さて、先場所中日に告知 いたしました

「大相撲界のドラゴンズ!四股名に”龍・竜”の力士」

いよいよ明日から名古屋場所!

龍皇さんの十両昇進のお祝いも兼ねまして

お届けしたいと思います。


横綱・朝青龍関を筆頭に”龍”

また鶴竜関をはじめ”竜”

いずれかの文字が四股名に入る力士さんが

多く見受けられますよね。

大関・千代大海(龍二)・岩木山関(竜太)と言う感じで

下の名前に入っている力士も含めたら

相当な数の力士さんがいらっしゃると思われますが、

今回は上の四股名に限ってピックアップしてみました。 


と、・・・・調べてみたら思った以上にいらっしゃったので別表にまとめました。

平成十八年七月場所現在、”龍”は36人、”竜”は18人、総勢54人の力士の四股名に

”龍”または”竜”の文字がありますです。→四股名に”龍・竜”の力士

(写真左から、龍皇さん・朝青龍関・朝赤龍関・鶴竜関)


竜が天に昇る姿、”昇り竜”は

金運招福・商売繁盛・出世栄達を願う意味があるそうで、

大変縁起がよいものとされております。

また大相撲の釣り屋根に下がった四房(しぶさ)には

四神(ししん)が宿っているとされており、

青房は東方の神・青龍(せいりゅう)を表しています。

土俵に上がった”四股名に龍・竜”の力士は

この青龍に見守られているかもしれないですね。


部屋別では花籠部屋の5人と言うのが一番多いですね。

恐らくですが”籠”の文字に”龍”が入っているからなのかな?と思います。


鏡山部屋の竜聖(りゅうせい)さんと鏡竜(かがみりゅう)さんは

親方の四股名・多賀竜から一字いただいた形ですね。

モンゴル出身力士は6人いらっしゃったのですが、うち4人が関取。   

偶然ですが昇進率が高いとなると、

幕下の光龍(こうりゅう)さん武蔵龍(むさしりゅう)さんにも期待がかかりますねー。



さて!いよいよ明日から名古屋場所!

大相撲界のドラゴンズ達にも頑張って欲しいです!

AD

出世相撲甚句 稀勢の里

テーマ:
本日、7月3日は稀勢の里関・二十歳のお誕生日と言うことで

本当におめでとうございます!!

これで公に「酒がうまい!」とか「ビールに枝豆!」とか

「日本酒には”ねぶた漬 ”!」(←それは自分の話だろ!)

 なーんていう話ができるわけですねー。

名古屋場所では新小結!

かねてから日本人力士のホープとして注目され続けてきましたが、

いよいよここまで登りつめてまいりましたね!


今日は新三役と二十歳のお誕生日を記念いたしまして、

新入幕時に作られた「出世相撲甚句 稀勢の里」を紹介したいと思います。




出世相撲甚句 稀勢の里


櫓太鼓が 玄界灘のよー

あー逆巻く波と 競い合い

次代を担う 若武者を

招く小粋な ばちさばき

弱冠十八 最年少

新入幕を成し遂げた

誉れの人は 平成の

大横綱の 貴ノ花

その十八で 二番目の

萩原改め 稀勢の里

一にも稽古 二に稽古

ドスコイ鳴戸の 荒稽古

もまれて励んだ甲斐あって

晴れて博多で 新入幕

類稀なる 勢いの

四股名に恥じず ひたすらに

牛久の猛牛さながらに

真っ向勝負の心意気

お目にかけますヨーホホイ

あー土俵上よー


 作 沼川 淳



近い将来「相撲甚句 横綱・稀勢の里」なんていうのも

ご紹介できる日が来ればよいなーなんて思っております。

二十歳を向かえて初の場所!そして新小結として挑む名古屋場所。

稀勢の里関のご活躍に期待しております!!

AD
大相撲界はおめでたいニュース続きですねー。

旭天鵬関もご婚約を発表されたそうで、本当におめでとうございます! 参照記事
ますますのご活躍に期待しております!
AD

今場所、西十両筆頭で勝ち越し、名古屋場所での入幕を確定的とさせた
大真鶴関がご婚約を発表されましたね。
本当におめでとうございます!

昨年九月に交際を始められてからは負け越し無しと言うことで、

関取ご本人もおっしゃっているようですが、まさに勝利の女神でありますね! 参照記事
良き伴侶を得て、ますますのご活躍、期待しております!

四月ももう半分が過ぎました。

東京の桜はすっかり散ってしまいましたねー。

写真は今年3月31日撮影の国技館と桜であります。


読者の皆様、今年はお花見などされたでしょうか?

自分はこうして写真を撮り歩いた位で

宴会的なものはやらなかったのですが、

やはり桜はよいですねー。



咲いてや 牡丹と 言われるよりも 散りてや 桜と ああ呼ばれたい

これは相撲甚句の前唄なのですが、その花の美しさ、そして散り際。

桜に対して日本人がもつ美意識と言うのは、何か特別な物があるような気がしますね。


四股名に桜と言えばもののふご贔屓の北桜関豊桜関

玉ノ井部屋のブログでお馴染み東桜山さんがすぐに頭に浮かびますが、

どのくらいいらっしゃるのかなーと思いまして、四股名に”桜”の力士!調べてみました。

両国周辺の桜の写真と共にご紹介したいと思います。

幕内


豊桜(とよざくら)関 広島県広島市安佐北区出身 陸奥部屋


北桜(きたざくら)関 広島県広島市安佐北区出身 北の湖部屋


幕下

鶴櫻(かくおう)さん 鹿児島県鹿児島市出身 井筒部屋 

望櫻(みざくら)さん 大阪府大阪市浪速区出身 宮城野部屋

保志桜(ほしざくら)さん モンゴル出身 八角部屋

東桜山(とうおうやま)さん 東京都八王子市出身 玉ノ井部屋


三段目

鏡桜(かがみおう)さん モンゴル出身 鏡山部屋 

通天桜(つうてんおう)さん 大阪府大阪市旭区出身 中村部屋

桜花(おうか)さん 埼玉県川口市出身 中村部屋

春桜(はるざくら)さん 神奈川県川崎市中原区出身 春日山部屋

時桜(ときざくら)さん 宮崎県東諸県郡国富町出身 中村部屋

               序二段

鯱桜(こざくら)さん 愛知県名古屋市中川区出身 中村部屋

霧桜(きりざくら)さん 鹿児島県霧島市出身 陸奥部屋

大鬼桜(だいおにざくら)さん 神奈川県横浜市都筑区出身 中村部屋

桜乃富士(おうのふじ)さん 山梨県笛吹市出身 宮城野部屋

峰桜(みねざくら)さん 青森県八戸市出身 峰崎部屋

南海桜(なんかいおう)さん 鹿児島県大島郡喜界町出身 中村部屋


以上、平成十八年三月場所番付順。

十七名の力士の四股名に”桜”もしくは”櫻”の文字がありますです。

何と言っても多いのが中村部屋の力士。

中村親方の現役時代の四股名・富士櫻から一字いただいてと言う四股名が多いのです。


四股名に””の力士の皆さん!

五月場所では見事な花を、国技館の土俵に咲かせてください!

お手柄!出羽の郷さん!

テーマ:

自分はこのニュースを他のお相撲ブログで知ったぐらいなので、

すでにご存知の方も多いと思いますが、(hagishihoさんのブログ で知りました。)

昨晩、(31日午前2時35分頃とのこと) 出羽海部屋の大阪宿舎に泥棒が入ったそうですね。

そこに帰ってきた出羽の郷さん(お写真)が

「こら泥棒!」と声をかけると逃げようとしたので

出羽の郷さん、男をすかさず羽交い絞め! 日刊スポーツ参照   

昨年、戦後最高齢での新十両昇進で

記事が大きく新聞に載ったりしましたが、

あれから丁度一年。思わぬ形で注目を浴びることとなりましたね。


相撲部屋の宿舎とは知らずに入った泥棒といい、

出羽の郷さんも「こら泥棒!」ってほとんど漫画の世界ですねー。(^^;)


とまあ、こんな風に笑っていられるのもお怪我や実害がなっかったからで、本当に良かったであります。

十両の春ノ山関がご婚約を発表されましたね。
本当におめでとうございます!

お相手は小学生時代からの幼なじみということで、

「初恋の相手?じゃあそういうことにしてください」 (日刊スポーツより)と照れる関取。
良きパートナーと共に、まずは再入幕目指し頑張って欲しいですね。

重ね重ね、春ノ山関おめでとうございます!(^-^)/

本日、十二月十五日はもののふの

”超”ご贔屓・北桜関三十四歳のお誕生日であります!

北桜関!お誕生日おめでとうございます!


1971年(昭和46年)生まれの北桜関。

その年にあった出来事は?大相撲界は?

簡単ではございますが振り返ってみたいと思います。

参考サイト、(と言うか引用で申し訳ありません)は

Revival 70s  です。



出来事 ドルショック               ヒット商品 日清カップヌードル

      全日空機と自衛隊機が空中衝突         アメリカンクラッカー

      ボーリングブーム                   筆ペン

流行語 脱サラ                  音楽    また逢う日まで/尾崎紀世彦

      変身(仮面ライダー)                 あのすばらしい愛をもう一度/北山修

      アンノン族                        わたしの城下町/小柳ルミ子 

その他 スマイルマーク

      NHK総合テレビ全番組カラー化     

      マクドナルド1号店オープン


もののふはもちろん生まれていないのですが、

マックやカップヌードル、ボーリングなんか今では”あたり前田のクラッカー”(昭和30年代)ですねー。

ちなみに”アメリカンクラッカー ”と”前田のクラッカー ”は全く別物ですよ。

って僕に言われたくないですよね。(笑)

そう言えば北桜関の笑顔、スマイルマーク入ってますねー。(^^)


そしてその年の大相撲界は?当時の雑誌「相撲」を参考に振り返ってみたいと思います。


昭和46年九州場所番付(五枚目迄)

                  西 

横綱      北の富士 勝晃   

大関      大麒麟 将能   琴櫻 傑将

張出大関   清国 勝雄     前の山 太郎

関脇      貴ノ花 満     長谷川 勝敏

小結      高見山 大五郎  三重ノ海 五郎

前頭一枚目 輪島 博      錦洋 幸治

同  二枚目 栃東 知頼     黒姫山 秀男

同  三枚目 福の花 孝一   龍虎 勢朋

同  四枚目 金剛 正裕     大受 久晃

同  五枚目 時葉山 敏夫   大雄 辰実

71年相撲界のニュース

 玉の海、虎ノ門病院に死す大横綱大鵬幸喜ついに引退

 新国技館華やかにオープン第一回中学生選手権大会

⑤ 相撲協会幹部急逝相次ぐ


そんな1971年生まれの北桜関。

初場所では幕内の土俵に帰ってきてくれそうですね。

その力強い相撲と、闘志で

これからも土俵に花を咲かせ続けてください!

重ね重ねお誕生日おめでとうございます。(^^)/ 

猛虎浪はロッテファン。

テーマ:
今場所東幕下二枚目で昨日勝ち越しを決められた立浪部屋の猛虎浪さん
あと一番ありますが、勝って十両昇進を確実にしたいところであります。
ところで猛虎浪さん。四股名とはうらはらに(!?)野球はロッテファンなんだとか。(^_^;(日刊スポーツより)
猛虎の如く、"新十両"という獲物を捕らえることになりますでしょうか?