2005-05-29 21:56:10

DEEP IMPACT ~東京優駿~

テーマ:競馬

皐月賞3馬身半、東京優駿5馬身、菊花賞7馬身。


これは3冠馬ナリタブライアンが3冠達成時に2着馬につけた着差である。

数字だけ見てもナリタブライアンの強さというものが伝わってくる。

実際すべてのレースでナリタブライアンはまったく危なげないレースで

見事史上5頭目の3冠馬に輝いたのである。



2002年、1頭の競走馬が生まれた。

決して恵まれた体ではなくセリ市で7000万という値段で落札された

3歳になっても馬体重450kgに満たない競走馬。


しかしその馬の周囲のスタッフたちは口をそろえてこういったという。

「こいつは大物だ。きっと大仕事をやってくれる。」


その馬の名前は「ディープインパクト」


2004年12月のデビューから破竹の4連勝で

一気にクラシック戦線に名乗りを上げる。

3冠の初戦、皐月賞ではスタート直後つまずきながら

結果は2着に2馬身半の差をつける圧勝。


そして今日5月29日、東京に大きな衝撃が襲う。

3枠5番、ディープインパクトが万全の体勢で2冠目を奪取しに府中に君臨する。


レースが近づくにつれ観客のボルテージは一気に上がってくる。

その場にいた自分もなんともいえない緊張を感じた。

去年とはまた違った張り詰めた雰囲気。

誰もがディープの勝利を願っている。

しかし競馬に絶対はない。圧倒的な馬がころっと負けるのも競馬である。



単勝オッズは1.1倍。誰もがディープの勝利を疑っていない。

そしてディープがパドックに姿を現した。

しかしいつものディープとは違い、少々落ち着きを欠いている。

いつもはおとなしくパドックを周回しているのだが

今日は後脚を蹴り上げたり、小走りをするなど落ち着きがない。

やはりダービー、異様な雰囲気が馬にも伝わったのだろう。


「問題ない。」

友人の1人がそういった。確かにそう思った。

そうとしか思えなかった。この馬は断トツだ。



本馬場入場を終え遂にスタートの時が迫る。

観客のボルテージも最高潮だ。自分もすでに声がかれていた_│ ̄│○


15時40分、スターターがゆっくりスタート台に向かう。

観客の歓声が轟く。手拍子もすでにおこっている。


そしてG1のファンファーレ。

「パーパパパーパパパードドドドン!!!・・・」

競馬場全体が手拍子で揺れる。自分の体も揺れている。

もう疲労困憊だった。しかし頑張った。


出走馬が順調にゲートに収まっていく、ディープインパクトもすんなり収まった。

ここで思う・・・


(;´Д`)。oO(頼むから出遅れないでくれ・・・。)


そしてスタート。


ディープインパクトはそこそこのスタートだ、すぐに後方へ。よかった・・・。

先頭集団が熾烈な先行争いをしているのを尻目に

ディープと武豊はどっしりと後方で期をうかがっているかの様だった。


向こう正面でもディープは動かない、そのまま後方に位置している。

瞬間的に行こうとするそぶりを見せるが武豊の制止に素直に応じる。


パドックでの心配はやはり杞憂に終わった。

パドックでは落ち着きを欠いていても、レースではしっかり鞍上との呼吸を合わせている。

まさに一流馬だ。レースを理解しているのである。

パドックで落ち着いていてもレースで騎手との折り合いを欠いてしまっては

まったく意味がない。


レースは進み3コーナー。

ここでもディープインパクトはまだ動かない。

まだじっとしている。1000m通過は59秒9。よどみのないペースになった。

有力馬のダンツキッチョウ、インティライミは先頭集団に位置していた。


そしてレースが動いたのは3.4コーナー中間。ディープがようやく進出し始めた。

徐々にではあるが先頭との差を詰めにかかる。

それにつられるように後方の馬たちが差を詰める、18頭が集団になっていく。


最終コーナー。

鞍上の武豊が仕掛けにかかる。

そのゴーサインに敏感に反応しディープが一気に先頭集団に襲い掛かった。

18頭が一気に1つの集団になった。

そのなかでディープは大外を選択した。


長い長い府中の直線500m。ここからが本当の勝負である。

途中には坂もある、普通は死力を尽くす激戦がここから繰り広げられるのである。


しかしことしは違った、まさに独壇場だった。


まず先頭に立ったのは道中インを走り続けた2番人気インティライミ。

他馬を突き放しにかかる。

他の馬達はまだやってこない。











ただ1頭、大外からやって来る1頭以外は。



主役の登場はまさに一瞬だった。

大外から他馬を一気に抜き去り残ったのはインティライミ1頭になった。

そしてインティライミすらあっという間に抜き去る。


後はひとり旅だ、坂をものともせずぐんぐん伸びる、他馬はついてこれない。

3馬身、4馬身・・・と、どんどんちぎっていく。

やはり圧巻だった、この馬に敵はいなかった。

10万を超える観客の歓声を背にただただゴールに向かって走るだけだった。


2着との差は5馬身差。   タイムは2分23秒3。


皐月賞が2馬身半差、そしてダービーは5馬身差。

ナリタブライアンにも劣らない、いやタイム的にはディープのほうが圧倒的だ。



これで2冠達成。

まさに圧勝だった。レース前のいろんな心配はまったく無駄だった。

この馬は次元が違いすぎる。

ある漫画から引用すると

「この馬の体にはガソリンがながれているんじゃないか?」

この表現がまさに適切なくらいだ。それほど同世代ではずば抜けている。


レース後巻き起こるユタカコール。さらにディープコール。

自分も声が出なくなるんじゃないかってくらいに叫んだ。

「ゆたか~、お前は最高だ~・・・。でぃーぷぅ・・・・。」


表彰式が終わり、祭典が終わった。


払い戻し

単勝5番  110円            3連複5-7-15 2410円

枠連3-4 550円            3連単5-7-15 4250円

馬連5-7 540円

馬単5-7 590円


今年から20歳以上になれば学生でも馬券が買えるわけだ。

法改正万歳(*´∀`)
でどうなったかというと・・・


キタ--------------(゜∀゜)-------------!!!!!!!


1~9Rまでは一回も当たらなかった。

まぁでも競馬は




メイン当てれば何でもいいのですよ(*゜∀゜)



ダービー当てて収支はマイナス2kくらいに収束。

あー良かった良かった。


それにしてもディープインパクト、これでもう3冠は決まりでしょう!!

競馬ファン8割はそう思ってるはず。

夏を越してどうなるかはわからないけどとりあえず菊花賞のNo.1候補は決まり。


秋が楽しみだなっと。


以下は今日の府中競馬場の様子


朝のパドック周辺、人はまばら。それが昼になると・・・

          ↓

こんなになりました(爆



なにやらディープインパクトの等身大像も。


ラウンドガール・・・(*´Д`*)ハァハァ


すごい観客ですね。その中の1人です私は。


このゴール板を駆け抜けたわけです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-05-22 22:27:34

樫の女王は・・・

テーマ:競馬

今日は東京競馬場で3歳牝馬のG1・優駿牝馬(オークス)があった。


今日の東京の天気はどうやら曇り。

けど良馬場で行われた。


1番人気は前走阪神で行われたG1・桜花賞でその後NHKマイルC

勝利したラインクラフトについで2着したシーザリオ


2番人気は同レース4着のエアメサイア。その後はディアデラノビアと続いた。




レースは序盤落ち着いたペースで進んだ。

ペース的にはゆったりとしたペースで後方馬にとっては厳しい状況。

その中、シーザリオは後方でじっとしている。

少し前にエアメサイアディアデラノビアはよーわからん(爆)


3・4コーナーに差し掛かり、後方馬が一気に押し寄せてきて

一団を形成。シーザリオはまだまだ後方。

ここでシーザリオの前がつまり、仕掛けが少し遅れる。


その隙にエアメサイアが一気に進出。

鞍上は天才武豊。オークスを制して次週のダービーに勢いをつけたい。

外から脚を伸ばしてくる。


しかし、さらにその外、大外といって良い。

遂にシーザリオがはじけた。

前を行くエアメサイアディアデラノビアを猛然と追う。


レースは残り100m、牝馬には非常に過酷な2400mのレース

その中でも残り100mはまさに気力の勝負だろう。

エアメサイアが先頭に立つ。

エアデジャブーがあと一歩まで迫って掴めなかった樫の女王のタイトル奪取に

あと一歩・・・。


しかし勝利した馬はさらにその外からやってきた・・・・・・。

シーザリオである。

残り50mでエアメサイアをかわしゴールイン。着差は首。


着差だけを見ると接戦に見えるが、自分の見解では4コーナーでは

自由に競馬ができていなかった。

対して2着のエアメサイアは順調に直線に入った。

直線に入った時点でシーザリオエアメサイアの差はゆうに5,6馬身はあっただろう。

しかも前半はゆったりしたよどみのない展開、後方馬には不利なレースだった。


それでも勝利するということはやっぱり着差以上の強さを感じられた。

牝馬3冠の3つ目・秋華賞もこのままの強さならまず順当だろう。

つえっつえっ



いやいや、良いレースを見れた。


あ、ちなみに3番人気のディアデラノビアも3着でした。

人気どおりの決着、つまんね~~~~~~~。



さぁさぁ次週は牡馬3冠のセカンドステージ・東京優駿(日本ダービー)

府中まで行くかどうか迷ってたけどどうやら予定も空いたので行くことに決定。

た~のし~みだ~。


~今日の失敗~

特になし、平凡な1日だった。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-17 14:58:11

中山に衝撃が走る

テーマ:競馬

周りの友達がみんなブログを始めたこともあり、自分もお気楽にはじめようと思う。

まず簡単な自己紹介をすると、学生なのにとにかく遊び大好き。学業:遊び=3:7くらいだろう。

これはかなりやばいけど、まぁ楽しいからいいや(マテ

 

今はまっていることはゲームセンターで稼動中の「三国志大戦」だろう。

このゲーム、とにかく面白い。全国のツワモノ達と戦うわけなのだが、勝利したときの快感は

ほかに例を見ない。コレハオススメです。

 

さて、タイトルの真意ですが、本日中山競馬場でGⅠ「皐月賞」が開催されました。

今年はとにかくやばい馬が1頭いるわけで、その馬は「ディープインパクト」という。

過去の三冠馬にも劣らないオーラが出ている・・・気がする。

←ディープインパクト

 

で、結果は・・・

( ゜Д゜)・・・・

半端ねぇ、この馬やっぱ半端ねぇ・・・・。

軽く出遅れて残り50Mでは豊なんて追ってすらないし・・・それで2馬身半ですか・・・

これはほんとに三冠が現実に・・・?

 

 久々にカラダが震えた・・・心地よいなぁ・・・(´∀`*)

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。