せっかく夏から秋にかけて舗装修繕したメインストリート「平和通」ですが、立て続けの寒波・吹雪・踏み固められてアイスバーンの繰り返しで、すっかりつるっつるのスケートリンクのようです。

すっかり腰痛が定着しちゃった私はあぶなっかしくて歩けません。

さて、-30℃くらいの世界になると、タイヤのスリップが減るってご存知でしたか?
スリップは、タイヤのゴムが接地面との摩擦で熱を起こし、瞬間的に氷がとけ、また凍るというこの瞬間瞬間に起こる現象ですが、-30℃ともなると、あまりの寒さにタイヤ自体も冷え切っていて氷もとけないのです。

とまぁ、これは理屈。
ウランバートルではあっちやこっちやでスリップによる追突、交差点での衝突事故が相次いでいます。
なぜか?

なんと、この期に及んで、未だに「サマータイヤ」で走っているおばかちゃんがいっぱいいるから。
お金持ちで日本とかから出稼ぎや奨学金をためて購入した車を乗ってる「ちょい勝ち組」ドライバーが特に危険です。
モンゴルの女の人は皆さん勇敢なので、平気でウランバートルでもハンドルを握っております。
でも、「パパ」やら「カレ」やらあるいは自分の「体」で稼いだかわいこちゃんたちは、サマータイヤとウィンタータイヤの区別もわかってない、らしいです。おぼっちゃまもしかり。

パンク修理もタイヤ交換も出来ないかもね・・・
チェーンはあまり普及しておりませんが、まぁ、あまり意味がないのです。
深い雪などでこそチェーンが生きる。
アイスバーンではチェーンはかえって、グリップ力が下がるから空回りの原因を誘発してしまいます。

でもって、交通警察は、まずは、走行中の車のタイヤチェック徹底をし、サマータイヤでちょろちょろ転がしている人は、「ジョラミンハシャー」を呼ばれるいわゆる交通警察の違反車両保管施設に没収しちゃうのです。
サマータイヤの交換指示、あるいはウィンタータイヤ・オールシーズンタイヤであっても、すでに磨り減って「交換マーク」が飛び出ているような車両もジョラミンハシャー行きです。

これって、その車の運転をしている人だけでなく、その周囲で走らなければいけない車の安全のためにも必要な措置です。

今、乗用車用の日本製の中古ウィンタータイヤ・オールシーズンタイヤは、ウグームル自動車市場という車の部品関係の市場では、シャルハッドにある車市場と1,2位を争う品揃えの会社で、35,000-45,000tg/1個で売られています。売れ筋は、YOKOHAMAタイヤ。ブリジストンです。新品だと、ヘタな韓国のボロ乗用車(モンゴルで3年くらい走行している中古はボロになる)が新品の日本ブランドオリジナルの冬用・オールシーズン用タイヤ4個分のお金で1台買えちゃう。

他にもいろいろな交通情勢改善強化対策が採られています。

あまりに厳しすぎて、実施できるのか疑問もあるけれど。。。

久々にお外に出て、車に乗ってみるといろいろ気づくこといっぱいです。

この寒さ、今年は3月くらいまで続くとの長期予報がモンゴル国立水理気象研究所予報部から出ております。

それにしても、-40℃なんてのは、めったになくて、今までは、単なる「脅し」とか「ネタつかみ」だと思ってなめてかかっていた私ですが、今年のウランバートルは文字通り、-40℃当たり前の厳しい冬となっております。


こんなに寒くなっても、土日になると、近所で今年はスケートリンクができなかった校庭で子供や大人がサッカーをしているので、「ありえねー」と驚きます。モンゴル人、やっぱすごいです。

いつも応援ありがとうございます。モンゴル情報ブログも参加者が増えてきました。面白いブログでモンゴル情報をバンバン出して、モンゴルを広く深く身近に感じていただけるようになるといいなぁ。
ただいま2位に転落中。こちらのポチからのInが多いと、巻き返しの強力な追い風になりますので、応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村


AD
いやー、ダルハンの清らかな空気に浸って帰ってきた体にゃ、ウランバートルの煙、大気汚染はきっついわぁ。

のどがヒリヒリ、目がしょぼしょぼです。

こんなところで毎日暮らしてるのねー・・・

それにしても、朝は8時過ぎに日の出であるため、朝だとフォグランプをつけないと前が見えないくらいの煙です。

ここのところ連日寒いため、おもーい煤煙を含んだガスが盆地のウランバートル市街にたまってしまうのです。

今に始まったことじゃないけれど。

以前、独立国の首都の中で、世界で1、2位を争う大気汚染のひどい街となっていたウランバートル。
ひょっとしたら、今世界NO.1かも?


政府としても環境汚染対策のひとつとしてウランバートルの大気汚染抑制に関連するビジネスに対する奨励政策を打ち出していますが、どうなるかしらん?

大学の工学部や芸術学部等々の学生や研究機関のプロジェクトで、燃焼効率がよく煙が少ないストーブの開発とか、燃料の改良などに助成金がついたり、国外の研究者たちとの共同研究がなされていたり、廃棄物処理関連でも日本はじめ様々な国の国際援助で採用されたりしています。

大気汚染度合いをモニタリングしている計測器の数値がバローンドルブンザム(西の交差点。ゴロムトタウンからブンブグル市場へと入る途中の道や、バヤンブルドなどに掲示されています。

また、その測定結果で、ウランバートルの中でもワーストな地域もはっきりしました。

すると・・・去年、おととしはそうでもなかった、我が家近辺は、なんとウランバートルの中でもワースト5に入っているではないか!!

最近はゲル地区よりもそこからの煙がたまる市内中心のゲル地区と隣接しているあたりがまずいようです。

今までは冬は一時帰国しちゃっていましたが、今年は春までずっとウランバートルなので、ほんと肺や気管支に気をつけねば。

オターっていうのは、モンゴル語で、「煙」のことです。

オラ-ンは赤。

似て非なるものだ。

それにしても気が遠くなるほど背中というか腰が痛いです。

腎臓の調子が悪いと、煙と共にすっごくイライラしちゃう。
精神的にもまいってきています。

なんにせよ、健康って体と心のバランスが大事なのですね。
そして、今、私はめちゃくちゃそのバランスを崩してしまって、大変なことになっちゃってるのだ・・・

職場でも激震地みたいになってて申し訳ない・あぁ。。。

そして一番のとばっちりを受けているガナー君。ほんとゴメンネ。

煙さえなければ、清浄な空気の中で、すっきりとしたシンプルライフであれば、これほどギスギスしないのに・・・

週末は車の整備を終えたら、できれば冬営地に行きたいって思ってます。
AD
ウランバートル市のメインストリートである平和通り(エンフタイワニィ ウルグン チョロー)の道路工事が始まって1週間余りが経ちました。時期を区切って、部分ごとに工事を進めているのですが、公共路線バスの運行ルートが変わったり、渋滞がひどくなってます。
平和通りの工事は10月末まで続く予定なのですが、何も観光シーズンのピークにやらなくても、、、とか思ったりもしますが、まぁ、大穴あいたり、モンゴルの気候的な問題で、氷点下になる前に終わらせなければいけないから仕方ないですよね。我慢、我慢。

なるべく公共交通機関を使うか徒歩で移動することにしています。

さて、ウランバートル市もただ手をこまねいているわけではありません。

明日、8月20日から10月20日まで、自動車のナンバープレート末尾番号による交通規制を行うことで渋滞緩和対策に乗り出します。

ウランバートル市中心の外環路(イフトイロー)では、平日{月曜日から金曜日まで)の朝7時から夜10時(22時)まで運行規制が行われます。
月曜日は、末尾番号1・3
火曜日は、末尾番号2・4
水曜日は、末尾番号5・7
木曜日は、末尾番号6・8
金曜日は、末尾番号0・9
が上記時間帯はイフトイローを走れませんので、タクシーや白タク乗用車に乗り込む際はご注意を!

ちなみに、緊急車両や公共サービス機関所属の車両、公共路線バスには適用されません。(そりゃ、そうだよね・・・)

ガソリン燃料の値上げで、タクシーも運行メーターに細工してたり、kmあたりの単価が上がってたり(ほんとかな?)と割高感が一杯、不信感も一杯な今日この頃。今の相場は、550-600トゥグルグ/km(40円弱くらい)が目安になっていますが、どう考えても、走行した距離よりも高い料金を請求されるケースが増えています。

安全面の問題もありますが、基本的にはタクシー会社のロゴが入ったタクシーでも、個人タクシーに無線がついているのとあんまり変わりません。タクシー会社から「リゼン(いわゆるローン)」制度を使って運転手が1-3年くらいかけて、ノルマを毎日タクシー会社に支払うことで買い取ろうとしているだけなので、会社に対する忠誠心もなければ、会社の名誉のためにサービスのマナーを守ろうという意識も低いのが現状です。

ホテルや有名レストランで無線タクシーを呼んでもらったから安心ってこともありません。
タクシーを深夜に利用せざるをない状況になったときは、考えうる限りの防犯対策をとることが大切です。
多少ぼられたところで、日本円に直せば、100-1000円くらいなものですから、命や身の危険には変えられません。
特に、モンゴル語が通じない、独りで乗っちゃった、という場合には、文句を言わず、相手の要求どおりに支払ったほうがトラブルが少ないです。

あと、イフトイロー路の交通規制により、裏道を使う車両も増えますから、モンゴル国立大学、国立科学技術大学、文化芸術大学などの学生寮付近や11番地区(11ホローロル)あたりにお住まいの方はご注意くださいませ。

市の試算だと、この交通規制で渋滞が20-30%緩和されるそうですが、イフトイローはUターン禁止の柵が設置されていたり、比較的裏道が少ないくせに建築資材市場や自動車整備工場など自動車にとってかなり重要な路線であり、ウランバートルの北側の東西をつなぐ道路でもあるので、そう簡単にはいかないかも・・・。

でも、このくらいの規制をしないと、ウランバートルの交通事情は改善されないっていうのも事実だと思います。
AD