「ツイッター」「なう」みたいなショートブログやってる? ブログネタ:「ツイッター」「なう」みたいなショートブログやってる? 参加中
「なう」は結構面白いし、「なう」仲間のブログの更新なども教えてもらえるから好きです。設定しなくてもすぐできちゃったから。

ツイッターもはじめてはみたものの、実はあんまり使い方、わかってない。
特にRTしたいものに、ちょいとコメントつけたい、とかっていうとき、どうすればいいの???

名言などをつぶやいている方やダライラマ14世、マザー・テレサの名言のボットなどは、毎回、「あぁ、いいなぁ」っていうのがある。自分で書き留めてファイルするのがいいんだろうけれど、さくっとまとめて読みたいときとかツイッターは便利です。いい言葉をつぶやく人って、ほんとハズレなくいいことばっかりつぶやいている・・・気がする。

でも、ツイッターは、なんでかわからん、自分には共通項が見つからなさそうな人からフォローされちゃったりしてる。それほど広がっていないんだけど、ただつぶやくだけよりも、誰かと絡むようなやり取りしたときのほうがフォローが増える。
そうか、そうやってフォローしてくれる人増やすんだね!


モンゴル人はもともとコミュニケーションツールを導入するのが上手だなぁ、って昔から思っていたんだけれど。

Facebookとかツイッター、ブログ、ヤフーメッセンジャー、SNS、Hi5など私は誘われてもやったことがないものも含めて、ほんと活発です。

先日、地元主導型ツーリズムの指導をしているNPOの英国人のおじさんなどと昼食をご一緒させていただくチャンスがあったのですが、マスツーリズムではないエコツアー系の場合、Facebookで集客するというのはかなり有効だ、とのこと。

確かに、エコツーリズムって、誰がどんな風に関わって、何を感じるか、どんなことをやっているか、とか、さらにどんなメッセージがあるかってことが大事なツアー形態なので、「顔がわかる」っていうのは有効ですね。
主義主張があって、それが誰かにとって「トリビア!」だったり「癒し」や「きづき」を提供できるのならば、それはそれで心にひっかかるはず。

今年は後半に入ってからかなりヒートアップしました。
いろんなことから脱皮できたというか、心の傷をあるがままに受け止められるようになったことで、人との繋がりを見つめなおすことができるようになりました。
人と連携することや人を信頼することに対する恐怖は少しずつ減ってきているような・・・

まぁ、そんなこともあってツイッター、始めたんだよね。

あとこのブログのプロフィール写真も「自分自身」を出すようにして、知り合いからのコメントがうっかり本名で呼びかけてくれてても、そのままスルーで承認できるようになりました。

ネット繋がりで知り合いが増えるっていうのはすごいことだと思うんだけど、やっぱり、最終的には、どっかで「リアルで会いたいな」っていう気持ちが持てる相手とつながりたいって思っています。

だから、スカイプでもツイッターでもミクシィでも会ったことがない、相手の正体が不明なまま、という人に自分のツブヤキを見られたくない、っていう気もする。

読者登録せずにいきなりアメンバー申請をやたらなれなれしいメッセージでしてくる人とかね。
「絶対、承認したくねー」って思っちゃう。

要は、まだまだネットの活用になじんでいないってことです。
こういうのは、自分の器とか、リアルでの人間関係の構築の仕方の延長線上だと思うんですよね。
例えば、リアルで好きだった人なら、自分で検索してでもたどり着きたいって思う。
ブログとかが面白い人とは、面識なくてもフォローしたくなる。

なんだろう?どっかに共通項といえないまでも、重なってる部分があればいいのかな?

リアルで誠実な人って、ツイッターとかでもやっぱりレス、早い。
投げかけられたものは確実に拾って返してくる。すごいなー。

といったチャットに似たような感覚でも使えるのかぁ、ということを知ったのは、ほんとごくごく数日前からのこと。

モンゴル国のダルハン市にある孤児院の子供達の自立支援をしている「NGOゆいまーるハミングバーズ」の代表の照屋朋子ちゃんは、実に聡明で誠実で一生懸命な女性で私は初対面の頃から尊敬している一人なんだけど、ほんとツイッター上手に活用して議論を高めているなぁって思います。
ゆいまーるハミングバーズの活動などについては、この充実したホームページを見てねー!http://yuimar.org/

独り言のようで、誰かからのレスポンスをちょっぴり期待している。
そんなところが、ショートブログにはあります。

正直、ショートブログを活用するためには、リアルでチェックできるネットができる携帯電話を持ってないとついていけないです。

リアルの人間関係でいろんな話し合いが解決しちゃってるとネットに頼らんでもいい気がしてしまう。
ブログが時々、更新が鈍くなるときって、リアルでのお付き合いや仕事で、考えたり、やりとりしたりすることで精一杯で、それを不特定の外部に発信するっていう配慮がなくなっちゃってるときなんですよね。
それでも、ちょろっと1記事20分以内で投稿記事作成ってルールを自分の中につくり、キッチンタイマーのアラームで時間管理するようになってからは、わりとブログはブログとして楽しんで更新頻度も下げずにできてるつもりなんだけど・・・

ブログでもツイッターでも「中毒」っていうほどの依存症になっちゃう人がいるっていうのもわかる気がする。
続々と届くツイッターのツブヤキを追ってるだけでもあっちこっちに話が飛んでて面白いもんね。

モンゴル人のツイッターの使い方で面白いのは、政治家の人たち。
鳩山前首相とか菅首相などのもフォローはしてるんだけど、ぜんぜん面白くない。
国民の声を聞きたいっていうほど、活発な話出てなくって、フォローしている人は圧倒的に多いのに、ご本人はほとんどフォローしてない。
読む暇ないから、アウトプットオンリーでレスコメで声を集めようってことなのかしら?

私はフォローしてる数もフォローしてくださっている方の数も、そんなに多くないけれど、とりあえず、全部、ツブヤキは見てたりする。でもフォローしてくださっている人に100%フォロー返しして、、、っていうほどの情熱がない。相手のツブヤキが面白くないというか興味ないと、わざわざフォローせんでもええかな、って。

要はのぞかれたい願望も希薄だけど、のぞきたい願望も特定の指向性があるってことなんだろうね。
興味のないことは、せっかくアプローチしていただいてもノータッチになっちゃうけど、相手のフォロー返しなんかどうでもよくって、ただその人の「つぶやき」に興味がある、っていうはっきりした自分の中の取捨選択がある。

ツイッターはまっさらな状態から入った分、その傾向が高いです。
つぶやきがどんな波紋を広げていくか、とかね。
そういうことも目で見えるから面白い。

ブログもそうだけど、結構、「自己主張」とか「自己表現」の場として、格好のツールですね。
ショートブログ。今気がついた。

いろんな方が、セルフブランディングとか集客について書いていらっしゃるし、マーケティングツールとして活用しているようだけど、じゃ、自分の場合、どうよ?って足元、振り返ってみた・・・

わからんけれど、でも離れたところにいる友達との連絡にはメッセンジャーやスカイプより便利である気がしてきました。
というのも、結構、気軽にアポというかやりとりできちゃうから。

問題は・・・こういう友達とのレス・レス繋がりって、どこまで「外から見えてるの?」がわかんないのです。
けっきょく、プライバシーがさらけ出されちゃってるのかなぁ?

プライバシーをさらけ出すと、いろんな意味で防犯とか難しくなっちゃうな、とか、そういう懸念もあります。
あまりにプロセスというか自分がやるべきアクションが簡単で軽すぎて、逆に「ことの重大さ」とか「リスキーな部分」が見えてないんじゃないかっていう不安もあります。

宣伝活動したいけど、一部、「この人たちには見られたくない。タッチして欲しくない」っていうネガティブな感情があると、あんまりショートブログの威力を発揮しきれないってことか・・・

まぁ、ともあれ、Facebookとやらも、お気に入りの自分写真ができたら登録してみようっと・・・

ちなみにツイッターは・・・http://twitter.com/#!/mongol_daruma です。
読者の方にフォローしていただけると嬉しいな。
アメブロメンバーじゃない方は記事更新などお知らせできるみたいですもんね。

ペタしてね読者登録してね

今のところはブログが一番私にとっては使いやすくて、性にあっているウェブツールだと思います。

一時帰国中に、ツイッター等のショートブログの使い方、勉強しようと思います。


使い方よくわかる方、コツなどコメント等で教えていただけると嬉しいです!






AD
初めてです! 正式にHIVが完治したと診断された男
       HIVに感染した男性が公式に完治したと認定されました! その人の名はTimoth R..........≪続きを読む≫


1980年代くらいから、エイズというウィルス感染で起こる不治の病が、それまで不治の病だった「ガン」を押しのけて、もっとも恐ろしい、救いのない病の代名詞になりました。

アメリカに留学するっていうことになって、同級生が集めてくれたメッセージが一杯書かれた寄せ書きサイン帳にも、「エイズになるなよー」的なことが結構かかれてました。

当時は、性交渉と輸血が感染ルートってことで、どっちもオイラには関係ないなって思ってたんだけど・・・
いまや同性愛者だけでなく、ヘテロセクシャルの人も、「普通に感染」しちゃう病気になってきました。

ここモンゴル国でも1991年くらいに最初のHIV陽性の人が見つかりました。
1992年の夏には、医療系の支援NGOからエイズ検査薬をモンゴル保健省に届けるっていうボランティアをやったこともあります。
で、1992年以降、「エイズがモンゴルに入ってくるのは外国人のせい!」というよくわからん理由で、留学生などのエイズ検査義務づけ、みたいな妙な制度が持ち上がってきました。

21世紀になってからのモンゴルビザ発給申請のアンケートにもHIV検査を受けましたか?とか性病にかかってますか?というプライバシーの侵害ともいえる失礼な質問事項が一般的事項と同列に並んでいました。
モンゴル国での就労ビザを取る際には、モンゴルでHIV検査や性病検査を受けなきゃいけない、という話もききます。

私は「Tビザ」という投資家用のマルチビザを2003年以降、ずっと更新、更新で取得しているので、そういった煩わしい項目や義務事項はないのですが、海外青年協力隊でモンゴルに赴任してから、任期終了後も個人的にモンゴルで培った人脈や自分がやってきた活動を続けていくために、リターニーとなった人たちから聞く、性病検査はほんと、屈辱的というか精神的なストレスが大きそう・・・

そこまでして外国人に強要するのは、「今までモンゴルになかった伝染病」だから、ということと同時に、「完治療法が見つかってない」という恐怖からでしょう。

モンゴル国内でも、最近は同性愛者の問題が、「同性愛者がいるよ」という以上に、彼らの「権利」や「どうして同性愛者になったのか?」といった(なったのではなく、もともとそういう風に生まれついていた人もいるんだろうから、その辺の扱いもまだこれからなんだろうなぁ)、今までの「同性愛者⇒気持ち悪い」といった思考が固定的だったところから少し踏み込んできた気がします。

もともと性に奔放で、20世紀初頭、モンゴル仏教の僧侶がインテリとして「嫁入りする娘の処女を奪う」とか、まぁ、少しゆるーい性活動によって梅毒蔓延したことが、社会主義革命以降の僧侶バッシングの発端のひとつだった、という説もあるわけで、性病というのは、モンゴルの中では、わりと怖くもあり、ポピュラーでもあり、伝染しやすいものでもあるのでしょう。

性交渉が感染経路のひとつである「B型肝炎」も多いし、性に奔放な人と同様、性の狩人になっちゃったり、「熱烈歓迎」なアプローチに惚れちゃったりする人たちもまた、「この人と子供を作りたい」っていう明確な意志が芽生えないうちは、コンドームでの避妊は、病気感染を防ぐためにも必須でしょう。女子も恥ずかしいかもしれませんが、自分で自衛手段を持たないと、モンゴル男は、日本人男性みたいに「もしものときのために」と財布に避妊具常備する、なんて準備のいい人はめったにいませんよ。

ここんとこ、毎年、HIV陽性患者数が右肩上がりで増えています。
それも二桁ペースです。検査を受けてない人も多いでしょうし、素人さんとプロの人の区別がつきづらいところもあるので、「一歩踏み込んだ関係」になる場合は、病院で一日でいろんな性病検査をしてくれる(しかも3000円台くらいだったはず、日本に比べると安い!)」ので、一緒にブライダルチェックもかねて受けに行くことをお勧めします。

まぁ、そういうおばさんの説教臭い話はおいといて・・・

白血病とのダブル発症にも関わらず、すんごい先端医療のおかげで、エイズ完治の朗報!それにしてもよかったねー、という話にしても、この患者名、本名なの?直った!って話だから、いいのか?

それにしてもHIVに対して不死身の細胞があるとは!

でも、この治療法に耐え切れず、、、という人が30%以上もいたっていうこともまたその激しさに絶句です。
ある意味、命を賭けての人体実験だ。

たぶん、このくらいの技術は日本にもあるんだろうけれど、このリスキーさでなかなか発達させることができない分野だと思います。


でも、完治できる病気になった、というのはすごく明るいニュースですね。
この貴重な細胞を持っている人、細胞提供だけで一生安泰、くらいのプレミアムじゃないっすか?
AD
先日、突然、アメブロから強制退会処分をくらっちまったブログがある、という記事を書きました。⇒コチラ



もうアメブロで復帰は難しいかなぁ、、、といっていたバスコさんですが、「新・バスコの人生考察」として、戻ってきてくれましたー。

数多くあったネタ全部ではないみたいですが、徐々にまた更新してくれるみたいです。やったー!

私は、木下さんシリーズというバスコさんのご近所さんのスーパークレイジーな自転車屋のおじさんネタの大ファンなのですが、今回、復帰第一弾でシリーズ連載している、バスコさんのご母堂様とそのお友達の「ヨン様会」ネタも大好きなのです。

皆様にも、この抱腹絶倒というか、電車の中で携帯でアクセスすることはかなりヤバイ、腹筋運動にも適している素晴らしいお笑いブログにアクセスしていただきたいなぁ、って思います。

バスコさんのブログが突然なくなってからの数日間、当ブログにも検索でたどり着いていただいた方がたくさんいらっしゃいました。この復帰を共に喜びあいましょう!

完全復帰には、技術的な問題や、売れっ子のお笑い放送作家さんでもあるバスコさんのお時間的な問題もあって、即座にってわけにはいかないと思いますが、気持ちを新たにひとつひとつの更新を楽しみに味わいたいと思います。

バスコさんの著書は、きっと読者の皆様の心をやわらかく、逆境でも見知らぬアウェイな環境でも一発で、人間関係の輪ができる、話術の必殺技満載です。

日本語ができるモンゴル人の読者様たちは、もっともっとこなれた、かつ笑いという人類最大の幸福のスパイスを日本語で使いこなす必殺本としてご購入くださいませ。

一瞬で一生 人を引きつける話し方/村瀬 健

¥1,365
Amazon.co.jp

AD