全日程終了

テーマ:

こんにちは。須藤でございます。初登場です。

あっという間に全日程終了いたしました。


北海道・東北の有力な中小企業を巡る旅。

そして、学部も学年も出身地もバラバラな仲間と親交を深め、新しい視点を発見する旅。

本当に素晴らしい仲間・企業と出会えて幸せです。


このような機会を与えてくださった早稲田ビジネスパートナーズ社(多田さん・豊島さん)、早稲田大学キャリアセンター(センター長の金子さん・小林さん)、経済産業省(目黒さん、前田さん)の皆様本当にありがとうございました。


そして、北海道・東北の各バス運転手・ガイドさん、密着撮影・取材をしてくださった日刊工業新聞社、瀧澤正冶監督率いる株式会社Kid's、山川さんをはじめとするフリーカメラマン・音声のみなさん、ありがとうございました。なかなか聞くことができない業界の話など、すごく楽しかったです。

我々のツアーで訪れた先々の宿泊先や、出会った方々も本当にお世話になりました。どうもありがとうございました。


ツアーのみんな、お疲れ様でした。そしてお互いにありがとう。

様々な「出会い」があり、ちょっぴり成長できた気がするね。

そして4年生の染谷さん、古屋さん、織田さん。朝から晩まで本当にお世話になりました。

これから本格的にフリーペーパー製作、報告会に向けてよろしくお願いします。


次は全体で会えるのが、報告会(9月25日)かな?楽しみです。





それでは8月5日に時を戻し、まずは北海道シリーズのお話・・・。




北海道シリーズは旭川空港からスタートし、上富良野・札幌・室蘭。


8月5日、上富良野ではレンタサイクルで楽しみました。簡単な地図を渡されレッツゴー。

仲間とああだこうだ言いながら、都会では見られない田園風景を楽しむ。まぁ迷いはしましたが、いわゆる“全員サッカー”で無事帰還しました。 楽しかったなぁ。 到着後、かなり時間が余ったので、美馬牛(びばうし)駅という無人駅付近を散策し、その歴史などを学びました。 夜は富良野にある「春ちゃん寿司」というお寿司屋さんで夕食をとりました。富良野牛の刺身をいただきましたが、なまらうまかったです。


時は移り8月6日、まずは朝一で我々の担当企業のソメスサドルさんのある砂川へ。ソメスサドル社とは、日本唯一の馬具メーカーで、現在は馬具以外にも財布やカバン、ペンケースなど幅広い革製品を手がける企業です。ちなみに私はお財布を使わせて頂いております。

場所は、ちょうど砂川インター近くにある「砂川ハイウエイオアシス」の近くに存在しています。余談ですが、この「ハイウエイオアシス」と言うのは、野外のレクリエーション施設で、私須藤が幼き時より何度も訪れた事がある場所でありますので、大変懐かしかったです。

質疑応答の際には、ソメス社の代表取締役社長である染谷氏が、順々に出てくる我々学生の質問に対し、クラフトマンスピリッツで丁寧に回答していただけました。途中、ヒヤリとする場面もありましたが社長がフォローしてくださいました。

ええ、そのヒヤリはこの須藤が招きました。


2時間半にわたる訪問を終え、次なる訪問企業を目指し札幌へ。

この札幌市は、須藤の故郷でございます。いやぁ興奮しましたとも。

訪問先は、札幌市東区に位置する「土谷製作所」。ここは、酪農に使用する機械や、サンポッド(道民にはおなじみ)の暖房を組み立てる企業であります。一見普通の町工場(社長ごめんなさい)ですが、そのシステムたるや驚きの連続でした。

働いている方々の意見を「まずやってみよう」という精神で汲み取り、うまく行けばそのまま継続的に行うという、意識の高い企業でした。詳しくは「土谷製作所blog」を読んでくださいね。


宿泊先は札幌市中央区にある厚生年金会館ウェルシティ。

この日の夕食は各自自由だったので、15人位で大通り公園のビアガーデンへ。2年ぶりでした。

銘柄は、やはりサッポロ。ビアガーデンの終了時間まで楽しんで、すすきのへラーメンを食べに行きました。

いつも行く店は込み過ぎで、さらに席の数も多くないので諦め、私が高校生の時に先輩に連れて行ってもらったラーメン屋へ。懐かしい味でした。

その後は、せっかくだから札幌をもっと見てほしいと思い、時計台へ。

予想外に、楽しんで頂けたようで、とても嬉しかった。本当に嬉しかった。


時は8月7日、いざ室蘭地球岬へ!

素晴らしい景色を楽しみました。

一息ついたところで、次なる訪問企業は「キメラ」さん。

IT導入によって、金型の超短期納入を可能にした素晴らしい企業です。

詳しくはキメラblogで。

ちなみに、室蘭には「室蘭工業大学」という道内名門の理系大学がありまして、そこの出身の社員さんもけっこういらっしゃるそうです。


夜はキメラの宮崎社長のお食事会がありました。ジンギスカンと鹿肉をいただきました。ごちそうさまでした。

その後は「室蘭温泉ゆらら」で、ひとっ風呂浴びてからフェリー乗船。目指すは青森港。



ここから、我々「早大ものづくりツアー」の30数人のメンバーによる笑いあり涙あり、学習ありの旅が本格的に始まった。

しかしこれはまた別のお話…。

またね。

AD

訪問開始

テーマ:
どたついていますが、昨日から北海道に着いて、活動をはじめました。

さっそく今日から訪問しました。我々はトップバッターで非常にかたくなりましたが、非常に実りある経験ができたと感じています。
詳細は、追って更新します
AD

いよいよ出発

テーマ:
紆余曲折ありましたが、明日が出発です。
どうなるか分からないけれども、良いツアーにした気持ちは、皆さん同じではないでしょうか?

皆さんと共に成長できればと考えています。
それでは頑張っていきましょう!



AD