新モンゴルまるかじり☆旅と暮らしの生情報☆

モンゴル語マルチ通訳・コーディネーター兼業遊牧民モンゴルだるまです。
自然と人間の共存共栄を模索するエコツアー仕掛け人のブログです。
遊牧民修行で得た人生教訓+生きる感性+活力を皆さんとシェアしたい!

このスタンプを投稿して3ヶ月連続をお祝いしよう♪

▼3ヶ月連続投稿スタンプ



ご無沙汰してます。
モンゴルだるま@モンゴル語通訳兼業遊牧起業家です。

春は収入になる仕事があんまりないわりに、雑用が多く、草原生活中心になります。
今年も同様の傾向があり、ネット環境があまりよくないうえに、
PCが気が付いたら、勝手にWindows10に変身していて、過去の記憶は消え去り、
「あんた、ダレ?」状態になっていて操作を覚えるのに手間取り・・・

さらにアメブロにログインするためのパスワードとかログインIDなんか忘れちゃったよ・・・
PCだけでなく、私自身も、みたいなことがあり、

言い訳しようと思えば、それだけで1冊本が書けそうなくらいたくさんの言い訳だらけの春でした。


サイバーエージェントさんから、3か月連続投稿えらいね、ほめてあげるね、スタンプ差し上げるから使ってみてね、とメッセージをいただいたので、こういうきっかけでもないと、このままズルズル死蔵ブログになってしまう、と思い、使ってみましたよ。

元気いっぱい生きてます。
家畜の赤ちゃんがいっぱい生まれ、大きな大切な牛が1頭死んだり、いろんなことがありました。

牛は死を覚悟したとき、涙を大粒の涙を流すのだ、と知りました。
準備運動をちゃんとせずに馬に乗ってガンガン走ってたら、1週間も筋肉痛でギクシャクしました。

ともかく、気が付いたら、乗馬シーズン突入。
毎週、日帰りで乗馬トレッキングやってます。

1本記事を更新できれば、たぶん、ネットがつながる限りは、ブログ記事更新していきますので、応援してください。


馬

やっとこの世に出てきたよ、と思ったら、立ち上がれた!!と思う間もなく、生後初日に50㎞を走り、2日目には100㎞弱を走って、「草原の我が家」までやってきた仔馬ちゃん。
モンゴルの馬ってすごいね。


AD
いいね!(19)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
モンゴルだるま@モンゴル語通訳エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧民起業家です。

今日は吹雪でカシミア採りは中止。ウランバートルでのじっくりした時間をやっと作れました。
さて、モンゴル国内のネットニュースで4月15日モンゴル時間13:35付で投稿された記事で、ウランバートルっこ騒然です。

今年、モンゴルはASEM(アジア欧州会合)のホスト国になっているのですが、以前にご案内したように、4月にもイベントがあります。(ASEM関連イベントスケジュールの記事はコチラ=別リンクが開きます)

4月21日・22日はアジア・ヨーロッパ政府パートナーシップ会合(ユーロアジア=ユーラシアになりそうなところが、アジアが先なんですね)

4月21日・22日は平日ですが、いつもの車のナンバープレートの末尾番号での交通規制とは違う規制が行われることが先程、発表されましたわけです。

4月21日(木) ナンバープレート末尾 偶数ナンバーがウランバートル市内通行可能。
4月22日(金) ナンバープレート末尾 奇数ナンバーがウランバートル市内通行可能。
会合

まだゴールデンウィーク前なので、旅行でいらっしゃるお客様には直接の影響はないでしょうが、モンゴル在住者の皆さま、ASEM関連イベント・会合期間中は交通の便の工夫が必要です。

ニュースソースはコチラのニュースサイト記事を参照しました。(モンゴル語です)



AD
いいね!(45)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
モンゴルだるま@モンゴル語通訳エコツーリズム普及仕掛け人兼業遊牧起業家です。
母校、東京外国語大学に「世界で最も貧しい大統領」(このネーミング、ご本人は自分を貧しいと思ったことはないっていってるんだから、いい加減、変えりゃあいいのに)が夫人と共に来校し、特別講演会を開いたことは日本でもニュースになっているからご存じの方も多いと思います。

でも海外や地方にいて、この素晴らしい講演会に行けなかった友人知人も多いので、Youtubeの我が母校のチャンネルで公開されていた動画をシェアします。

母校で行われた、世界から愛された大統領、ムヒカ前ウルグアイ大統領の講演会のノーカット版動画です。
高画質でファイルが重すぎて、とぎれとぎれ、今二日がかりで私もみているところです。

可愛らしい外見とは裏腹にこの方、筋金入りの闘士だな、と思いました。
大統領=国家元首の職についていながら、今でも、世の中変えるためには自分の信念をシェアできる仲間作って闘争しろ、みたいなことを言っちゃうところが素晴らしい。

貧しいんじゃなくて、質素なのだ。
無欲なんじゃなくて、大志を抱いているから自分のためにお金を使うのではなく、国家からもらった報酬・給金を国の人々に還元し、国家を反映すべく活用しているのだ。

環境問題は人間が作ったもので、消費欲を抑えるだけで世の中変わる。

そういう話をリオでのスピーチ以降何度も一貫して主張し続けている。

当日は、大講堂も満席で、キャンパス内に屋外モニターが設置されました。
あまり良い天候でなかったにも関わらず、多くの人がこのモニターで講演会を見ました。

人口300万人程度、家畜はいっぱい。

モンゴルにもあてはまります。
モンゴルは今、空前絶後のバブル崩壊後の不況期を迎えています。
そうは言っても、富裕層は相変わらず富裕層であり続け、日本より高い食事代を払ってレストランやバーで飲食を日常的に楽しんでいます。

消費欲に支配され、振り回され、もう何が何だか・・・

日本の百円均一ショップのダイソーに続き、CanDoもモンゴル進出。
100円という安さに釣られて私もついついモンゴルに戻る直前に大量がしちゃったりするんだけど、全然安くない。安くないというか、その値段の価値で活用しきれない。

活用のイメージができない便利グッズを用途別に購入してしまうほど阿呆なことはない。
例えばテレビショッピング。モンゴルでも大人気の番組。

本質的な消費ってなんだろう?
誰もが禁欲的になっちゃったら、経済なんて回らなくなってしまう。
だけど、本当に良いもの、丈夫で代々使えるものを作り、使い、次世代に譲り、それを愛でながら、アンティークとしてさらなる価値を見出していく、というのもひとつの在り方だと思う。

水は30年前は売りモンじゃなかった。
少年野球でみんながグラウンドに持ってきてたのは、ポカリ派とゲータレード派に分かれていたけれど、少なくとも、それらのアイソトニック飲料の粉末を溶かす水は水道水だった。

今じゃ、モンゴルの田舎の果てでもミネラルウォーターを売っている。
20年前どころか15年前、弊社最初のお客様がゲルでのホームステイの際に「自分が持ってきているミネラルウォーターがなくなったら、どこで買えばいいんですか?」と言われたときの遊牧民ファミリーのきょとんとした顔を思い出します。

ミネラルウォーターよりもむしろ、それを入れているペットボトルが珍しかった・・・。そんな時代もありました。

ムヒカ大統領のスピーチは、いろんなことを人類につきつけていきます。
でも「それもそうだよなぁ」とちょっとした心がけを変えていくことができれば、きっと世の中は変わる。
それを信じることができる力強い講演会でした。

わが母校、やるなぁ!

■お問い合わせ/お仕事のご依頼はコチラ■

個人情報の取扱いについて

いただいたお客様の個人情報の保護は、最大限の注意を持って管理をいたします。当サービス運営上に必要なご連絡・ご案内の際に利用いたします。

個人情報は、官公庁等の公的機関から法律に定める権限に基づき開示を求められた場合以外は、事前の同意なく第三者への開示はいたしません。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD
いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。