Apple Store(Japan)
2007年09月26日(水)

W杯ラグビーで日テレに抗議1000件

テーマ:トピックス

W杯ラグビーで日テレに抗議1000件

=日本のトライ放送せず


やっぱりそうやったんですね。
僕も昨日の放送をみて怒りくるってました。

終盤、同点に追いつくかどうかという本当に白熱した好ゲームで手に汗握る攻防
だったのですが、一瞬画面がぷちっと切り替わり、トライしたあとのキックの画面
になりました。

夜中3時まで起きて日本の戦いをみていいたのに最後の最後の執念とトライを
カットしていたそうです。

朝から怒りでブログに記事を書こうと思っていたのですが、どこのニュースサイトを
見てもそういうことがのっていなかったので、うちのテレビの故障かなと思いはじめて
いたのですが、実際にテレビ局がカットしていたそうです。

10分遅れの中継でロスタイムがおもったより長引いて放送時間内におさまらなく
なったからカットしたそうです。

正直、テレビに関しては基本的には無料で視聴していますからあんまり文句いいたく
ないですけど、がっかりもいいとこですね。

プロ意識がなさすぎるし、視聴者完全無視ですね。

ましてラグビーでトライの部分カットするって、馬鹿ですよ。それも日本の。

プロなら多少のロスタイムも計算しておけといいたいです。

事前準備もできていなければ、とっさの対応も最低。

時間を返してほしい。ガーン

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月13日(木)

「赤白シマ邸」楳図さん和解応じず

テーマ:トピックス
「赤白シマ邸」楳図さん和解応じず
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070913-00000942-san-soci

「まことちゃん」などの作品で知られる漫画家の楳図かずおさん(71)が東京・吉祥寺に建設中の赤白しま模様の住宅をめぐり、近隣住民が申し立てた工事差し止め仮処分の第3回審尋が13日、東京地裁で開かれた。地裁は双方に和解を打診したが、楳図さんは「自己表現のひとつ。変えることはできない」などとして和解に応じなかった。

ヤフーで見たニュース。
僕自身の考え方としては和解に応じる必要ないと思いました。

よくテレビのニュースなどでもこの「景観」を守るとかいう問題を見かけますが、
いつも疑問に思っています。

まあ、京都などは別格としても、この楳図さんの件は明らかに、楳図さんに非はないように思います。
コメントにもありますが、自己表現の一つということで納得できると思います。

なんでもかんでも景観を守るなどといっては自分の価値観にあわない建築物を否定するのはどうかと
思いますね。

また、自分たちが住んでいる地域だけを守ろうとする姿勢も疑問を感じます。
それこそ自分さえよければいいのかということになるような気がします。

世の中には景観なっていってられないくらい大変な環境で生活している人もいる訳ですし、
この楳図さんの地域は高級住宅街であると思いますが、だからといってそんなわがまま
許されるのかという気がします。

そんなことを主張するならこういう訴えを起こす人がしている仕事は、まったくほかの町の景観を
損なうようなことをしていないのか、などと気になりますね。

いかにも上流階級ぶっている感じが、臭います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月13日(木)

自分の小さな「箱」から脱出する方法

テーマ:本(成功術系)
自分の小さな「箱」から脱出する方法
アービンジャー インスティチュート 金森 重樹 冨永 星
4479791779

<★★★★★>

久しぶり?の5つ星です。

ではなぜ5つ★をつけたかというと、4つ★や4.5くらいまでは、読んでみて
おもしろかったとか、感動したとか、使えることや、気づかせてもらえることが
多かったという評価の場合につけることが多いです。

しかし、この本は根本的に全く違って、勉強になったとかいうことではなく、
読んでみて心が痛かったからです。

それは僕自身についての本質にぐさっと突き刺さったからだと思います。

内面の奥深いところにふたをして上辺の技術や方法論でどうこうという角度の本ではなく、
ふたを突き破って本質を見せつけてくれる本でした。

読んでみないとわからないと思いますし、読んでも、その時のその人の状況によっては
入らないかもしれません。

実際僕自身もこの本は発売当初に購入しておりましたが、そのときは途中で投げだしました。

でも、今回いろいろ考えるところがあって、何気なく読み出したところそのままはまりこんだと
いう感じでした。

人間関係改善の本というような感じでとらえられやすいと思いますが、人間の世界は所詮
人間関係なしでは生きていけない世界だと思うので、人生全般に影響を与えうる内容だと
思います。

まあ、そんな重く受け止めて読む必要もないですが、大変よかったです。

内容自体も、成功術系の本にありがちな短い章仕立てではなく、物語になっているので
読みやすいと思います。

続編も発売されたので早速購入しました。

2日で人生が変わる「箱」の法則
アービンジャー・インスティチュート 門田 美鈴
439665040X

今読んでいる本が終われば早速読みたいと思っています。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月08日(土)

コミックヨシモト休刊

テーマ:トピックス
コミックヨシモトが今月発売される第7号で休刊となるそうです。


吉本興業の青年コミック誌、7号で休刊…創刊わずか3か月 : ニュース : エンタメ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
吉本興業(大阪市)が6月に創刊した青年コミック誌「コミックヨシモト」(月2回刊)が、今月18日に発売される第7号で休刊することになった。Click here to find out more! 創刊からわずか3か月での撤退で、吉本興業は「現時点ではコメントは控えたい」としている。同コミックは、桂三枝さんや島田紳助さんら同社所属のタレントが原作を、永井豪さんや高井研一郎さんら第一線の漫画家が作画を担当することをセールスポイントに、サラリーマンらをターゲットにして創刊された。
休刊の理由を発表しないというのはどうなんでしょうね。
7号までとはいえ楽しみにしている読者の方もいるでしょうしね。

とくにストーリーものでまだ途中の漫画を楽しみにしている人にとってはひどい話ですね。

売り上げ不振とかならあきらめもつくかもしれませんけど、それにしても3ヶ月って・・・・

今まで買った分も返して欲しいと思う人もいるかもしれません。

漫画家さんや原作者の芸人となにかトラブルでもあったのかと勘ぐってしまいますね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月08日(土)

新しいiPod

テーマ:デジタルもの
新しいiPodが発売になりましたね。
中でも話題はこれ

Apple Store(Japan)

見た目はiPhoneそのままで電話とカメラ機能のないiPod touch。

これは非常に気になりますね。ただ、動画や画像持ち運んで結構
大きな画面で見ることができる割には少し容量が少ないような気がしますね。
ハードディスクではなくてフラッシュメモリらしいのでそういうのも
関係しているのかもしれません。

それと値段も少し高くて、欲しい!即購入というわけにはいきません。

でも、iPhoneの動画とか日本でも電話機能を利用せず使っている方の
ブログなどを拝見しても大変楽しそうなガジェットであることは間違い
ないですね。

あと、いつも思うのですが、写真を持ち運べていつでも見られるって
いうのがこういう携帯端末のセールスポイントとしてアピールされますが、
そんなに写真を持ち運んで見ることってあるんでしょうかね。

僕自身はその利用の仕方をほとんどしません。

デジカメで撮った写真はメインのMacBookに保存してたまにみたり、
また撮影直後はPS3に取り込んで大画面で家族で楽しんだりしますが、
外でみるということはありません。

まあ、これも社会人だからかもしれませんが。

学生さんならプリクラ感覚で友達と見せ合いとかそういう感じに使ってるの
かもしれませんが。

でもそうなるとこのiPodにカメラ機能がないのは痛いですね。

いちいちデジカメなどでとった画像をiTuneを通してiPodに保存しないといけないので。

もうひとつ気になるのは、ハード的なボタンがないことです。

今までのiPodなら慣れてくるとある程度はポケットに入れたままブラインドタッチで
多少の選曲ができましたが、液晶にタッチするとなるとそうもいきそうにないですね。

と、まあいろいろありつつも使ってみたい魅力的な商品であることには変わりありません。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年09月07日(金)

もうすぐ4年目・・・

テーマ:ブログ
このブログの開始は2004年の10月です。

もうすぐ丸3年を終え、4年目に突入です。

途中何度も他のブログに移ろうとかいろいろ考えましたが、
生来のめんどくさがりのためそのまま4年目突入しそうです。

ふと今までにどれくらいの記事を書いたのかをしらべてみました。

合計472本

月平均にすると13本

一番更新した月は38本

一番更新しなかった月は当然ですが0本

訪問者数は現在のカウンターでは85000人となってますが、これはかなりあと付け
ですので、もう少しきていただけていると思います。

それにしても最高に更新した月が38本っていうのは自分でも驚きです。

1日1本を越えてますのでね。

最近、更新をあまりしていませんでしたが、少しずつ更新意欲が戻りつつあります。

そんなこんなを繰り返していくのでしょうけど。

いつもご覧いただいている皆様に感謝しつつ、がんばります。

ありがとうございます。m(..)m
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2007年09月07日(金)

You Tube

テーマ:トピックス
You Tubeが日本版も始まり、大盛況のようですが、
みなさんはどんな映像をみているのでしょうか?

僕自身は最近はあまり利用していませんが、昔は漫才のネタや
おもしろいテレビ番組、またテレビで話題になったニュースは
ハプニングなどをネットでしってみていました。

ただ、最近は著作権の問題もあり、テレビ局や芸能人に関する
ことはすぐに削除されますね。

そうなるとYou Tubeには個人で作成したビデオやテレビや企業が
You Tubeを利用するための映像しか残らないのでしょうか。

あまりメジャーじゃないころはいろんな映像が無料で楽しめましたが、
メジャーになりすぎるとこうなるのはしょうがないのでしょうか。

難しい問題ですね。っていっても著作権は当然保護されないといけません
けどね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月07日(金)

ほぼ日手帳

テーマ:手帳
先日ほぼ日手帳を注文したことを紹介しました。

これを機にほぼ日手帳の本を読み返しました。

4344010639 ほぼ日手帳の秘密―10万人が使って、10万人がつくる手帳。
山田 浩子 ほぼ日刊イトイ新聞
幻冬舎 2005-11

by G-Tools

はじめてほぼ日手帳を買ったときに購入して読んだ本です。
そのときはいろいろな使い方をされている方々のほぼ日手帳を見て
僕もこんな風に使ってみたいと思いほぼ日手帳を使いはじめました。

現在のほぼ日のサイトでもさまざまな方の手帳の実用例が紹介されています。

ほぼ日刊イトイ新聞 - ほぼ日手帳CLUB

本もサイトもそうですが、一番多いパターンがいろいろ貼り付けのスクラップ型と
きれいなイラスト満載のイラスト型。

こういう手帳を見ると自分もこういう風にしてみたいなと思うのですが、絵心がないのと
めんどくさがりなので、できないなーと思ってしまいます。

もともとこういう使い方、つまり実用ではなくて自分の好きに使うというのがこの手帳の
コンセプトだと思うのですが、どうもこういうのを見ているととってつけたように見えて
しまうようになりました。

もっとビジネスライクに使用されている方もたくさんいると思いますので
そういう人の使い方も紹介してほしいなと思います。

1日1ページでレイアウトも自由に使えるのでどんな使い方もできますが、
逆に迷わせる手帳ともいえるかもしれませんね。

来年は超整理手帳との併用を考えていますが、うまくいくでしょうか・・・・

前回はフランクリン・プランナーとの併用で挫折しましたが、今回は
超整理手帳というある意味スケジュール管理に特化された手帳との併用なので
うまくいきそうな気もしています。

いよいよ来年の手帳シーズン到来でどんどん魅力的な手帳がでてきてまた
迷うかもしれませんが・・・

まあそれはそれで楽しいことです。

ただ、問題は来年の手帳を手に入れたら今すぐ使いたくなるということでしょうか。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年09月01日(土)

来年の手帳

テーマ:手帳
ひさしぶりにこのブログのメインテーマの手帳の話。

そろそろ来年の手帳がいろんなブログやHPで話題になっていますね。

本日もほぼ日のネット販売が開始されました。

僕自身は今年はメインのスケジュール管理を超整理手帳。
TODOをフランクリン・プランナー
その他メモや議事録はA5ルーズリーフ

という構成で使ってきました。

さて来年はどうするかということで少し悩みはじめました。
まあ、まだ時間があるのでそこまで思い詰めてはいませんが。

現状で満足してるのはスケジュール管理の超整理手帳と議事録やメモの
A5ルーズリーフ。プロ野球の監督ではありませんが、来期も続投濃厚です。

問題はTODO管理。これは今年ずっと課題でした。

フランクリン・プランナーのTODO管理は非常に優れていると思うのですが、
その為だけにしては手帳自体がごつすぎるという感じがしています。

また、毎日のちょっとしたメモや覚え書きを書くのにフランクリン・プランナーや
A5ルーズリーフは机の上に広げておくには大きすぎるという難点があります。

フランクリン・プランナーに関しては、3ヶ月分のリフィルしか携帯できないので
その不便さも若干あります。

そこで急浮上してきたのがほぼ日手帳。

前回使用したときは、TODO管理ではなく、毎日の日誌みたいな感じでフランクリンと
併用していたため長続きしませんでしたが、TODO管理としてつかってみるのも
ありかなと感じはじめております。

そして勢いで今日、注文してしまいました。ドクロ

ほぼ日2008
(このツートンカラーに心揺さぶられました。(笑))

ほぼ日なら携帯性もいいし、365日分持ち歩けるし、あの紙質は大好きなので
そういう意味ではいいかなと思っています。

前回使用の時は毎日かかなければという強迫観念が強すぎて空白日がつづいて
挫折しましたが、TODO管理をするとなると話は違います。

当然毎日なんらかのTODOはありますので、空白日を作らないという脅迫観念にも
勝てるのではないかと感じています。(^∇^)

ほぼ日の到着は10月以降のようなので、まだまだ時間ありますが、
ネットをいろいろチェックして参考にしながら来年も更なる進化を遂げた手帳活用を
していきたいと思っています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。