2005-06-04 12:02:14

Load to 地域大会?

テーマ:サッカー

日本対バーレーン、バーレーンのホームで行われた試合。

とりあえず1-0で勝利して勝ち点3を手に入れた。

これで再びイランとの差は1になり、W杯へ一歩前進したといっていいだろう。


ただ、試合はこれは本当にA代表の試合なのか?って感じな試合だった。

たしかに湿度や温度の関係上いつもよりスタミナの消費が早いことは確かだけど

あそこまですごいの見せられるとちょっとびっくりだ。


前半に1点を先制して折り返し。


その後半がひどかった。


まず、暑さのため足が動いてなかった。

ボールをもらうために動くことができずに足元へのパスしかしていなかった。

またパスの精度も後半になればなるほど悪くなっていった。


またゴール前での積極性もなかった。
相手のバーレーンも足が動かず、日本に対して激しいプレスを行うことができなかったのに

ゴール前で積極的にシュートを狙うんじゃなくてパスをしているシーンが多く見られた。

決定機には積極的に狙ってほしいねぇ、シュートで終わって欲しいよ。


次、無駄なイエローカード。

日本はバーレーン戦前スタメン11人中7人がすでにイエローをもらっていた。

ご存知の通り累積2枚で次節出場できない。

つまりこの試合は極力イエローをもらわないようにしないといけなかった。

だけど、よりにもよって肝心な人が次節出場できなくなった。

中田だ。


昨日の戦いではなれないボランチの位置でプレイしたにもかかわらず

なかなかいい動きをしていた。

でも今回イエローをもらってしまい、次節は出場停止。これは痛い・・・。


また中村もイエローをもらったとかもらってないとか。

もし中村も出されてたらかなり痛い。

中村も出場停止だからだ。あぁ痛い・・・。


あ、あと三都主ももらってたな、で次節出場停止か。

しかし昨日の三都主はダメダメだったな。まったく精彩がなかった。


遅くなったがゴールを決めたのは小笠原だった。

サイドから入ってきたパスをうまくトラップし、軽いフェイントでディフェンダーをかわし

うまく左端に蹴りこんでゴールした。

このゴールはまさに1トップだから生まれたゴールな気がした。



まぁいろいろ言ってたけどなりより勝ち点3をゲットしたのは大きい。

しかもアウェーでの勝利は次節の北朝鮮戦に大きな自身になっただろう。

選手達にはじっくり休んで次節に臨んで欲しいと思った。

いやいや良かった良かった。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-05-26 15:02:24

YOU'LL NEVER WALK ALONE ~CL FINAL~

テーマ:サッカー

 今日の早朝は今年最も熱い早朝だっただろう。


今日まで何ヶ月という月日を費やし、残ってきたチームは2チーム。

両チームともチームカラーは

イングランドプレミアリーグのリバプール

          VS

イタリアセリエAのACミラン


2004-2005シーズンを締めくくる試合がキックオフされた。


先制したのはミラン。

前半始まって間もない1分。


右サイドのコーナーキックからテクニック19のピルロが逃げるパス。

それに合わせたのはミランが誇る最高のSBマルディーニ。

見事なボレーだった。


開始早々失点をしてしまったリバプールに更なる不幸が襲う。

中盤の要であるキューウェルが足を痛めて早々とピッチを去ってしまう。

前半20分ですでに交代枠を1枚切ってしまった。


そんなことはお構いなしにさらにミランが追加点。

前半39分、クレスポである。

カカのふわりと上げた右サイドへのパスにシェフチェンコが反応。

シェフチェンコのクロスはディフェンダーの裏をかく若干後ろ方向へのグラウンダー。

リバプールディフェンダーは成す術ない。クレスポに合わされこれで2-0。


クレスポのゴールはさらに積み重なる。

前半44分、カカからのスルーに反応、

ダイレクトでリバプールゴールキーパーのデュデクの頭を超えるふわりとしたシュート。



前半終わって3-0。


誰もがミランの勝利を確信しただろうねぇ。


しかし後半、リバプールの知将ベニテスは動いた。

ベテランディフェンダー?ハマンを投入し3-5-2の布陣へ。

中盤を厚くしたのである。


この采配が見事にはまった。


後半9分。

左サイドからのリーセのクロスに見事合わせたのは天才ジェラード。

スタム、ネスタの最高峰CB2人に負けない跳躍でぴたりと合わせる。

これで3-1。


これでまだわからない!!


そう思ったリバプールファンはたくさんいただろう。

実際自分も友達に向かって何回も

「これでまだわからない!!」

といっていた。



サッカーとは野球の様にかんたんに点が入るものではない。

まして3点差、野球なら3ランで同点だ。

しかしサッカーは3回ゴールネットを揺らさなければならないのである。

ほぼ絶望的に感じられるだろう、奇跡という言葉を信じるほかには。


奇跡が起きる。

その2分後中央からのスミチェルの豪快なミドルが

ミランのキーパーヂダの脇を抜けゴール。

3-2。


思わず体がプルプルしてきているのが自分でもわかった。

それだけ興奮してるんだよぉ~ん。


そして奇跡は完結する。

後半15分、ジェラードがペナルティエリア内で倒されPKを得る。

リバプール中が沸いただろう。もしかしたら泣いている人もいたかもしれない。

興奮しすぎて卒倒した人もいたかもしれない。


最後のチャンス、シャビ・アロンソ。

ヂダに止められる。自分も言葉を失った。




もう1度押し込む!!同点。




リバプールでは視聴率は80パーセント以上だろうなぁ。


そして同点のまま試合は延長、そしてPKへ。

延長では確実にミランが押していた。

決定的な場面もあった、しかし守護神デュデクが神がかり的なセーブをした。


長かった試合にようやく終止符が。


ミランキッカー1人目はセルジーニョ。

ここでデュデクの奇妙なダンスが、セルジーニョが大きくはずす。

リバプール1人目ハマン、ゴール。


1-0


ミラン2人目はピルロ。

ここでもデュデクの術中にはまりデュデクファインセーブ。

リバプール2人目シセ?、見事逆を突いて決める。


2-0


ミラン3人目トマソン。

術にかからず落ち着いてゴール。

リバプール3人目スミチェル、延長で足をつりながらも落ち着いて決める。


3-1


ミラン4人目カカ、若いのにあの落ち着きは何だ!!?

余裕で決める。

リバプール4人目リーセ、ここでヂダの読みが冴える、見事にセーブ。


3-2


ミラン5人目シェフチェンコ。

今年のCLで最も悲劇だったかもしれない。

百戦錬磨、バロンドール獲得のこの選手に悪夢が襲う。



外した。





リバプール、CL優勝。



前半で試合は決まっていた、そう思っても過言ではない。

もう何も失うものがなくなった若いチームのひさむきさが

この奇跡を生んだのかもしれない。

下馬評ではミラン有利、それを覆したリバプール。








YOU’LL NEVER WALK ALONE.



あんたらすげぇよ。

戻ってこないかなぁ(爆

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-04-23 23:32:20

スポーツの春

テーマ:サッカー

今日は、大学の友達とサッカーをした。

 

自分はサッカーははっきり言って下手くそだ。

昔からサッカーというものは観戦するものだと自分の中で決め付けていた。

だから子供のときは野球、バスケなど、自分でやるスポーツは

サッカーからは縁の遠いものを選んできた。

 

でも大学に入ってしばしばサッカーをやるようになり

 

 

これは面白いんじゃないか?(*´∀`)

 

と思い始めるようになった。

 

確かに技術はないけど、みんなでひとつのことをやって

楽しむということが、スポーツにとって重要なんじゃないかなぁと感じた。

実際やってて面白いし。

 

 

さて今日は 

マルセイユ・ルーレットもどきやプロサッカー選手がやるような

高等技術を自分なりにやってみた。

 

 

 

やべぇ、これって

 

ロナウジーニョも真っ青じゃねぇ?(* ̄∀ ̄)ニヤリ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下手さがね・・・_│ ̄│○

 

 

 

もう何をやってもグダグダ、ボールがまったく足につかない・・・。

たまにいいプレイをしてもその後絶対へまするし・・・。

 

やっぱり俺は下手くそだ・・・。

 

 

でも、いいんですよ!!

さっき書いたように、スポーツは楽しむものだ!!

いくら下手だろうが楽しめればいいんだ!!

 

だから今日の自分は合格!!

もうはなまるあげちゃう(*゜∀゜)ノ

今日は楽しかったなぁ。ハハハ・・・_│ ̄│○

 

でもひとつ反省点。

 

俺って体力ねぇなぁ・・・。

昔は高校のマラソン大会で全校男子500人中35番とかとってたはずなのに。

やっぱりこまめに運動しないと体力は落ちる一方だね・・・。

 

そしてあらためて体の老いを痛感した一日でもあったとさ・・・。

玉ちゃん 日本人で一番好きな選手の玉田圭司選手

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。