悔し泣き

テーマ:

私は、小さい頃「サザエさん」と「ドラエもん」とニュースしか、TVは見せてもらえませんでした。

でも、代わりに、図書館のように家に本があったので、必然的に私は本をよく読みました。

今でも本が好きでよく読みます。

でも、友達はそれを知ると、「イガ~イ!」と言って驚きます(笑)

  

  

そんな私が、今までで唯一、悔し泣きをした本があります。

それはもう、悔しくて悔しくて(笑)。わんわん泣きました。

悲しかったり、感動したりして、本を読んで泣くことなら山ほどあったのですが、本を読んで悔し泣きは、後にも先にも、あの本だけです。

  

  

武者小路実篤の『友情』です。

  

  

初めて読んだのは小学6年生の時でした。

そのとき私は、半分なめていたのです。

武者小路実篤の本は『友情』以外は読みつくしていて、どれも似たような流ればかりで、主人公は必ず武者小路実篤を思わせる人物で…と。

  

  

『友情』も途中まではそれと変わりませんでした。

でも、でも!違いました。

あんな最後があるなんて!

あそこまでやるなんて!

他の作品とは全く違う。代表作になるはずです。

  

  

正直言って、武者小路実篤の本は『友情』以外なんとも思いません。

でも、『友情』だけは、別です。

いい本とか、面白いとか、一言では言えません、そういう表現はまた違う気がするのです。

   


AD

喧嘩

テーマ:

私が以前ボランティアをしていた作業所での話。

作業所は、障害を持った18歳以上の方が、軽作業をして、お給料をもらうところです。

私が行ってたとこは、重度の障害を持った方から軽度の方、先天性の障害の方から中途障害の方までと、幅広くイロイロな障害の方がいらっしゃいました。

  

  

私はそこで食事介助やトイレ介助、洗濯や掃除のボランティアをしていました。

そこでは3年間ボランティアをしたのですが、1度だけ、メンバーの方と喧嘩をしたことがあります(笑)。

ホントに、今考えても、恥ずかしい(笑)

 

    

イロイロな障害の方がいるので、コミュニケーションの方法もイロイロで、全く話すことができなくても、音楽を聴くとリズムをとる方や、表情が変化する方と、それぞれ様々な表現方法がありました。

でも、中には健常者と変わらないくらい言語的なコミュニケーションが可能な方も、もちろんいました。

  

  

その一人にFさんといって、35歳の女性がいました。

知的障害の方でしたが、お話が好きで、明るくて、その作業所のムードメーカーでした。

Fさんは、恋愛の話が好きで、私に会うといつも、

「ねえ、ねえ、彼氏いるの?結婚しないの?」

と聞いてきました。

  

  

いつも、同じ質問だったのですが、その日は逆に聞き返してみました。

「Fさんはどうなんですか?好きな人はいるんですか?結婚したい人は?」と。

するとFさんは、サラッとこう言いました。

「結婚なんかできるわけないじゃん、障害者に。」

  

    

『ええ?!ええっ?!!なんですって?!!!』

心の中で叫びました。表情にも出ていたと思います(笑)。

「どうしてですか!そんなことないです!そんなことない!ここのメンバーさん同士でもご結婚された方もいるんですよ!どうしてそんな・・・!!!」

  

  

周りにはメンバーさんが沢山いて、彼らの前で『障害者は結婚なんかできない』と言われたことに対する反発の思い、そんな風に思っている彼女の寂しさを知った悲しさ、それに対して上手くそんなことないと言えない悔しさが一気にこみ上げ、腹が立つやら、悔しいやら、悲しいやらで、涙が出てきました。

  

  

「それに、それに…!!!」

顔を赤くして必死になっている私に、彼女はいつもと何一つ表情を変えずに、

「Mさん、なに泣いてんの~?なぐさめてあげる♪」

といって、笑いながら、私の頭をなぜました。

  

  

いや、あなたに対して怒って泣いてるんですケド・・・

なんか、もう、おかしくなって、笑ってしまいました。

なんでFさんになぐさめられてんの?(笑)

  

  

喧嘩はその1度だけで、Fさんとはいつも仲良くしてもらいました。

看護学校に入学が決まって、作業所でのボランティアをやめる時、Fさんが一番泣いていました。

子どもみたいに。

初めて彼女が泣いたのを見て、胸がつまりそうでした。

でも、私が帰った後、Fさんが一番に口を開き「今日のおやつは?」と言って、渡されたおやつをおいしそうに笑顔で食べていたとか(笑)

AD

私が狼を好きな理由 2

テーマ:

狼といえば、どんな印象をお持ちですか?

昔話でもあるように、一般的には、人間や小動物を襲って食べる怖い動物というイメージが強いように思います。

私も幼い頃はそうでした。

                                             

                                     狼

でも、あるとき見たTV番組の特集で、そのイメージが一新されました。

TVでは、狼の一生をドキュメント形式で紹介してました。

  

多くの動物は、オス1匹を中心としたハーレムを築いて子孫繁栄を図ったり、逆ハーレムを築いたりと、生殖のための配偶者が多数いることが多いのですが、狼は違います。

  

配偶者は1匹だけで、死ぬまで生活を共にします。

決して別れることはないのです。

これは、両親が離婚した私にとって、その頃大きなショックを与えるものでした(笑)。

人間のように離婚することもないのです。

離婚が悪いとは言ってません。

私は両親とも愛してますし。

   

しかし、それだけではありません。

狼は、死ぬまで配偶者と生活を共にし、配偶者が死んだ後もその体のそばを離れようとしないのです。

TVでは、死んでしまった妻の狼のそばを夫の狼が離れようとせず、すっかり雪で銀世界となってしまっている林の中、亡くなった妻の狼が雪に埋もれていく様子が映し出されていました。

  

その時の、夫である狼の表情が、凛としていて強そうなのに、どこか悲しげで、本当に美しかったのです。

今でも忘れられません。

また、林の中に捨てられた人間の子どもを狼が自分の子として育てていたという、インドの話は有名ですよね。

狼は、愛情あふれる優しい獣。

それが私のイメージなのです。

だから、心理テストでも、『狼―優しい』としました。

  

切ないほどに美しい、あの狼が、私は好きなのです。


AD

私が狼を好きな理由 1

テーマ:

北極狼

まぁさん のブログより拝借)

夏休み前の実習がピークをむかえ、精神的にも、肉体的にも、限界をむかえていた頃、

実習から家に帰ると、ガタガタと音を立てて、FAXが届きました。

クラスメイトのYちゃんの、4歳の息子さんであるA君からのFAXでした。

   

彼は私の天使です。

もともと子どもの好きな私だけど、A君とその妹のHちゃん(2歳)は特別です。

以前、「海」というタイトルのブログで写真を公開しました。

A君は「今まであった人の中でMちゃん(私)が一番可愛い。」と言ってくれ、毎晩またMちゃんに会えますようにと拝んでくれているとのことです。

はい、目が悪いんじゃないかとか、そんなに少ない人にしか会ったことがないのかという、突っ込みは心の中でどうぞ(笑)

   

とにかくFAXには、字が書かれていて、ひらがなで大きく書いてありましたが、部分的にしか読み取れませんでした。

すると直後に母親であるYちゃんからメールが入りました。

『あの…ごめんなさい。もう何度も止めたんだけど、どうしても1度だけって聞かないから、FAX送らせてもらいました。AからMちゃんに教えてあげたいことがあるそうです。一生懸命に書いたんだけど間違えて読めないと思うので。』

と言うことで、内容解説してくれていました。

A君のFAXの内容は以下のとおりです。

  

「北極には、熊だけじゃなくて、北極おおかみや北極ウサギもいます。」

 

 

確かに、そう書いてありました(笑)。

ただ全部平仮名なので分かりにくかっただけでした。

なんていうか、実習中のあのピリピリした雰囲気とか、常に追い詰められたような緊張感とか、平均で4時間という睡眠時間とか、全てが吹き飛んで笑えました。

可愛くて。

もちろん、教えてくれてありがとうという、返事のFAXを送りました(笑)

  

でも北極狼は知っていました。

私はどんな動物の中でも狼が一番好きなのです。

北極狼は白くて美しい狼でした。

むかし、TVでみたのです。

北極狼が住むカナダのエルズミア島に一度行ってみたいです。

北極点から少ししか離れていないというその島に生き物がいるなんて凄いです。

で、私が狼が好きな理由の説明にやっとたどり着けると思ったら、もう夕食の支度をする時間なのでまた後で(笑)


合宿で運転免許とります!

テーマ:

今日、合宿での運転免許取得のための、入校申し込みをしました。

8月9日から15日間、行ってきます。

    

心配なことが3つあります。

     

1.インターネットができるか

2.ホームシックにならないか

3.ちゃんと(就職試験の)勉強ができるか

  

のインターネットができるかについては、

宿泊プランで、シングルBを選択したので、教習所近隣のホテルに宿泊することになるのですが、ホテルが2つあって、ひとつは無線ラン機能のあるパソコンを持参すれば無料でどこでもインターネットにつなげられるのですが、もうひとつは設置のパソコンすらないのです。

しかも、希望は希望で、どっちになるかは当日まで分からないとか。

どうして~?随分アバウトじゃない?(笑)

パソコンが使えないと、人のブログを見たり、自分のブログを更新したりができないし、勉強する時、調べ物ができない!

   

のホームシックにならないかについては、

1であげた、インターネットができるかどうかによっても変わると思うのです。

加えて、合宿先は福島なのですが、私は福島に行くのは生まれて初めてで、今まで福島の人に知り合いもいなかったし、東北であることさえ、今回初めて知りました(これは私が地理の分からないバカってことですが(笑))。

そんな土地へ一人で15日間も行くことが今更不安になりました。

   

のちゃんと勉強ができるかについては、

運転免許の合宿がどの程度のもので、どのくらい自分の時間があるかが分からないからです。

   

    

あ~不安!

行きたくないような気さえしてきちゃった(笑)

心理テスト5の答え

テーマ:

,いつものサイズのGパンが入らなかった時、言うこと、することは、

あなたが振られた時、言うこと、することをあらわします。

  

私の友達の一人はこう答えました。

「なにこのGパン?!おかしいんじゃない?」と言い、

そんなはずはないと、力いっぱい履こうとする。

一度履けてしまえば、最初はきつくても着慣れてくることもあるからと(笑)

  

Gパンが入らなかった時、その原因を自分とGパンのどちらに向けましたか?

自分に向けた人は、振られたら、自分になにが足りなかったのか考える人。

Gパンに向けた人は…(笑)

  

また、すぐに別のものを探そうとした人は失恋のショックを受けても、意外とすぐにまた人を好きになる人。

私のように出直そうとし、そのサイズがあきらめられない人は失恋のショックから立ち直るのに時間がかかるタイプで、さらに、サイズが合わないのに買ってしまった人はいつまでも引きずってしまう人とか(笑)

  

えー、みなさん、反対意見を含め、自己分析をお願いします(笑)

地震と水着

テーマ:

上京して一人暮らしをするようになって何年もたつけど、毎回地震は怖いです。

今日の地震は丸井で買い物してる時でした。

展示されているマネキンがものすごく揺れて、広い店内がざわめきたって、私は一瞬で「この状況では、もう何がどうしたって、逃げられないんだろうな。」と思い恐怖でいっぱいでした。

大地震が来ないで欲しい。

当たり前か(笑)

  

丸井では、水着とトップスを何着か買いました。

水着

心理テスト5

テーマ:

これで心理テストは最後です(笑)。

またいつか、機会があったらやってみますけど、とりあえず、今はこれだけしか知りませんので。

是非やってみてください。

いつものサイズのGパンを店で試着して、細くて入らなかった時、なんて言いますか。またはどうしますか?

私の場合はこうです。

「あーん、ショック。ダイエットしなきゃ(泣)。」

別のサイズは試さず、出直す。

お答えお待ちしています。

心理テスト4の答え

テーマ:

実はこれは、「あなたの浮気度」をあらわすのです。

   

外人男性を選んだ人:100%(今現在も浮気しており、浮気は日常茶飯事という人。)

白い犬を選んだ人:75%(できることならいつでも浮気したいと思ってる人)

恋人を選んだ人:50%(浮気するつもりはないが、そんな機会があればついついしてしまうこともある人)

誰も来ないを選んだ人:25%(浮気はしないでいたいと思っている、または臆病になって浮気できないひと)

   

というわけです。

どうだったでしょうか(笑)。

なぜ外人男性だと100%で、白い犬だと75%で、というのは心理学的に動物である犬が性的象徴になるとかかんとか、心理学的に最もな理由があったのですが、それは忘れました。

思わずいい結果になった人や、あわてて言い訳が必要な人、言い訳しようのない人、ズバリの人、多々いらっしゃるかと(笑)

自己分析楽しみにしています(笑)