おばま由紀 Mon plaisir-東京 国立のフランス料理、イタリア料理 料理教室

東京 国立 おばま由紀のフランス料理・イタリア料理教室


テーマ:

 


 我が 『パンの師』 太田先生からバトンを受け取った「おばま」です!

パンケーキ凄く美味しそうですね! さすが太田先生!!

今ほしの酵母を起こしているので、是非作ってみます。


雅子先生が『ナン 』・hanaさんが『圧力鍋で炊くご飯 』・太田先生が『パンケーキ


それではおばまは『パスタ』でいこうかと思います。

いつものように素材にこだわったりソースに凝ったりするのではなく、

エネルギー節約にこだわってみます。


以前生徒さんが「TVでやっていたのですが、パスタってお鍋のお湯が沸騰したら

その中に入れて茹であがり時間の間蓋していればアルデンテに丁度よくゆで上がるんですって!!」


私自身やったことがなかったのでチャレンジした結果「うん!!まあできるかな・・・」と言うのが私の感想。


そこで今回はその時よりもさらに厳しい条件!!水を半分に。

パスタ100gに対してお湯が1リットルというのが基本的なパスタの茹で方

今回4人分320gのパスタに対して本来ならば3リットル強の水が必要なところ

半分の1.5リットルで茹でてみます。(パスタの臭いが気になるようでしたらお水を少し増やして下さい)

ポイントは厚手の鍋を使うこと、パスタはスパゲッティかスパゲティーニぐらいがどんなソースにもあって

使いやすと思います。(あまり太いパスタはおすすめしません)


これで水と電気またはガス両方を節約できるパスタの茹で方がなんとかできました。それではレシピ・・・・



節約パスタの茹で方


材料(4人分)

 スパゲティーニ       320g                                                                      

 水              1.5リットル              

 塩(水分の0.8%)    12g

 オリーブオイル       少々                 

茹で方

①厚手の鍋に分量の水をいれて沸騰させる。

②塩を溶かしパスタを広げるように入れ、1分茹でる。

 (このときパスタがお湯に全てつかるようにかき混ぜる)

Mon plaisir おうちでレストラン
③少量のオリーブオイルも加え、火を止めて茹で上げ時間マイナス1分間蓋をしておく。

  (茹で時間が8分って書いててあったら7分

④時間がきたらパスタを取りだしソースとからめる。

 (パスタが硬いようだったらここで火を入れながらパスタの硬さを調節する)


今回はどこのおうちにもありそうなベーコン・玉ねぎ・ホウレンソウを炒めて

パスタにあわせました。このようにソースがない場合は炒めた具とパスタに茹でたお湯を加え

パスタの硬さを調節してみてください。



Mon plaisir おうちでレストラン


   パーフェクトなパスタの茹で方ではないけれど、結構大丈夫です。



 そしてうちの常備菜『肉みそ』もご紹介します。

味噌が多いので冷蔵庫で一カ月もちます。

ただし塩分はありますので食べすぎに注意して下さい。

肉みそ小指の先ほどで、ご飯一膳は軽く頂けます(笑)


Mon plaisir おうちでレストラン

材料はこんな感じです。味噌はカップの半分ぐらい。

大体こんな感じ・・・で大丈夫!!気軽に作ってみてください。


  肉みそ

材料


豚ひき肉         30g

味噌           130g

鷹の爪          少々

生姜           小さじ1

ニンニク         小さじ1/2

日本酒          45cc

味醂            12cc

三温糖(上白糖可)   25g

ゴマ油           適量


作り方

①鷹の爪は種を取っておく。

②味醂と酒と味噌を合わせておく。

③フライパンにゴマ油をひき、生姜、にんにく、鷹の爪を入れ

  香りが出るまで炒める。

④③にひき肉を入れしかり炒める。

⑤②を加えてよく混ぜていく。はじめは強火でアルコール分を

  飛ばし、少ししたら火を弱めてじっくり練り上げていく。

  一晩おいて味をなじませる。


Mon plaisir おうちでレストラン


 ご飯に混ぜておにぎりにしても美味しいですし、焼きおにぎりもいいですよ!!

生野菜につけていただいたり、お豆腐にのせたり、もちろんパスタでもいいと思います。

野菜いための隠し味にもいいと思うし、生姜も入っているので肉みそをお湯で溶いて

ソープ代わりにしても、もしものときなど体が温まると思います。一ケ月保存できますので

インスタントのみそ汁を備蓄するよりいいのでは??簡単ですから是非作ってみてください。


味噌に含まれる大豆ペプチドは脳をリラックスさせてくれるそうです。しかも発酵食品ですから

体にいいこと間違いなしです。


 ここ数日ストーブの火を利用して調理しています。


原則として暖房はあまりつけないようにしていますが、どうしても寒いときは

昔の電気をつかわない古いタイプのストーブを物置から出してきて使っています。


ストーブの上の熱源がもったいないので、いろいろなものを煮ています。

短時間でも結構いろいろなものが工夫すると出来ますよ。


豚の角煮、カレーライス、ジャム、煮豆、豚汁、焼きイモ、焼きじゃがいも

銀何をホイルにのせて炒ってみたり、もちろんお茶を沸かしたり・・・・・

なかなかいいですよ・・・・昔のストーブ・・・・・そのうち写真もアップします。


予想よりも早くバトンがまわってきてしまったのでとりあえず雅子先生にバトン

返しますね!!よろしくお願いいたします。



にほんブログ村 料理ブログ 料理研究家へ  応援本当にありがとうございます!!

                                      


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

おばま由紀さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>