全く眠れないので、家の近くの川(中川)に一週間ぶりに行ってきました。

結果余計眠れなくなったので、想いをつづらせていただこうかと思います。


※以下敬語省略します。


mono-tourフリーペーパー「穴があくほど。」の原稿が昨日で校了。


正確にいえばまだ残っているみたいだけれど、自分に出来るところは終わったみたい。あとは初台に残る編集のみなさんとデザイナーさんがやって下さるということで。


そんなこんなで昨日から今日にかけては【FP完成記念打ち上げ!】で渋谷区初台のデザイナーさんの家で飲み会♪


本当にmono-tourのみんなは最高のメンバーで、一緒にいてとってもとっても楽しかったけど、楽しかった分今こうして一人で家にいることが泣きたいくらい辛い。


mono-tourから帰京した時は「これからFPも報告会もあるしまだまだみんな一緒だ!」って思えたから辛くなくて

報告会が終わった時も「まだFPあるし集まれるよね!」って思えたから大丈夫だったけど

FPの作業が終わってしまったらもうなにも自分への安定剤はなくて、


残されたものは夏休み前の日常とmono-tour、mono-tourメンバーへの想い。


そんなことを飲みながらしみじみ思っていた時にある就活を控えた女の子から言われた言葉にはっとした。


「確かに居心地のいい集団の中にいることは楽だけど、ずっとその中にいるのも違うと思う。だからあたしは、この先違う形でみんなが活動するかもしれないけど、参加するのは今日で最後にするつもりで今日は来たんだ。」


ううん、もちろんそれは、頭の中のどこかではわかっていること。


たとえば、高校卒業前夜に願ったままに、もう一年高校生活を送っていたら今の4年生には会えなかったわけだし、18才の感性で、今のmono-tourのみんなと接することはできなかった。それは自分にとってかけがえのない財産になった。


それでも卒業式の日の夜は「ずっと高校時代が続いていたらよかったのに、どうして・・」って思いっきり泣いた。


だけれど今は、卒業して良かったんだと思えている。


変わることがそういうことなのならば、

辛いのは今だけかな。数カ月もすれば、mono-tourにちゃんと「思い出」として接することが出来るかな。


経験からはそうも思えるけど。それでも彼女の言葉は昨日の僕にはちゃんと咀嚼できなかった。

しるしに、自分が返した「理解」はどこか間違っているぞ、と思っているだろう彼女の表情を僕は感じた。


くやしい。


感性の違い?たぶんそうじゃない。


大学で過ごす2年、3年。


先輩たちがきちんと自分と向き合って、きちんと先を見ようとして、“自分のために”過ごす大学での日々。それは、いくら僕がやる気とか能力の点で精いっぱい背伸びしても越えられないものを築いているように感じた。


自分はそんな日々を過ごせるのかな。

そんな日々を過ごしている人たちとまた会えるかな。また一緒になにかできるかな。


またすぐに会いたいな、と思う自分と、それでちゃんと“次”が見えるのかな、見なきゃいけないな、と思う自分。


時間という“流れ”の中に、生きているということを本当に実感した。


今は別れの寂しさと自分のこれからの日々への不安で押しつぶされそう。実際この日記も半分ぐらい泣きながら書いちゃったしね。キーボードがデロデロだよちきしょー。ちょっと病みそうだな。



けれど、少し休んだら、ちゃんと次に向けて動き出したい。


でもやっぱり大好きだよ。願わくば、僕の成長を見ていて下さいね。


本当にこれからも仲良くしてね。ときどきは飲みに行こうね。


ありがとう。 ありがとうございます。

AD

25日に「早大発!新ものづくり発見ツアー報告会」が早大@小野記念講堂でありました。


来てくださったみなさま、本当にありがとうございました。


土谷製作所のプレゼンターは私、昆野が務めさせて頂いたのですが。本当につたない発表ですみませんでした・・。>土谷会長を含むご来場のみなさま


でも、やれることはやったよ。ちゃんと頑張ったなって思える。


大学のコンピュータールームで何度も徹夜したよ。

プレゼンの指導をしてくださってるWBPSの豊島さんとか、他のプレゼンターのみんなとかに励まされて、いろいろ教えてもらいながらなんとか、難しい環境の中で頑張ってる土谷製作所の魅力を伝えたいなーって。


途中からはもう、ものツアが終わっちゃうんだなーってすっごく寂しくて、それまでは死ぬ気で頑張ろうって思って、大学で一人で泣きながらプレゼン作ってました。


FPの企画とか配布とかもあるけど、とりあえず一区切りのものツアー。ここらで一回ツアー&帰京後の活動の感想を。以下敬語省略します。


■ありえないメンバー


1にも2にも、楽しかったんだよ。すっごく。


まず、出会えたメンバーがすてきすぎた。みんな本当、優しいし、おもしろいし、ありえないくらいすごいキャパシティー持ってるし、ちゃんと自分の価値観持ってるし、やるときにはやるし、語るときにはとことん語ってくれるし。俺みたいな一人のペーペーの1年生相手にもちゃんと100%で向き合ってくれた。


活動してても、飲んでても、語ってても、みんな本当にきらきらしていたよ。まぶしいくらいに。


俺がヤケにテンションが高いときには、自分が大変でも乗ってきてくれたし、逆に俺が落ち込んでるときにはおもしろい事して笑わせてくれた。


朝から夜まで全力でタスクをこなして、終電ギリギリまでしこたま飲んで、それでもちゃんとまた翌朝集まってタスクをこなす。メリハリの効いた日々を仲間と過ごす日々。


何と比較しても、とにかく今回のツアーでは、出会えたメンバーが俺にとっての最高の財産。本当にありがとう。ありがとう。


みんなと別れる気なんかこれっぽっちもないからね。ヒマな時にはいつでもメール下さい。そして飲みに、遊びに行こう!それとも、また何か新しいワクワクを一緒に探そうか。


■ありえない仕事


仕事の量はありえなかったよ。笑


まぁ、自分から抱え込んだんだけどね。自分のキャパシティーを広げるために。


1)官公庁・企業向け広報リーダー→中小企業300社を目標に報告会の広報をするなど。

2)FPオリジナル企画執筆→冒頭ページ企画の原稿執筆。

3)FP土谷企画執筆→土谷製作所「introduction」&「内製技術」の原稿を執筆。

4)プレゼン作成&発表→土谷製作所のプレゼンを製作、発表。


でも、これらの仕事から学べたことはもう本当にたくさん。


1)→ビジネスマナー・企業広報(電話)の仕方・組織の動かし方・FAX送信状の作り方・FAXの送り方・Excelによるデータベースの作り方などなど

2)→すてきな文章の作り方・雑誌を作るってどういうことか・おもしろい企画の作り方などなど

3)→市場動向の調べ方・北海道の酪農市場について・中小製造業企業の製造ラインについてなどなど

4)→Powerpointの使い方・プレゼンの概念・プレゼンの作り方・うまいプレゼンの仕方・企業に向けた提案の仕方・企業経営・製造業の経営についてなどなど


その他)→Photoshopの使い方・タスク&スケジュール管理のやり方・デザインの考え方などなど


自分のキャパシティーなんかゆうに超えた仕事がどんどんどんどん舞い込んでくることにちょっと嫌になったこともあるけど、それがmono-tour成功には絶対必要なことだってわかってたし、自分の能力をどんどん高めてくれてる自覚があったし、なによりもそれを一緒にこなしてくれる最高のメンバーと、アドバイスをくれたり励ましてくれるデザイナー&WBPSのみなさんが居てくれたし、外部からもすごい評価してもらっていたから頑張れたよ。


本当にこの夏は、本当にいろいろな面で大きく成長出来たと思う。本当に。


■最後に・・・。


mono-tourに参加して本当に良かった。最高なんて言葉じゃ言い表せないほど最高のツアーでした。


この機会を作ってくれて、支えてくれた、WBPSのみなさん・経済産業省のみなさん・中小企業庁のみなさん・早稲田大学キャリアセンターのみなさん・訪問させて頂いた9社のみなさんetc..にも本当に感謝、感謝。みなさんのおかげで、ペーペーの早稲田大学1年生、昆野はこんなにも楽しい夏を過ごすことができ、こんなにも成長することが出来ました。


このblogを見てくれていたみなさんにも感謝感謝。blogランキングが上がっていくのを楽しみに書いてました。笑


最後に、姉さんありがとう!最終的にみんなblog書かなくてうちら2人の楽しみみたくなってたけど・・笑 でも他にも書いてる人いて、いろいろ試してキレイになっていく姉さんのblog見てて楽しかった!


また自分用のblogでも書き始めてみては?笑 PCならいつでも教えるよー! あと、また飲みに行こう♪


悲しいけど、さびしいけど、これで一旦このblogを書くのは終わりにします。


・・・なんて言いながらまたすぐに書いちゃいそうだけど。笑 その時にはまた見てね。


ありがとう、mono-tour 2007。

mono-tourのみんなとすごした2007年の夏は、人生最高の夏でした。


みんな、またね。


すぐに、ね。



以上、早大発!新ものづくり発見ツアー報告会終了に寄せて。



早大発!新ものづくり発見ツアー1期

 土谷製作所豆コンテンツリーダー・プレゼンター

 官公庁・企業向け広報リーダー

  早稲田大学政治経済学部1年 昆野

AD

昆野とものづくり(昆野)

テーマ:

昨日は千代田線の常磐線への直通運転が中止されてて泣きそうになりました。一駅だけ常磐線の亀有駅ユーザー、昆野です。こんばんは。


今日は一風変わって、「昆野とものづくり」をテーマにお話をさせて頂こうかと思います。


○昆野とものづくりの接点

1)親父が墨田区の小さな商社で働いていて、中小の製造業相手に仕事をしてて、よく町工場のオヤジの話をする。

2)隣の家が工場。でも何を作っているのかは知らない。

3)というか、実は東京都立航空工業高等専門学校電子工学科(現:都立産業技術高専)に在学していた。

4)実はパソコンに詳しい。てかパソコンオタク。


3)は結構人生の中では大きな出来事だったな。小学校の頃からとにかくパソコンみたいな電子機械が大好きで、当然のように電子工学を勉強するために工業高専に入ったんだけど、数学ができなさすぎて、もうめっちゃくちゃヘコんで、普通の高校に転校した、という人生の大転換だったわけです。


高校に入ってからは、政治に興味を持ちだしてひたすら文系の勉強をして大学に入ったわけだけど、実はハイテックさん(BLOG→http://ameblo.jp/monohitech/ )を見学したときにちょっぴり高専辞めたの後悔してみたり。


だって!PC作ってる社員さん、すごい楽しそうだったんだもん!!(自分パソコンオタクだしね。笑)


・・・うーん。でもやっぱり文系の勉強も楽しいからなー。


文系の自分でも、ものづくりの楽しさを技術者とはちがう立場から味わえるかな?


なんてね。進路についてもいろいろ考える旅になりました。


P.S.ちょっと気になったんだけど、このブログ見てくれている人いるのかなー?いたらなんか書いていってくれると嬉しいのですが。笑


うー、中身はなんでもいいからー!!笑

AD