アンティークの腕時計が完全に止まったTARです。すげぇブルー。
前回のオーバー・ホールん時に「次に止まった時が寿命ですね」って
言われたコトもあって、修理に出すかどうかで悩んでる。高いしなぁ。
ボーナスまで待って、新しいの買っちゃうかぁ?お気に入りなのになぁ。


あ、二日目。二日酔いで気持ち悪いながらも、昼飯に寄った喫茶店。
生姜焼き定食なんてコッテリしたモノを頼んだオレが悪かったのか、
付け合せのブロッコリーの中にいた虫の死骸が油の中に2匹も。
店員をコッソリ呼んで「ブロッコリーに虫入ってたみたいですよ」と
老婆心で伝えるも「あ、ホント?ゴメンねぇ」って笑って言うババア。
あ~そ?そ~ゆ~態度で来ちゃう?だったらデカい声出せば良かった。


んで、まぁ、その日の夜もカラオケに行ったんだわ。同じメンバーで。
さすがに歌う曲がなくなってくるのな、2日連チャンで行くと。
ちぅか、年齢が離れた後輩と行くと、歌う曲がお互い分からなくてな。
あ、オレだけかも。だって、みんなが「懐かし~」とか言いながら
T-BOLANを合唱してる時、オレだけ「え?誰の歌?誰の歌?」って。
だって、その頃、自分のバンドやってたし。アイドル追っかけてたし。


そういやさ、カラオケ行くと、い~っつも思うコトがあんだけどさ。
あのカラオケビデオに出てる人って、ちゃんとした俳優さんなのかね?
バラードやミディアムテンポの曲はそんなに派手な演出がなくても、
叙情的な歌詞に合わせて、主人公が苦悩・葛藤するシーンとかで
ベタにアタマ抱えたり、壁を殴ったり、バーで泥酔したり、素人以下。
ビックリする程、ド定番な演技なモンだから、プロかどうか判別不能。


あと、ロック調やダンサブルな曲でさ、明らかにアタマ悪そうで、
やっつけ感バリバリなビデオがあるじゃん?3日で作りました的な。
ライトアップされた東京タワーやら都庁やら、誰でもが思い描くような
安い都会のイメージをバックに、特にキレイって言うほどでもねぇけど
まぁ、悪くねぇんじゃん?ってぐらいの女が、中途半端なダンスを
オープニングからエンディングまで延々と踊ってるだけのビデオとか。
画的にはカメラアングルがグルグル変わるから単調に見えないけど、
踊ってる女が常に無表情だから、楽しく歌ってるコッチがバカみたい。


当分、カラオケはイイです。まぁ、元々、そんなに行く方じゃねぇけど。
ちぅか、東方神起と嵐をマスターするまでの時間をオレにください!

AD

久々のプロ泥酔士のお仕事

テーマ:

ボジョレボジョレ、うるせぇよ!「去年のモノより美味しいですぅ!」
ホントかよ?てめぇ、昨日飲んだ酒の味すら覚えてねぇクセに
1年前のワインの味を覚えてられんのか?コノ、チンカス女がぁ!
ワインは大好きだけど、流行に乗るのは大嫌いなTARです。
ちぅか、ボジョレなの?ボージョレなの?ボジョレーなの?


今週は怒涛の如く過ぎました。
まず、日曜から前泊出張で新潟県は長岡市。毎年あるお祭り出張で、
今年は、偶然にもオレ的にかなりイイメンバーで、若干はしゃぎ気味。
飲み仲間K君、同じ課の後輩Iの嫁S嬢、後輩Kの彼女M嬢。
まぁ、オレが全く気ぃ使わずに飲めるメンツっスわ。
11月初頭の試験勉強で、10月はほとんど遊んでなかった(嘘)ので、
久しぶりにハメが外せると、ノッリノリで現地入り。


夕方に、ホテルのロビーで新潟から来た若手の酒豪Y君と合流して、
1時間程ミーティング。明日からのスケジュールやら細かい注意説明。
ひと通りの仕事の話が終わってから「さぁて、飲みますか」つって
外に繰り出すも、生憎の雨ですんげぇ寒いわ、駅前ナニもねぇわ。
選択の余地もなく、ホテルの1階にあった居酒屋で懇親会的なアレ。
そりゃあ、仕事で新潟に5年も住んでたTARさんですから、
「新潟に来てビールや焼酎なんて飲んでんじゃねぇぞ、コノヤロー!」
まぁ、1杯目のビールは許す。打ち合わせで喉が乾いてたからね。
でも、その後はもちろん日本酒です。メニューを見ると結構な品揃え。
とりあえず、地元のお酒から飲むのがルールでしょう?と
長岡の地酒「吉乃川」をオーダーするも品切れとよ!ダッフンダ!
出鼻を挫かれながらも、仕方ねぇから、津川の地酒「麒麟山」を選択。
そしたら店員「麒麟山は1合しか・・・」「イイから持って来い!」
んで、その1合の麒麟山をスグ飲み終わって、また店員を呼ぶ餓鬼共。
「ちょいと!なんだったらいっぱいあるの?」「〆張鶴でしたら・・・」
「おぉ!〆張2合、持って来んか~い!」ガッポガッポ飲む我々5人。
みんなで「おいちいね♪」って、2合づつガンガン追加オーダー。
店員「あの・・・、〆張鶴も無くなってしまいました・・・」
そこで、M嬢が「じゃ、影虎で」と酒豪らしい渋いチョイス。
しかし、影虎はS嬢のお気に召さなかったようで、4合程でチェンジ。
ココら辺から、正直、あまり記憶が定かじゃねぇんだけど、
多分ねぇ、六日町の酒「八海山」にシフトしたと思うんだよなぁ。
で、しばらく飲んでて、新潟から来てるY君が帰る時間で、お勘定。
合計でね、2合徳利を15~16本飲んでるんだよねぇ。阿呆どもが。
まぁ、2合とは言え、正味2合は入ってないから、多少割り引いても
2升半ぐれぇは飲んでるハズ。だって、ベロンベロンだったモン。


んで、Y君が新幹線で新潟に帰った後、女性2人がどうしてもと、
カラオケに連れて行かれるTARさん。踊り狂うTARさん。
ナニを歌っても誰も知らなくて、とても淋しい思いをするTARさん。
で、2時間たっぷりカラオケで遊んで、ホテルに帰って解散。
その後、部屋で歯ぁ磨いてる途中で気持ち悪くなって嘔吐。
う~ん。よくよく考えると、ナニも食わずに飲んでました、オレ。
夜中の3時頃から約1時間おきに、目が覚めては吐いて、を繰り返す。
でもね、この時点で月曜が始まったばっかりなのね。
仕事なんて、ナニの先っぽ程もやってないのね。
なんてなカンジで、長ぇ1週間が始まったワケですよ。

AD

台風一過の3連休、関東は穏やかな秋晴れでした。ナニしてました?
土曜日、下北沢で舞台の昼公演を観に行くつもりで早起き。
開場12:30だったので、ちょっと早めに出て、新宿のタワレコでも
冷やかそうかと思い、10:30頃、総武線に乗り、相方ひでぼんにメール。
「もぉ家、出た?」その返事。「今日、17:30開場ですが?」はぁ?
自分の手帳を開いても「開場12:30」と書いてある。
「マジで?」「マジで」あぁ、そうですか。オレの勘違いですか。
まぁ、そのまま新宿に行っても良かったんだけど、
それでも6時間ぐらいあるワケですよ、開場の時間まで。
仕方ねぇから一旦電車を降りて、逆向きの総武線に乗り換え、帰宅。
でも、完全にお出かけモードだから、自宅に居ても気が急いて。
「だったら、銀座に行って、お財布を取って来てよ」と嫁。
義妹がBREEの財布を修理に出して、その修理が終わったとのコトで、
取り来てほしいと連絡があったらしい。お安い御用でさぁ。


さすがに3連休の銀座、人多過ぎ。みんな、インフルエンザ恐くないの?
それも銀座中央通が歩行者天国には、マスクした家族連れもいるし。
そこまでして来るぐらいなら、お家でひっそりとゲームでもしてなさいよ。
さらに、先日リニューアルオープンしたばっかというユニクロ銀座店も、
ホントにアホみたいに人が並んでいて、そこまでして買いたいか?と。
「値段も安くて、シンプルなデザインだから使いやすい」だって。
「同じデザインでも、色の展開が多いから好みに合わせ易い」だって。
だったら、白い布をてめぇで染めて、適当に巻いてりゃイイのにねぇ。
で、そこにアホみたいに並んでる人全員がユニクロを着るんでしょ?
ユニクロって、元々「ユニーク・クロッシング」の略じゃないの?
ドコが「ユニーク=唯一」なの?みんな同じで全然ユニークじゃねぇよ。
刑務所で支給される服も安くてシンプルで、みんな同じ。それ、制服です。


で、今度は靴にまで手ぇ出したんだろ?ちぅか、価格はビーサン並だろ?
こんな素敵な靴が2,000円なんて、お安くて良かったザマスわねぇ、奥様。
そのうち、バッグや財布、化粧品や宝飾品関係までやりそうだよな。
身に付けるモノは、上から下まで全部ユニクロ。安くて早くて安心ね♪
あ、そ~ゆ~人は、ファストファッション全般をコーディネートするね。
クローゼットん中、ユニクロ、GAP、ZALA、コムサ、H&M、シマムラばっか。
オレの感覚では、流通大手のプライベートブランドと同じなんだけど?
イトーヨーカドーやらジャスコやらで服買ってるのと変わらない感覚。
まぁ、オレはファストファッション、買わねぇからイイけどさ。


で、そんなユニクロを横目に見ながら、銀座のBREEが入ってるビルへ。
言われるままに伝票を出して、義妹の財布を受け取る。
それでも、まだまだ舞台の時間にはほど遠い。ちぅか3時間以上あるし。
しばらく歩行者天国を歩く人を眺めて時間を潰すモノの、スグ飽きる。
仕方なく、有楽町の方へ歩き始めて、銀座4丁目の交差点で信号待ち。
その時、オレの目の前に、真っ黒なレクサスのハイヤーが停車。
おいおいおい!ハイヤーでも交差点内は駐停車禁止だろうがよ!
降りてきたのはファーストリテイリングの柳井正氏とその秘書らしき女性。
はぁ。さすがユニクロ創業者、着てるモノは良いモノを着てらっしゃる。
多分、テーラーメイドのスーツでしょう。まさに「唯一」のモノだね。
彼がイイ服を着れるのは、ファストファッションが好きな皆様のお陰だね。


まぁ、それ以上に胸クソ悪いのは、辻希美の子供服ブランドだけどな!
いやぁ、アレがデザインした服を子供に着せる親は相当なオシャレさん♪

AD

秋の夜長を・・・

テーマ:

確かにアヤパンもナカミーも好きよ。大好きよ。大盛り3杯はイケるよ。
だからと言って、Early MorningのCDを買うほど雑食じゃないよ、オレ。
最近は生肉限定の肉食系男子のTARです。ちぅか、37歳も「男子」か?

最近、正統派JAZZの世界にハマってるのよ。Blue Noteの1500番台とか。
生意気にも「このマイルスのミュートが素晴らしいね」とか言いながら。
分かってるんだか、分かってないんだか。起きてるんだか、寝てるんだか。
なんで、ココに来て、いきなりそんなコトになっちゃってるのかと言えば、
社内のJAZZ好きが集まって酒を飲む会合に参加させてもらったのね。
総勢5名、内1名不参加。オレ以外は全員管理職。最年少はもちろんオレ。
まぁ、オレも数年前からJAZZを聴き始めて、他にJAZZ詳しい人がいねぇか
いろんなトコに声かけてたら、あるスジからお誘いが掛かったというワケ。

とは言え、オレが聴くのって、JAZZって言うけどClub Jazzなモンだから、
正統派から見たら甘いワケよ。ベルギーのお菓子みてぇに甘いワケよ。
んなモンだから、そんな会合に参加させてもらってもチンプンカンプンよ。
「あのアルバムでは、○○がピアノを弾いてて、××がベースでさぁ」
「あの人のリーダー作では、アレよりもコッチの方が聴き応えがあるよね」
もぉね、全然話題についていけないの。そりゃ、当たり前だっつ~の、な。
マイルス・ディビスだってロクに聴いたコトねぇぐれぇなんだもん、オレ。
んなカンジで、基本のキの字も知らないオレを不憫に思ってくれたのか、
次の日に、某S部長がJAZZ名盤100選みたいな本を貸してくれたんだわ。
コレをペラペラと眺めてるだけで、聴いてみたいCDがドンドン出てきて
ついついタワレコに寄って買ってるうちに、ハマっちゃったというワケ。

でね、その本を読んでてビックリしたのが、このiPod全盛の時代にあって、
1955年にレコーディングされたアルバムが名盤100枚に選ばれているコト。
54年前だぜ?生まれたての乳児が、イイ顔のオヤジになる年月だぜ?
1年間にどれだけのJAZZアルバムが発売されているのか知らないけれど
50年以上前のアルバムが、今もなおスタンダードとして愛聴される現実。
改めて、JAZZってジャンルの成熟度と奥深さを思い知らされた気がする。


大体から、長くTECHNOやHOUSEってDANCE MUSICを聴いてたんで
「音楽=消耗品」って感覚がカラダに染み付いちゃってるんだよね、オレ。
だって、1シーズンごとにドンドンClub AnthemがReleaseされるんだモン。
いちいち「この曲がど~の」「あの曲がこ~の」なんて言ってる間に
DJが次の曲に繋いじゃうってな。ちぅか、結局は踊れりゃイイんだから。
だから、アルバム1枚について、1曲づつ丁寧に聴くコトなんてねぇのよ。
でも、JAZZ愛好家は、ホントに細かいトコロまで聴いてるから驚くよね。
ピアニストの左手のタッチや、トランペッッターの微妙なブレス具合とか、
ホント、重箱の隅を突くような聴き方をしてこそJAZZなのかも知れねぇわ。

たかが音楽、されど音楽。まさに「NO MUSIC,NO LIFE」ってカンジです。
秋の夜長にひとりJAZZを聴くってのも、コレがなかなかイイモンかもよ。

ジャズマンが愛する不朽のJAZZ名盤100/小川 隆夫
¥1,575
Amazon.co.jp

噂のクォーターパウンドウィズチーズってのを食ったよ。TARです。
パテの美味さに自信アリっつ~ワリには「別にぃ~」ってカンジ。
まず、バンズが不味いよ、バンズが。相変わらずパサパサしてる。
チーズも別に濃厚(農業高校)ってワケでもねぇしさ。
大体からよぉ、マックって、美味いのはピクルスだけじゃね?
ピクルスだけを単独販売してくれたら、オレ買うよ。買う買う。


あ!オレが全然ココを更新してねぇ間、ナニしてたかって話をしよか?
あのね。ある夜、寝てたらね、夢ん中で電話が鳴ってるんだわ。
で、オレが「もしもし」って出たら、死んだ婆ちゃんからだったのね。
その時点で夢だって自覚してるんだけど、妙にリアルなカンジでさ、
「なんで電話できんの?」とか、まぁ、現世の常識に照らし合わせて
誰でもが不思議に思うような疑問を婆ちゃんに訊いたんだけど、
まぁ、死人にクチなし。意味違う。ムニャムニャと誤魔化されて
適当に「元気?」とか世間話をして電話を切ったトコで目が覚めた。


夢の中の話なんで、そんなに気にするコトもねぇたぁ思うんだけど、
な~んとなく身内のコトだけに、妙に胸に引っかかるじゃん?
しょうがねぇから(不謹慎)その週末、墓参りに行ってきた。
幸いなコトに、雨続きだったにも係わらず、その日は秋晴れで、
ちょっとしたドライブ日和。他にも結構な人が霊園に来てたみたい。
で、お墓の周りの草をむしって、雑巾で墓石を拭いてあげて。
最後に、夢ん中と同じように近況報告だけして帰ってきた。
まぁ、それでとりあえずはオレの気が済んだってカンジだった。


でね、普通さぁ。こ~ゆ~話のキレイな終わり方って、
「その夜、夢の中で婆ちゃんからまた電話があって・・・」
ってのが定石じゃん?オレも含めて、親も嫁もすげぇ期待してたのよ。
そしたら・・・さすが、うちの婆ちゃん、全然出て来なかった。
え~?ってカンジじゃね?折角なんだから出て来てもイイじゃん、なぁ?


なんてコトを考えてたら、霊を信じる/信じないは別にしても、
お墓って、ある意味、精神安定剤のような役割があるね。
自分を見つめ直すって程ではないけど、今の自分がいるのは
親、その親、またその親・・・ってどんどん遡っていけるワケじゃん?
つまり、今のオレは、単なる「今のオレだけのオレ」じゃなく、
過去から未来に続く一族の鎖の一つでしかないってコトだわな。
だから、ナニか行き詰ったトコで、くよくよ悩んでもしょうがねぇのよ。
オレがこんなになったのは、先祖にも責任があるんだから。
そ~ゆ~意味で、責任転嫁でポジティブになれるね、お墓って。
ん?ってコトは、美輪さんがコンビニの店長になっちゃうぐらいだから
もしかして、オレもスピリチュアルカウンセラーになれちゃうかも?

秋刀魚をポン酢で食べるような歳になりました。TARです。
オレん中では「ポン酢=年寄り」のイメージでしたが、美味いじゃん!


遅い昼食を近所で美味いと評判の中華屋でハラいっぱい食って、
腹ごなしにと、何年振りかで、家族3人で近所の公園に行った。
ちなみに、J事務所のアイドルグループAのAクンの実家も
我が家の近くにあって、ファンの間では「美味しい」と評判らしいが
地元民のクチコミでは「美味しい」なんて聞いたコトねぇのが事実。
確かめたかったら、YOU!自分で食べに行っちゃいなよ!
(否定的なコトを書いたので、イニシャル表示させていただきました)


それにしても、日曜の午後3時の公園はアンニュイな空気が流れてて、
大きな金木犀の香りを嗅ぎながら、このままベンチで昼寝したいぐらい。
ところが、小学5年生と2年生ぐらいの男の子を連れたのお父さんが
子供と一緒にウンテイをしたり、ブランコの周りの柵の上を歩いたりと、
「動けるお父さん」っぷりをアピール。すげぇウザい。コケて骨折れ。
幼稚園の年少さんぐらいの男の子を連れたお母さんは、砂場でママゴト。
その男の子の拙い口調での「おもちやさんですよぉ~」って言う声が
「お餅屋」なのか「おもちゃ屋」なのか判断が付かず、気になる。


あと、若い女性がベンチに座って、ず~っとケータイで喋ってる。
「え~?違うんだってぇ。そぉじゃないってぇ。うん。うん。」
組んだ足をブラブラさせだり、左手のネイルを眺めたり。アンニュイ。
そんなに長く喋るなら、家に帰ってゆっくり喋ればイイのにと思うオレ。
その隣のベンチには、40代前半のオッサンと20代後半の男性2人組。
どちらも黒いジャンパーとスニーカーで、新聞の勧誘員かなんかかね?
特に仲がイイってカンジでもなく、あまり会話もない様子。
たまに、若い方がちょっと話かけて、二言三言喋るぐらいの関係。
そんな微妙な空気でサボってんなら、仕事に戻った方が良くね?


で、アホみたいに鉄棒でグルグル回ってた6年生ぐらいの女子2人組が
パーゴラ(あずまや)に移動したのを見計らって、娘が鉄棒に移動。
逆上がりの練習をするんだと。足をバタバタして、全然なってない。
オレも見本を見せたりして、「動けるお父さん」っぷりをアピール。


あ。で、ココからが本題。←前フリが長過ぎだっつの。
どのくらい鉄棒の練習をしてたのか分からないけど、結構経ったと思う。
娘も「もぉちょっとで回れそうなんだけどなぁ」ってカンジだけど、
さすがに手が痛くなってきたらしく、しきりに休憩を要求するし。
もぉ日も傾きかけてるし、オレもイイ加減イヤになってきたしで、
「もぉ帰るか?出来るまで練習するか?」って言ってる後ろの道路に、
スーッて黒いワゴン車が止まったのね。何気なく見ると宇都宮ナンバー。
まぁ、転勤族も多いベッドタウンですから、県外ナンバーも珍しくない。


ところが、降りてきたのはスーツのオッサンを先頭に男性が6人ぐらい。
20代から40代。スーツ以外、黒や紺のトレーナーの全員が動き易い格好。
「あ、こいつら、確実に刑事か、それに類する人種だ」って思った。
隣でシクシク娘が泣きながら、左手のマメをいじってる時に嫁に目配せ。
オレ「見てみ。あの集団、ちょっとおかしいだろ?」嫁「ん?そう?」
オレ「アレ、多分、刑事だぞ」嫁「うそぉ?違うでしょ?」
オレ「イヤ、確実」嫁「そんなの、見てても全然分かんないじゃん」
オレ「まぁ、いいから見てろって」


先頭のスーツのオッサン(通称:二戸キャップ。←知らないか?)が
手に持ったバインダーを開いて、公園の隣のマンションを指差すと、
一人がマンションの中の様子を見に走り、ちょっとしてから手で合図。
それを見た二戸キャップが、車の陰に待機してたメンバーに手で指示。
その途端、それぞれがナニも言わず、アパートを囲むように散って行く。
さらに、ベンチに座ってた新聞勧誘員風の2人組も、そこに合流!
うぉっ!アンタ達も刑事だったんか!さらに、どこからか続々合流して、
多分、総勢で15人ぐらいいたんじゃねぇかな?完全に包囲されたカンジ。
で、二戸キャップと一緒に数人がマンションに入って行くのが見える。


その頃には、嫁も「あ!ホントだホントだ!」って。な?言ったじゃん。
家に帰りたがる娘に「もぉちょっと頑張りなよ」って言ってるんだけど
娘の逆上がりより、コトの顛末を見届けたい方に気持ちがシフト。
でも、公園にいる他の人は、さっきと変わらない様子で遊んでるし。
非日常っつ~のは、気付かないうちに、日常のスグ隣に来てるんだね。


5分ほどナニも動きがない状態が続き、娘は本格的に帰りたいモード。
嫁も諦めて帰りかけた途端、その問題のマンションから一団が出てきた。
緑のネルシャツの30代ぐらいの男が囲まれるように一緒にいる。犯人か?
そしたら、マンションを囲んでた一群が、ワゴン車の方に戻ってくる。
うわっ。気が付いたら、さっきの黒のワゴン車が2台になってるし、
シルバーのセダンも1台増えてる。こ~ゆ~が「仕事が早い」だな。


で、さすがに、さっき帰りかけた手前、いつまでも見てるワケにもいかず
ワゴン車の横を通り、大回りしながら自宅方向に向かって歩くオレら。
娘は皮がめくれたマメを気にして、早く帰りたくでしょうがない様子。
歩きながら後ろを見てると、ワゴン車にダンボール箱の束が載ってて、
数人が手早く箱状に組み立てていく。箱の横には「栃木県警」の文字。
嫁「なんの事件だったのかね?」オレ「振り込め詐欺か大麻か?」
嫁「あぁ。振り込め詐欺防止強化月間らしいからねぇ、今月」
オレ「まぁ、流行としては大麻の密売とか自家栽培とかもね」
娘「もぉ!早く帰ろうよぉ!」オレ「ハイハイ。分かった分かった」
空のダンボール箱を持った刑事がマンションに向かうトコで視界が切れる。
あの緑のネルシャツ、とんだ3連休になったね♪あははは。


こんなカンジの日曜日の午後の過ごし方も、ある意味、アンニュイだよね。
ちなみに、ネットで調べたら、この事件 だったようで。捕まって良かった。

最近、CMで堀北真希を見ると、ど~してもハリセンボン箕輪はるかに
見えるTARです。でも、どっちもど~でもイイ存在なので困りません。
それよりも、CMで榮倉奈々の顔を見る度、どぉも幼い印象があるのか
「この娘、こんな顔して身長170㎝もあるんだぜ。へっへっへっ」って
なんともサディスティックな気分になってしまうコトの方が困ります。


古来より、人体の急所というのは正中線(カラダの真ん中)に沿って
上から頭頂、眉間、人中、顎、喉仏、鳩尾、丹田、金的となっており、
それぞれの急所には体内に破壊のツボがあるとされている。らしい。


あのさ。ちょっとチンパンジーの顔マネしてみて。うん、今。ココで。
うわっ、超似てるぅ!マジで似てるぅ!超ウケるんですけどぉ!アハハ!
って、アタマ悪そうな女子のマネは木下優樹菜におまかせしておいて。
ちなみに、ブログ始めて4年経ちましたが「超」を使ったのは今日が初。
本題に戻って。なんで、いきなりチンパンジーの顔マネなのかって話。
舌を前歯の前に入れて、軽~くマヌケ面をするだけでチンパンジーに
似ちゃうトコが、さすが遺伝子の一致率98.8%だなぁと思うワケですが、
舌を入れた鼻の下部分、ソコが人体の急所「人中」(じんちゅう)です。
基本的に人体の急所は、通常ではなかなか鍛えられないトコロにあって、
この急所を守るコトが格闘技の第一歩と言われているぐらい重要なのね。
特に顔面は鍛えられない上に出血しやすく、また脳に近いコトもあって
攻撃を受けた場合、致命的な一撃になり得る可能性が非常に高いのです。


でね。その人中、前歯の上の歯茎部分に小さい口内炎が出来たのよ!
多分、ちょっと前の睡眠不足の時に、歯ブラシで傷つけちゃったモノが
口内炎になったと思うんだけど、コ・レ・が・す・ご・い・イ・タ・い!
大きさとしちゃ直径1㎜に満たない、ほんのカスみてぇな大きさなのに、
これがオレをすげぇブルーにさせる破壊的な苦痛の原因になっています。
さすが急所。イタ過ぎるわ。改めて、古の先達の英知に感服する次第。
あぁぁ!お陰ですげぇイライラするぅ!全然仕事にも集中できねぇ!
うちのエースS君の耳障りな咳ばらいや、余計なマウスのクリック音、
忙しくもねぇのにつく溜息、必要以上にデカい独り言よりムカつくわぁ!


あ、全然口内炎とカンケーねぇ話なんだけどさ、このエースS君だけど、
30過ぎた妻帯者なのに、爪を噛むクセが抜けなくて、異常なほどの深爪。
毎日、仕事中にPCのモニター見ながら爪をガシガシ噛んでるんだけど、
ある日、オレが何気なく見てたら、クチから指が「チュポンッ!」って。
えぇ~!?もしかして、チビッコみてぇに爪を噛むだけじゃ飽き足らず、
赤ちゃんみたいに指も吸ってたのぉ?ホント、どんだけチビッコなんだよ。
で、そのツバの付いた指で触った社内回覧をオレに回してくるワケかぁ!
なんでこんなヤツ採用したのかねぇ、うちの会社は。イライラするわぁ。


よぉし。口内炎が出来るのはビタミン不足、イライラするのは鉄分不足。
今日からアセロラドリンクを飲むぞ!岡本綾子も飲んでたしね。←古っ!
って、枕で榮倉奈々のコト書いてんだから、C1000も飲んでやれよって!

ヤル気が起きないんだよぉ

テーマ:

うちの会社に、エビアンの500のペットボトルに麦茶らしきモノを
4本も入れて持って来てる外注さん(男性)がいるんですが、
まぁ、エコという観点から見れば良いコトだとは思うんだけど、
衛生面から見ると、ど~しても不衛生に見えて仕方ないTARです。
そんなに持ち歩くなら、金属製のマイボトルを買えばイイのに。
どうせなら、コンパにもマイボトルを持って行けばイイのに。
中身?水。←昨日のTKOのコントネタじゃねぇか!引きずり過ぎ。


いやぁ。今日、久々に怒られた。うちのM部長に。T課長と一緒に。
「そんなコトしてたら、仕事なんていつまで経っても終わらんだろが!」
まぁ、もっとソフティケイトされた言い方だったけど、内容としては
オレの仕事の遅さを強く叱責されたってコト。いやぁ、参ったわぁん。
そりゃ怒られて当然だわな。7月末までの契約なのに、今10月だもん。
丸々2ヶ月、なははぁ~んにも手ぇ着けなかったオレが悪いんだよねん。


さらに今日、我が同胞K氏から、あるモノの提出を督促をされました。
「テメェ、夏までに出すって言っておきながら、もぉ秋じゃねぇかよ!」
これも、オブラート状のナニかに包まれて、そっと差し出されたんで
飲む時には、ほとんど味はしなかったんですが、多分、相当苦いハズ。
うん。オレが自分から「夏までにお見せします」と条件を決めたんだから
督促されても文句は言えねぇ。人間、期待されるうちが花だよな、うん。


ホント、最近のオレ、ダメだと思う。ギリギリにならないと動かない。
つい「今日出来る仕事は、明日出来る!」って、消極的な内容のコトを
明日に向かって、明日を信じて、積極的に考えるようになってます。
世間ではコレを「問題の先送り」と言うんです。最低の大人の常套手段。
先週の防火管理者の資格も、なんとなく自分へのテコ入れだったんだけど
ただ2日間の講習を聞いて、ヌル~いテストを受けるだけで貰えるような
ヌル~い資格じゃ、正直、自分への喝なんて入りようがないよな。
このブログだって毎日更新するなんて、今のオレにとってはデカい花火を
ブチ上げたけど、既にもぉ、リアルタイム更新なんて出来てないしね。


ホントにヤバい。ヤバザイル。いや、危機感の方の「ヤバい」だよ。
なんだ?ナニをすればイイんだ?ど~にかしてテンション上げないとだ!

ヨーロッパ企画から松田暢子嬢が脱退したのを本人のブログで知って、
そこはかとない虚脱感で、軽いショック状態のTARです。
えぇ~?マジで辞めちゃったのぉ?そっかぁ。・・・そっかぁ。


ちぅコトで、本日は防火管理者の資格取得のための講義2日目。
相変わらず、ブーちゃんに挟まれ、オレまでブーちゃんになりそ。
ちなみに、今日になって、前の彼(ニセ高橋名人)をよく見たら、
X-GUNの西尾の方が似てた。今日からオマエはニセ西尾な。


でさ、今日の講師。テキストを読んでる時に、
「この条例を遵守し、○○~」って書いてあるトコで、
「遵守」を”そんしゅ”って読みやがってな。オレ「え~!?」って。
人にモノを教える立場で、ソコは間違ったらいけないトコだろぉ?
ちなみに、オレもネットをウロウロしてて最近知ったんだけど
「重複」の正しい読みは”ちょうふく”なんだってな。
オレ、今まで”じゅうふく”って読んでたけど間違いなんだって。
まぁ、最近では「どちらも正しい」ってコトになってるらしいし、
PCで変換する時でも、どっちも変換できるんだけどね。
言葉は生き物だから、時代時代に応じて変化していくのは分かるけど、
本来の読み方や使い方を知らないのは、単にズボラなだけだよな。
同じように「世論」は”よろん”が正しい読みだよ。
最近じゃ”せろん”って言う人もいるし、民放TV局のニュースでも
”せろん”って言うアナウンサーもいるみたいだけど、
NHKでは統一して”よろん”って言ってるハズ。
って、こ~ゆ~余計な豆知識的なコトを書くと、逆に変に意識しちゃって、
間違った方を覚えちゃったりする人がいて、怒られたりもしますが、
日常の会話で「あ~、どっちだったっけ~?」って迷った時は
「シャーリーズ・セロンじゃない方」って覚えた方がイイよ。
って、余計覚えにくいわ!


さらに蛇足。
子供の頃、間違った日本語や汚い言葉、暴言・失言を言うと、母親から
「そんなコト言うたらクチがひん曲がるで!」と汚い関西弁で怒られて、
ひん曲がるほどクチをツネられた記憶があるんですが、
幸いなコトに、この歳までクチがひん曲がらずに生きて来れました。
最近、TVを見てて思いますが、某国の首相になったAさんのクチ、
今まで、どんだけの暴言・失言・虚言を言えば、あぁなるんだろう?
前日も、某大臣が失言(確信犯的な暴言?)によって職を辞しましたが
多分、近いうちにA首相自らの失言によって内閣解散になるんでは?
な~んて、たまには風刺めいたコトも書かないと、バカと思われるからね。


で、まぁ、2日間の講義を聴いていて、どれだけ効果があったのかを
測定するという意味で、2日目の最後に10問のミニテストがあって、
それに6問以上正解すると防火管理者の資格が貰えるっつ~システム。
テストっつっても、講義の間中、講師がいちいち教えてくれるのよ。
「え~。ココは大事なトコですのでね、マーカーしてくださいね」
まぁ、暗に「テストに出ますよ!」ってコトなんだわ。
さらに最後には、ほぼ全問の質問事項を教えてくれちゃったりして
至れり尽くセリーヌ・ディオン。あ、ココはテストには出ない。
にも関わらず、前述のババア3人組、座席の幅が狭いのをイイコトに
明らかにカンニング。お互いに答え合わせしちゃってな。
誰も喋ってねぇのに、てめぇらだけヒソヒソ喋ってるからモロバレなの。
しかも、あまりに声はダダモレ過ぎちゃって、目に余るからって
講師がそれとなく横まで行って、無言のプレッシャーをかけてるのに
それにすら気付いてねぇで、ヒソヒソ喋りまクリスティーナ・アギレラ。
で、その15分間10問のミニテスト結果は、無事全員合格。当たり前だ。
でも、ババア3人組、ホントに心のソコから「良かったぁ!」って。
多分、この40年ぐれぇ、まともにアタマ使ってなかったんだろうね。


ナニはともあれ、ブーちゃんのニオイから解放されたのが嬉しかったわ。

マンションの管理組合で、防火担当理事に選任されてしまった関係で、
仕方なく「防火管理者」の資格を取らなきゃいけなくなったTARです。


まぁ、実際には防火管理者がいなくても罰則規定がないモンだから
消防署の人に注意される程度で済んじゃうらしいんだけど、
オレ、そ~ゆ~の許せない人なんで、折角自分が選任されたんだから
自分が出来るコトぐらいはしっかりとやらんとイカンと思い、
いそいそと申込用紙をダウンロードして、消防署に持って行ったのだ!
ちぅコトで、8月中旬に申込をした資格取得のための講習会が
今日・明日の二日間で行われるというコトで、会社にお休みをいただいて
これまた、朝からいそいそと千葉市の消防局へ。


で、消防署に着くと、200人ぐらい入れる講堂は既に老若男女でいっぱい。
会場のイメージとしては、よくかるカンジの大学のひな壇の教室。
年齢や職種、すげぇバラバラ。いろんな人が受けに来てるんだねぇ。
なんつ~か、雰囲気は免許更新の時の講習の雑多なカンジに似てる。
茶髪+ジャージという、非常に分かりやすいヤンキーがいるかと思えば
ロマンスグレー+スーツで、どっかのお偉いさんっぽい紳士もいるし。
タイトなパンツスーツでデキるキャリアウーマン風がいるかと思えば、
講習会の会場には場違いなくらい大声で喋るオバハン3人組もいるし。


で、入口横に張り出された座席表を見ながら、受付で指定された番号と
自分の席がどの辺かを確認したら、オレの席周辺に高橋名人風のデブが
座ってて、タオルでブリブリ汗を拭いてるのね。その時点でヤな予感。
近づいて確認すると、案の定、ニセ高橋名人、オレのまん前の席なのね。
んで、これがすげぇ汗クサイのね。名人汁っつ~の?気分悪くなるニオイ。
とりあえず、まだ両隣は空いてたから、若い女性が座ってくれるコトを
祈りつつ待ってると、オレの数列前でなにやら男性がモメてる様子。
座席指定だっつ~のに、誰かが自分の席に勝手に荷物を置いてるらしく
座れないんでなんとかして欲しいと開催事務局の人に訴えている模様。
事務局の人も途方に暮れて、仕方なくマイクでアナウンスしてた。
前面のモニターにもデカデカと「指定された席にお座りください」って
書いてあるのに、それ無視しちゃうなんて、どんな人だろぉ?って
しばらく見てたら、やって来たのはインパルスの堤下に似たデブだった。
どうも受付すらしてなかったようで、どんだけ自分勝手なんだよって。


って、一部始終を見てたら、オレの右隣の人が「すいません」って来た。
レコーディングダイエットの岡田斗司夫が痩せる前にソックリのデブ。
もぉ、えぇ~!?って。太ももがオレのウエストぐれぇあるんだぜ?
しかも、ひとつひとつの座席の幅が小さいから、彼、座れてないのよ。
微妙に尻をズラして、かろうじて尻の半分が座板に乗ってるってカンジ。
しかもズラす方向がオレの方だったんで、太い足がオレの方に来るし。
カラダ全体がオレの方に来てるからヒジも当たるし、ものすげぇ邪魔!
さらに、コイツも汗クサイし。オタキング汁?ホント、カンベンしてぇ!


って思ってたら、左隣の人がナニも言わずにドスンって座りやがった。
見ると、ニセ堤下だった。なんでココだけこんなにデブ率高ぇんだよ!
で、ニセ堤下、事務局の人にナニか言われたのか、イライラしてる様子。
貧乏ユスリ始めやがって。イスが繋がってるから、コッチも揺れるよ。
そしたら、今度は右隣のニセオタキングがボールペンをカチカチするし。
前のニセ高橋名人は、まだタオルでブリブリ汗拭いてるし。最悪の席だ。


まぁ、講習の内容としては、1日に発生した大阪の個室ビデオ店での
火災を例に、日々の火災防止活動が大事だってコトを認識させる講義。
でも、周りのデブのせいで、オレ、イライラして全然集中できず。
あぁ~あ。明日もあるんだよなぁ。すげぇ憂鬱。