曇っても、前進しても後退しても、とにかくやり抜く、継続する。それが、なんといっても魅力的なのです。

  

  

あなたの続きを待っています。

「それでも人生は続く」 のでしょう?(笑)

AD