Baby * heart ブログ

チャイルドボディーセラピストのmisaki です。
ベビーマッサージを皆さんにお伝えする活動をしております。
赤ちゃんを笑顔に…ママとパパがHAPPY に…
育児が楽しくなる、そんなお手伝いをさせて下さい☆


テーマ:
みなさん、こんにちは。


最近、私の周りには妊婦さんがたくさんいらっしゃいます。


今年は出産ブームになりそうですよ(^o^)v


新しい命の誕生は、ママはもちろんパパも家族もお友達も、みんなみんなhappyになりますね♪


妊婦さんたちの、お話しを聞いていると陣痛の辛さや、産まれた時の感動など2年前のことがとても懐かしく感じました!
私も母乳育児をやってみて、母乳ってすごい!と実感したので、今日は母乳についてお届けします。




母乳育児はいいこといっぱい


赤ちゃんを守る免疫物質がいっぱい☆
初乳(産後2~3日の母乳)には免疫物質が豊富に含まれています。



母乳は赤ちゃんのバランス栄養食♪
→赤ちゃんが成長していく過程で必要とされる栄養素が理想的なバランスで配合されています♪赤ちゃんの月齢に合わせて必要な栄養も合わせてくれます。



いつも新鮮・適温・衛生的
→ほ乳瓶を消毒したり、温度調節も不要です!
泣いている赤ちゃんを待たせることもありません ♪家計にやさしい(*⌒O⌒)



アレルギー予防に☆
→おっぱいは赤ちゃんにとって異質なものが少なく、母乳中に含まれる免疫物質もアレルギー反応を予防します。



ママの産後の体の回復にgood
→赤ちゃんがおっぱいを吸うことで、ホルモンがでて、子宮が収縮し産後の回復を早めます。また、妊娠中に蓄えた脂肪はおっぱいとして消費されていくので、ママのダイエット効果(*^▽^*)



赤ちゃんの脳やあごの発達を促します
→赤ちゃんはおっぱいを飲むとき、あごの上下前後の運動によって飲んでいます。おっぱいを続けることで自然にあごの発達をうながし、あごを動かす刺激が脳に伝わり、脳の発達を活発します。
離乳食期にものをよくかむ練習にもなります♪



ママと赤ちゃんの精神の安定
母乳を飲ませる時は、赤ちゃんの肌とママの肌が触れ合ってたり、ママの心臓の音が赤ちゃんに伝わり、お腹の中にいた時の様に感じます。なので赤ちゃんがとても安心します。
赤ちゃんの体調をいち早く察知できる!
そしてママは乳がんのリスク減!という効果も。
 
 


妊娠中の生活
貧血、冷え性の予防・解消。
母乳はママの血液から作られます。
栄養満点の母乳を作るために、貧血対策は万全に。
また、血行をよくするために体を冷やさないことも大切です。

動物性脂肪、甘いものは控えましょう。
血液中に脂肪分や糖分が多いと、乳管を詰まらせる原因になります。
乳腺炎などおっぱいのトラブルになるので食べ過ぎには注意しましょう
おっぱいを揺する。
妊娠中はできるだけノーブラ、もしくはソフトブラを使用しましょう。
おっぱいをブラブラさせ、自然な「基底部マッサージが」できている状態が望ましいです。
家の中を四つん這いで歩くのも効果的ですよ。
 
 

家族にできる母乳育児
母乳育児はママだけができるものではありません。母乳育児に頑張るママを支えることも立派な家族の役割です。
すすんで家事を手伝ったり、ママを大切にして母乳育児を応援しましょう。



ママも最初は大変…と感じるかも知れません。
赤ちゃんもまだ吸う力が弱く、たくさん飲めないので、すぐおっぱいを欲しがり泣くと思います。でも、だんだん赤ちゃんも吸うことに慣れてきて上手に飲めるようになりますので、ゆっくりとした気持ちで、赤ちゃんのペースに合わせて続けて下さいね(^o^)



今日も最後まで読んで頂きありがとうございました(*^▽^*)


今日は月曜日☆
今週も頑張りましょう♪

misaki




AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。