ウランバートルの昼間は最近、すっかり春爛漫っぽい陽気です。
北北西を向いて日当たりの悪い我が家のベランダ冷凍庫もそろそろ冷蔵庫並みになってしまい、外に貯蓄していたワンコ餌や冬からの「肝っ玉母さん羊」の最後の肉塊もチルド状態です。

ともかく、見事、冬の食料が春の雪解け期頃に使い切ることになりそうだ、ということで、この冬の食料(=モンゴル語だとイデシ)調達作戦は成功、ということになりそうです。

本日、日産パトロールの車検が無事合格したので(朝7時半出発で、行列に並び3時間半待ち!)、その足で久々に羊・ヤギさん達に会いに行ったわけですが・・・

群、いない・・・
遊牧民さん・・・いない・・・




???


抜き打ちはいかんかった・・・

そろそろ羊たちが出産シーズンを迎えるので、本拠地のゲルからはそんなに離れてたところで放牧しているわけではないんだけど・・・

そして、ゲルは鍵もかかってないで子犬がキャンキャン鳴いているわけですが・・・

さらに、うちの馬と遊牧民さんの馬ものんびり足をつながれながらも草をもぐもぐ食べているというノンビリ平和な春なわけですが・・・

主なし?


電話をかけたところ、どうやら夫婦そろってウランバートルに買出しに行っちゃっていて、ちょうど入れ違いになっちゃった模様。
家畜は、お嫁さんが放牧に連れ出してくれているそうです。

それにしてももうザクザクの雪すら吹き溜まりの日陰部分だけしか残っていません。
うちの羊さん達がいるところは、委託遊牧民の一家がいるだけなので、放牧地は独占状態。
そして、雪の下に残っていた草は、まだまだタップリあるので、出産シーズンがピークになって、目の届く範囲での放牧、となっても十分安心な感じです。

去年は、3月の段階で、購入からわずか半年という期間でモンゴル国気象観測史上最悪・過酷なゾドの冬にぶち当たったため、兼業遊牧を始めたときの所有頭数から半分以下まで減ってしまいましたが、今回の冬は、委託遊牧民さんに報酬として委譲した20頭、自分たちの食料や売却した分の12頭以外は、死亡家畜なし。

オオカミの被害も凍死も衰弱死もなし、との電話での報告。

そして、羊の出産は来週あたりからスタートの予定だそうです。

もともと、今回は羊の種付けが10月末から11月半ばまでと例年より遅くにして、厳しい冬に妊婦羊さん達が体力消耗しないように、という作戦を立てていたので、4月ごろが出産期でありました。

委託遊牧民のおじさんの話だと、母体が健康で体力も十分あると、妊娠期間が10日前後通常より長くなり、生まれてくる子羊たちも十分に大きくなっていて体力もある状態なんだそうです。
そういう意味では、まだうちの羊さん達が出産していない、というのは、体力十分な状態でベイビーたちをキープしているってことなのです。

来週あたりが楽しみです。

気がつけば、明日から4月です。

これからも砂嵐とか、突然の寒さ、とかまだまだ油断がならないモンゴルの春が続くわけですが、久々に綺麗な空気を吸い、ソートンと一緒に草原を駆け回ったりと「青春!」なことをして、気分爽快な1日となりました。ペタしてね
AD
モンゴルだるまです。
気がついたら、随分と長い間、ブログの更新が滞ってしまいました。
ご心配をおかけしてしまいすみません。

つまるところは、とあるお仕事で「被災者でもないのに、地震の影響を理由に仕事を遅らせるのは受け入れがたい」と某省からお叱りを受けまして、、、別に締め切りそのものには遅れないように仕事はしていたつもりなのですが、3月11日からしばらくの間の、被災地にいるモンゴル人の人たちやそのご家族などに対するケアなどもあり、被災地にいるわけでもないのに、映像やら情報やらで打ちのめされて自分がいっぱいいっぱいになっちゃってたこともあり、反省。

まぁ、とにかくがんばって、しゃかりきで時間の波にもまれているうちに3月も明日で、終わり、という状況になっていた次第。

いろんな感情に翻弄されたりもしましたが、最終的に、仕事の出来も満足いくものになりました。
ちょっぴり寂しいのは、今年度、つまりは明日で、今まで取り組んでいたすべての国際協力事業が完遂ということで、4月からはわりとお仕事、白紙状態になっていること。

これから自由に時間が使えるのだから、もっともっとアクティブにがんばらなくっちゃ、という思いと、これからどうなるんだろう、という不安とに揺れています。

とはいえ、今は、毎年恒例の車検前の、車の整備やら修理やらに奔走中です。

先日、モンゴル観光協会主催の国際観光フェアがありました。初日に行ってきて、いくつかの業者さんと契約させていただきました。

ツアオペ10年目、というわりに暢気だなあって思われちゃうかもしれませんが、今年は、モンゴル国内便のチケット代理販売の契約も結びました。以前よりももうちょっと確実に簡単に国内便のチケット手配ができるようになります。

日本の北半分が大きな打撃を受け、計画停電なども含めて経済活動にも影響が出ていて、皆さん対応にご苦労なさっているのをNHKなどで見ると心が痛みます。

内需拡大、日本復興のため、ということで、内モンゴルの植林事業(そもそも内蒙古自治区での植林活動にどれだけ沙漠化防止や緑化貢献の成果が期待できるのか、ってところから疑問でいっぱいなんだけど。わざわざ定住化させて草地荒廃を助長させ、もともと樹木が生えていた森林地帯だったってわけでもないところに木を植えるってことはそれだけで周囲の草に配分されるはずの水が減って困るだけだと思う)の“ボランティアツアー”を中止した、とか、ツアーがキャンセルになった、とかネットなどでもいろいろ言われているわけで、モンゴルへの旅行のご予定などにも影響、でちゃうのかなぁ・・・と、不謹慎な懸念もあります。

自分にできることしかできない。
でも、今、被災地は復興に向けて、避難所生活や疎開というか安全な場所への移住など、大きな環境の変化に立ち向かっている人たちがいる、ということを思えば、自分がへこたれているわけにはいかぬ、と思います。

とりあえず、ここんとこ2週間ほど、しゃかりきに余裕がなかった日々をすごしていたので、ちょっとだけ、体と心を緩めて、自分の向かうべき方向を確かめようと思います。

この2週間ほどの間にあった、いろんなこともブログでご報告できることはしていこうと思います。

というわけで、ブログ、再開させていただきます。
更新が滞っていたのにも関わらず、ペタやブログ村などのランキングなどのクリックをしてくださった皆様、どうもありがとうございました。

またツアー等についてのお問い合わせもいただいておりますので、近々、企画募集なども広報していこうと思います。

非電化生活、ありのままの自然の恵みである大地・水・空気を身近に感じられる暮らしで、ちょっぴり日本で疲れちゃった心や体をリフレッシュしていただければいいなぁ、って思います。

今日もどうもありがとうございました。
読者の皆様の貴重な1日の一部をブログで共有できて嬉しいです。
今日のアクセスに感謝。そして明日はもっと元気でいい日になりますように。

Pray for Japan. 
AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
今日はいろいろ忙しい日でした。
でも外を歩くと、いろいろな知り合いに出くわします。
急いでいて、仕事があわただしいはずなのに、ついつい立ち話で相手の鼻の頭が真っ赤になり、鼻水のつららができそうになるまで、長引かせてしまうおしゃべりスズメな自分に反省。

さて、在モンゴル日本国大使館よりのお知らせです。
このたびの東北地方太平洋沖地震の義援金のうち、日本大使館がとりまとめてくださる義援金口座のお知らせです。

今日、でくわして、鼻を真っ赤にするまで語り合うはめになった人の一人に、前回、モンゴル語での災害対策マニュアルの初版のモンゴル語チェックなどを手伝ってくれたニンジンさんがいます。
彼女の話によると、MTA=モンゴル観光協会の日本委員会(モンゴル人主体の日本市場をターゲットにしているツアーオペレーターで作っている組織。いれてくれーって申し込んだのですが、「あんた、日本人でしょ。」と反対してる人がいるらしく、断念。モンゴル国内法には、外資系も国内企業と同様にモンゴル法人格とみなすって法律にはあるのにさ・・・そのわりに外資系のほうが税金やらなにやら待遇悪い感じなので納得いかないが、ま、いいや。弊社は独自で行きます。)でも、1企業あたりン十万トゥグルグの寄付ノルマがあるんだとか。
頭が下がります。
モンゴル人も10年前とはくらべものにならないくらいの富裕層というのも出てきていて、1社当たりン十万から百万トゥグルグ単位の義援金でも出せる企業や個人がいて、しかも20年前からの日本との友好交流・援助協力事業などがあって、日本がモンゴルの民主化・市場経済化への道を歩むためにどれだけ貢献したかをわかっているから、だれもが、日本のために何かをしたい、と思っている傾向がある、とのこと。ほんとにつらく大きな災害に見舞われた日本ですが、このように真心のこもった思いを寄せてくれるモンゴル人が多いこと、心強く思いました。

さて、在留邦人の私たちが確実に被災地に貢献するための安全な道が開かれましたよ。
日本大使館でも、義援金口座開設のお知らせです。
以下、大使館からのお知らせ。

でも、依然、災害対策マニュアルモンゴル語版の改訂版をアップした際に、「たぶん、このワードによってNGにされちゃったんだろう」という単語が入ってのお知らせだったので一部修正させていただいております。

モンゴル赤十字にいくと、ちょっとピンハネされるらしい、とモンゴル人たちがいうので、心配していたのですが、日本大使館の口座への義援金は直接日本赤十字に送られるそうです。

日本人会としても何かのアクションを、というお話が回ってきましたが、そちらはまだ決まっていないようです。組織としての動き以外にも個人で気持ちを貢献できる形に変えたい方はぜひご協力くださいませ。

21日は日本では祝日ですが、


 今回の東北地方太平洋沖地震に際し、在モンゴル日本大使館において、
下記のとおり義援金受け入れ専用の口座を開設しましたのでお知らせいた
します。なお、当館の義援金口座にお寄せ頂いた義援金につきましては、
当館より取りまとめの上、日本赤十字社に送金いたします。

                   記

銀行名:ハーン銀行

口座番号:トグログの場合:5038024137
        米ドルの場合:5038024148

***************************************************
在モンゴル日本国大使館 
領事・警備班  担当 (担当官のご氏名がありましたが、割愛
TEL 11-320777
FAX 11-313332
E-mail : info_jpnemb@mongol.net
***************************************************
 
  


AD