美術館に行きたい

テーマ:

美術館に行きたいと思って気付いたら、美術館に興味があるような友達が身近にいなかった。

クラブや音楽、服やブランドの話ができる友達はいても、美術館に一緒に行けるような友達がいなかった。

ちょっとマニアックな映画をみたり、新聞や本の話をしたり、美術館にいくなら、『振られた相手をなぐさめて』で話したTとだった。でもそのTが違う学校になって遠く離れてからはそんなことが一緒にできる友達がいなかった。

今の友達に不満があるわけではない。逆にTにクラブやブランドの話はできないし、全てが合う友達が欲しいわけではないし、違うところもあるからこそいいと思う。

美術館に一人で行くのもそれはそれで楽しそうだからたまにはそんなこともしてみよう。

ルーブル美術展楽しみだなぁ♪



AD

私の話

テーマ:

新学期が始まってからずっと続いてた課題の嵐からやっと開放された。

嵐の中では同時に試験や演習、見学実習もあって、一日たりともゆっくり寝れた日がなかった。

早く開放されたいと思っていたはずなのに開放されたとたんこれまでの疲れがどっと押し寄せてきて廃人のように何もやる気がおこらない。

ルーブル美術展には行きたい。

今は実は本当の嵐の前の静けさで、このゴールデンウィ-クがおわったら、11月まで続く学生いじめ、もとい、実習が始まる。それが終わったと思ったら国家試験。私にはその前に就職活動もある。

どうしても就職したいところがある。

私の挑戦はここにきてやっと始まったばかり…


AD

振られた相手をなぐさめて

テーマ:

今年の年初めの話。

は振られた相手にその場で、

「何でだろうね、女の子すきなんだけどね。」

と言われて、

「出逢うひとに出逢ってないだけだよー。」

と言ってあげた。

「なんで私がなぐさめてんだよぉぉぉ~!!」

と後で私に言ってた(笑)

ホントだよ、なになぐさめてんだよ。

 

は前の学科の時に知り合った私の大親友。

関東で知り合ったけど、生まれ故郷が同じ県で、一緒にいるとついつい方言になってしまうことがある。

純粋で心がきれいで、裏がなくて、誰にでも優しくて、私とは正反対の本当にいい人だけど、正直もので努力家で頑張り屋だからこそ、損をすることもある。

でもこういう人が損をするようじゃ世の中ダメだと思うだけど。

 

ところがあまり恋愛とかに積極的ではなさそうな彼女が、意外に意外だったりする。

(私からすればだが、)急に好きな人ができで、気がつけばあっという間にその想いを相手に伝えてる!

もうビックリ!

どこにそんな勇気あったの?!って感じ。

ちょっとした人とのやり取りにもすごく繊細で悩んでしまう人なのに、想いを告げることに関しては、人の100倍勇気がある。そう思う。

しかもがそうするのは、OKされるという自信があるからというわけではない。

スッキリしたいからなのだそうだ。

モヤモヤ想い悩み続けるよりも、伝えてスッキリしたいからだと。

意外すぎてモー、私は面白くてしょうがない。

本当に正直で真っ直ぐなんだと思う。

でも意外とスッキリでもなくて、その後の関係で悩んだりしてるけど(笑)

それでもまた人を好きになって、またいつの間にか告白する。

 

私は計算高いし、ずるい大人だから、真似できそうにはないけど、を見てると潔くて快い。

「もう人を好きになったりしたくない。したくない。」

と、毎回言ってるけど、私個人としてはそれだけ人を好きになれることがうらやましいし、そういうが素敵だと思うので、また早く、他の誰かを好きになって欲しいなぁと思ってしまう。

そして次の恋は成就するであろうという、勘みたいなものが、ある。

AD

書き初め

テーマ:

何から書いていいのかな…

今の学校に入学した祝いに兄弟にもらったパソコンを使わないまま半年。

おそるおそる使ってみてからは、課題にはかかせない存在になって。

先週インターネットにつないでからは、またうんと世界が広がった。

何かしらの影響を考えると、近しい人に程、全部は話せない自分のことも、ここでは記していきたい。

私の日々の歩みを日に日につづる、モンローウォーク。

どこかにいる知らない誰かに目にとめて、共感したり楽しんでもらえればいいなぁ。