霊感あるほう? ブログネタ:霊感あるほう? 参加中
モンゴルだるま@モンゴルのどっかから発信中、です。

モンゴルはすっかり朝晩が冷え込んできました。
一ケタ台はやはり秋っぽいといってよいと思います。

ひんやり、ゾクゾクする・・・といえば、この時期は、怪談ですよねえ。
霊感っていうと、やっぱ心霊とか悪霊のたたりとか、そういうものが見えたり、感じたり、お祓いしちゃったりできるっていうほうなんだろうね。

最近は、モンゴルでも怪談ブームみたいです。
稲川淳二さんの怪談シリーズ番組がモンゴル語吹き替えで放送されたりしています。

モンゴルでも幽霊みたいなお話や地縛霊もどきや鬼やお化けの類のお話や狐火に化かされるって話は結構あるんですね。

というわけで、そんなにすっげー霊感があるってわけではないけれど、それなりに「ピンと来る」系第六感でこの世をわたってきた私の、プチな不思議霊感現象Inモンゴルなどをご紹介してみたいと思います。

《モンゴル東北部 ヘンティーアイマグ》

私も実際、チンギスハーンの陵墓を探す、という壮大な日本とモンゴルの史上初の合同学術調査に通訳として参加したとき、トゥブアイマグのムングンモリットソムから、次のベースキャンプであるヘンティーアイマグのビンデルソムに行く途中の道で狐火に化かされ、調査隊の車両8台のほぼ全部が、迷走・迷子になってしまう、というびっくり体験をしました。

皆、自分の前の車のテールランプをおっかけているつもりで走っていたのに、ふと気がついたら、道なき道をグルグルしていることがわかって・・・

そのあたりは、その後も何度もGTZ(ドイツ政府の国際協力機関)のプロジェクトでやった地元主導型持続的発展ツアー(ようはコミュニティベースのエコツアー)の対象地域にして、遊牧民有志グループのワークショップのインストラクターとして訪れたり、会社としてお客様を送ったりしたわけですが、お客様がいない状況で私と運転手だけっていう状況で通ったときにもやっぱり狐火で惑わされたこともありました。

土地の人に言わせると、チンギスハーンの聖地を守る人たちによる不思議な力が働いてるんだそうです。

GPSもコンパスも狂っちゃうし、結構立派な無線機が使い物にならなかったり、ほんとに不思議なことでありました。
チンギスハーンの守り人たちのパワーかどうかはわからないけれど、モンゴルの大地ってむやみやたらと開発しちゃいけない荘厳さがあるって思います。

《モンゴル北部 フブスグルアイマグ》

いまだ自然霊信仰が根強いフブスグルアイマグ北部などでは、「エゼンテイ(主がいる)」土地って言われてるところがあって、そういうところって、やっぱり、「何かおる!」っていうパワーを感じます。

ダルハド族やツァータンの人たちは、未だにシャーマニズムやアニミズムを大切にしています。
でもそれって自然の中で、自然と共に暮らしていれば当たり前に精霊的存在を受け入れることになるし、「ある」っていう前提で暮らしていれば自然と感じられるようになるものなのかなあって感じです。

「自然の偉大なる聖なる存在」を感じられるってことは、生きる上で必要なタブーといった自主規制をするようになります。だから、今まで、原生林や大地が守られていたんだろうなぁ。

でも最近は、外部から金鉱山開発の手がのびてきていて、ツァータンの人たちも、鉱山開発の人たちの荷役アルバイトでお金を稼いでいたり、金鉱山で「ニンジャ(個人的な金探しをする人たち)」で一攫千金を目指す若者もいるみたいです。現金流通経済が浸透し、「人の世の流れ」とかに影響されるようになってくると、どんどん自然の聖なる声が聞こえなくなっていくのかなぁ?

正直、モンゴルの「大地の主人」となる存在ってわりと「あらぶる神」な感じで、かなり厳しいタイプだから、私なんか、怖くて枝一本折れないし、草だって根っこから引っこ抜いたりできません。

《実は日常的にピンときちゃってます》

私、子供の頃から結構、あてずっぽうでズバリ当てちまう(見えてるわけでも感じてるわけでもないのに、何気につぶやいたことが、「なんでわかっちゃうの!?」ってびっくりされるというタイプの霊感?というか第六感が強いです。

ガナー君のように単純明快なタイプの人などは、離れているときに何があったのか?とか誰かとの会話がどうだったのか?とか、ほんとあてずっぽうで根拠もないのに自信たっぷりに決めつけたように「○○だったんでしょ?」とかいうと心底ぎょっとされちゃうのです。

初めて訪れた土地とかでも、処刑場があったところ、とかいわゆる神社があるところなんかは、その経緯なんかがそこはかとなくわかるというか・・・これまたあてずっぽうで、「こうなのかなあ・・・」なんてつぶやいていると、地元のおじいさんとか神主さんなどに確かめると、やっぱり「そうだった」ってことはよくあるのです。

なくし物が多いのは、ずぼらで散らかし屋さんだからなのですが、同時に「かりぐらし」の小人さんと長年よりそって暮らしているからじゃないかと思うわけです。

ほんとにほんとに困ったとき、「小人さん、小人さん。ほんとに困っちゃってるので、どうか出してくださいませ」ってお願いしてから寝ちゃうと、翌日は、「はっ」と何気なく触ったところとか、開けた引き出しから探し物が出てくるのです。小人さん、ありがとー!

沖縄の島とかキジムナーがいそうなところとか、ノロさんやユタさんのお墓の場所とか、今でも生きているノロさんやユタさんのおうちとかって通っただけでピンと来ます。あー、ここ、いいところだなぁ?とか特別な場所なんだろうなぁって。フブスグルの針葉樹林帯タイガの中とか、草原の小さな泉とか、やっぱり「精霊が宿って守ってくれてる」って場所を感じることがあります。そういうところって、やっぱり地元の人たちが青い絹布(ハダク)を結んでたりします。
私が好きな聖地っていうかエネルギーのある場所は、あんまりゴテゴテと仰々しく祭られているところよりも、ちょっぴりひっそり、地味な感じのところです。

そういう意味で、日本の神社って、ほんとは派手派手な建物や何かオブジェがあるところとは違う、外れたところにひっそり、ホントはこっちにいらっしゃるんでしょ?っていう小さな石が積まれていたり、樹があったりするので好きです。

他人の過去や未来や現状で抱えている問題なんか、何にも言われなくてもわかる、っていうか感じる。
だからといって、私がそういう問題とかを解決できるわけではないから、よっぽどのことがあって、相手が相談したそうってことじゃない限り、黙っています。
普通の人が見せてないことや口に出さないことは、やっぱり察しても、感じないようにシャットダウンしておくのが礼儀なんだと、大人になって、ひどい人間関係の摩擦や命がけの修羅場をかいくぐっているうちにようやく悟りました。

霊感っていうと、なんだかおどろおどろしい感じなスーパーパワーな気がします。

私のはそんなにかっこよかったり、由緒正しそうだったり、お金儲けっつーか、霊感ビジネスとかできるようなスピリチュアル系の力ではないと思います。

ただ自然と仲良く、自分の心と身体を健やかな状態に保ちながら、愛する人とできる限り良好な関係でおつきあいするために、なんとなく有効利用できたらいいな、っていう程度のシックスセンスです。

占いとかは当たる、っていうよりは、見えるっていうか・・・やっぱりあてずっぽうのイマジネーションなんだけど、わかっちゃうんですよね。なんとなく。
もっと修行とかすれば、ちゃんと自信をもって、語れたりするようになるのかもしれないけれど、今まで40年以上、この第六感を磨こうとか鍛えようとか、志を持って生きてきたわけではないけれど、別に40歳過ぎても能力というか感覚が鈍るわけでもないみたいなので、ま、このまま大事にしておこっかな、と思います。

霊感というのが、霊的に神聖な存在を感じることができる力、ということなのであれば、それは神様を受け入れて、生きようとなんとなく覚悟というか、その存在を受け入れたときからずーっと当たり前のように与えられたものなのやもしれません。

日本と違って、モンゴルの人たちってほんとこの世に未練を残したりしないのか、そもそもあの世の人口密度も低いせいなのか、ほとんど「幽霊スポット」ってありませんね。

口裂け女じゃないけれど、「都市伝説」的な幽霊(心霊)スポットはあるけどね。

というわけで
《ウランバートルでわりと知る人ぞ知るスポット》

ほんとに「ソレ」を見ちゃったときは、「うっそーーーーーー」って驚きました。なんだこりゃ?って。
深夜にフラワーホテル近くの「トンネル」の車道を通るときはご注意を。
真っ赤なワンピースタイプのドレスをきた髪の長い女がぼーっとつったってることがあります。
もう10年以上、あそこにつったってるから、「それ」は、地縛霊なのか、ただのおしゃれな地霊なのかわかりませんが、常連さんです。いつもいつも見れるわけじゃないんだけど、よっぱらいのお姉さんみたいな感じでゆらゆらと道路のど真ん中を歩いています。

大韓航空など深夜到着便のお客様をフラワーホテルにお送りした帰りに、ガナー君とよく出くわしちゃいます。

別に全然、害がありそうな感じはないのですが、やっぱり、あぶないよなー、道路の真ん中は歩いちゃいかんよ、と毎回思います。

というわけで、わりと日常的にどこでもシックスセンスが発動できてしまうため、いわゆるの「視えちゃった」とか「感じちゃった」系エピソードには数限りありますが、別に「不思議ちゃん」なわけではないので、今までどおり、普通におつきあいくださいませねー。

ペタしてね読者登録してね

AD
「冷房ナシ」「ネットナシ」「エレベーターナシ」どれがマシ? ブログネタ:「冷房ナシ」「ネットナシ」「エレベーターナシ」どれがマシ? 参加中

私は冷房ナシ派!

モンゴルだるま@モンゴルです。
2001年10月にモンゴルでの起業を決意し、年末から移住しました。今年で10年目。
日本の猛暑・湿気が苦手というよりは、むしろ都会のきっつい冷房が苦手だったので、夏ー秋はモンゴルの爽やかな高原気候の中で過ごし、冬ー春は日本の温暖で雪とか温泉とか忘年会やら新年会やら美味しい海産物を楽しもう、というのが起業した当初の目論見でした。

冷房、インターネット、エレベーターのどれがなくてもいいや、って思えるか?

モンゴルのようなノンビリしたところで暮らしていると、携帯電話があれば大抵の用事がこなせます。
とはいえ、インターネットは自分の生活の潤いであったり、まさにセーフティーネットというか命綱な存在です。

草原での暮らしも、インターネットが繋がるなら、全然不自由しない。

高原内陸気候で、気温が上がってても日陰にいればそれなりに涼しいモンゴル。
草原でゲル生活をしている分には、そもそもエレベーターがないと辛いほどの高い建物自体が生活環境にないのです。

最近のウランバートルは16階以上の高層マンションやオフィスビルを建てるのがはやっているようで、6階以上の建物はエレベーターの設置が義務付けられています。

といっても、私、エレベーター付きの集合住宅で暮らしたのは移住当初の2ヶ月弱だけ。
1991年、初めて通訳としてモンゴルで仕事をした際、今は老舗5つ星を誇るバヤンゴルホテルですが、当時はかなりガタピシしたぼろいエレベーターしかなくって、停電だか不具合だかで45分間ほどエレベーターの中に閉じ込められちゃったのがトラウマになってて、エレベーターが苦手です。

目的地が10階ぐらいなら、1人で行動している場合は、階段をぜいぜい言いながら登るほうがまだマシ、と思っているくらいエレベーターが嫌いです。
「死刑台のエレベーター」とか「ダイハード」とか「羊達の沈黙」とか強烈な小道具としてエレベーターが使われているわけで、ある意味、落下とか危機一髪の代名詞という位置づけだったりする。

日本でだって、エスカレーターがあるなら、エレベーターよりもむしろエスカレーターを使いたい。

冷房・ネット・エレベーターという選択肢ですが、3.11の大震災を経験した人なら、結局、冷房もエレベーターも便利ではあるけれど、命を救ってくれるってほどではないけれど、インターネットが繋がることで必要な情報を送受信できるっていう心強さを感じてるんではないでしょうか?

今年も、日本は容赦なく猛暑のようで、とても心配ではありますが、インターネットを使えば仕事の用事などがこなせるならば、いっそモンゴルに避暑に来て、こちらでさっくりお仕事バケーションを満喫していただければいいのになぁ、と思います。

最近はウランバートル市内にもWiFiでネット接続無料サービスの飲食店も増えてきています。

それにしても草原での生活も、携帯電話とインターネットが必須っていう時代になってきてるんだなぁ、ってモンゴルの情報インフラの発展に感謝というか感慨深い今日この頃です。





「冷房ナシ」「ネットナシ」「エレベーターナシ」どれがマシ?
  • 冷房ナシ
  • ネットナシ
  • エレベーターナシ

気になる投票結果は!?

AD
仕事、宿題はギリギリまでためる? ブログネタ:仕事、宿題はギリギリまでためる? 参加中
モンゴルだるま@ウランバートルです。
仕事、宿題はギリギリまでためる?というブログネタに、締め切りギリギリでエントリーしているところに、私の性格が如実に現れていると思います。

仕事や宿題がギリギリまでたまっちゃうのではなく、「こっから始めれば間に合う」っていう逆算で段取りをくむため、どうしても締切日=納品日になりがちな私。

調子がいいときや、仕事がスカスカなときなどは、締切よりも早く納品しちゃってたこともありましたが、結局、そうなるとクライアントさんのほうが「原稿の大幅変更」をしてきて、作業が2倍、でも報酬は変わらず、とかいう哀しい事態になることも多々、というのがここんとこ続いていたため、「締切=納品日」という原則を貫くべく段取りするっていうほうが効率がよいことがわかったのです。

これって、人気映画シリーズの「パイレーツオブカリビアン」の脚本チームがシリーズ第2弾制作で、脚本の仕上がりが大幅に遅れたときに、メイキングビデオでも言っていました。「あんまり早くに完成させちゃうと、演出側から大きな変更のリクエストが来ちゃうから」としれっと言っておりました。

ある仕事でも、50ページ余りの原稿の翻訳仕事が舞い込んできて、しかも締切もタイトで半分ぐらいまでがんばって着手していたのに、「原稿自体が変更することになったので作業は中止してください」みたいになり、下訳さんには作業分の報酬は当然支払うべきなのに、私自身はノーギャラで泣き寝入りってこともありました。

なので、ラストスパートがどれだけ短時間でも、長期間になったとしても息切れしない、集中力が途切れない体制をとれる自分というコンディションを作っておく、ってことにして、作業そのものの分量に対しての報酬って自分の仕事をとらえないことにしています。

下訳あるいはネイティブ校正チェックにかけるのは、仕事の精度を上げるってこともあるけれど、モンゴル国内であぶれ気味な日本語が「使える」モンゴル人が、日本語をプロフェッショナルレベルで使うことのモチベーションをキープできるようにするための、私なりの貢献努力ってこともあります。

正直、スペルチェックレベルの校正なんかだと、若いモンゴル人の子たちよりも私のほうが精度は高い。自分が知ってる、知らない、というレベルではなく、徹底的にリサーチかけていろんな文献にあたり実例で確認をするから正字法とか文法レベルの最終的なチェックは得意です。でも、やっぱりネイティブならではの表現っていうのもあるから、自分ひとりで天上天下唯我独尊なんてえらそうなことはいいません。連携が大事だって思ってるから。

締切があるものって、翻訳やレポート系の報告書作り、資料作りなどが主ですが、これらは、スタートダッシュでがーーーーーーっと結構な目途が立つところまで1人でガンガン走ります。それから、中盤でペースを落として、少し原稿を「寝かせ」ます。この寝かし期間は、仕事の大小・難易度に関係なく、一定期間おくことが大事。この「寝かし」があってこそ、自分の作業を客観的に評価確認し、吟味することができるのです。

誰かに依頼しなきゃいけないときも相手の力量や時間的余裕を鑑みた上で、わりとタイトに、平均的なペースで作業をすすめてもらえるように仕事のスケジュールを組みます。いよいよとなった時、モンゴル人が「やっぱりできません」ってばっくれたとしても自分でカバーできる程度の余裕は見ておかないといけないから、少し前倒し気味。

どれだけ実力がある人でも、「ギリギリまで手付かずでほったらかしておく」っていうタイプの人がやった仕事って、どれだけ立派な翻訳原稿でも、行間というかどこかに「粗」がある感じがするものです。突貫工事でやってて、見直ししてないなぁっていうか、言葉の吟味とか切磋琢磨が感じられない。

そういう人は、どれだけ有名だったり、売れっ子だったり、高学歴だったり、経験豊富だったりしても、次回もお願いしよう、とは思わない。

だから自分自身もそういう仕事をしないように心がけています。
早ければいいってもんじゃない。
それは入学試験とかでいくら早く答案用紙が出来上がっちゃっても、ギリギリまで見直すのと一緒です。

あんまり早く終わりすぎても自分の集中力が途切れちゃって、粗い仕事になってしまうので、やっぱり「寝かして」から見直す必要があります。

そんなわけで、私はギリギリまでためこむこと自体を悪いことだとか恥ずべきことだ、とは思いません。

仕事の依頼を受けたときから、最後に納品し、クライアントに受理してもらって、請求書を書き、最終的に報酬を受け取り、ありがとうございました、とお礼を送り、「またよろしくお願いします」とお互いに思える状況にもっていく、願わくば、次の仕事まで確約できたり、誰かに口コミでご紹介いただく、ってところまでの関係が築けるってことで、初めて、「仕事、完了」と実感できる。

普段はぼーっと、趣味的にいろんな新聞とか雑誌、資料になりそうな文献の翻訳メモなんかをやっているけれど、報酬をいただくお仕事となったときは、集中力と段取り力、そしてやっぱり普段からの訓練で培った実力がものをいう、そういう覚悟で、無為に過ごす時間を大切にしています。

ギリギリになっちゃう、のではなく、ギリギリまで粘ってるんだ、とご理解いただけると末永くよいお付き合いができるので、クライアントの皆様、温かい目で見守り、モンゴルだるまを信頼してくださいませ。

毎回、「本命中の本命の一発合格以外に道はない状態の入試受験態勢」で臨んでいるので、最後の一瞬まで徹底的に取り組みたい、でも絶対に、提出期間内に間に合わせないと、結果が出せないってこと、人生で許されないことだって覚悟して20年余り勝負してきたんだなぁ、とこのブログネタであらためて実感です。





AD