いよいよデビュー戦!

テーマ:
モンゴルだるま@ウランバートルです。

いつの間にやら10頭あまりの馬のオーナーさんになってしまいました。

去年、羊や山羊の放牧用にと購入したアルハンガイ出身の馬2頭。

ベースキャンプから約400kmあまり離れたところから7月上旬に買い付け、そのまま乗って帰ってきた子達が

種馬 3歳馬 1頭
乗用去勢馬  3頭(うち1頭は、性格が悪いということで、地元でチェンジされたそうです)
雌馬 子馬なし 1頭
雌馬 子馬あり 白馬1頭・普通の子1頭
雌馬 こだくさん 1頭(つまりは1歳馬と2歳馬の2頭がくっついてきた)

地元で購入した子 1頭

とまぁ、豪華ラインナップですwww

で、この種馬は、一緒にいった馬方君が舌なめずりして、「どうしてもこの子!」というのでゲットした鹿毛なのですが・・・

ベースキャンプまでの旅400kmも、ホームシックで草を食べなかったり、家に帰ろうと脱走を試みたりと「あぁ、男の子って繊細ね」と心配させられるものがありました。

まだ睾丸も一人前にはなりきっていないチェリーボーイでもあり、ベースキャンプについてからも、去勢馬のおねえ達と一緒じゃないと草を食べず、ため息ばかりついておりました。

心配ながらも、お仕事があり、1週間ほど草原を留守にしていたら。。。

なんと、競走馬としての調教が始まっていました。
あらー・・・

やっと新しい環境に慣れたと思ったところで、この仕打ち。

恐るべしモンゴル人男子たち。

なぜならば、今回購入した雌馬たちはすでに種付けが済んでいる、ということで、他の種馬が「のっかる」ことは避けたい。(つまり種付けされた不安定期に、別の種馬に「のっかられる」とおなかの中の胎児が流産しちゃう危険が高いのだそうです)

そのため、自分たちの妊婦馬と一緒に放牧するわけにはいかない。

さらに、この種馬、体格的にはモンゴルでの草競馬向き。

そして、近所(といっても50km以上離れてるけど)の景勝地・テレルジが行政区として独立して10周年の記念ナーダムがある。しかも賞品豪華。

といった状況から「じゃ、競馬用に調教しちゃおうぜ!」となった次第。


豪華賞品とは何か?


上位入賞は、オートバイ、パラボラアンテナ(なんとモンゴル国内54局をキャッチ!1年間無料視聴権つき)つきテレビセット、現金、太陽光電パネルセットなどなんだそうです。

でもって、いよいよ明日、その草競馬が開催されます。

今日から始まっているようですが、うちの子は3歳馬レースなので、明日の午後3時くらいが出走。

レース会場までは、なんとトラック送迎です。豪華!

というわけで本日は、最終調整中の種馬チェリーボーイを激励しつつ、暑かったら、ゴムボート遊びと家族サービス(私は10日ぶりにあう牧羊犬・ソートンを、ガナー君は愛娘を)に興じます。
継母的点数稼ぎのために、子供用の鞍(全部セットで65,000tg 約5,000円)を購入したので(といっても、ほんとは、子供連れのお客様のためだったりもする。。。)、初マイ鞍乗馬も楽しもうという算段です。

5日にひさびさの大型団体さん(といっても10人程度)の日帰り乗馬を控えているので、ここ2週間あまり人を乗せていないお馬さんたちの野性をちょいとソフィスケイテドな状態に戻すためにも、さくっと乗馬して、初心者外人用に調教する必要があるので、遊びといいつつも、お仕事要素満載です。

自分の馬、といっても、知らないうちにメンバーチェンジしちゃってて(といってもチェンジされた馬はいずれも、私も、「こいつはいらないんだけどなぁ・・・」とあわせ技で押し付けられちゃった子なので、ツーリストさんが安心して乗れるおとなしい馬に変わってる分には文句はありません。

自分が愛情をかけてる子がチェンジされてたら、倍額払ってでも取り戻しちゃうけどね。

競走馬になる馬って、もちろん血統とか出身地とかもあるけれど、遊牧民さんにとっては、「こいつはモノになるぜ」って勘が働いたら、とりあえず調教してみる、ということもあるようです。
モンゴルの伝統的な「目利き」の方法が口伝されていて、それには細かい外見上の特徴や性格を見極めるノウハウなどもあるんですね。

3歳馬なので、それほど長い距離を走るわけではないとは思いますが、とにかく無事に一生懸命走りきってほしいです。

もはや、わが子の幼稚園運動会のかけっこデビューを見守る母の気持ちであります。(といっても、実際には子供を生んだこともなければ、幼稚園のかけっこデビューに立ち会ったこともないけどさ)
AD
モンゴルだるま@ウランバートルにお泊り・・・暑っ苦しいっす。

こんばんは

久々の連続投稿です。

別にお金持ちでもなんでもなくって、
というか、多分、生活コスト自体はモンゴル在住の日本人の中で一番低く、かつ収入は胸をはって最低だと断言できるだろう、レベルの清貧庶民な私です。

そのわりになんとなく、「これは買いたいなぁ」ってものは大抵、それが入手できるくらいのお金はなんとなく臨時収入で入ってきちゃう、金運があるんだか、ないんだかよくわからない人生です。

先日、遠路はるばる馬を購入しに行きまして、なんとなく年収以上分ぐらいの大枚はたいてしまいました。

それなりに「こうしたいな」という見積もりとか目論見とかはあるにせよ、あんまり綿密な資金繰り計画を立ててたりするわけではないので、大きな買い物をするときは、ゲットする高揚感のあとに、「あぁ、また衝動買いをしちまった」と脱力感が伴うのも性分でしょう。

馬に関しては、まったく後悔はしていないのですが、今はむしろ、巷ではやっている馬インフルエンザの感染が心配です。死亡率が20%を超える、というのは、ただごとではない。

さらに、馬インフルエンザの感染源のひとつといわれているスフバートルアイマグのある村から、競馬用に調教して欲しい、と種馬が持ち込まれているだけに、不安が募っています。

現金収入は必要というか、もう必須、というか、喉から手が出るほど欲しい!というのも本音ですが、馬インフルエンザ感染の兆候があったらすぐに抗生物質の投与等適切な処置をしないと群が全滅の危機、ときけば、草原で見守りたいという気持ちも強くあるのです。

まぁ、そんなワジワジした気持ちですごす兼業遊牧民な私。

収入に見合うだけの支出、投資をする、という小心者かつ堅実さを愛する清貧庶民な私とは対照的に、現金収入そのものが右から左へと流出するモンゴル人たちは、ほんと、次から次へと、「欲しいもの」が続出で驚かされます。

馬を買って、ようやく母馬の乳搾りが始まり、自家製の馬乳酒が堪能できるようになって満足か、と思いきや、今度は、近くの池で「ガチョウが買いたい」とか言い出した。

てか、そもそも「あの池欲しい」とか「あの壊れた深井戸を買い取ってリハビリテーションしようよ」とか・・・えっと、そこまでくると土木工事の領域ですが?

さらに・・・「軍用トラック買っちゃおうよ」と。

う・・・

軍用・・・トラックですか・・・


一部マニアにはかなり大うけな提案でしょう。

GAZ66.
4WDで兵站用トラック。煮炊きができるストーブ付き。作戦会議用のテーブル付き。無線通信用パラボラアンテナ搭載。窓は横だけでなくルックといわれるサンルーフ的なものが3つもついている。。。

普通の20人乗りとかのバスでは行けない辺境地もガシガシいけるぜー、とか。
そういえば10年前ぐらいはかなり欲しいと検討していたお話であります。
10年くらい前っつーか、そもそも会社設立当初は、やたらとフブスグルアイマグとかバヤンウルギーとかザブハンやオブスといった険しい道や峠や泥沼を乗り越えていかねばならぬハードな道のりの目的地で乗馬トレッキングツアーや環境保全活動のサポートにいっていた日々であります。

最近は、都会から1時間半、通勤圏内にあるマイルドな草原に家畜を飼い、自前のゲルを建て、暑い日はゴムボートを膨らまして、近くの清流で涼み、爽やかな日は馬で草原を駆け巡り、雨の日はゴロゴロするといったノンビリしたスローライフを楽しんでいるわけで、今、軍用トラックを改造してまで欲しいか、と言われると微妙・・・

でもでもでもでも、、、

ラブワゴンに続き、軍用トラックってちょっとキャッチーじゃない?
とか揺れ動いているのも事実だったりする。

1985年製。100kmあたりの燃費は32リットル。
ラブワゴンの2倍以上の燃費の悪さ・・・

どうなんすかね?

大手ツアーオペレーターのNOMADSてtところも、4WDトラック改造型のバスを使って、結構いろんな辺境地にお客様を案内しているわけですが、どうやら、三菱製の左ハンドルトラックらしい。

100kmあたり32リットルも食い散らかすんじゃ、1グループで12人、5泊6日くらいのプログラムをゲットしないと採算取れそうにない。

・・・なんて、マイナス要因をいろいろ洗い出してるわけだけど、裏腹に、「なんとかなんじゃないか?」とか「抜本的に初心に戻って、辺境にも繰り出すタイミングじゃないの?」っていう変なささやき声もあるわけです。

にしても、軍用トラック(現役だけど、この秋引退予定)なので撮影は禁止。
見るだけー、触っちゃだめー、、、なのです。

第2期が赤字じゃなかったら、「お、安い!なんとかゲットしちゃおうよ」と衝動買いしたところでしょうが、ここんとこ、ほんと、微妙に赤字続き。減価償却費分+3万円分ぐらいの赤字なので、まぁ、たいしたことはないと考えることもできるわけですが。

来年で会社設立10周年を迎えます。
スタッフ20人ぐらいで賑やかにブイブイと急成長を続けていた頃だったら、多分、買っちゃってるんだろうけれど、どーんと裏切られ、回転資金を騙し取られる形でもぎ取られ、七転八倒し、体を壊して生きるか死ぬか、というところまで落ち込んだどん底時代から、ようやっと、這い上がってきた、抜け出せそう、、、というときなんですよね、今現在。

とりあえず、あーだらこーだらとごちゃごちゃしている今週末からのぴりっとした仕事をこなしてから、また頭をからっぽにしてから、これからの道を作っていこうかな。

どう思います?

ロシア製軍用トラック(モンゴル陸軍仕様・退役)でいく辺境地の旅。
すんげー、ごついキャンピングカーだって思えば楽しいかな?
AD
モンゴルだるま@ウランバートルと草原いったりきたりで落ち着かない。
こんにちは。

さてナーダム休暇が終わり、にわかにお仕事関係があわただしくなってきました。
がっついてツアーを入れておかないでよかった・・・事務処理関係に忙殺されている今、つくづく思います。

7月3日に突如、敢行する事が決まった「馬調達作戦」。約10日間かけて調達と自分たちのベースキャンプへの移動をしました。

乗用馬3頭、種馬1頭、雌馬4頭、子馬4頭を買い付け、約300km余りを大雨、強風、ナーダム賑わいなどの中、連れて帰ってきたわけです。

とりあえず、種馬はホームシックにかかって草を食べないで肩を落としてため息ばかりついて心配させること2日間。その後は一緒に移動してきた乗用馬(去勢馬)と一緒に首をつながれてペアになって落ち着いたのか、草をもしゃもしゃ食べてます。

ある意味、転校生のシャイボーイ+順応派を組み合わせてるうちに、「アタシもがんばるからさ、あんたもがんばんなさいよ、男でしょ」みたいな説得というか応援があったかもしれません。

子馬さんたちは、まぁ、ママと一緒なので、それなりに順応は早く、今は、ゼルという子馬つなぎ紐につながれて、不貞寝するかあばれるかという託児所状態ですが、それなりに元気。

気になるのが、国のナーダムでの競馬会場あたりで7月9日に判明した馬インフルエンザ感染のニュース。

代表的な競争馬の多くがこの馬インフルエンザ感染によって欠場。かつケホケホ人間のように咳をしながらも、ライバルたちと一緒につながれていた競争馬もいるらしく、感染蔓延が懸念されています。

すでに東西南北各地の8アイマグでは馬インフルエンザ流行が確認されておるわけです。

で、何が心配かというと、私達、7月8日ごろにこの競馬会場フイドローンホダグのあたりを通過してるわけです。
そのときは、レースのスタートゲート設置中って感じで特に他に馬などは見かけられなかったのですが、空気感染もするそうなのです。やばーい!

モンゴルの新聞では、「Адууны ханиад(馬の風邪)」と書かれていますが、正式には、「馬インフルエンザ」であることを獣医学研究所の獣医さんに確認しました。

うちの子達は、ケホケホとか怪しげな兆候は見せていないのですが、夏営地のベースキャンプのすぐ近くにある貯水池に水を飲んだり涼みにくる馬の群の中に、馬インフルエンザ感染の兆候が見られる馬たちがいるのです。

インフルエンザっていうんだから、ワクチンはあるのか?と思いきや、一応、モンゴルでもワクチンはあるそうですが、予防効果は期待薄という・・・

人間のインフルエンザでもそうですが、ワクチン接種しておけば感染しないかっていうとそういうわけではなく、症状が軽く済みますよ、ぐらいの話であり、むしろ、かかってからの対症療法が重要。

けほけほと人間が咳き込むような感じになってきたらすぐに隔離、抗生物質の投与と栄養剤などで免疫抵抗力を落とさないように安静にさせることが大事なんだそうです。

一応、ペニシリンやアンピツィリンなど炎症を抑えるタイプは効果があるそうです。
というわけで、ナーダム前に閉店間際の家畜薬局で調達した薬を飲ませて、一応予防対応しております。

それにしてもこれから国内外の人たちが旅行で国内のあちこちを移動するわけでして、空気感染かつ宿主にくっつかないまま衣類などにひっついたままでも結構しぶとく生き残れるウィルスらしいので、感染拡大が心配です。

とりあえず8月まではうちの馬たちは安静にし、かつ地元になじんでいただくため、他の馬群とはくっつかないような形で飼育放牧しているので、大丈夫、と祈っております。

ブシュブシュとくしゃみや鼻水を垂れ流していたり、ゲホッ、ゲホッとかブフォブフォという感じで咳き込んでいたり呼吸が怪しげな馬がいたら、できるだけ近づかないようにしてくださいね。
飛まつ感染、空気感染だってことですから、ツーリストがキャリアになって感染拡大なんてはた迷惑なことになっては残念きわまりません。

というわけで、せっかく、わーい!馬が増えたぞーとはしゃいでいたのですが、手放しで能天気に喜んでいる場合じゃなくなっちゃいました・・・

AD