モンハウスのボードゲーム日記

ボードゲーム好きの集まるシェアハウス「モンハウス」の公式ブログです。
日夜ハウス内で繰り広げられるボードゲームのレビューをあげていきたいと思います。
ホームページにも遊びに来てください。
http://monhouse.info/

7月16日(日)モンハウス、まったりボードゲーム会、開催決定!参加者募集!!

ゲーム好きの集まるシェアハウス【モンハウス】でボードゲーム会を開催します。


【モンハウスホームページ】
http://monhouse.info/

【主催者のボドゲブログ】
http://ameblo.jp/monhouse-kameido/

遊ぶゲームは、集まった人数次第。
軽量級から中量級がメインになると思います。

お酒やコーヒーを飲みながら、のんびり気楽にゲームをやりたい人、大歓迎です!
 
時間は、朝10時から、夕方18時くらいまでを考えております。
もちろん途中参加、途中抜け、全然OKです。
 
参加費は¥0です。その分、コンビニでお菓子と飲み物、おつまみやお酒を適当に\300分くらい買ってきてもらえたら、嬉しいです。
なお、コーヒーと日本酒は、私が準備させて頂きます。

 
ボードゲームは200タイトル以上あります。
ゲームタイトルの確認はこちら
http://monhouse.info/boardgames.html
もちろんゲーム持ち込み大歓迎です。
 
お酒があるので、未成年は参加不可です。
また、宗教勧誘、政治活動、商業的勧誘は一切お断りします。
(但し、ボードゲーム会などに誘うのはOKにしています。)
 
一緒にみんなで楽しく休日を過ごしましょう^^v
NEW !
テーマ:

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

初参加の葛西ボドゲ会!

 

時間に集まったのは7人!ということで、ゲームはこれ!

 

いえ~い!セブンワンダーだ!!

名作ですね。インストが難しいのが難点だけれども、7人プレーでこれだけの戦略ゲームが30分で終わるのは凄い!

 

それにしても7人いて、セブンワンダー初プレイの人が一人もいないとは・・・皆さん、ベテラン揃いですね^^;

 

ワンダーはカードを引いて、ランダムで決めました。

このゲーム、ワンダーのプレートカードが、でかくて美しくて良い(*^-^*)

 

私はギザのピラミッド。捻りが無く、純粋に点数が取れる。石がいっぱい必要になるな。

 

ベテラン多そうだから科学は被りそうだし、戦争は美味しくないから、純粋に青の勝利点建造物と黄色の商業建造物で攻めてみる事にします。(´・ω・`)

資源少な目だから、両隣から材料が買えるか、無料建造物がまわってくるかが勝負^^;

 

 

最終的には↓こんな感じになりました。

最後、両隣に戦争で勝てた!赤2枚で11点はラッキー!!

 

石を数え間違えて、ワンダーの7点を逃したけれど(´;ω;`)

 

↓58点でギリギリの勝利!(;^_^A

 

科学ポイントで点数稼がれていて、危なかった。

科学ギルドを埋めれたのが隠れた勝因だったかも?

 

セブンワンダー、久しぶりに遊べて楽しかったよ!!ヾ(*´∀`*)ノ

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

 

久しぶりに妻の許可を頂きまして、ボドゲ会に参加してきました。

 

遊んだゲームは

 

【セブンワンダー】

 

【アンロック】

 

【ニューロストレガシー】

 

【The Pursuit of Happiness】

 

【黄金体験(ゴールドエクスペリエンス)】

 

めっちゃ楽しかったですヾ(≧▽≦)ノ

 

それぞれのゲームのレビューは後日!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツゲーム大賞ノミネート作品【マジックメイズ】

 

予想以上に面白かったです。

ドタバタ協力ゲーム!これは欲しい!!

と思ったけど、どこ探してももう売り切れorz

 

まあ、ノミネートされているくらいなので、また売り出すだろう^^;

 

このゲームの目的はデパートから4人の冒険者が、それぞれの武器を盗んで脱出する事です。

 

砂時計を使う、リアルタイム脱出ゲームです。

 

 

プレイヤー一人一人がコントローラーを持ちます。

コントローラーは、それぞれ、進める方向、ワープを使用する、エスカレーターを昇降する等、できることが分担されています。

 

↑の写真の左上に見える青いカードがそれですね。

 

これをそれぞれが持ち、マップ上の4つのキャラクターを動かして、マップを探索し、それぞれのアイテムを見つけ出すのが第一フェイズ。

 

アイテムをゲットしたら、全員を脱出させるのが第二フェイズです。

 

な~んだ、簡単じゃん!と思ったそこのあなた(# ゚Д゚)

 

このゲーム、しゃべっちゃダメ!なんです!

相談なしなので、誰かが自分の役割を見逃していると、駒がすすみません。

また、駒が4つあるため、どうしても見落としが出てきます。

 

それにウカウカしていると、砂時計がジャンジャン減っていきます。

 

意外にギリギリ!!心臓バクバクしてきます(;'∀')

 

 

これ、店長さんとパオさんと僕、3人プレイだったのですが、なんと8人までできるゲームだとか!

 

やばい8人プレーやってみたい!!!((((oノ´3`)ノ

 

 

でも売り切れorz すぐ買うんだった(´;ω;`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、紹介してもらったゲームの中で、一番ヒットしたゲームがこれ!

 

 

これは衝撃でした!

狩歌並に、発想に感嘆させられました!!

 

箱の中には、アイスの棒みたいな道路と、小さな車、円柱の橋げた、それとピンセット。

 

これだけなのですが、すごい!

 

どういうゲームかと言うと、対戦で道路を作っていくゲームです。

1段づつ、高くしたり低くしたりしながら、道路を繋ぎ、相手の道路の上下を上手にクロスする事ができたら、車を置いて点数をもらえます。

この際、崩してしまうと、自分の橋げたを相手に渡さなければなりません。

 

橋げたが無くなったら負けです!

 

細かなルールがもっとあるのですが、割愛させて頂きます。

 

 

戦略性、精密動作が問われるこのゲームですが、何が良いって!

 

組まれていくハイウェイがとにかく美しい!!

 

 

これは絶対欲しいと思ってネット検索したが、見つからずorz

 

次のゲムマに期待かなぁ^^;

 

 

ところで・・・・

 

このゲーム、絶対アイスの棒で遊んでいて思いついたに違いない^^;

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

これは好き!!(*^-^*)

 

実際には見たことないはずなのに、前に見たことがある気がする、そんな既視感(デジャヴ)を味わうゲームです。

 

まず、机の真ん中に山札を作ります。この際、山札から数枚を取り除いておきます。

 

その周りに、様々な物の絵の描かれたチップを適当に並べます。

 

↑準備完了!ゲームスタート!!( ゚Д゚)

 

山札を1まいずつめくっていきます。

 

カードには、周囲にあるチップの絵が描かれています。

全てのチップの絵が山札の中に必ず2つずつ入っています。

 

同じ絵が2回出たら、その絵のチップを取ります。

但し、自分のとった絵が後から出たら、自分の獲ったチップを全て場に返さなければなりません。

それと、最後に、取り除いていたカードをチェックして、そこに描いてある絵のチップを獲っていたら、同様に自分のチップを全部戻す事になり、どちらの場合も0点になります。

 

なので、「確実にこれは出ていた!」と確信が持てる物しか取らない方が賢明です。

パッ、パッとめくられていくカードを全部、記憶するのは無理!

そして、時計とコンパス、や、オノとトンカチ、ギターとバイオリン等、うっかり間違えそうな絶妙に紛らわしい物も含まれています。

とはいえ、2回目に出たものは、誰よりも早く取らなければ点数をゲットできません。

 

これさっき出たような(´ε`;)

ってなります。

 

あー、出てないのに間違えて取ったー!!Σ(゚д゚lll)ガーン

ってなります。

 

 

獲ったチップの数がそのラウンドの点数になります。

これを数ラウンド遊んで、多く点数を集めた人が勝ち!となります。

 

こういうゲーム、実に好きです!

これは、大人でも、こども達とあそんでも楽しめるゲームですね。

 

1個買っておこうかな^^;欲しいゲームが多すぎる・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ドイツゲーム大賞ノミネート作品2017【キングドミノ】

 

 

・・・( ;∀;)めっちゃピンボケとるやん。

 

5×5のマスを埋めて、その配置による点数を競うゲームです。

 

最初は1×1マスのワイルドプレートから始まります。

↑の写真のように1×2のプレートがランダムで出され、裏に書いてある数字の多い順に並べられます。

数字の大きいタイルは点数のついている建造物がある事が多いです。

 

そして、順番にミープルを置き、欲しいタイルをゲットします。

そのタイルを自分の陣地に、同じ地形の絵がつながるように配置します。

 

その次の番は、数字の少ないタイルに置かれているミープルからスタートし、好きなタイルを取る事ができます。

 

これを繰り返し、5×5のマスを作ります(配置的に置くことができず、空白になるコマも出てきます)。

 

最後に点数計算。

地形ごとに、「建造物についている王冠の数の合計×繋がっている地形タイルの数」が点数になります。

 

↑の写真だと、

 

「森」は4つ王冠があり、8マス繋がっているので、32点。

「草原」は王冠1、タイルが7マスなので、7点。

「砂漠」は王冠1、繋がっているタイルが4マスなので、4点。

んで、合計43点となります。

 

このゲーム、何が良いって・・・

「インスト」が楽!

 

インストが苦手な僕には、とても重要なポイントです!

 

点数計算もそれ程、難しくないのも良いところですね。

このゲーム、間違いなくこども受けも良いだろうなー。

 

割と好きです、こういうゲーム。ドイツゲームっぽい^^

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

DREI MAGIER!

↑このメーカー大好き!いつも楽しんでいます。

いかさまゴキブリと魔法のラビリンスが大好き!!

 

このメーカーがエッセンに出したという【DO DE RI DO】

 

お互いに山札を持ち、三カ所の場に順番にカードを出していきます。

 

カードには、5種類の生き物(シマウマ・フラミンゴ・らくだ・ペンギン・カメ)が5色で描かれている他、ワニのカードがあります。

 

同じ色か、同じ動物が出たら、それを宣言します。

カメは特殊で、カメが出ている場合は、お~を付けて、「お~〇〇」と宣言しなければなりません。

ワニも特殊カードで、ワニが出たらすぐに自分の山札に手を当ててガードします。

 

そして、

↓の写真のように、色と動物、両方を宣言しなくてはいけなくなった場合は、「DO DE RI DO!」と宣言します。

 

宣言できなかったり、宣言を間違えたり、ワニが出たのにガードできなかったりした場合、場札を全て引き取らなければなりません。

先に自分の山札を無くした人が勝ちとなります。

 

 

大人から子どもまで、一緒に楽しめそう!

【えげつな7】が皆、慣れて来て間違えなくなり、面白く無くなってきたので、こっちを導入しても良いかもな~ヾ(*´∀`*)ノ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お互いに5つの数字を隠して、その数字を当て合う【TAGIRON】というゲームを遊びました。

数字は0~9まで赤青1枚ずつ、全部で20枚あります。

最初に5枚ずつ配られ、相手から見えないように左から小さい順に並べます。

同じ数字の場合は、赤を左、青を右に並べます。

 

1枚ずつしか無いので、自分の持っている数字を相手が持っている事はありません。

 

そこから順番に、相手への質問カードを取って質問していく事で、相手の持っている数字を推理していきます。

 

例えば0はどこ?

とか

青の数の合計数は?

とか。

質問には必ず正しい答えをしなければなりません。

先に相手の5つの数字カードの色と数字を全部当てた方が、勝ちとなります。

 

これ、かなり頭を使いますね~(´・ω・`)

メモ必須です。

 

どの質問カードを取るかが戦略のカギとなっており、相手のカードを特定する手がかりにするだけでなく、自分の数字を特定される質問カードを先にはけておく事も重要になります。

 

リケジョのカミさんと遊ぶのに良いかもだけど・・・

(´-`).。oOたぶんポコポコに負かされるに違いない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

噂に聞いていた【ルールの達人】

 

良くできたゲームなのですが、それ以上に感動したのが、デザインセンス!!

 

↓ルールカード

うん、インスパイア・・・( ゚д゚)

 

・・・インスパイアって大事よね>o<b

 

絶妙すぎて、これを人に見せたいだけに買ってしまいそう( *´艸`)

 

 

いや、普通にゲームとして面白いんですよ、もちろん!

数字カードとルールカードを使ってあれやこれやして、自分の取った数字カードでルールを成立させたらポイント(右側の人が成立させたらポイントになる、「サポートライト」なんてルールもありますが)になります。

 

 

↑さあ、君は元ネタがいくつわかるかな?(^^♪

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

あ、スイッチ!

 

スイッチを見ると、つい、押したくなるなぁ|д゚)

 

Q,あやしいスイッチが置いてあると、つい押してしまう。

 

A.はい!押します!!(ポチ!どか~ん)

 

B.いいえ、危ないかもしれないじゃないですか。

 

どっちが正解かは、全員の話を聞いてみるまでわかりません。

という事で、押すか、押さないか、いっせいのせ!でカードを出して決めます。

このゲームでは、多数派になれたら、勝ちとなります!!

 

ザ!パーティゲーム!!

多人数でできる、この手のゲームは、初参加の人がいるときとか、アイスブレーキングに欠かせない存在です。

 

高くないし、ポチっちゃおうかな^^

 

ポチッ!どか~ん!!Σ(゚д゚lll)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。