8月8日アンデス電気

テーマ:
8日はまずは「アンデス電気」さんに訪問です

なんと「アンデス電気」さんは携帯電話の液晶パネル生産において

30パーセント

のシェアを持っているんです!!

驚きです。
少し失礼ですけど正直「アンデス電気」さんは訪問することになっていなければ
聞いたことのない企業でした。
そんな企業が世界の30パーセントのシェアを持っているなんて、
まだまだ知らないことがいっぱいあるんだなと実感しました。

テレビや携帯の液晶画面がどんな仕組みで画面をうつすのか
ということを説明してもらい、実際にどのようになっているかを見た時は
これまた驚きでした!

肉眼ではまったくみえないR(赤)G(緑)B(青)の
配列が何個も何個もずらーっと並んでいるんです!
こんな小さなものを一体どうやって作るんだ!
というのが顕微鏡で実物をみた時に


「すげぇ…」

という言葉を自然と発せさせていました。

そして最後に世のため、人のためがモットーの「アンデス電気」さんは
本当にすばらしい企業だなあと思いました。

おいしいしそジュースありがとうございました!!
AD

8月7日「キメラ」!

テーマ:
ども、加藤です。


8月7日は金型のデパート「キメラ」さんの工場に訪問させていただきました!


宮崎社長の室蘭への思い、
匠の技術の機械化への思い、
技術が機械化していくなかでの人づくりへの思い
が存分に感じられる企業さんでした。


生活してて幸せってなにかなかなかわからないけど、
宮崎社長は生活の幸せってなんなのか、わかっていました。


俺もいつかわかるのかなぁ
AD

株式会社土谷製作所さん!

テーマ:
8月6日2社目「株式会社土谷製作所」さん!


社長の企業存続にかける思いが
ひしひしと伝わってくる工場でした。

質疑応答でお伺いした
「社長の生き甲斐とはなんでしょうか」
という質問に対して

「土谷製作所」を存続させること、従業員に飯をくわせること

という言葉が実践された、生産管理体制には、その言葉が嘘ではないことを

見学した人たちにまざまざと実感させるには十分でした。


かたや企業存続という社長としての使命に対し、本業の酪農製品だけではなく、

石炭ストーブが使われていた時代、

札幌の雪が黒い

ということに北海道の環境を危惧した
現会長の石油ストーブの製作への着手するという姿勢。

それは社会貢献という企業としての
使命を全うしようという強い意思を感じました。


企業を経営する者としての社会貢献する姿勢、
社長として従業員を養っていくという姿勢

その両方を言葉だけで終わらせることなく、実践している姿にものすごく刺激を受けました!

ありがとうございました!
AD