新モンゴルまるかじり☆旅と暮らしの生情報☆

モンゴル語マルチ通訳・コーディネーター兼業遊牧民モンゴルだるまです。
自然と人間の共存共栄を模索するエコツアー仕掛け人のブログです。
遊牧民修行で得た人生教訓+生きる感性+活力を皆さんとシェアしたい!

NEW !
テーマ:
モンゴルだるま@よろずモンゴルコーディネーター兼業遊牧民です。
「草原の我が家」の施設についてご紹介します。

試行錯誤しつつも、自分の家畜やゲルを活用してのエコツーリズム普及活動も無事7周年を迎え、エコツアー用の草原宿泊施設、体制が整ってきました。

場所は、ウランバートル市のナライハ区とトゥブ県のエルデネソムのあたりをうろちょろしています。
行政の境界があいまいなので、この二つの行政地区に属する遊牧民さんが混在しています。

「草原の我が家」所有の家畜は、トゥブ県エルデネソムの第1バグで登録され、地元の獣医さんにお世話になってますが、スタッフの大半はウランバートル市ナライハ区のゴルドック集落の住民です。

民宿ゲルとホームステイのハイブリット型宿泊施設とでもいいましょうか。

☆生活感が満載の「ほんとに生活しているゲル」

☆清潔さを意識した寝具(シーツや布団カバー・枕カバーは毎回消毒洗濯)布団は1グループごとに日干し/虫干しを徹底)

☆野菜多めで栄養バランスを考えた食生活
(これは肉食遊牧民のバランス食生活導入の試みでもあります)

☆遊牧民の生活リズムを体感できるゲルレイアウト(お昼寝してると放牧中の馬に取り囲まれる/満点の星空をぐるり360°パノラマで満喫できる)

作り物的な演出はせず、現代モンゴルの遊牧の実態をそのまま披露する、ホンモノであり続けたいというのが私のこだわりです。

100年後にモンゴル遊牧文化を継承するためにエコツーリズム普及につとめて、モンゴル遊牧文化がエコツ―リズムの「宝物」となりうることと、きちんとエコツアーオペレーター兼業遊牧生活がビジネスとして成り立つ、というビジネスモデルを構築しよう、とシステム化を図っています。

遊牧生活をメインテーマとした滞在型エコツアープログラムも無事7年間催行し、協力してくれる仲間も増えてきました。

モンゴル人スタッフもメンツが入れ替わり立ち代わりしつつも、
なんだかんだといいつつ、自分の家畜・馬を活用してのエコツアープログラム開始当初からの基軸スタッフは勤続7年となり、ようやく「エコツアーってなんだろ?」「お客様を受け入れるってどういうことだろ?」というのを理解してくれるようになってきました。

2016年の夏シーズンからは旅行業の研修や旅行マネジメントで学士号をとった「プロ」経験のあるスタッフが加わり、皆でエコツアープログラムを通年実施しようね、というベクトルが定まってきたのは喜ばしいことです。

私もそれほどエコツアー普及についてはじっくり地道な活動の継続で、地元の人たちに共感をもって仲間を増やしていこう、いう方針で、あまり戦略的にはがんばってなかったのですが、ようやく「エコツアーは自分たちの仕事/生活の一部」というマインドが共有できるようになりました。

せっかく、皆がやる気になってくれはじめたので、できるだけ多く、モンゴル遊牧文化/大自然を愛し、リスペクトしつつ、馬とか草原とかを満喫したい、というお客様を継続的に受け入れる体制を作ることにしました。

ボーズづくり体験

 モンゴル人とモンゴル家庭料理づくりをするプログラム

「草原の我が家」というのは、モンゴルだるまとゆかいな仲間たちが家畜の世話をしながら暮らすゲル集落のことです。
うちでは、羊・山羊・牛・馬を飼っているのですが、私一人で全部の家畜の世話ができるわけもないので、地元のプロ遊牧民さんたちと契約を結び、スタッフとして遊牧してもらっています。

羊・山羊を担当する係、牛(主に搾乳や乳製品作りなど)担当、馬担当と3グループに分かれていて、それぞれが家族で住んでいたり、あるいはゲルがないから、私が提供したりしています。

それ以外に私の生活拠点となるゲルがあり、お客様の宿泊や休憩用のゲルが2-3軒、馬具や牧畜作業に関する道具などを収納するためのお納戸ゲルがあります。

2016年から、草原湯あみどころプロジェクトが始まり、太陽光熱を利用する温水器を設置しました。(2017年から運用開始)

1年に4回+αの引っ越ししているので、「草原の我が家」がどこにあるのか?が説明しづらいところ、でした。
が、そろそろ安住の地がほしいなぁと8月末から9月現在、牛の越冬と羊ヤギの出産用の家畜小屋を建設し、基本的には、現在地が通年の宿泊施設ということにしようとしています。
2016年夏に、お客様用ゲルやレストランゲルを水平にするための基礎工事をし、西洋便座式としゃがみ式のコンポストトイレ小屋が完成しました。
冬季は規模縮小のため、収納用コンテナも購入しました。
このコンテナ獲得により、厳寒期の家畜飼料や発動機、冬は使わないゲルパーツ、馬具などが保存環境よく保管できるようになったのは、大きな進歩です。

基本的に、モビコム・ユニテル・Gモバイル・スカイテルとったモンゴルでメインとなっている携帯電話と3Gデータ通信によるインターネット接続の圏内であることを目指しています。

今年はGmobileのインターネットモデムを導入したので、
回線速度が恐ろしく遅くて、写真データとか動画データのアップロード・ダウンロードは難しいけれど、フェイスブックやブラウザメール、ブログくらいはできるという環境。

Wifi機能がついているスマホやタブレット、ノートブックPCなどであれば、お互いに負荷を気にしつつ使用することは可能。

SIMフリーのスマホ・タブレット端末であれば、プリペイド式のSIMカードとデータ通信用ユニットをご購入いただければ、お客様の自由にネットが使えるようになります。

電源は太陽光電パネルを使った再生可能エネルギー100%で、12V直流の電灯・冷凍庫/冷蔵庫・形態電話の充電・テレビ(D-Dishという遊牧民にとってはメジャーな60局あまりが見られる衛星パラボラテレビ)をバッテリーで賄っています。220Vに昇圧する変圧器が内蔵されてるシステムなので、デジカメやパソコンなどの充電も可能。
他に、去年、「NHK 世界遺産シリーズ100」のモンゴルロケでご一緒させていただいた撮影スタッフからプレゼントしていただいた太陽光パネルで単三乾電池の充電ができるので、日照時間が長い夏は、多分、ウランバートルよりも電気に恵まれています。


作業用と、確実な電気供給環境のバックアップとして、220V/3000wの発電機も導入しました。
これで冬の充電も安心です。



周辺地盤がしっかりしているので、馬での疾走中に「タルバガンの穴」や砂漠化による地面崩壊での踏み抜き転倒事故の恐れがないので、初心者の方でも、乗馬レッスンを受けていただければ、安心して、駆け足を満喫することができる、という点が気に入っています。

放牧乗馬体験

初心者から上級者まで楽しめる家畜の群を追う放牧体験乗馬プログラム

2017年は、宿泊のお客様の定員は最大16名様くらいにしようと思っています。


ベッドは引っ越しが大変なので、折り畳み式。でも結構便利で、私は普段からこの折り畳みベッドで寝ています。


からりとした内陸性の乾燥気候なので、汗をかいてもべたついたりしないから、お風呂に入らないと辛くて我慢できない、ということはないけれど、もともとお風呂が大好きなので、人手が多かったら、お風呂ゲルも作りたいなと考えています。(これは資金的なこともあるので「予定」という段階)


こんな感じの「草原の我が家」です。

オフシーズン(10月ー1月)は
☆日帰り乗馬
☆1泊2日乗馬
☆遊牧体験
☆ただひたすらのんびりデトックス
☆草原瞑想会
☆星空観賞お泊り会
☆厳寒体験・実験
などをエコツアープログラムとして開催します。

我が家の馬っこたち


ほんと、なんにもないのが「取り柄」みたいに
ひたすら素敵な放牧用の草原が広がっている場所です。

ここで朝陽を浴びながら牛の乳搾りをしたり、
夕暮れ時の変わりゆく空の色を満喫したり、
星空を大の字に寝ころんで眺めたり、
月光を浴びながら瞑想したりしながら
心を空っぽにリセットするのが私の生活の一部となっています。

都会生活に疲れちゃったなーという方や
ふらりと「あんまりスケジュールを決めずに草原の風を自由に感じたいんだよね」という方を
歓迎します。

P.S. きちんとした宿泊施設に泊りたいよ!という方は、ツーリストキャンプを手配させていただくことも可能です。


ちょっと興味が出てきたよ、という方は、下記、お問い合わせ/お申込みフォームからご連絡ください。(アメブロメッセージ機能は連絡手段としては使えないことが多いので必要事項をご記入いただければ確実に届き対応しやすいお問い合わせ・お申込みフォームをご利用くださいませ)
2017年のモンゴル旅行のお申込み・企画相談受付中です。

■お問い合わせ/お仕事のご依頼はコチラ■


お客様の個人情報はお仕事のご依頼受付・対応のために使わせていただき、外部・第三者に漏らすことはありません。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民です。
先週で夏のツアーシーズンがひと段落しました。
おかげさまで今年もブログ経由でとっても素敵なお客様にお申込みいただき、気づきと笑顔いっぱいの旅で夏を過ごすことができました。

今年の特徴というか、たぶん、私にとってもテーマだったんだろうなと思ったこと。
「家族」・「大切な友達」・「共通の楽しみ」

人と人とのつながりの中でも、特に濃い関係を持ってる方々のグループでのツアーが多かったです。

2015年は「馬と仲良く、つながる旅」を意識していて、大好きな馬たちといかに、馬に無理をさせず、楽しく、かつ乗り手が自分軸をもって自分のやりたいことを実現する達成感を共有したいって思っていました。

親子連れのお客様や熟年のお客様の場合、ガンガン馬に乗り続ける、遠くまで行く、何かすごいものを見ていただく、ということよりも、「仲良しの大切な人たちがのんびりと素晴らしい時間と自然を満喫していただく」ということを意識していました。

乗馬プログラムといいつつも、馬に乗る時間よりものんびりする時間を増やしてました。

のんびりするって意外と日本で日常生活を送っていると、作りづらいんですね。

のんびりするって「何にもしない」っていうことだけではなく、

のびのび自分を解放し、「今、ここにいる自分」を味わっていただくことだって思うんです。

だから、いつでもどこでも誰と一緒にいても、「自分らしく、そこにいる自分を味わう」ことはできるはずなんだけど、日常生活と切り離された「いつもと違う特別な時間と場所」に身を置くことでより、満喫できる。

「草原の我が家」のある場所は、見渡す限りの草原・・・だけど、適当な距離にポツンポツンと「お隣さん」のゲルが点在し、羊やヤギや牛が放牧されています。
なだらかな山が連なり、遠くに砂丘が見えます。



半径1km以内には、自分たち以外には人が生活していないし、自分たちの暮らしに必要なゲルとトイレと家畜囲いと馬つなぎ、そしてちょろちょろ流れる小川しかありません。

そういうところで、のーんびりと寝転がるだけでも、自分の体も心ものびのびできるのが実感できます。

 

草原の我が家 お客様生活空間です

 


あれもこれも、と詰め込みすぎの滞在計画にはしないから、戸惑う方もいらっしゃいます。
お客様:「滞在中は何をするんですか?」


私:「ご予算の範囲内で、お客様が何をなさりたいか、をアレンジさせていただくので、お申し付けくださいませ♡」


お客様「馬に乗らなくてもいいんです。眺めているだけでもいいんです。」

私:「とても素敵な過ごし方だと思います。スケジュールが空いているところをお知らせしますね」

素敵なアイディアだと思うのですが、
「ご自由に、と言われても、何も企画されていないのは困ります」というお答えが返ってきたり、結局、「思いつかないので、何か決まったツアーを教えてください」というお話になることも。

あー、のんびりするのが苦手で、自分の好きなような暮らしをイメージするのが難しい方もいらっしゃるんだな。

自分らしくいられる時間を自分で作るってすごく贅沢なことです。
1日、24時間、ほんとに自分のやりたいこと、やりたいと思ったことだけをやって、
自分らしさってなんだろうって自分の内面と向き合って、
自分が「今、ここに生きている」ことを感じる。

のんびり自分時間をお楽しみいただけるように、今年の「草原の我が家」は、お客さまゲルに、小さな図書コーナーを作っていました。
本棚を作ったり、買ったり、搬入したりする余裕がなかったので、小さな収納棚の中にちんまりと、馬やモンゴルのことを深く知り、より好きになっていただけるような本を忍ばせていました。

お客さまが寄付してくださった水性色鉛筆やカラーペンなどもちんまり。

小さな星座早見表やリーディング用・占い用のカードとかも。

ただ、ゲルのベッドに寝転がって、お昼寝しても気持ちがよいし、
すぐ裏にあるシャンダス山をゆっくり登って、大地に寝転がって空に吸い込まれる感覚を味わったり・・・

「決められていない時間」を自分でどう過ごすかを自分の感性で決める。

そんな時間が作れる旅を草原でお客様と一緒に作っていきたいなぁ。

 

いきなり、そんなことを言われても・・・という「のんびり」や「自由な旅をツアー会社に相談する」のが苦手な方もいらっしゃるということが、今年のやりとりの中で気づいたので、シーズンオフの間に、モンゴルで私たちがどんなふうにお客様の旅を企画していくのか、旅づくりのポイントなども記事にしていきますね。

 



ゲルでのんびりお昼寝してると珍客(うちの放牧中の馬っこ)訪問もあります

 

 

 

2017年のツアーについては、まだ料金のお見積りができる状況ではありませんが、「スケジュールだけでも押さえさせてください」というご相談は結構いただいていて、今のところ、2017年6-9月末までのスケジュールは6割ぐらいのご予約をいただいております。


スケジュールが埋まりました、といっても本決まりではないし、「あいのり可」で人数的にもキャパ十分なものもありますので、皆さまの旅の準備のお手伝いとともに、ブログでもご紹介させていただきますので、ご興味のあることやご相談ごとなどあれば、下記、お問合せフォームからご連絡いただければと思います。ご質問・ご相談については、プライバシー保護の点は考慮しつつ、ブログ記事として回答させていただきますのでご了承くださいませ。

無料での回答をご希望の場合は、ブログ記事にてご紹介させていただき、読者の皆様とシェアさせていただきます。
きちんとしたリサーチが必要な回答については、有料にて対応させていただいております。
まずはご相談ください。



■お問い合わせ/お仕事のご依頼はコチラ■

通訳・翻訳・ビジネス支援コンサル・モンゴル関連情報リサーチ業務のご依頼・お問い合わせフォーム

エコツアープログラムお申込み/お問い合わせフォーム
 



【個人情報の取扱いについて】

いただいたお客様の個人情報の保護は、最大限の注意を持って管理をいたします。当サービス運営上に必要なご連絡・ご案内の際に利用いたします。

個人情報は、官公庁等の公的機関から法律に定める権限に基づき開示を求められた場合以外は、事前の同意なく第三者への開示はいたしません。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民です。
家畜を飼って草原でゲルで暮らす生活が1年の半分あまりになってる昨今、そういえば、「地球の歩き方」って全然新しいのを買ったことないし、読んだことないなぁと思ってました。

先日、今シーズン最後のお客様とお話をしていた際に、「今までは図書館で借りてたけれど、今回の滞在は長期だから、自分で買ったの。もういらないから置いていきます」というお話になって2015-16年版の「地球の歩き方」をいただけることになりました。

ぱらぱらめくりながら、相変わらず、行く先とかホテル・ツーリストキャンプ情報の偏りとか、観光スポットの紹介が自由旅行・個人旅行のバックパッカーにとっては使いづらい情報満載だなぁ、、、なんて思ってたら、なんと!驚きのページが!!

モンゴル情報サイトの紹介ページで、何年もの間、トップページで弊社を名指しで誹謗中傷していたリンク集サイトが姿を消し、かわり、というわけではないけれど、この「新モンゴルまるかじり」のブログが現地情報満載サイトとして紹介されているではありませんか!!まぁ、驚いた。

驚きとともに、なんとなく、嬉しくもありました。

誠心誠意と赤裸々現地発のつぶやきを楽しんでくださる読者様がいてくださるおかげだなぁ、と感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

「地球の歩き方」は日本語で発行されている紙媒体唯一のモンゴル国旅行ガイドブックですから、活用できるかどうかは別として、やはりモンゴルにお越しになる方は、一度は手に取る本でしょう。

その本で、数行とはいえ、お役立ち情報のブログとして紹介していただけているっていうのは、ほんと、感慨深かったです。

紙面の関係上、簡潔かつ必要な情報を調べて確認してまとめる、という細かい作業が旅行ガイド記事にはつきものです。

勢いと自分流で表現できるブログと違って、ガイド記事には「定型」というか「フォーマット」があります。当然、情報の取捨選択の幅も狭まるし、取材予算があまりない、読者投稿型の情報だと偏りがでても仕方ない。


モンゴルは変化が激しく、特に飲食店やツーリストキャンプなどはサービス内容も料金も1年ごとどころか2-3か月でコロコロ変わります。1シーズンやってみてうまくいかなければ閉店してしまったり、業態を変えていたりします。

こういう条件の国で2年ごとの更新というガイドブックで情報提供をするというのは、とても大変なことですね。
どんどん情報が更新されるウェブサイトやスマホのアプリが今後は紙媒体のガイドブックの役割を果たしていくのかもしれません。

「地球の歩き方」というガイドブックは、旅好きな人たちによって支えられ、作られている企画本です。
歴史背景そのほか動植物の紹介、食べ物紹介、コラム、持ち物リストなどは、20年以上前に作られたとは思えないくらいのクオリティが高いです。

直行便以外にも1日で日本からたどり着くことができる飛行機の便がよくなってきていることもあり、留学や長期滞在、長期旅行、国際結婚、起業・就労など、モンゴルと日本の相互の交流が多岐にわたり、人の行き来もディープに数的にも増大してきている・・・そういうことも鑑み、現地発で人の役に立ちそうな情報を意識しながら提供していくこともモンゴル学を専門として学び、取材のプロとして現地で暮らす自分のお役目なのだなと思った次第。


草原生活が中心になると、なかなかウランバートルの外食産業情報とかにうとくなっちゃうのですが、月に何度かの贅沢なお楽しみでもあるから、お金の浪費だけでなく、皆さまとシェアできる情報として昇華させていくのもブログの役割だなって思いました。

というわけで、来年発行の「地球の歩き方」にもブログが紹介されるかどうかはともかくとして、今後とも、ご愛読よろしくお願いします。


2017年のツアーについては、まだ料金のお見積りができる状況ではありませんが、「スケジュールだけでも押さえさせてください」というご相談は結構いただいていて、今のところ、来年6-9月末までのスケジュールは6割ぐらいが予約で埋まりました。
埋まりました、といっても本決まりではないし、「あいのり可」で人数的にもキャパ十分なものもありますので、皆さまの旅の準備のお手伝いとともに、ブログでもご紹介させていただきますので、ご興味のあることやご相談ごとなどあれば、お問合せフォームからご連絡いただければと思います。ご質問・ご相談については、プライバシー保護の点は考慮しつつ、ブログ記事として回答させていただきますのでご了承くださいませ。

無料での回答をご希望の場合は、ブログ記事にてご紹介させていただき、読者の皆様とシェアさせていただきます。
きちんとしたリサーチが必要な回答については、有料にて対応させていただいております。
まずはご相談ください。

■お問い合わせ/お仕事のご依頼はコチラ■

個人情報の取扱いについて いただいたお客様の個人情報の保護は、最大限の注意を持って管理をいたします。当サービス運営上に必要なご連絡・ご案内の際に利用いたします。 個人情報は、官公庁等の公的機関から法律に定める権限に基づき開示を求められた場合以外は、事前の同意なく第三者への開示はいたしません。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。