今日、仕事を終えて帰宅しリビングで妹がつけていたテレビ(裸の少年という番組でした)

を何気なく見ていると、”有名人のお店ー”みたいな特集をやっており、

河相我聞のラーメン屋さんとか、だんご3兄弟 の流行った時によく取り上げられていた

輪島(ボクサーの方です。)のお店を紹介していました。


その中で今回、テレビ初紹介だったのが、

”66代横綱若乃花”

プロデュース第二弾のお店「66TEI」であります。

和牛づくし 上ミノ塩だれお刺身風、

若のつくね焼き プリプリ海老の焼きさつま揚げ

66オリジナル変わりビビン麺 勝風冷麺サラダ66風 など


丁度、腹をすかせておったもののふには、リモコンがよだれで使えなくなるほどの

それはそれはおいしそうなメニューの数々じゃった~。(日本昔話テイスト)


そんなこんなで、新宿店の開店振りぐらいに

「ちゃんこダイニング若」のホームページをのぞいてみると、

ありゃま、ありゃま!新店続々オープンではござりませぬか!

十月にはもののふの地元埼玉は大宮店

そして場所中の今月21日には福岡博多店 が!


読者さんのお近くでも”門外不出の二子山部屋の味”が堪能できるかも?

要チェックであります!

AD

いやはや、十一月に入って朝晩めっきり寒くなりましたねー。などとちょっぴり年寄りじみたもののふでありますが、
さーあ、ちゃんこの季節です!

もっとも相撲好きな自分はちゃんこも大好き!

(ん?比例するのかな?)

年がら年中ちゃんこ鍋でもOKでありますが、

寒い季節、温かい鍋を家族や仲間と囲み一杯なんていうのはやはり格別であります。



さてはて、そんなちゃんこ鍋にお勧めのつゆがこちら

「ヤマサ花籠部屋直伝ちゃんこ鍋つゆ」 なんですねー。

名門の相撲部屋直伝とした商品名は、

加工食品として日本相撲協会が初めて承認。

味付けは『いりこ醤油だし』、『煎りごま味噌だし』、『ゆずこしょう鶏塩だし』

の三種類。

花籠籠部屋 監修による、本格的なちゃんこ鍋つゆであります。

大相撲ファンの皆様!この冬ぜひぜひお試しください!

AD

「ちゃんこ 巴潟」

テーマ:

昨日、一ヶ月程遅れてですが、

会社の仲間に誕生会を開いてもらいました!!(感謝)

自分の希望で、両国の「ちゃんこ 巴潟」にてご馳走になりました。(^^)


巴潟は昭和十年代に激しい“あたり”と“ハズ押し”で活躍された力士です。

(もちろん自分は現役時代を知るはずも無く、お店の資料を参考にさせていただいています。)

引退後は、年寄高島・友綱の名跡を継ぎました。

その友綱部屋の跡地に建てられたのがこの「ちゃんこ 巴潟」です。


今回の大蔵省(今こんな言い方しなくなりましたねー。)ハンドルネーム大関さんが

ちゃんこと、肴をチョイス。

自分にとってめずらしかったのが、「ほたるいかのから揚げ」。

サクッとした衣と、ほたるいかのやわらかさが一つとなった食感は美味でした。


メインのちゃんこは友綱部屋ゆかりの力士の名を冠した4種類のちゃんこがありました。


今回いただいたのは、秘伝のみそ味の寄せ鍋風ちゃんこ「巴潟 ちゃんこ」

そっぷ煮といわれる、醤油味の「太刀山ちゃんこ」です。(写真は「巴潟 ちゃんこ」です。)


「巴潟ちゃんこ」は秘伝と言うだけあって、スープが絶品。

魚介類がたっぷりのちゃんこでした。

「太刀山ちゃんこ」は霜降りの和牛がメインで、

肉汁と醤油味のスープが一つとなって本当においしかったですよー。(^^)


残る2種類はと言うと。

一つは、秘伝のいわしつみれの塩味ちゃんこ「国見山ちゃんこ」

一つは、旬のつみれと魚介類を、板前さんの造った特製ポン酢でいただく「矢筈山ちゃんこ」

どちらも次に伺ったら是非いただきたいです!!


さて、お誕生会ということでプレゼントをいただきました。


靴下に下着。実用的で本当にありがたいです。



洒落でこんな下着も入っていたのですが・・・。


絶対に普段はけません!!って言うかどんな時にはいたらいいんですか!?(^^;)


何はともあれ、楽しい一日をありがとうでした。


あとがき 

おいしそうなちゃんこの写真に、下着の写真・・・。

別々のコラムにすればよかったかなーと、読み返して思いました。

AD