元関脇・鶴ヶ嶺。 参照記事

鶴嶺山・逆鉾・寺尾の”井筒三兄弟”を関取に育て上げた

先代の井筒親方である福薗昭男(ふくぞの・あきお)さんが

29日午後お亡くなりになりましたね・・・。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

AD

五月三十一日

テーマ:

今日、誕生日の関取です。


里山(さとやま)関 鹿児島県奄美市出身 三保ヶ関部屋 昭和56年生まれ 25歳

(小兵ながら巧みな相撲で大相撲ファンを魅せてくれますよね。

 名古屋場所後には日大の先輩でもある尾上親方に付いて部屋を移籍される予定です。)

    今日の誕生日は里山関お一人。里山関!おめでとうございます。(^^)/  
AD

五月三十日

テーマ:

今日、誕生日の力士です。


岩品(いわしな)さん 静岡県浜松市出身 玉ノ井部屋 平成元年生まれ 17歳


伊藤(いとう)さん 千葉県市川市出身 朝日山部屋 平成元年生まれ 17歳


二十嶽(はたちだけ)さん 大分県別府市出身 二十山部屋 昭和62年生まれ 19歳


古賀(こが)さん 大阪府枚方市出身 阿武松部屋 昭和61年生まれ 20歳

                           おめでとうございます。(^^)/ 

AD

五月二十九日

テーマ:

今日、誕生日の力士~~。

う~んいらっしゃらないようなんですよねー。

毎度ながら本日お誕生日の現役角界人の方いらっしゃいましたらご一報願います!


現役ではございませんが、

本日は第48代横綱・大鵬

現在国技館にある相撲博物館の館長をつとめていらっしゃいます

納谷 幸喜さん、66歳のお誕生日でございます。

館長!おめでとうございます。(^^)/   

五月二十八日

テーマ:

今日、誕生日の力士です。


湯澤(ゆざわ)さん 東京都板橋区出身 湊部屋 昭和57年生まれ 24歳


門脇(かどわき)さん 岩手県奥州市出身 玉ノ井部屋 平成2年生まれ 16歳

(今年、春場所の新弟子さんです。)


和歌天祐(わかてんゆう)さん 和歌山県和歌山市出身 二十山部屋 昭和60年生まれ 21歳


華吹(はなかぜ)さん 東京都足立区出身 立浪部屋 昭和45年生まれ 36歳


光貴(こうき)さん 大阪府大阪市浪速区出身 貴ノ花部屋 昭和63年生まれ 18歳

(親方の四股名から二文字をいただいた四股名ですね。)


今日、誕生日の呼出しさんです。


耕平(こうへい)さん 三重県度会郡小俣町出身 高島部屋 平成元年生まれ 17歳

おめでとうございます。(^^)/

琴ノ若引退・佐渡ヶ嶽襲名披露大相撲。

大トリ!弓取り!弓取り式を務められたのは

佐渡ヶ嶽部屋の力士、琴禮(ことゆたか)さんです。

(お写真、後姿で申し訳ないです。)


琴禮さんの弓取りを見るのはもちろん

初めてでありましたが、見事なまでの弓さばき!!


原則として現役横綱のいる部屋の幕下力士が務めることになっている弓取り式でありますが、

これでいつ佐渡ヶ嶽部屋から横綱が出ても安心ですねー。

本日の髪結い実演。

部屋の大関・琴欧州がモデルとなり

部屋の床山さん床佐渡さんが実演されました。


大関昇進後、不運の怪我・・・。

先場所・今一つ成績の上がらなかった

琴欧州関でありますが、その人気振りは健在!

名古屋場所ではその声援に応えるような

活躍を見せて欲しいものであります。

今日の引退相撲。

番外取組として琴光喜関琴奨菊関

取組が組まれました!


本場所では同部屋の対戦は本割で組まれませんから、

”ぜひとも決定戦で顔を合わせるように頑張って欲しい”

と言う願いを込めての番外取組!

激しい攻防の末、勝利を掴んだのは

やはりベテラン琴光喜関!!


切磋琢磨!! これからもお二人の活躍に期待しております!!

琴ノ若・最後の一番!!

その対戦相手となったのは

琴ノ若関のご長男・将且(かつまさ)君であります。

これから土俵に上がる我が子の姿をやさしく見つめる琴ノ若。

すっかりお父さんの顔でありますね。


最後の一番、突いて出た将且君。

土俵際まで押しますが、琴ノ若粘る粘る!粘る!

最後は寄り切って将且君の勝ち!

   


お祖父さんである横綱・琴櫻に、父・琴ノ若の血を引く将且君。

「琴ノ若はこれから6年半休場します。将且が15歳になったら、

 琴ノ若のしこ名でデビューさせますから、それまで待っててください」 とお父さん。参照記事


大相撲ファンにとっては六年半先の楽しみがもうできてしまいましたね。(^^)

ここから広告です

は~どすこい!どすこい!


本日の琴ノ若引退相撲の相撲甚句には

東心山さん・巨武蔵さん・琴光さん

旭光さん・恵那司さん・熊郷さんが参加されました。

(お写真中央が巨武蔵さん。)


”花づくし”、”一から十まで”、”鶴と亀”といったナンバー。

そして最後はもちろん"当地興行"を披露されました。


この日土俵に上がった六人の力士が締めた化粧まわしは、なんとみんな琴ノ若のもの!

実際に締めているところはこれが見納めかもしれませんね・・・。

おもえば~♪なみだが~♪ぱら~り、ぱらりと。(; ;)