2017.3.27

Bonjour! こんにちは晴れ

モンパリのMiyoです。


先日の土曜日、フランスで一番大きい大聖堂を見に、アミアンという街へ行って来ました。

{457D6796-C57D-4EA2-A051-795475EA3055}

Amiens アミアンはパリから北に位置する街です。

赤いところがアミアン(青がパリ)

{5A5D89FC-23BF-485E-A09E-DBEF123154B0}

パリから電車で1時間ちょっと。

日帰りで十分行ける距離です。

電車はパリ北駅から、1時間に一本ぐらい出ています。

  

私たちはパリ北郊外にある夫の実家からみんなで車で行きましたが、パリ市内からなら電車が便利だと思います。


さて。

このアミアンという街の最大の見所が、なんといっても大聖堂!

正確には、フランスで一番の "高さ" と "中の面積の広さ" を誇る大聖堂だそうです。

世界遺産にも登録されています。


形は少しパリのノートルダムと似ていますが、高さも奥行きも一回り大きい感じです。

(↓大きさ伝わりますか?)

{63E37953-2339-4B80-9C11-906946E8110F}

中に入ってみると、意外にもとても明るい!

大聖堂や教会は中が暗いことが多いイメージでしたが、この大聖堂はとても明るいのです。


どうやら"god is light" (神は光)という考えのもと、できるだけたくさん光が入ることを重んじて作られたそうです。

上の窓からたくさん光が入ってきて明るかったです。

{A9BCE7CD-1767-4FC4-9A59-ECB6F874E90C}

{40F82AC9-2009-42B9-9DF2-E6BCC6F8E152}

{BBB6D339-7361-46ED-9AAE-783278D0430D}
マリア様のお祈りの場所もとても明るかったです。
{BF7D7E76-22E6-4CE2-B20E-2864611E0CF9}

↓大聖堂奥にあるステンドガラスも天井の高さが高い分、迫力満点でした!

{55B84108-4060-4206-AD42-68C4A51F08B9}
全体的に明るくて、とても広々とした大聖堂。
まるで天からの光が差し込んでいるかのような美しい空間でした。とても気持ちよかったです!



そして、私たちは街の中心へ。

ここにはたくさんお店があり、地元の人もたくさん足を運んでいました。

{E8101D1B-FCDC-4D4E-AF8C-84C068471978}


そこで見つけたのは、とても素敵な地元のチョコレート屋さん☆

{0DBF29A1-8F51-427C-BB4C-D3E43608CB71}

↓イースター前ということもあり、ウサギ、鳥、卵型のかわいいチョコがたくさん飾られていました!

{7E5AC629-799B-4854-B8E6-127F0B40B620}

私たちはカカオ99%のチョコを買ったのですが、苦みがなく、カカオ豆のおいしい味がしてとってもおいしかったです!


そして、もう1つ、地元の伝統的なお菓子が売っているお店へ。

歴代五代も続いている老舗のようです。

{CE160401-4C56-4C2B-AC32-932AA3B7AE5B}

ここではチョコレート以外にも、アミアンの特産菓子が色々売られていました。


まずはアミアン風のマカロン↓

見ると、普通のマカロンとは全然違います。

どちらかというとビスケットのような!?

アーモンド、砂糖、卵の白身、ハチミツ、アーモンド油で作られた手作り菓子だそうです(保存料なし)。

{F443F0CA-700C-4C9B-8BF6-471DB7330252}

そして、ガトーバテュというお菓子↓

こちらもアミアンの特産ケーキ。

小麦粉、卵、砂糖、バターというシンプルな材料で作られており、おいしそうでした!

{F05974CB-6212-4CA7-BD61-DC899993D11F}

また、この街では伝統的なレンガの家もちらほら見かけます。

パリとは違う雰囲気できれいでした。

{09AE99D5-B50E-48FE-A227-4C28713BCA94}

大聖堂も食も買い物も楽しめるので、

一日パリから日帰りで行くには十分楽しめる場所です☆

フランスで一番大きい大聖堂は、大きさだけではなく、中もとてもきれいなので、見に行く価値あると思います(*^^*)


Instagramにパリの写真載せています

Facebookページもあります


AD