久々のプロ泥酔士のお仕事

テーマ:

ボジョレボジョレ、うるせぇよ!「去年のモノより美味しいですぅ!」
ホントかよ?てめぇ、昨日飲んだ酒の味すら覚えてねぇクセに
1年前のワインの味を覚えてられんのか?コノ、チンカス女がぁ!
ワインは大好きだけど、流行に乗るのは大嫌いなTARです。
ちぅか、ボジョレなの?ボージョレなの?ボジョレーなの?


今週は怒涛の如く過ぎました。
まず、日曜から前泊出張で新潟県は長岡市。毎年あるお祭り出張で、
今年は、偶然にもオレ的にかなりイイメンバーで、若干はしゃぎ気味。
飲み仲間K君、同じ課の後輩Iの嫁S嬢、後輩Kの彼女M嬢。
まぁ、オレが全く気ぃ使わずに飲めるメンツっスわ。
11月初頭の試験勉強で、10月はほとんど遊んでなかった(嘘)ので、
久しぶりにハメが外せると、ノッリノリで現地入り。


夕方に、ホテルのロビーで新潟から来た若手の酒豪Y君と合流して、
1時間程ミーティング。明日からのスケジュールやら細かい注意説明。
ひと通りの仕事の話が終わってから「さぁて、飲みますか」つって
外に繰り出すも、生憎の雨ですんげぇ寒いわ、駅前ナニもねぇわ。
選択の余地もなく、ホテルの1階にあった居酒屋で懇親会的なアレ。
そりゃあ、仕事で新潟に5年も住んでたTARさんですから、
「新潟に来てビールや焼酎なんて飲んでんじゃねぇぞ、コノヤロー!」
まぁ、1杯目のビールは許す。打ち合わせで喉が乾いてたからね。
でも、その後はもちろん日本酒です。メニューを見ると結構な品揃え。
とりあえず、地元のお酒から飲むのがルールでしょう?と
長岡の地酒「吉乃川」をオーダーするも品切れとよ!ダッフンダ!
出鼻を挫かれながらも、仕方ねぇから、津川の地酒「麒麟山」を選択。
そしたら店員「麒麟山は1合しか・・・」「イイから持って来い!」
んで、その1合の麒麟山をスグ飲み終わって、また店員を呼ぶ餓鬼共。
「ちょいと!なんだったらいっぱいあるの?」「〆張鶴でしたら・・・」
「おぉ!〆張2合、持って来んか~い!」ガッポガッポ飲む我々5人。
みんなで「おいちいね♪」って、2合づつガンガン追加オーダー。
店員「あの・・・、〆張鶴も無くなってしまいました・・・」
そこで、M嬢が「じゃ、影虎で」と酒豪らしい渋いチョイス。
しかし、影虎はS嬢のお気に召さなかったようで、4合程でチェンジ。
ココら辺から、正直、あまり記憶が定かじゃねぇんだけど、
多分ねぇ、六日町の酒「八海山」にシフトしたと思うんだよなぁ。
で、しばらく飲んでて、新潟から来てるY君が帰る時間で、お勘定。
合計でね、2合徳利を15~16本飲んでるんだよねぇ。阿呆どもが。
まぁ、2合とは言え、正味2合は入ってないから、多少割り引いても
2升半ぐれぇは飲んでるハズ。だって、ベロンベロンだったモン。


んで、Y君が新幹線で新潟に帰った後、女性2人がどうしてもと、
カラオケに連れて行かれるTARさん。踊り狂うTARさん。
ナニを歌っても誰も知らなくて、とても淋しい思いをするTARさん。
で、2時間たっぷりカラオケで遊んで、ホテルに帰って解散。
その後、部屋で歯ぁ磨いてる途中で気持ち悪くなって嘔吐。
う~ん。よくよく考えると、ナニも食わずに飲んでました、オレ。
夜中の3時頃から約1時間おきに、目が覚めては吐いて、を繰り返す。
でもね、この時点で月曜が始まったばっかりなのね。
仕事なんて、ナニの先っぽ程もやってないのね。
なんてなカンジで、長ぇ1週間が始まったワケですよ。

AD