2004年11月24日

TURN382:群雄割拠!!

テーマ:30巻
ライバル。
互いに相手の力量を認め合った競争相手。好敵手。

賞金王決定戦。
この二人が互いにライバルと認識して戦うのはいつ以来だろうか。
洞口は、オヤジや榎木を常にライバル視していた。
しかし、波多野との対決にはことごとく負けてきた。
それでも、実績は断然に洞口の方が上である。
新鋭王座もSGの優勝の数も波多野の上を行く。

洞口の武器はスーパー出足ペラで超深インでも
スリットを全速で越えられる足があること。
対する波多野は、天性のスタート勘を
6コースという、最もスタートの見やすい位置により
さらにスタートの精度を高めている。

その結果が、
一艇身という結果になった。


優勝戦。スタートを決めた6コースの波多野が
いっきにインコースの洞口まで襲い掛かる。
こうなってしまったら残るは実力勝負。
波多野には誰にも負けないターンスピードがある。
波多野にはVモンキーがある。
波多野には・・・


どこかで見てるか?
              澄よ。

  いくぜっ!


波多野にはきっと、澄ちゃんがついているっ!!







雄大にだって、パパとママがついているぞー!byオヤジ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2004年11月02日

TURN381:究極の目標

テーマ:30巻
いいなー、洞口親子。
たっくんも、ダービーではあんな感じだったけど
青島さんと付き合ったおかげで人間としては
本当に大きく成長した。
親父にまで感謝してるところが素晴らしい~♪
そのオヤジさんが賞金王シリーズに出ていることがさらにうれしい。
いっそ優勝してSG出場権をゲットしてもらいたいところだ。

さぁて、大詰めとなったストーリーに
憲二の目標と澄ちゃんの想いが出てきた。
近くに青島さんがいるのもなんなんだが、
きっとクロスするんだろうな。この2人の考える先は。

憲二の思う究極の目標ってなんだろう・・・。
1.名人戦出場
 長く走るとなるとコレを真っ先に浮かべるが。
2.無事故完走
 やはり古池さんの弟子であるからにはこれだろう。
3.A1級であり続けること
 青島さんとの約束からしたら、常に上のレベルにいないといけないと
 いうことだから、こんなのもあるかもしれない。
4.賞金王に毎年出ること
 3番の格上バージョン。
5.スナメリとお友達になる
 艇王じゃないと無理だもんな、これだけは。

一方、澄の考えていることはサッパリ想像もつかない・・・


かつて浜岡さんは言った。
緊張の反対は開き直りであると。
しかし、さらに上のレベルがあった。
それは二人の顔がすべてを語っているであろう。
洞口は、イン逃げという絶大な武器があるため、もう何も迷わない。
波多野は、究極の目標を目指している。
やれることはすべてやった。
あとは全力を尽くして戦うだけである。
洞口は白のカポッグ。波多野は緑のカポッグ。
やはり二人の戦場はこの色がふさわしい。
最高の舞台で、最高のレースを。

#次週休載ですが更新するかも(謎
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。