モンゴルだるま@ウランバートルです。
とりあえず、仕事らしい仕事もしたんだけど、とにかく楽しかったというか、中味が濃ゆくて刺激的で、「引き寄せ運」と「お天気運」と強い調査団とご一緒できたことは、最高であった、という感謝の気持ちで一杯。

と仕事一段落の気分でいたわけですが、例によって例の如く、安請け合いで仕事はまだ終わっていないのです。

そんなに負担にならないはずなんだけど・・・元原稿がないぜ!て、これ探すのかぁ・・・という事態。
公務員の皆さんも幹部クラスは、今夏休み真っ最中って人が多いので自力で探しに歩き回ることになるわけだ。翻訳料値切られそうになってて、うーむ・・・でも、理解してくれる人もいるし、お国のためであり、モンゴル日本の国際協力に貢献ってこともあるからなぁ・・・てか、翻訳だけでなく、資料の発掘作業代も考えたら、翻訳の難易度がたいしたこと無くても、拘束時間とか経験とか付加価値相当入ってるんだよなぁ、そういうことを考慮できない人は、素人じゃないの?とかね。

ま、プロの魂と能力を持って、素人にも誠心誠意、仕事はマジでやる、っつーのがかっこいいと思っておるわけだ。
そう思ってなきゃ、やってらんねぇーぜ!っていう時もあるのは、今が爽やかで草原サイコー!っていう季節だからであって、ほんとのほんとに仕事がいやだとか、うざいとか不満があるわけではないので誤解なきよう(笑い)

てか、あっという間に7月終わっちゃいました。
7月上旬は乗馬トレックのアテンドと馬調達の旅。
7月中旬はナーダム三昧+仕事の準備と旅のアテンド三昧。
7月下旬はお仕事三昧。にしても、素晴らしいエキスパート集団と一緒だったの仕事仕事って緊張感は珍しくなく、すごく楽しかったのでした。やっぱ環境関係の仕事は肌に合うのです。(金融・財務でも、建築でも法務でも、技術移転でも学校教育でもやっぱり同じように、楽しいわけですが。今回はほんと、最高に人格的にも尊敬というかあこがれちゃうわい、っていう素敵な人たちが一杯だったのでした。

なので、7月は久々な密度の濃いまま一気に駆け抜けた感じ。

で、明日から8月。

8月も下旬からは毎年恒例の鳥インフルエンザ調査です。
中旬もブログや友人・知人を通じてのツアーのアテンド。
明日からちょっと中だるむつもりでしたが、翻訳作業があるわけで。資料、見つけられるといいなぁ。
8月4日は、うちの種馬君3歳馬がテレルジ行政区10周年記念ナーダムの競馬でデビュー戦を迎えるので、3日から応援のため草原に1泊2日で駆けつけるつもり。これは悪いけど、譲れないっす。

8月5日は、10人程度の初心者メインでの日帰り乗馬ツアーをやることになるっす。これはごめんなさい。既に定員いっぱいです。

8月7日8日あたりで、ファミリーツアーのアテンドになるか、あるいは 週末日帰り乗馬か1泊2日乗馬を企画するか、ぐったり休むかのどっちか。(翻訳作業が終わってればね)

ブログからのお問い合わせありがとうございます。
ここ3日ほど、そっけない対応でごめんなさい。山場になるとテンパリやすくって。
今回、年に1-2回のメニエール症候群の発作が一番大事な会議のときにおきて耳が聞こえなくなり、かなり焦りました。モンゴル側が以前から知り合いで一緒に仕事をしたこともあり、信頼できる人が通訳でついていたため、かなりサポートしてもらってしもうた・・・

健康管理には気を使っていたのですが、前日、牛乳酒をすすめられ、うっかりグビグビのんでしまったのと、生乳たっぷり目のアイラグを飲んじゃってのPPP症状とダブルで襲われ、実は朝出発前は泣きそうなほど怖かったのでした。
年に1回あるかないかの発作なので、逆に言うと、これから数ヶ月はもう発作の心配はしないでいいはず。

10月半ばを過ぎたら、少し時間が作れるはずなので、できれば日本に帰ってメニエールの精密検査を受けたほうがいい、とついに覚悟、決めました。40過ぎるといろいろあるわいね。

てな感じで、ルリタマアザミやらマツムシソウやらが草原の彩りメインになってきていることで秋を感じました。
モンゴルの自然環境観光省の環境保全や野生生物保護管理など自然とのつきあいが深く生態学や動物学などに詳しい専門家の人たちも「今年は夏が短く、秋が長くなりそうだ」って言ってました。

ナーダム過ぎれば秋、といいますが、モンゴルでのナーダムはまだまだ続いています。

でも、やっぱりモンゴルは秋模様です。

8月は、ツアーや学術調査などのお仕事と共に家畜のための冬の準備も始めなければいけません。

そんなこんなで、ぼーっとしてられないぜ!
でも、モンゴルで読者の方とお会いできるのも楽しみにしてるぜい!って気持ちであります。

皆様も素敵な夏をおすごしください。
一番最高なのは、冷房いらずの爽やかで軽やかな風と冷涼な気候とすみわたった青空と緑の草原がまつモンゴルでリフレッシュすること、と自信をもってお勧めしちゃいます。
AD
モンゴルだるま@ウランバートルと草原を行ったり来たり、です。

最近、更新が滞ってごめんなさい。
土日の日帰り乗馬とかいろいろお問い合わせをいただいておりますが、個別のお返事が滞ってしまっていてごめんなさい。

日帰り乗馬は遊牧民宅訪問・遊牧作業ちょっぴり体験がもれなくついてくるプログラムです。
一番最新の乗馬ツアーの料金で8月も催行するつもりなので、御検討くださいませ。
てか、もう夏休み真っ盛りなので、ムリに土日に絞らなくても、毎日のってもいいじゃーん、という気分であります。

8月のなんとなくのツアー催行予定など。決定というほどかっきりしていないのでアレンジは気が向いたら自由にしようと思ってます。気が向くかどうかは読者様のご感想次第であります。ご意見・コメントよろしくお願いします。



【まだ間に合う!ガチなモンゴルナーダム観戦】
8月4日はテレルジのとあるツーリストキャンプ(あるいは複数のツーリストキャンプ)にてナーダムがあるそうです。

7月上旬に買い付けて、夏のベースキャンプまで300kmあまりを連れて帰ってきた(ぜーんぶ徒歩(てか馬に乗ってひっぱってきました)3歳の種馬君がこのナーダムの草競馬でデビューします。

よかったら一緒に観戦しましょう!
知り合いとか友達とかが参戦しているレースや取り組みって、普通に観戦するのと全然意気込みというか迫力が違うんですよ。

【日帰り乗馬+遊牧民宅訪問とか体験+ゴムボートで水遊び】
いつもの日帰り乗馬ツアーですが、最近は暑い日も続いているので水遊びも楽しいです。

【羊毛使ってフェルト作り】
最近の遊牧民は羊毛はまとめて仲買人に売っちゃいます。
でもって、どっかの低所得者女性とかなんだか観光客相手にフェルト工芸グッズ売ってたり、フェルトグッズの手作り体験なんかをやっていて、それはそれで面白いよねー、とは思うのですが、我が家の場合、きたる厳しい冬に備えて、冬用のゲル壁を作ろうと思ってます。
というのもウランバートルにあるガナー君実家(ゲル地区)の倉庫に入れておいたらいつの間にやらネズミにかじられちゃってボロボロになっていたのです。

外側の白い布カバーはヤギにかじられたのですが、あまりにもみすぼらしいので、乗馬ツアーなどのわずかな利益を使わせていただいて新しいカバーをかけなおしてあります。
でもフェルトは皆で共同作業するのが楽しかったりするので、伝統的な制作方法を知ってるおじさんかおばさんを見つけ出して、自分たちで作ってみよう、と思っています。

【草原とゴビの境界線で野生生物観察しようツアー】
お盆あたりにいらっしゃる美女(推定・いい女であることは確実!)2名様のツアーに便乗者がいれば料金安く出来るなぁ・・・というもくろみ。

【不在にしちゃうので、お休みです・・・8月26日から9月3日】
毎年恒例のイケメン北大教授との逢瀬(モンゴルの草原に点在する爽やかな湖沼で鴨糞拾いをする)があるので、ごめんなさいねー。

といった感じです。
乗馬トレッキングは3-8人規模で毎日開催しちゃってもいいかな、というくらい楽しみにしております。

あ、8月5日は、日中モに散らばる人たちが6名ほど集結しているので、便乗すると皆も一人当たりの料金が下がり、大喜びで大歓迎だと思います。


お問い合わせは、mongolhorizon☆gmail.com(☆印を@に変えてくださいな)
メールが不在中にばしばしきていて、うっかりするとスパム扱いになっているものを消しちゃってたり、いろんなメールに混ざって読み忘れたり、返信忘れなどをしてしまうケースも無きにしも非ず。

というわけで、件名には用件をご明記くださいませ。
また匿名希望さんというか、「あなたはどちら様?」という身元が明かされていない、今後のおつきあいをしたいのか、ただ、ただ私の貴重な夏の時間を奪い情報という甘い蜜だけを吸いたいっていう人なの?と誤解してしまいそうな人だと、ついついお返事滞りがちになっちゃいます。
具体的にご質問・ご相談いただいた方のほうが、これから一緒に旅にいけそうだ、とかいきたいな、と思いやすく、どうしても優先的に対応させてしまう、という子供なところがあるので、ご了解ください。

下書きフォルダに返信メールを入れちゃったまま忘れちゃった!というとんでもないことも朝から晩までお仕事、、、なんてリア充環境にいるとあるので、ほんとにコンタクトしたい方は、びしっと要求してくださいね。

あと、過去の膨大な記事の中に、ご質問のお答えが散らばってる場合もあります。
すいませんが、私も過去を振り返るのは苦手なのですが、過去記事などを参考に想像力とサバイバル精神を生かして、個人でモンゴルを楽しみたい、という方はなんとか自分で答えを見つけてくださいね。それがお互い、ブログを正しく楽しく活用できる方法のひとつではないかしら、と思う次第です。よろしくねー。

というわけで、ここんところ楽しく環境政策についての調査ミッションというお仕事をさせていただいているので、ディープな記事はしばしお休みでござる。ごめんねー。
AD
モンゴルだるま@ウランバートルにお泊り・・・暑っ苦しいっす。

こんばんは

久々の連続投稿です。

別にお金持ちでもなんでもなくって、
というか、多分、生活コスト自体はモンゴル在住の日本人の中で一番低く、かつ収入は胸をはって最低だと断言できるだろう、レベルの清貧庶民な私です。

そのわりになんとなく、「これは買いたいなぁ」ってものは大抵、それが入手できるくらいのお金はなんとなく臨時収入で入ってきちゃう、金運があるんだか、ないんだかよくわからない人生です。

先日、遠路はるばる馬を購入しに行きまして、なんとなく年収以上分ぐらいの大枚はたいてしまいました。

それなりに「こうしたいな」という見積もりとか目論見とかはあるにせよ、あんまり綿密な資金繰り計画を立ててたりするわけではないので、大きな買い物をするときは、ゲットする高揚感のあとに、「あぁ、また衝動買いをしちまった」と脱力感が伴うのも性分でしょう。

馬に関しては、まったく後悔はしていないのですが、今はむしろ、巷ではやっている馬インフルエンザの感染が心配です。死亡率が20%を超える、というのは、ただごとではない。

さらに、馬インフルエンザの感染源のひとつといわれているスフバートルアイマグのある村から、競馬用に調教して欲しい、と種馬が持ち込まれているだけに、不安が募っています。

現金収入は必要というか、もう必須、というか、喉から手が出るほど欲しい!というのも本音ですが、馬インフルエンザ感染の兆候があったらすぐに抗生物質の投与等適切な処置をしないと群が全滅の危機、ときけば、草原で見守りたいという気持ちも強くあるのです。

まぁ、そんなワジワジした気持ちですごす兼業遊牧民な私。

収入に見合うだけの支出、投資をする、という小心者かつ堅実さを愛する清貧庶民な私とは対照的に、現金収入そのものが右から左へと流出するモンゴル人たちは、ほんと、次から次へと、「欲しいもの」が続出で驚かされます。

馬を買って、ようやく母馬の乳搾りが始まり、自家製の馬乳酒が堪能できるようになって満足か、と思いきや、今度は、近くの池で「ガチョウが買いたい」とか言い出した。

てか、そもそも「あの池欲しい」とか「あの壊れた深井戸を買い取ってリハビリテーションしようよ」とか・・・えっと、そこまでくると土木工事の領域ですが?

さらに・・・「軍用トラック買っちゃおうよ」と。

う・・・

軍用・・・トラックですか・・・


一部マニアにはかなり大うけな提案でしょう。

GAZ66.
4WDで兵站用トラック。煮炊きができるストーブ付き。作戦会議用のテーブル付き。無線通信用パラボラアンテナ搭載。窓は横だけでなくルックといわれるサンルーフ的なものが3つもついている。。。

普通の20人乗りとかのバスでは行けない辺境地もガシガシいけるぜー、とか。
そういえば10年前ぐらいはかなり欲しいと検討していたお話であります。
10年くらい前っつーか、そもそも会社設立当初は、やたらとフブスグルアイマグとかバヤンウルギーとかザブハンやオブスといった険しい道や峠や泥沼を乗り越えていかねばならぬハードな道のりの目的地で乗馬トレッキングツアーや環境保全活動のサポートにいっていた日々であります。

最近は、都会から1時間半、通勤圏内にあるマイルドな草原に家畜を飼い、自前のゲルを建て、暑い日はゴムボートを膨らまして、近くの清流で涼み、爽やかな日は馬で草原を駆け巡り、雨の日はゴロゴロするといったノンビリしたスローライフを楽しんでいるわけで、今、軍用トラックを改造してまで欲しいか、と言われると微妙・・・

でもでもでもでも、、、

ラブワゴンに続き、軍用トラックってちょっとキャッチーじゃない?
とか揺れ動いているのも事実だったりする。

1985年製。100kmあたりの燃費は32リットル。
ラブワゴンの2倍以上の燃費の悪さ・・・

どうなんすかね?

大手ツアーオペレーターのNOMADSてtところも、4WDトラック改造型のバスを使って、結構いろんな辺境地にお客様を案内しているわけですが、どうやら、三菱製の左ハンドルトラックらしい。

100kmあたり32リットルも食い散らかすんじゃ、1グループで12人、5泊6日くらいのプログラムをゲットしないと採算取れそうにない。

・・・なんて、マイナス要因をいろいろ洗い出してるわけだけど、裏腹に、「なんとかなんじゃないか?」とか「抜本的に初心に戻って、辺境にも繰り出すタイミングじゃないの?」っていう変なささやき声もあるわけです。

にしても、軍用トラック(現役だけど、この秋引退予定)なので撮影は禁止。
見るだけー、触っちゃだめー、、、なのです。

第2期が赤字じゃなかったら、「お、安い!なんとかゲットしちゃおうよ」と衝動買いしたところでしょうが、ここんとこ、ほんと、微妙に赤字続き。減価償却費分+3万円分ぐらいの赤字なので、まぁ、たいしたことはないと考えることもできるわけですが。

来年で会社設立10周年を迎えます。
スタッフ20人ぐらいで賑やかにブイブイと急成長を続けていた頃だったら、多分、買っちゃってるんだろうけれど、どーんと裏切られ、回転資金を騙し取られる形でもぎ取られ、七転八倒し、体を壊して生きるか死ぬか、というところまで落ち込んだどん底時代から、ようやっと、這い上がってきた、抜け出せそう、、、というときなんですよね、今現在。

とりあえず、あーだらこーだらとごちゃごちゃしている今週末からのぴりっとした仕事をこなしてから、また頭をからっぽにしてから、これからの道を作っていこうかな。

どう思います?

ロシア製軍用トラック(モンゴル陸軍仕様・退役)でいく辺境地の旅。
すんげー、ごついキャンピングカーだって思えば楽しいかな?
AD