モンゴルだるま@ウランバートルです。
ウランバートルでヒキコモリです。愛犬・ソートンが草原で牧羊犬をやっているため、早朝・夕刻のお散歩などが無い上に、自宅作業で済んじゃう仕事ばかりが蓄積してしまっているため。

草原生活だとゲルん中でうだうだしててもつまらないので、近くの水場でアカツクシガモの親子の成長記録を取ったり、子供と草サッカーやったり、意味もなく走ってみたり、馬に乗ってたり、羊やヤギの放牧に行ったり、牛の乳搾り手伝ったり、家畜柵の糞掃除したり、牛糞拾いしたりとアウトドアな作業が中心になるわけですが、家の中だと、なんでこうグタグタしてても飽きないのだろうか?

外が暑かったり、雨降ってたりってこともあるけれど、まぁ、独り暮らしでこんなに自堕落になったのは久々・・・。
ウランバートルの空気、燃料不足だっつー割りに、排ガス臭くって、目がちかちか、鼻毛急成長中?ってな感じだったりね。まあ、家でぐだぐだしてても愛犬に叱られたり、外に行こうぜ!な要求をされたりしないことが一番大きい。

お友達の多くが田舎行ってたり、日本に一時帰国しちゃってたり、お仕事中だったりってこともあるね。

それにしても・・・燃料不足、どうなるんかいな?

一応、ソドモンゴルのプリペイドカードでは1トン分くらいのチャージが出来ているのですが、ソドがダメだったら、他はプリペイドカード持ってないぜ!
と思ったら、まぁ、いろんな人から先日の燃料不足で困ってる記事のご意見・ご助言いただきました。
皆様、ありがとうございます。
まぁ、不足、という場合は、20-30リットルとか100リットル単位でのタリねー!っていう事情なので、1-2リットル(つまりは5-10km分)くらいの節約にひいこら言ってるわけではなくなってきました。
会社的には、ほっなわけですが、ナーダムをあと2週間足らずに控え、どうなっちゃうんでしょうか?

というわけで、行列に並びながら、手持ち無沙汰っぽいドライバーさんとか、ガソリンスタンドスタッフにいろいろ聞いてみました。


で、ざっくりとした現在の状況なぞ。

ディーゼル燃料不足は細々解消されている模様。午前中に行けば、ソドモンゴルなら40リットルまでの配給で確実に入手可能っぽい。むしろガソリンA-92 が不足気味らしい。なんというか、完全に石油系燃料輸入会社の策謀って気がする。(ロシアの燃料輸出制限はとりあえず友好国モンゴルは適用解除らしいので、輸入自体はされている模様。ナーダム以降はもうちょっと緩和との噂あり)ご心配いただきましてありがとうございます。40リットルあれば、エコカータイプの普通乗用車なら800km、ジープタイプでも240km、ラブワゴンだと280kmほど走れます。ちょっとだけ行動範囲広げられそう。

ちなみに、私の煩悩を満たしてくれるパワースポット・ハマリンヒード寺院のあるサインシャンドや、イヌワシはばらくバヤンウルギーなどはガソリンでも1ℓあたりが2000tgに値上がりはしているものの、入手不能!という事態ではないそうです。
フブスグルはちょい引き締め気味で、時間によっては、完全シャットアウト状態のときもあるようです。

ただ引きこもってたわけではなく、一応、地方にも聞いてみました。

いろんなところで、ロシアや中国からの石油系燃料の輸出制限によって、モンゴルの鉱山利権交渉を優位に進めるための締め付け作戦が取られている、などとモンゴルの燃料対策の脆弱性を批判する論調もあり、それもまた嘘ではない、とは思うのですが、どっちかというと、私は石油系燃料の輸入会社同士のインサイダーな取り決めによる出し渋り、値段上げ作戦ではないか、という印象が強くなってきています。

大統領筋や政府筋から中国政府への燃料輸入依頼などもしているようですが、ぶっちゃけ、ロシアから燃料が安定供給されるんなら、粗悪で車のエンジンを痛めつける混ざりモンだらけの中国製をわざわざ混ぜ込む必要はないのではないか?と思ったりもします。
それに、モンゴル人遊牧民や炭鉱夫とトラブルの絶えない中国人たちをのさばらせるようなことはやめてよーっとも。

日本も節電・省エネにコレ努めねば、というご時勢ですが、モンゴルも同様であります。
なるべく田舎に行くときは、友達などで乗り物シェアして行くのがお勧めですね。

一応、燃料確保、車両手配のネットワークの確保が出来てきたので、少し、ゲストハウスなども回ったりして、「省エネあいのり乗馬ツアー」とかも企画営業していこうかな、と思います。

せっかくの夏だから、ウランバートルに閉じこもってなくて、できる限り、多くの方にモンゴルの草原のクリーンでノンビリ・まったりな空気を味わっていただきたいと思ってます。

AD
モンゴルだるま@ウランバートルだけど、最近ほとんど草原暮らし、です。
モビコムの携帯モデムはちっこいのにモビコム通話圏内だと結構使えるのですね。
相性の問題なのか、速度激オソでアメブロとかの記事アップはちとできないみたいなのですが。
ますます草原シフトに夢が膨らみます。


今年は草原が青々と茂っていて、馬も元気いっぱい。乗馬三昧の夏にしたい!と思っております。

...モンゴルの大草原をどこまでも馬で駆け巡ってみたい!
モンゴル旅行を目指す方の夢やあこがれだと思います。

基本から丁寧に、実践しながら特訓。
1日で、馬と心を通わせあって、疾走する快感が得られるくらいの上達ができる、モンゴルだるまメソッドを体験してみませんか?


地盤がしっかりした草原コースなので、初心者から上級者まで安心してお楽しみいただけます。


日帰り乗馬特訓プログラム 7月2日(土)、7月3日(日)

旅行代金に含まれるもの:車両+通訳ガイド(1名)+乗馬ガイド+馬レンタル代(1日分)+モンゴル家庭料理での食事
1名様参加で 200,000tg/人(13,500円)
2名様参加で 120,000tg/人(8,000円)
3名様参加で 100,000tg/人 (6,500円)
4名様ー7名様で80,000tg/人(5,500円)

出発は朝9時
戻りは夕方20時か21時くらいを予定しております。

たっぷり乗馬と草原生活を満喫してください。


乗馬ガイドは安全な乗馬のため、目配りができるために十分な人数が同行いたします。


注:日本円表示は日本からの旅行者様対象です。1円=15tgで計算しお釣りの対応がしやすいように四捨五入で調整しています。

ヘルメットと脛充てはお貸しします。かかとのないブーツや長靴をお持ちの方はご持参ください。


急な話ではありますが、ご参加希望の方は、
7月1日までにmongolhorizon☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)までご連絡ください。


知り合いがいないから1人で参加するの嫌だなぁ、、、なんて心配はご無用です。
初対面でもなんとなく和気あいあいになっちゃうのが、モンゴルだるまツアーの魅力です。

楽しいモンゴルの1日、アウトドア娯楽の殿堂を満喫してくださいませ。


パックツアーは嫌だなぁ、とか、日本でモンゴル旅行を頼むと高いんだもん、とか、本気で乗馬+モンゴル文化や自然についての知識も吸収したいわぁ、という、ディープモンゴルをヒソカに期待する方はぜひご相談くださいませ。

こちらのご相談も
mongolhorizon☆gmail.com (☆を@に変えてくださいね)までご連絡ください。

ただし、これからのシーズンは旅行や調査や羊の世話(ダイエットをかねている)のためウランバートルを留守にすることもよくある話になってしまうので、お返事はちょっぴり気長に3-4日返事が来なくても不機嫌になったりしないでお待ちくださいませ。



7月1日午後1時までにお申込くださいませ。
詳細はその後ご案内いたします。



参加ご希望の方もお問い合わせの方も


モンゴルだるま

お申込フォーム:以下をコピー&ペーストしてメールでお送りくださいませ。
申し込み
*******************************************
モンゴルで乗馬マスター日帰り特訓ツアー申込希望
ご希望日を明記してください。

1.氏名(フリガナ)
2.性別
3.生年月日
4.パスポート番号、有効期限
5.ご住所
6.電話番号
7.携帯電話番号
8.E-mail
9.ご自宅・滞在先の場所・ランドマークなど
10.ご職業など
11.楽しい自己紹介など
12.ご相談ごと。ツアーへの意気込みなど(希望者が同着だった場合、より面白そうな方にご参加いただくといったこともあるかも・・・)

*******************************************

上記をご記入の上、メール(mongolhorizon☆gmail.com(☆を@に変えてくださいね)をくださいませ。続きを読む

AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。

6月中旬にロシアから燃料が輸入されることになってて、とりあえず供給不足は解消される、との政府発表でしたが、全然そんなことはありません。

むしろ5月はディーゼル燃料だけだった供給制限がガソリン燃料にまで及び、プリペイドカードとガソリン配給券でしか購入できない、「売り切れ」の紙をはったまま、手持ち無沙汰なスタッフがぼーっとしてるだけのガソリンスタンドが街中に点在しています。

ちゃんと備蓄はあるけれど、供給を出し渋ることで再び値上げをしようと目論んでいるようで、国からの指導も圧力も関係なし。

石油系燃料輸入会社カルテル強し。

裏ルートでなんとなく回ってるようですが、こういうのってフェアじゃない。

観光シーズン到来しているというのに、どうなっちゃうのかなあ?

という心配はあるものの、なんとなく旅行関連のお仕事が途切れない夏、というのは久々なので、けっぱってがんばろう!と思うのです。

草原でもインターネットができるようにできれば、ごみごみしたウランバートルでくすぶっている必要はないので、もうちょっと草原へのシフトを工夫、検討していきたい今日この頃です。

というわけで、今日は朝6時からガナー君、燃料調達に出動。朝9時からの日帰り乗馬トレッキングに向けて、早起きしてみました。
AD