Apple Store(Japan)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2009年09月18日(金)

整理HACKS

テーマ:本(ビジネス系)

整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣
4492043373

久しぶりのビジネス本。

既に利用しているサービス等の紹介もありましたが、わかりやすいことが多く、参考になりました。

この本でもiPhoneがよく登場します。

iPhoneのビューワーとしての価値が高いからでしょうか。

今まで紙中心では難しかった、整理の仕方が数多く紹介されており、デジタル整理術とでもいえるかもしれません。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年09月01日(月)

ラクをしないと成果は出ない

テーマ:本(ビジネス系)
ラクをしないと成果は出ない
日垣 隆
4479792368

(★★★★)
なんか久しぶりの本の紹介ですね。

この本は↓ここでしりました。

404 Blog Not Found:これぞ真打ち - 書評 - ラクをしないと成果は出ない


本書「ラクをしないと成果は出ない」は、日垣流GTDであり、ワークライフバランシングであり、ライフハックである。
と紹介されているように、100個の人生を生きていくための知恵が紹介されています。一つ一つ納得できる部分も多く、すらすら読むことができました。

久しぶりにページをめくる度になるほどなるほどと多くの刺激をもらった本でした。

100項目に分かれているので非常に読みやすく、HACK系の本のようなつくりになっていました。

まさしく人生Hackでしょうか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年06月23日(月)

すごい!整理術

テーマ:本(ビジネス系)
456969649X すごい! 整理術 (PHPビジネス新書 50)
坂戸 健司
PHP研究所 2008-02-19

by G-Tools
<★★★★>
非常に単純明快でわかりやすい整理の本でした。

特別な用具を用いて特別なやり方を推奨する整理術の本が多いなかで、誰でもできる整理術だと思います。

さっそく机の引き出しの整理などをやり、気持ち的にもすっきりしましたね。

いろんな角度からの整理整頓について書いてありますので非常に参考になります。

おすすめです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年04月17日(木)

気になる本

テーマ:本(ビジネス系)
最近、あまりビジネス書関係の読書ができてません。

理由は自転車関係にはまりすぎているのと、読みたい!って思う本がないこと。

今、読みたいと思っているのはこの2冊

このメモ帳でやせる 「いつまでもデブと思うなよ」実践ガイド 2008年 04月号 [雑誌]
このメモ帳でやせる 「いつまでもデブと思うなよ」実践ガイド 2008年 04月号 [雑誌]
新潮社 2008-03-18
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
star頑張ります!
starさっそく、使ってみました! 森三中の村上さんも使っている特別付録のメモ帳
starメモ帳で頑張ります!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
これはおもしろそうですね(笑)
以前にこっち↓の文庫を読んでなかなかいいなと思ってました。

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227)
いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) 岡田斗司夫

新潮社 2007-08-16
売り上げランキング : 65

おすすめ平均 star
star4ヶ月半で12kg減
star説得力あり!
starダイエットは減食が基本

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


まあ、何事も納得したり、感心したりするのは簡単ですが、実践するのが難しいのでこういう実践を促す為のサブテキストはやる気を少しは起こさせてくれますね。


あともう一冊もノウハウ本系ですが、こちらの本です。


情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」
情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 奥野 宣之

ナナ・コーポレート・コミュニケーション 2008-03-12
売り上げランキング : 3

おすすめ平均 star
starやっぱりポケットはひとつに
star一見の価値ありです
starポイントをうまく突いている!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

手帳やノート好きなので、興味そそられますね。

近々購入して読んでみたいと思います!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年01月18日(金)

世界一やさしい問題解決の授業

テーマ:本(ビジネス系)
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

<★★★>

その名のとおり非常にわかり易い問題解決に対する解説本です。
平易な文章で、中学生くらいでもわかりやすくかかれてます。
内容は身近な出来事に即した物語風の3部構成です。

1限目 問題解決能力をみにつけよう
2限目 問題の原因を見極め、打ち手を考える
3限目 目標を設定し、達成する方法を決める
基本的なことが中心ですが、この基本が大事だなと思いました。分量もなく読みやすいのであっという間に読むことができますが、それが逆に大人には物足りなさを感じるかもしれません。

こんな授業を中学生くらいから受けていれば、もっといろんなことが出来たかもしれないなと感じます。後悔は先に立たずといいますが、本当に人生は後悔の連続かもしれませんね。

一番思うのは大学生の時にもっと自分の将来のことを真剣に考えてそれに即した勉強を思い切りやっておけば良かったと思います。高校までが受験戦争まっただ中を生きてきたので大学生の時は燃え尽きていたのかもしれませんね。

でも、始めるのに遅すぎることはないと思いますので、これからいろんなことをじっくり勉強していきたいと思います。

問題解決や論理的な思考法については下記を購入して徐々に勉強しています。


考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則
考える技術・書く技術―問題解決力を伸ばすピラミッド原則


[新版] MBAクリティカル・シンキング
[新版] MBAクリティカル・シンキング
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月13日(金)

本 なぜモチベーションが上がらないのか

テーマ:本(ビジネス系)
なぜモチベーションが上がらないのか [ソフトバンク新書]
児玉 光雄
4797333553
<★★★>

これは僕にとっても永遠のテーマ。

モチベーションを自らあげることができる人ってすごいと思います。
周りの環境や状況に依存してモチベーションが上下している間は
人間としてまだまだだなと感じています。

本書はそのモチベーションを自分でコントロールできるということを
その要素である「才能・特技」「ビジョン・目標」「内的/外的モチベーション」「人間関係」「環境設定」のそれぞれについて解説しています。

要するにやる気を増減させる要素についてしることで増の方向へ自ら導けるように指南してくれている書でもあります。また上記の5つの要素のうち自分がどこに弱いかを知るための自己診断チェックも巻頭についてます。これは僕もやってみましたが、なかなか正確な判定を下してくれているような気がします。

本文中に
「モチベーションを高められない人の共通点は、他人を意識しすぎることだ。いつもだれかを気にしていて『勝った』『負けた』と過剰に反応する。だから自分に集中できない。ベストパフォーマンスは、他人と比較せず、自分にとって最高の仕事をやり遂げようという気持ちの中から生まれると信じよう。そうすれば、モチベーションは最高に高まるのである」

という部分が心にぐさっとささりました。確かに思い当たる節がたくさんあります。

自分自身に生ききるというがモチベーションを高めるうえでも大事であるということでしょうか。

他人と比べる自分らしく精一杯努力することの大切さをあらためて認識しました。

このほかにもイチローを中心としたたくさんスポーツ選手のエピソードなども掲載されており非常に読みやすい本ですので、モチベーションを高めたいというモチベーションはあるがモチベーションがなかなか思うように高めることができないという人におすすめです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月12日(木)

フューチャリスト宣言

テーマ:本(ビジネス系)
フューチャリスト宣言
梅田 望夫 茂木 健一郎
4480063617

<★★★☆>

ネットを通じて見えてくる未来に夢と希望を持つ前向きな
二人の対談でした。

ネットの負の側面というのは確かに存在するがそれ以上に
明るい未来を想像し、また創造していこうという前向きな気持ちと
意志が感じられる内容でした。

ネットか持つ無限の可能性というのをお二人は確信しておられて
それに魅力を感じているとともにこれを通して素晴らしい未来を
作りたいという決意も述べられれている感じがしました。

常日頃普通にネットを利用している身としてはそういうことを実感
するということはあまりないのですが、こういう本を読むと
普段使っているいろんなものが、実は深い思想性のもと設計されて
いたり、逆に思わぬ方向へと発展していたりするというのが
分かって大変おもしろいですね。

もはや未来はネットなくしては語れないでしょうし、ネットを制するものが
世界を制するなんて時代がくるのかも知れませんね。
現代もそうなってきていますけどね。

Googleの次に新しいネット世界を構築するのはどんなサービスで
どんな会社なんでしょうか。非常に楽しみです。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月25日(月)

計画力を強くする

テーマ:本(ビジネス系)
「計画力」を強くする
加藤 昭吉
4062575523

<★★★★☆>

本の角を折りすぎて分厚くなってしまいました。(笑)

大変勉強になりました。計画をたてて実行に移し、計画を遂行する方法を
教えてくれています。

著者は建設関係の仕事をされてたようで、確かに建設関係は計画って絶対
大事ですもんね。一日遅れたり設計通り行かなければ大変なことになりますから。
僕らが個人的なことで目標や計画をたててその通りいかなくても特に問題に
ならないのとは違う緊張感で計画にとりくまれてますから、やっぱり重みが
あるし、考えつくされていると感じました。

なぜ計画が大事か、何が大事かということを非常にわかりやすく書かれてますので
読みやすいと思います。

またプロジェクト・リーダーやプロジェクトを推進していく上で大事なことなども
後半でふれられていますので、そういうのに興味があるかたも読んで損はないと
思います。

計画力とそれをその通り実践する実行力をつければ怖い物はありませんね。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年06月16日(土)

レバレッジ時間術

テーマ:本(ビジネス系)
レバレッジ時間術―ノーリスク・ハイリターンの成功原則
本田 直之
4344980395
<★★★☆>

以前絶賛した
レバレッジ・リーディング レバレッジ・リーディング
本田 直之

by G-Tools
の著者の新刊です。

今回は新書での発刊でした。
この新書ではじめてしったのですが、幻冬舎も新書をやっていたのですね。
全然しりませんでした。

さて、本書ですが、レバレッジリーディングほどのインパクトはなかったものの随所に気づきを与えてくれるところがありました。

例のごとくネタバレみたいになるのがいやなので詳しくは紹介しませんが、
・大人も時間割的なスケジュールを行い毎日の生活を習慣化すること
・実行する前の計画に時間をかけることが逆に時間の節約につながるということ。
・常に成果をあげることを意識すること

などなどたくさんの時間術に関するtipsを提供してくれます。

根本に流れていると感じたのは、効率よく仕事をするとか、そういうことではなく、根本的に仕事に対する仕方を変えるというか、より少ない労力で最大の効果を上げるにはどうすればいいかということを教えてくれている気がします。

僕もこの最小の労力で最大の効果という言葉が好きです。

それは著者もおっしゃっていますが、怠け者だからです。

怠け者だから、面倒なことはしたくない、だから少しでも楽に効率よく成果を上げたいと思うことが改善につながるということだと思います。

そういう部分で共感できる部分がたくさんありました。

惜しむらくは、レバレッジリーディングにくらべて、若干体系的ではないというかライフハックス的なtips集という感じがする点くらいで、あとは参考になることがたくさんありますので、是非読んでみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年06月09日(土)

iPhone 衝撃のビジネスモデル

テーマ:本(ビジネス系)
iPhone 衝撃のビジネスモデル
岡嶋 裕史
4334034020

<★★★★>


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる
梅田 望夫
4480062858
↑この本以来の知的好奇心をくすぐる本でした。

感じたのは

1)携帯の未来:まだまだ大きな可能性を秘めているということと、国内の携帯事業者が携帯の持つ可能性を閉ざしてしまっているところがあるのではないかということ

2)iPhoneが示す未来:iPhoneがもつ大きな可能性。著者なりのiPhoneの持つインターフェイスへの可能性や利用価値に関心した。

3)アップルまたジョブスという会社や人のおもしろさ:著者なりの見解にあらためてアップルやジョブスという会社や人の特性というか特質がわかった気がする。

という感じです。副題にある「衝撃のビジネスモデル」というのは誇大広告ではないことがこの本を読んでわかりました。

ウェブ進化論ではネットの未来や現状を把握することができて衝撃をうけましたが、この本では携帯の未来と日常生活の未来を知ることができたような気がします。

この著者が携帯電話のキャリアやメーカーでグランドデザインを描いてくれていたら、今の日本の携帯をとりまく環境ももっと楽しくてエキサイティングなものになっていたかもしれないとまで思いました。

これはiPhoneがどうこうということではなく、読むべき本だと思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。