我が子を通しての 幼稚園ママさんたちとの付き合いから


非常に 辛い思いをした時代がありました。


それらは ストイックな山の行ではなく 里の行。


周りの人たちは 自分の鏡の映し出し。


嫌な面も、良い面も、いろいろ見ました。


非常に苦しかったその時代 まさに 八方塞がり でした。


何故 自分がこんな目に合うのかと ご飯が丸二日 喉を通らない日もありました。


そんな時 友人が 江原浩之さんの本を貸してくれました。


それから なんとなくおぼろげだった 宇宙のカラクリが 繋がり始めました。


江原さんの本を網羅し 精神本を読み漁りました。


実際に 何かがこそげ落ちるような感覚がありました。


せき止めてあったものが一気に流れ出たような


宿便がでて 流れが良くなったような感覚・・・


この辺から わたしの本格的なスピリチュアルジャーニーが 始まったように思います。


当時は ただただ 苦しく もがいていただけのわたしでしたが


今ここ に繋がる もの凄く大きな学びでした。


心から 感謝しています。


この時代がなければ 今のわたしは在りません。


この時代だけでなく 今までの全ての出来事が 今ここ に繋がっています。



思い返せば 割と小さい頃から スピリチュアルなことに興味がありました。



・・2歳の頃のわたしは 階段の最上段から ふんわり飛ぶことができました。


ドラゴンボールに例えるなら 武空術ってやつです。


でも 「あれ?人間って空飛べるんだっけ?」と思った瞬間 階段の最上段から 転げ落ちました。


幸い どこも怪我をすることなく無事でしたが・・



・・中学生の頃 


丹波哲郎さんの映画「大霊界」も 周りは馬鹿にしていたけれど わたしは隠れて見ていました。


小さな頃から興味があったのも 


わたしの実妹が健常者ではなかったり 実兄が病気で他界していたり・・


なにか 解き明かしたい という思いがあったのかもしれません。



美輪明宏さんの言葉に


 高い綺麗なところでは 100学んで 1を知る


 低い汚いところで 1を学べば 100を知る。



ものは 考えようです。


そんな状況に 自分が置かれているな と感じたら


人間の深みが増す 一段と素敵な人間になれるチャンス


越えられない苦難は 絶対に来ない。


お互い 受け入れて 


穴ぼこを認め合って(認め愛) 埋め合って(埋め愛) 補い合って(補い愛)


一段と素敵な人になりましょう!



愛と感謝を込めて



家Cafe英国式リフレクソロジーヒーリングサロン【東京・国立市】