蚊にさされて1番イラッとくる箇所 ブログネタ:蚊にさされて1番イラッとくる箇所 参加中
モンゴルだるま@ウランバートルです。
別に生ゴミ放置してるわけでも、水周りが汚いわけでもないのに、ベランダの窓を開け放って寝ちゃったら、翌朝、おっきいハエが集団で台所を占領していてドン引き

(((( ;°Д°))))

そんなわけで、大掃除に取り掛かっております。

久々のブログネタ参加は、蝿ネタじゃなくて、蚊ネタです。

蚊にさされて一番イラッと来るところはどこですか?

モンゴルにも蚊がいるんですよね。しかも、針というか口が日本のものより丈夫なのか、ジーンズの上からでもブッスリさしてきます。

蚊もヌカカの類や蝿・アブなどの吸血虫が多いんですよね。イライラ・・・

草原での暮らしでは、今のところ、決まった「トイレ」というものが出来ていません。

そもそも今の夏のベースキャンプは2km四方ぐらいに我々(委託遊牧民一家+たまに泊まりにいく我ら)だけしかすんでないので、一箇所にトイレを設置するよりもむしろ、草原の「どっか」で用を足しちゃうほうがむしろ、環境インパクトが少ないんでないか?という感じなのです。

モンゴルって、大きい方は、番犬が食べて片付けちゃうし(うちの愛犬ソートン(ジャーマンシェパード8歳オス)はおぼっちゃまなせいか、この「大便パクリ」はしないのですが)、小さいほうは、すぐに蒸発しちゃうしね。
トイレットペーパーの処理だけ気をつければ、(といってもこのトイレットペーパーも埋めておいても、いつもなにやら(多分ヤギ・羊の類が食べてるのか?)跡形もなくなっています。
うーん・・・エコトイレ=草原XXX。

私、この草原XXXは結構好きなんだけど(一番すきなのは、真冬の針葉樹林タイガの雪の中で早朝するXXX=世界制覇したような気分で最高の静寂を満喫できるから)、夏は蚊とか蝿とかがうざいのです。

大体、おっきい方をもよおしちゃうときって、ご飯を食べた後とかなわけです。
ついでにいうと、いくら四方八方人がいない、といっても、近所にあるツーリストキャンプのツアー客が集団で昼間は乗馬トレックのためにドヤドヤと往来するので、昼間のXXXは気が抜けない。

だから、一番気楽に、おおらかにできるのは夜更けか夜明け頃。

涼しいしねー。

でも、この時間帯は、蚊の類も活発に活動中なのです。

トイレのしゃがみこみスタイルって、すっごい無防備。
虫除けスプレーとか一応しておくのですが、あまりモンゴルの虫には効果がないみたい。
しゃがみこみスタイルで一番肝心な大事な場所って、虫除けスプレーもしづらいのよね。
適度にあったかくて湿ってる粘膜っぽいところだから、蚊とか吸血蝿にとっても「高級三ツ星レストラン」ぐらいに大好物なスポットらしく、こののっぴきならない姿勢で、のっぴきならない用事を足しているとき、一番大事なところめがけて蝿とか蚊が襲い掛かってくるのです。

ぷーーーーーんって。

音がまずウザイわけですが、音はすれども姿は見えず。

そして、わ!止まりやがった!ってわかっても、腕とか肩とか顔みたいに素手でペチッってたたきづらい場所でもあります。わかってて、襲ってくるのかな?

いわゆる局部をさされるのが、一番イライラします。
ぼりぼりかきむしるわけにもいかず、虫刺され軟膏をつけたりしたら、それこそ、飛び上がるくらいの刺激で大変なことになる(やってみて、ほんと驚きました)

指の股とか足の裏とかもやるせない感じですが、やっぱり日常生活の中で一番大事なひとときを、のっぴきならない場所に不法侵入してきて邪魔する蚊や蝿は許せん。

日本では超音波で虫除けする携行グッズや蚊取り線香、虫除けスプレー等優れた防御策が発達していますが、そんな最新ハイテク技術も、ずうずうしいモンゴルの蚊には通用しません。きー!

最近は、自分に虫除けスプレーをしても効果がないので、あらかじめ、ズボンやパンツの上からスプレーして、そもそも、ずり下ろす前から蚊をおっぱらっておき、すばやく用を足す、タッチアンドゴー作戦をとっています。

便秘がちな人にはおすすめできない方法です。

ちなみに、いろんなXXXを実践していますが、最近は、環境インパクトを極小に、かつ「自然に愛の還元」を心がけたXXX方法のご指南入門書を愛読しています。

地平線会議のお仲間でもある、糞土師・伊沢さんの名著をぜひ読んで、自然に優しく、楽しいXXXを愛読者の皆様にも満喫していただきたいと思います。

蚊は夏の風物詩。
冬になると、いなくなっちゃうので、まぁ、短い夏や素敵な秋を実感できる存在ってことで、共存するしかないのかもね。





くう・ねる・のぐそ―自然に「愛」のお返しを/伊沢 正名

¥1,575
Amazon.co.jp

AD

コメント(2)