新モンゴルまるかじり☆旅と暮らしの生情報☆

モンゴル語マルチ通訳・コーディネーター兼業遊牧民モンゴルだるまです。
自然と人間の共存共栄を模索するエコツアー仕掛け人のブログです。
遊牧民修行で得た人生教訓+生きる感性+活力を皆さんとシェアしたい!

モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民です。
今日は10月2日。モンゴル国にとっては、忘れてはいけない日のひとつです。
「90年代民主化のリーダー S.ゾリグの命日」


10.2 ゾリグ像前



ゾリグとはどんな人物だったのか?
モンゴル人民共和国の民主化を語るときに欠かせない、でも、ごく普通の控え目なモンゴル人の経済学者だった人です。

1989年、中国の天安門事件やベルリンの壁崩壊、ソ連のペレストロイカなど、共産主義国家の若者たちが立ち上がり、始まった民主化のうねりはモンゴルにも大きな変化をもたらしました。

まだネットも携帯電話もなく、もちろんSNSもなく、固定電話さえ引くのが大変で電話局まで申し込みにいかねばいけなかったその時代。

どこからどうやって始まったのか・・・モンゴルの若者たちの間に「自由と民主主義」を求める強いうねりが生まれました。

その時、いつの間にやらリーダー格になっていったのがS.ゾリグ。
当時27歳、モンゴル国立大学の経済学部で教鞭をとっていた、温和な性格の経済学者でした。

ゾリグ氏をリーダーとして勝ち取った民主化への経緯は「ホテル ウランバートル」というジャーナリスト・工藤美代子の著書でノンフィクション作品になっています。
ホテル・ウランバートル/宇佐美 博幸

¥1,888
Amazon.co.jp


民主化したモンゴル国でその後、国会議員として民主連合の主要議員メンバーとなりました。

しかし、同時にスタートした「市場経済化」による流通・経済の混乱、「なんでもあり」の混沌とした無法地帯ビジネスや遅々として進まぬ民主化に苛立ち、会議に対して抗議のボイコットや奇行でセンセーショナルなニュースやマスコミの糾弾を受けることもありました。

でも、私があってお話していた時の印象では、一貫して、お金にクリーンで、モンゴルらしさを重点にした民主化・市場経済化政策を主張した、きわめて「まっとう」でウィットにとんだ「気骨のある」政治家さんでした。

本人は、民主化のリーダーと祭り上げられるよりも、経済学者として、実直で実質的な政治活動をして、モンゴルを経済的に発展させたい、と思っていたと思います。

1989年7月末。モンゴル人民共和国で初めて多党制の国会議員総選挙の投票が行われ、いわゆる「無血革命」が成立。とはいえ、当時の保守党・人民革命党の圧勝でした。

その後、2回の選挙があり、ついに1996年民主化勢力の民主連合が政権をとりました。
しかし、カシミア原毛の輸出自由化そのほか、長期展望のない経済政策により、モンゴル国はさらなる経済混乱に・・・民主連合政権は、何度も内閣改変を繰り返すことになりました。
そして、1998年10月1日 ゾリグは、一部の親しい人に、「首相候補に立候補する」という意をもらしました。モンゴルの民主化運動の種がまかれてからちょうど10年目のこと。

そして、翌10月2日。 同居していた妻の話によると、自宅に男女2人組が侵入。妻は縄で拘束され、ゾリグは暗殺されました。
主要な政治家の暗殺事件であるにも関わらず、いまだ、犯人は捕まらず、事件の真相は闇のままです。

民主化・市場経済化から25年あまりの年月が流れました。
ゾリグの暗殺事件によって、モンゴル国の発展は10年は滞るだろう、と当時言われました。
10年の停滞ですんでいるのだろうか?

今のモンゴルは、未曾有の経済不況の危機に陥っています。

経済成長率は1%を切り、景気回復の要素が見つけづらく、IMFの介入か、中国の支援を受けるかという選択を迫られています。

市場的には混乱し、冷え切っているのに、魔女狩りのようにマスコミをにぎわせているのは「パナマ文書」流出で露呈した、モンゴル人政治家や財閥のビジネスマンたちのオフショア口座の話ばかり。

庶民が経済不況にあえいでいても、富裕層は、外貨を上手に外国口座でまわして、財テクをし、さらなる富を肥やしている、の図。

経済学者でもあり、誰もが知恵と努力と工夫によって経済活動を営み、自由経済によってモンゴルを発展させていこう、と希望に燃えていたかつての民主化のリーダー・故ゾリグは、今のモンゴルの事態をどんな風に評価するのでしょうか?

ウィットにとんだブラックユーモアでどんな経済混乱、厳しい政情も適格に現状を指摘しつつも、「どこかに突破口はあるはず」と信じていたゾリグ氏。

ほんとに惜しい方を亡くしました。
事件の真相は闇のまま。
ゾリグ氏の冥福を祈ります。

そして、あの、純粋な愛国心と自由への渇望から始まったモンゴル民主化の熱い波を忘れてはいけない、と思うのです。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民です。

9月半ば、今年最後の夏のツアーのお客様をおもてなししたときの「草原の我が家」のスペシャルメニューです。

これ、なーんだ?

What is this


自由に思いつくままに、コメント欄でお答えくださいませ。
なぜ、そう思ったか、どんな味がする、どんな料理か、いろいろ想像を働かせてくださいませ。



フェイスブックの個人ページで出したら、結構、好評で、いろいろコメントもいただけたので、ブログでも披露。

ヒント;

モンゴルとのつきあい四半世紀以上、モンゴル全国21県315ソムを踏破し、20あまりある少数部族(ヤスタン)と出会ってきた私、モンゴルだるまが初めて食べたメニューでした。

モンゴル料理、いろんな食べ方があるんだなあと。

お客様が7回目のモンゴルで、10日間別の会社の乗馬トレッキングに参加してから、「草原の我が家」に来てくださった方。
少々ご年配で、ご本人曰く、「好き嫌いはないけれど、とにかく食が細くて、量があんまり食べられないんです」

ということを踏まえたうえで、「草原の我が家」のシェフ・バータルさんが「じゃこんなの作ってみようか」と作ってくれたスペシャルメニューです。


ちょっと変わったリアル遊牧体験や異文化体験、馬旅がしたいな、と思った方、
大人の自由旅行をモンゴルでしたい方、2016年ー17年の冬季、2017年の夏季ツアーのお申込み、ご相談、承っております。

下記、お問合せ・お申込みフォームより必要事項をご記入の上、ご連絡くださいませ。

この記事に関するコメント、大歓迎!

■お問い合わせ/お仕事のご依頼はコチラ■



にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

モンゴルだるま@モンゴル語通訳・エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民です。
今日から10月。2016年も残すところ3か月となりました。
モンゴルの暦だと「秋の終わりの黄色い戌の月」。

これからどんどん冬に向かって寒さが本格化してきます。
月変わりが新月だと、気持も切り替えやすいですね。

草原の我が家では、家畜小屋づくりもラストスパートです。

 

こんな感じで整地していたのが8月半ば

 

ガナー君こだわりの屋根づくり。

断熱発泡スチロールを入れ、トタン屋根をふいて、雨どいも付けたそうです。
さらに南側が軽い傾斜のついたサンルームのようになり、両サイドがガレージと暖房用のペチカが作られる(予定)

 


作っていた本人たちの想像以上に大きな建造物(=材料と工事日数がかかるという意味で)になり、工程を進めながら、足りなくなった釘や針金や板やシートなどを買い足しに来る、という日々です。

家畜小屋づくりと並行して作業しているのが、越冬から春の出産期にかけての家畜飼料の購入調達です。

今年の冬は「申年のゾド」が懸念されているため、去年に引き続き、家畜の大量に淘汰屠畜されています。おまけに東南部で口蹄疫や羊(シープポックス)が流行し、西部地域でも口蹄疫そのほかが伝染拡大とのことで、各地方行政(=国から)法定伝染病予防のワクチン接種が行われつつ、年内の県境を超えての生きた家畜の輸送を控えよ、というお達しが出てしまったことも、私たち遊牧民にとっては逆風となり、全然市場の肉の買い取り値段が上がりません。
 

肉の買い取り相場はあがらないのに、干し草やフスマなどの家畜飼料の値段は去年の高値スタート時に近い値段から取引スタート、ということで、結構、資金繰りに頭を悩ませているところです。

モンゴルの遊牧民にとっては「秋」の3か月は、乳製品を作り、干し草を作り、農作物や飼料作物の収穫がある恵みの季節で、「黄金の秋=アルタン ナマル」です。
でも、この時期にしっかり働いて、厳しい冬の備えをせねばなりません。

とまぁ、そんな感じで、冬に向けての越冬準備ラストスパート。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。