Apple Store(Japan)
2005年05月28日(土)

ひさびさの文具

テーマ:文房具
ひさしぶりに文具の紹介です。

最近、マインドマップ用になんかいいペンがないか
探していたところ、先日テレビのワールドビジネスサテライト
という番組で
著者: 加藤 昌治
タイトル: 考具―考えるための道具、持っていますか?
の著者の加藤さんがでておられて

ファーバーカステル エモーション ウッド&クローム 梨の木 ペンシル(1.4mm)(ダークブ...エモーション
というファーバーカステルのペンシルを使っておられました。

前から気にはなっていたのですが、1.4mm芯ということで
手帳等にはつかえないなーと購入にはいたっていなかった
のですが、今回購入してみました。

これは実にすばらしい!
適度な重みとおもしろさと高級感を兼ね備えたペンです。

なによりいいのは1.4mmは太いのですが、書き味が
まろやか(笑)

シャープペンシルのようなするどさはないですが、
すべり心地が非常にいい。

マインドマップを書くにはばっちりです。
思考の発散を助けてくれそうな気になってきます。

絶対おすすめ!

*マインドマップはこちらで。
著者: トニー ブザン, Tony Buzan, 田中 孝顕
タイトル: 人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考

著者: 松山 真之助
タイトル: マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月28日(土)

カルトになれ!

テーマ:本(ビジネス系)
著者: マシュー・W・ラガス, ボリバー・J・ブエノ, 安田 拡
タイトル: カルトになれ!~顧客を信者にする7つのルール~
を読みました。

正直な感想・・・ビジネス本ではひさびさのいまいち。

なんか追求されきってない感じがした。
これなら小阪裕司さんのワクワク系マーケティングのほうが
より、具体的かつ理論的であると感じました。
(小阪さんが先かこっちが先かはわかりませんが。)

何よりいまいちと感じたのは翻訳の文章。

ところどころになんか直訳みたいな文章があって
どうも読んでてしっくりこない。結局なんどかその文章を
読みなおさないとその文章の意味が肯定なのか否定なのか
判断できない部分が何カ所かみうけられたように感じました。
(僕の頭が悪いだけかもしれないですけど。笑)

ただ、完全否定するというわけではありません。
いくつかは納得したり、感銘をうける部分がありました。

まあ、どんな本からもどんなことからも学べるのが
すごい人間だと思いますので、いまいちと
思った本からでもなんか吸収はしたいとおもいます。

興味があれば一度よんでみてください。

*ちなみに小阪さんのおすすめ本


著者: ワクワク系マーケティング実践会, 小阪 裕司
タイトル: この世の中で一番知りたい「儲けの手帳」公開します!―図説

著者: 小阪 裕司
タイトル: 「儲け」を生みだす「悦び」の方程式 ―見える人にしか見えない商売繁盛の「仕組み」とは
著者: 小阪 裕司
タイトル: 失われた「売り上げ」を探せ!―商売繁盛の大冒険
著者: 小阪 裕司
タイトル: あなたにもできる「惚れるしくみ」がお店を変える!―大繁盛のしくみづくり



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月25日(水)

業績アップの設計図

テーマ:本(ビジネス系)
売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。
五十棲 剛史

売上2億円の会社を10億円にする方法 業績アップの「設計図」、教えます。
図解 へえ、儲かる会社はこんなことをやっているんだ!―ここに気づくかどうか!? なぜ、あなたは働くのですか?―仕事を通じて幸せを手に入れる 人生で大切なのは、そんな「天職発想」です 「儲かる仕組み」をつくりなさい----落ちこぼれ企業が「勝ち残る」ために 『営業引力の法則』何がお客さまを引きつけるのか? 稼ぐ人の「答力」 頭ひとつ抜けるオンリーワン養成講座
by G-Tools



という本を読みました。

これは売り上げ2億円くらいの家族経営的な会社から10億円規模の「企業」へ

の発展の仕方についての戦略が書かれてあります。


具体的にはマーケティングとマネージメントの両面でさまざま書いてありますが、

特に著者が訴えているのは、社長の仕事の変革です。


企業に変革していくには現場の第一線で働くのではなく、次のステップへの

戦略を練る仕事に大きくシフトしていけるかが、重要であると教えてくれています。


かなり納得できました。


売り上げ的に今の状況と合致する人はもちろん、その他の方にも

社長業というのがよく見えて非常に参考になると思います。


さまざまなことに具体的に書いてあるので非常にわかりやすいです。


ご一読ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月16日(月)

ひさびさのミステリー

テーマ:本(小説系)
ゴールデンウィークは仕事だったのですが、比較的早くにおわっていたので、
ビデオで映画でも見ようかとおもったのですが、なんか2時間3時間それに
束縛される気になれず、読書を決意。

時間があるので長編のビジネス書を読もうかとも思いましたが、
こちらも気分が乗らず。。。

そこで映画+本=ミステリー(笑)

と気持ちがミックスされてひさびさにミステリー小説を読みました。

2年くらい前まではひたすらミステリーを読んでいたのですが、
そのごビジネス書読書一筋になっておりました。

今回読んだのは真保裕一さんの
誘拐の果実

奪取〈上〉と(下)
です。
どちらも久しぶりでしたが、大変おもしろく読めました。

特に誘拐の果実の方がおもしろかったですね。

奪取は偽札作りを取り扱った本なのですが、ちょっと専門的な説明が
多く、物語的にはやや平凡であったような気がします。

僕はどちらかというと、たとえミステリーであってもある程度人間の内面を
描いてるほうが好きなのでそういう意味でも誘拐の果実は結構たのしめました。

ちなみに昔よく読んでいたのは桐野夏生や東野圭吾さんが好きですね。
桐野さんのおすすめ本は
グロテスク
柔らかな頬

東野さんのおすすめは
白夜行
秘密
殺人の門

などなどです。

たまにはみなさんもミステリーでも読んで心をリフレッシュしましょう!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月03日(火)

マインドマップ読書術

テーマ:本(成功術系)
題名の通り、松山真之介著の
マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ
マインドマップ読書術―自分ブランドを高め、人生の可能性を広げるノウハウ 松山 真之助

ダイヤモンド社 2005-01
売り上げランキング : 1,259

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
図解・マインドマップノート術 記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術 早朝起業―「朝5時から9時まで」の黄金時間を自分のために使う方法 マインドマップ図解術―即効!仕事と人生の可能性を拓く コミュニケーションに奇跡を起こす マインドマップ活用術

を昨日読了しました。

主な主題はマインドマップという手法を用いて、

・本を読む行為を経験価値にまで高める
・考えたことを外に出す(発信する)
・それによって自分のなかで化学反応を起こす
 と同時に外部のネットワークを広げる。

それが自分ブランドを高めていく手段となるということ
であると思います。

著者自身もこの方法で、サラリーマンから大学の講師
をするまでになりました。

マインドマップという手法は以前から
人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考
を読んで知っておりました。

確かにこのマインドマップは秀逸です。
私自身は考えをまとめるときやアイデアを拡散収縮したい
ときにたまに利用しておりました。

このマインドマップ読書術はさらにこの手法を用いて
読後すぐにわすれてしまう本の内容を自分の中に
深化し、それをどんどん外に発信することで、
自分というブランドを高めて行きましょうということです。

私自身がこの本を読んで再認識したのは
マインドマップは考えることができる道具である
ということです。

マインドマップをどのような内容であれ、書き出して
いくといろいろ自分の中で考えることができます。
日頃読書しててもなかなか一つのことを考えられない
人や考える力をつけたい人には最適ではないでしょうか?

私もこの本を読んで下記のことをしようと思いました。

1 毎日1つマインドマップを作る
2 ブログの内容を濃くする。そのためにはテーマを絞る
3 もっと積極的に発信を心がけ、自分ブランドを高める

などなどです。

内容的にはすぐに読める本であると思います。
この本を読んでみてマインドマップに興味を
もたれた方は先ほど紹介した、マインドマップを
発明したトニー・ブザン著
人生に奇跡を起こすノート術―マインド・マップ放射思考
をおすすめします。

自分をどんどん高めていきましょう。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年05月01日(日)

熊谷本

テーマ:本(手帳系)

20代で始める「夢設計図」-必ず“スピード成功”する5つの原則

夢手帳の熊谷社長の上記の新本読みました。

感想・・・
一冊の手帳で夢は必ずかなう - なりたい自分になるシンプルな方法
よりも前に読む本だという感じです。

夢設計図という内容よりは、スピード成功する5つの原則の内容が
大半で夢設計図に関しては上記の既刊本の方がより詳しいと思います。

ところどころなるほど~~~という部分はありますが、
一冊の手帳・・・が8割手帳で2割仕事術
今回の方は2割が手帳で8割が仕事術。

内容的にもかぶる部分が多く、お~~~!っていう気づきは
残念ながらありませんでした。

これから夢手帳関係や熊谷さん関係の本を読む方には
先に新刊本の方をおすすめします。
それに共感できて納得できたら一冊の手帳・・・の方を読まれて
そのあとに
図解 一冊の手帳で夢は必ずかなう
を読むのが良い流れではないでしょうか?

誤解しないで欲しいのですが、内容的にいまいちの本であると
いうことではありません。

上記の順番で読めばかなりのめり込めるとおもいます。

ぜひご一読を。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。