モンゴルだるま@ウランバートルです。

モンゴルでのエコツーリズムの推進のために10年間を費やしてきました。
そのわりに、なっかなか波には乗れずあがいている零細企業なのがちょっと哀しいけどw

そんな私が起業する直前、あるいは某ドキュメンタリー番組制作会社を契約満了に伴い飛び出したはいいが宙ぶらりんだった頃の私に即座に声をかけてくださったのが報道ジャーナリスト集団「ジンネット」社長の高世仁さんでした。

日本に帰るたびに、面白い取材ネタでわらかしてくれたり、美味しいお酒や料理をご馳走になったりとお世話になりっぱなしです。

その高世さんから、メールをいただきました。

"チェルノブイリ取材をYouTubeに5本シリーズでアップしました。広めていただければ幸いです
http://t.co/pWU5Bs5"


ツイッターのDMなので、とても簡潔ですが、この拡散希望のメッセージに込められた高世さんのなみなみならぬ決意を感じました。



取材時期は2011年4月7日から11日。チェルノブイリの原発事故による放射線被曝をした現地にくらす人たちは、驚くほど早くフクシマの原発事故の惨事・津波や大震災による被災の状況をキャッチしていたそうです。チェルノブイリの事故後、被曝し原爆症に苦しむ人たちに手を差し伸べ、現地復興をサポートしていた日本のNPO団体が事故直後から現在にいたるまで活動を続けていたということもあって、チェルノブイリの人たちは、皆さん、今回の日本の震災とフクシマ原発事故による被曝地拡大に心を痛め、復興を祈ってくれていたそうです。

ジン・ネットという制作会社は、今はなき「サンデープロジェクト」の特集コーナーや「報道特集」などで北朝鮮関連の拉致問題や朝銀破綻の真相を暴いたり、北朝鮮からの不審船の領海侵犯・撃沈時の工作活動の徹底検証などでスクープ物・放送業界のタブーにつっこんだネタなどを得意とする、本気の報道番組制作会社です。
このジンネットでのお仕事はハードなんだけど、修羅場を潜り抜けた人たちだけが発するユーモアやウィットが満ち溢れた職場で、私にとっては、日本一愛着のある制作会社であります。

3月11日に日本列島の半分以上を揺るがし、「絶対安全」といわれていた原子力発電所が「想定外」の事故で震災後3ヶ月近くがたとうとした今でも、全然「大丈夫」な状態になっていない。

「日本はほんとに大丈夫なのか?」ということを検証するために、原発事故として30年近くがたった今でも記憶に新しいチェルノブイリの原発事故現場に取材に出向いた高世さんの映像です。

普通の映像制作会社はいわゆるテレビ局の「下請け」会社です。
番組枠の番組を制作し、その制作費をテレビ局からいただくことでお仕事が成立します。
大抵のテレビ制作会社は番組枠が確定し、テレビ局からいただける制作費が決まった時点で取材に行きます。
最近は、制作費もどんどん削られ、取材期間は短くなり、編集作業は過酷になり、もはや突貫工事みたいなものばかり。
宣伝広告をかねたタイアップのため、日本国内のお店の食べ歩きだったり、電車旅行だったり、温泉番組だったり、たくさんの芸人さんが集まったバラエティだったりと、とにかく取材費が安い番組ばかりが地上波で垂れ流しになってるんだから、面白くなくたって、知的好奇心の真髄をゆさぶる作品がなくたって仕方ない。

テレビが面白くないっていう話は、さも、ありなん、なのです。

そんな状況の中で、ジン・ネットは、「報道価値がある」ネタを自分たちで探し出し、先行投資で徹底的に独自取材をし、その成果である映像素材を、テレビ局の報道枠に「売る」あるいは「貸す」といういわゆる通信社的な役割も果たしているのです。

徹底取材といういわゆるジャーナリスト、といったときに多くの人がイメージする「自分の足と耳と目で稼ぐ」取材をアシスタントの人たちも新人当時から徹底的に仕込まれるので、「ガイアの夜明け」とか「情熱大陸」「素敵な宇宙船地球号」「NHK特集」などの番組制作もできるとても有能な取材者集団なのです。

今回のチェルノブイリ取材も、震災まもなく、社長でディレクター・プロデューサーもやっている「危ない取材を一手に引き受ける」高世さんが現地に飛んで行いました。

取材のあとのツイッターでのやりとりで、私は、イメージ先行のチェルノブイリ・フクシマの実態を日本の視聴者さんに伝える、すごい貴重な取材になるって実感していました。

でも、どうもよくある「大人の諸事情」にひっかかって民放も、日の丸親方に首根っこをおさえられているNHKも、「やばそう」な映像は扱えない、とどうも弱腰で、せっかくの取材が生かせないまま、現在に至る、という状況になってしまいました。

映像素材もちゃんと編集され、まとまっているにも関わらず、「世論が騒ぐかも」とか「スポンサーがつかないかも」ってことで報道されないのです。

日本にいる皆さんが、今、一番知りたいであろう、「フクシマ原発の事故後の日本は、今後どうなっていくんだろう?」ということを検証した作品が、なんとまだ起こってもいない「大人の事情による混乱」への配慮によってお蔵入りになっちゃってるのです。

プロのドキュメンタリー制作をしている人が、今までの取材費は全部制作会社の自腹となる、という状況でテロップまで入れた状態での動画作品をYouTubeでホントに完全無料で流す、ということがどういうことであるか?

報道ジャーナリストとして、視聴者の皆さんに「伝える使命」がある、という信念の表れです。
私利私欲の全てを捨てて、本気で原発の実態を皆さんに訴えようとしているのです。

正直、ジンネットの取材先行投資型は、今の日本の映像業界ではほとんど「自殺行為」というか「やってけないでしょ」ということで、多くの報道ジャーナリストが諦めてしまった取材のやり方だと思います。

でも、この取材姿勢は、日本のジャーナリズムの最後の良心だと私は思っています。

がんばろう、ニッポン! がんばろう、ふくしま!
がんばろう、ジンネット!そして、ありがとう。
私はジンネットに関われていること、ホントに誇りに思い、また真実に向き合うことの大切さを感じる機会を与えていただけたことを感謝しています。

そして、ホンモノのジャーナリスト集団であるジンネットが、実力発揮できる仕事の場がどんどん開拓されることを期待しています。

今の日本は、3月10日までの日本とは違います。決して楽観はできないからこそ、国内外、全ての日本人が、日本を愛し、日本と関わってきてくれた人たち全てが力を合わせて、真実を見つめ、この試練に立ち向かうときなんだって、感じています。

あきらめずにずっと耐えてきているウクライナの人たちも応援してくれています。
真実を報道することに命がけなジンネット、今後も応援してください。

AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
昨日、NHKの番組を見ていたら、被災地以外も日本国内の経済が落ち込んでいるっていう話題が出ていました。
3月11日。東日本を未曾有の震災が襲ったその日、九州では日本経済のさらなる発展を支える九州新幹線の全線開通という華々しい日だったんですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村

いろんな夢や希望や遊び心が詰まった九州新幹線。

開通を祝うこのコマーシャルを作るためにJR九州は、事前準備として開通初発電車に手を振ろうイベント的なCMも作って流していたんですって。



ペタしてね
読者登録してね

そしてそれにこたえて、さまざまな趣向を凝らして沿線に集結した九州の皆様の素晴らしい表情。

15秒、30秒がメインのCMではありますが、日本でももっともっとこういう見応えのある180秒=3分CMとか作ってもよいと思います。

番組と番組の間に挟まれて、制作費をスポンサードしているのに視聴者にザッピングされちゃうようなCMではなく、このCMが見たい!このメッセージが聞きたい!って元気が出るようなコマーシャルを作る。

企業さんも大変だとは思うけれど、AC広告機構の太鼓持ちのきれいごとCMや東電提供、なんてことで、思うようなスルドイ批評ができないぬるま湯番組を作らされるより、制作会社だってやりがいもあると思う。

私、日本の中小企業さんも大企業さんも、ほんとにそれぞれ経営者さんの経営哲学や経営戦略が企業の活動や製品に反映されていて、そのアクションだけでもすごく勉強になるし、今の日本の経済の礎を日本全国のみならず、全世界にアピールできるいいチャンスだって思うんです。

ビジネス本はもちろん、経営コンサルタントさんがケーススタディとか、解決提案なんかで出してくるのは、大抵、同業他社の成功例やストーリーなわけで、実際、成功者の手記って書店でも平積みベストセラー本コーナーの常連さんなのです。

日本の企業、日本式経営ってそれだけで世界にアピールできるブランドだし、CMとして180秒にするって面白い試みだと思います。



にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD
モンゴルだるま@ウランバートル、せっかくのイースターな週末なのに眠れない・・・

夕方くらいからニコニコ動画で見ていた孫さんの記者会見、プレミアム会員になるほどにはまだニコ動にのめりこんでいないため、ユースト動画をはっつけておきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
動画は結構長いので、ご覧いただく前にぽちっとランキング応援していただけると感激します。(別ウィンドウで開きますのでよろしく)



コメントが流れない分、じっくり孫さんのお話や記者さんとのやり取りに集中できますね。
ぶっちゃけトークも多かったけど、裏付けデータ含め、「なんだ、こういう話はすでにあるんじゃないのさ」といった資料も持ち出しての、新しい未曾有の国難回復、本当の意味でコスト安で安全でみんなが安心して享受できる電力供給の在り方の提案や、脱原発への道を模索するための財団設立とか、もう丸ごと日本を救っちゃうよ、ぐらいの勢いでの私財投下のアクション構想など、見どころ満載、緩急自在の記者会見でありました。

突っ込みどころ満載である東電記者会見とは全く違った意味で、充実した時間、日本のこれからへの手ごたえ、みたいなものを感じたわけで、孫さんの話がすべてってわけではなく、これからどんどん議論を重ねていくべき問題提起の第一歩だと思いました。

今のイケてない、ではすまされない、国民感情逆撫でしながら、飄々と、というか大臣の座にしがみついている、あるいはこの震災をチャンスとばかりに新しい大臣ポストとかを作らせた辻本や蓮舫といったパフォーマンス先行型中身なしのヒステリックガールズなどの政治家としての手腕もマネジメントセンスもない人たちは速やかに退陣することが、本気の復興モード支援なんじゃないかなぁ、って思ったりもする。

自民党政権の時に比べて民主党政権になって原発事故後の話も情報開示が素早く、よかった、なぁんて話もあったけど、それもニコ動・ユーストといったテレビや新聞など大マスコミでは流れることはないであろうが、「福島原発事故はレベル7の危険度になる」って3月中にわかってたくせに、4月まで政府発表を先延ばしにしていたあざとさとか、やっぱ民主党政権も一緒じゃん、っていう失望もあって、これからは民間の力、「勝ち組」になった富裕層の人もガンガン「世の中金で解決できることは俺ら、やっちゃうから」的な寄付やTake actionな世の中になっていってほしい、と思いました。

日本って、モンゴルと違って、政治家になるとビジネスとか副業的に本来やってたことに力を注いじゃまずい・・・みたいな雰囲気がありつつ、「企業との癒着」とかって言われながら、いろんな口利き的企業顧問ポストはちゃっかりやってて中途半端。

今はまさしく、産業復興のための経営手腕が問われるとき。

孫さんが平成の坂本龍馬さんよろしく暗殺とか、社会的につぶされる、なんていうホリエモンさんの時のような展開にならないように守っていかねばならぬ、と思った次第。

というわけで、父よ、株価さがってても、とりあえずソフトバンク株は持ち腐れになってもええけん、キープってことでよろしくにゃ。


にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD