MONKEYKNIGHTです。

 

UnrealEngine4UE4)でテキストを表示させてみました。

 

1.フォントを作成する

今回は日本語表示なので日本語に対応したフォントを作成します

コンテンツブラウザで右クリック→ユーザーインターフェース→フォントで作成し、ダブルクリックで編集。使いたいフォントファイルを選択して保存

 

2.HUDクラスを作成

上のボタンメニューから、ブループリント→GameMode→HUD→作成→HUDで作成。ダブルクリックで編集画面を開き、イベントRecieveDrawHUDを配置しノードを伸ばしてDrawTextと接続。DrawTextに値を設定してコンパイル→保存。

 

3.ワールドセッティング

ワールドセッティングでGameModeOverrideとHUDClassを選択する

 

4.プレイで設定した文字が表示される。

 

まだまだゲームにはほど遠いですが、がんばります。

 

余談ですが、そろそろ本格的にモデリングしようと六角大王Super5を引っ張り出してきました。普段はMetasequoiaを利用しているのですが顔のモデリングが面倒でコチラを使って楽にならないか検証中です。

 

では、また。

AD

MONKEYKNIGHTです。

 

VUE9(景観作成ソフト)で樹木の生成機能があるので、生成した樹をUE4に取り込んでみました。

 

 

1.VUE9で「植生」ボタンから樹を生成

OBJ形式で保存します。(要Expoterモジュール)

 

.2.メタセコイアV3で読み込み。この際、「マッピングのV方向を反転」のチェックをON。あわせて、VUE9で出力されたマッピング画像を存在の透明と凹凸に設定します。

FBX形式で保存します。(要FBXエクスポータープラグイン

 

3.出力したFBXファイルをUE4に取り込みます。

 

若干、葉の雰囲気が違うような気がしますがとりあえず使えそうです。

風で動かす方法としては、ボーン埋め込んでアニメーションでしょうか。

 

では、また。

 

ペタしてねどくしゃになってね!

AD

MONKEYKNIGHTです。

 

UnrealEngine4UE4)でブループリントを使ってキャラクターを歩かせてみました。

 

 

1.コンテンツブラウザからキャラクター(アクター)を追加

 

2.ブループリントエディタで移動設定

 

.3.コンパイルして戻ってプレイで歩き出します。

 

ブループリント、なんとなくわかってきたような。。。

 

では、また。

 

ペタしてね読者登録してね

 

AD