「カレーパーンチ!!」


えっ!?そんなのないですか?


失礼しました。


こちらが、両国から程近い


森下のパン屋さん「カトレア」


「元祖 カレーパン」です。


自分は、会社の同僚の七福神さんの差し入れで初めて食べたのですが、

さすが元祖。お店に並ぶと、あれよあれよと売れてゆきます。


この店の前身、明治10年に深川常盤町で創業された

「名花堂」、そちらで昭和2年「洋食パン」の名前で

実用新案として登録されたものが「カレーパン」

ルーツなんだそうです。


場所は、東京は江東区、森下駅そば。

新大橋通りと清澄通りの交差点から

門前仲町方向に歩いてすぐの右側です。

両国からでしたら、都営大江戸線で一駅ですよ。


比較的近いところに、二十山部屋、三保ヶ関部屋があります。

  

両国、清澄界隈の相撲部屋からも自転車ならすぐ。

読者の皆様はもちろん、

まだという力士の皆さんも是非一度召し上がってみてはいかがでしょうか?

AD


そーうだ おそれないで み~んなのたっめっに♪


あいと ゆうきだけーが と~もだっちさ~~~♪♪

 

(アンパンマンのマーチより)



え!?Σ( ̄□ ̄)!


「ママー!しょくパンマンにカレーパンマンたちは、おともだちじゃないのーーー?」 (/_;)


そんな園児達の疑問はさておき・・・。


今回は、数ある国技館名物の中から「すもうあんぱん」

そして、両国から程近い森下の「元祖カレーパン」を紹介します。


 こちらが国技館の売店で売られている、


「すもうあんぱん」 です。


そんじょ、そこらのあんぱんとは違います!!


墨田区だけに


本所、そこらのアンパンとも違います!!




見てください!!このシール!!



力強さあふれる力士の取り組み!

レトロな雰囲気漂う

す も う あ ん ぱ ん

(あえて平仮名!)

の7文字!!


かなり、フォントでっかく力説しましたが、

なんだか食べたら元気がでそうでしょ!?


「ありがとーうジャムおじさーん。」 (^^)/


でもつっくっているのは

伊藤製パン株式会社 砂町工場ですからー。残念!


国技館で大相撲観戦の際には是非ご賞味くださいね。


すもうあんぱ~んち!と元祖カレーパン。-元祖カレーパンの巻-につづく。

AD