モンゴルだるま@ウランバートルです。

昨日の夜、急にサプライズな電話があって、11年ぶりに大切な友人と再会できました。
彼らは、モンゴル最北端フブスグル県ツァガンノールソムのツァータンたち。
私が大学院修士課程で研究していた「トナカイ飼養民ツァータンの社会的ネットワーク」のフィールドワーク中の居候先だったり、インフォーマントだったりした人たちです。

私は96年にフィールドワークをかねたテレビの取材で初めてかの地を訪れてから、延べ2年間をかれたと共に暮らしました。

フジテレビで放映された「西田敏行 森の民と暮らす。泣いて笑った冬と夏」という特別番組で96年の夏と冬、97年のツァガンサルから移動の時期までと夏と四季のロケハンとロケでお世話になり、その後も、フィールドワークの度に素晴らしい旅と暮らしを経験させてもらいました。

今取り組んでいるエコツーリズムというのもその言葉を知る前から、私の本質は、ツァータンの人たちとの交流を通じて、地元の人と共に旅を作り、彼らの伝統を大切な宝物としながら、人が幸せに暮らす道を共に求め合うことの素晴らしさを掴み取っていたのでした。

人生のすべての大切なことは、ツァータンと共にタイガという厳しくも奥深い自然の中で暮らした日々で学んだといっても過言ではありません。

学歴もなければ、特殊技能や資格を持ってるわけでもなく、たいした社会保障もなく、社会制度に縛られるわけでもなく、自然の摂理の中で、ほんとに人が生きるために必要な絆と経験や技術や知恵を修得して生きている人たちは、私にとって、研究対象という以上に、人生のかけがえのない家族的存在でありました。

今回は、タイガでも珍しかった同い年の女子の仲間。無口な年下のだんな様も一緒にきてました。つれてきたのは、初めてあったときは、まだ5歳の少女だったソロンゴちゃん。

タイガの近況を聞くに一緒にヘラジカ狩りや熊狩りに連れて行ってくれた狩りの名手のおじさんや薬草などのツァータン・ダルハド族の民間療法についてを教えてくれたおばさんなどが鬼籍に入ってしまっていたなど残念なニュースもきく羽目になりました。

でも、小鳥の巣やリスの巣篭もり穴を案内してくれた子供達が大人になり、結婚して子供を作り、立派に家庭をきずいている、とか、誰と誰がくっついた、別れた、なんて恋愛ネタもいろいろあって楽しかったです。

ソロンゴちゃんのお姉ちゃんで、西田さんの小さなお友達でもあったトゥプシンちゃんが、今朝4時ごろに第三子を無事出産したとか、びっくりニュースもありました。トルコ系騎馬民族によくある美しい透き通るような栗毛の髪の持ち主なのに、真っ黒な私の髪にあこがれて、村に下りたときにいきなり、真っ黒に染めて皆をびっくりさせた、というおしゃまなエピソードもあった、ほんとに小さな子供が今じゃ、1度ならず2度までも結婚し、そして3人の子持ちであるってことも驚きだけど、スリムだった彼女が、今じゃ、タイガで1、2位を争うおでぶちゃんなんだってことも驚き。そこまで私に似せなくても・・・

調査中はムツキに包まれ、ゆりかごに揺られていた坊やが、だれそれとの間に子供作った、とかいう話には、なんともいえない、「出遅れ感」を感じざるをえない。なんか、おばあちゃんになったような気分です。

女たちと一緒にユリ根掘りやネルス(クロマメノキ)やコケモモを摘んだときの思い出やテレビ取材中の笑い話など、話はつきません。

11年も離れ離れどころか、音信不通だったことが嘘のようにお互いに年をとったということ以外、まったく「あの頃」と変わらない時間が流れていきました。
フィールドワークがつい昨日のことだったような気がし、そして、また明日も会えるような気がする不思議な友達。悠久の大地で暮らすっていうのは、こういう人たちのように時間をすごすってことなのだろうなぁ。

私はズーンタイガというシシグト川以北の、文字通り最北端の集落をメインの調査地としていたのですが、バローンタイガという別の集落にも3週間ほど聞き取り調査でよらせていただいたことがあります。彼らはそのこともよく覚えていて、ほんとお互いの記憶力に喜びを感じるのでした。

ズーンタイガはほんと、飛行機を使ったとしても片道が1週間近くかかる上に、乗馬が上手にできないとかなり危険な場所もたくさんある難所・秘境なのですが、バローンタイガは、オラーンオールのある集落から馬で約3時間ほどのところに夏営地を持っているのです。え、そんなに近いの?と驚いちゃいました。
私はツァータンたちがいかにして社会主義時代の統制生産単位に組み込まれていたか、の資料が多く残っていたツァガンノールを拠点と考えて行動していたため、バローンタイガにいくにしても、えらい危険な岩場をガシガシ馬でよじ登るようにいった記憶しかなかったのですが、オランオールからアプローチすれば、「すぐ近く」なんだとのこと。

今回の一時帰国で、モンゴル語学科の大先輩で写真家でもある方から、ツァータンを取材したい、とご相談いただいていたのですが、どうやらこれは可能なアレンジができそう。

なんと、タイガに暮らすツァータンたちの間でも携帯電話は普及しているということです。
まったく便利な時代になったもんです。

私が出ているMONNISツアー2010の番組も見ていたそうで、私が10年以上たっても、「全然変わってない」って一同、驚いていたんだそうです。いや、変わったから。当時から比べると20kgくらいドッシリしちゃってるから。その辺の違いは毎回寒くて着膨れしていたためわかってもらえないのが残念でありました・・・

友達っていいなぁ・・・

ムリして友達だって思わなくても、自然にそうなっちゃってるって、最近のモンゴル人とのつきあいではなかなか難しいっていうか、どうしても金銭がらみで自分が負担しなきゃ、な気負いが自分のほうにあって、ごく普通の友達関係が築きづらくなっているため、ほんと、自然体な彼らと再会できたことで、気持ちがスッキリしました。

日本で学生していたときのほうが、同じモンゴル国内に暮らしている今よりも頻繁にかの地に通っていたっていうことの矛盾をつかれて、どきっとしたりもしたけど。
学生のときは、ただ、あの場所に行けるなら、お金だって時間だって惜しくなかった。稼げるかどうかだってどうでもよくて、ただ、あの場所で文字通り自然と一蓮托生な生き方を実践していた彼らと同じ暮らしを体験し、語らいあうことだけで幸せだったんですね。
凍傷になったり、熊に出くわしちゃったり、酔っ払いに絡まれたり、口論のあげく銃口突きつけられたり、うっかり国境越えちゃったり、自分の乗ってた馬が一晩でどっかに逃げ出しちゃって、独りぼっちで森にとり残されちゃったりと危険な目にも何度もあったけど、それでも究極の旅って、ああいう経験なんだなって思うわけです。

安全パイなツアーっていうありきたりな、でも会社としては「そうあるべき」っていう旅行賞品を扱うことも大事なのかもしれないけれど、私はやっぱり、本気のモンゴル旅は、ヒリヒリする自分の本能が引きずりだされるような冒険の旅であるほうが面白いし、やりがいもあるって思っちゃう。

ビジネスとしてやるには、あまりにもばかばかしく、儲けはないけど金はかかる、というやれやれな旅だけど、でも、そういう旅こそ、モンゴルならではの旅だと思う。
ただ、そこに行きましたってことじゃなくても、その地にいる人たちととことん本音で語らい、お互いにビックリしたり、笑ったり、感動したりして、かつその地の歴史や文化、自然の生態系のことわりなどを理解しながら旅すること。それこそがせっかくモンゴルまで来たならやるべき体験だって。

今、エコツーリズムマニュアルの翻訳、という作業をしながら、思うのです。マニュアルはマニュアルで、誰でもそれを読めば実践できるっていうラインをもつべきもので、その意義はとても深い。

だけど私は、そのラインを突き抜けて、自分が生身でぶつかり合い、すべてを捧げることでつかみとった体験をベースに、地元の人たちとの一蓮托生の信頼関係で築いた冒険こそが、自分がやるべきエコツアーのあり方だって感じています。

ツーリストが来る、という感覚ではなく、「モンゴルだるまの友人が来る」ってことで、地元の人たちが受け入れてくれる。そして、旅人もまた「モンゴルだるまの大切な仲間に会いに行く」っていう気持ちでその地を訪れてくれる。
そんな関係で旅を企画運営することで、お互いに必要なものを与え合い、そして集落の経済基盤の向上や伝統文化の継承をサポートしていきたいな。

近くで金鉱山が開発され始めたり、携帯電話が普及したり、街の人と結婚したり、ウランバートルに出てきたりしても、相も変わらず10年間素朴さを残し続けている、そんな素敵な私の愛する仲間たち。
10年ぶりに、会いに行きたいな、と思います。

日本からだと2週間くらいかかっちゃうとは思うのですが、こんなタイガの旅におつきあいいただけるかた、いたら、ご連絡くださいませ。

コメントでも、プチメでもOK.
mongolhorizon☆gmailどっとこむまでメールくださってもOKです。ペタしてね
AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
この週末はわりとのんびりです。
自分のペースでしか仕事してないからですね。
協力してくれている人たちに感謝、感謝です。

さて、MONNIS2011アドベンチャーツアーは7月15日から10-12日間の日程で開催される、ってことになってます。
行き先が、1月の半ばまでは10月にゴビ砂漠横断だ!って盛り上がっていた担当者が、1ヶ月ちょっと不在にしてる間に、「オトゴンテンゲル山に登ろうかっていう話も出てるんだよね」と言い出して、あらまぁ、、、と驚く。
でも、モンゴルというお国柄、2月の段階で、7月の日程とか年間スケジュールをある程度出しているってこと自体に、さすが合弁会社!とも思う。

ちょうど、日本の日産本社からモンゴル担当のお兄さんがモンゴル出張にいらっしゃってたので、ご紹介いただきました。MONNISツアーといえど、やはりある程度、本社からも予算がついていたのねー。

さて、モンゴル最悪過酷なオフロードを走りきった我らが日産パトロール(日本だとサファリという名前だそうです)ですが、満身創痍をガナー君が直してくれているので、今年もこの車で参加しようと思ってる私達ですが、他のチームは皆さん、あの過酷ツアーのあと、さっさと買い換えてました。

どっかの会社の社長さんの7号車のリーダーにMONNISで会いましたが、すごーい立派なパトロールになってました。去年のツアーでは、「オサンヘーテイ」と呼ばれる普通の水はけよい系のタイヤで参加して、泥沼悪路とかで悲惨なことになってた経験からか、今年はオフロード用のすごいかっこいいタイヤ(しかも全部新品でスペアまでそろえてた!)を装着です。いやはや、すごいねー。

ルートファインダーだった2号車(Tenuun tourという4WDやオフロードバイクなどモータースポーツ系ツアーをやってます)も新品パトロールに乗り換え。2号車リーダーは、なんと新型パトロールのコマーシャルにも出演だったそうです。

うちらは6号車だったわけですが、8台の車をひっぱりあげていたウィンチがぶっこわれたのをガナー君が仲間たちと直してくれてます。またくず鉄で作った装着用金具も新調。といってもやっぱりジャンク屋で見つけたランドクルーザー105のウィンチ装着用の土台みたいなのをきったり伸ばしたり、折り曲げたりとすんごい工作してのカスタマイズしています。
さらにオーストラリアのメーカーのエミューの圧縮空気を使ったショックアブソーバーも中のシリンダーの部品が壊れたとかで、それもまた部品から作ってくれてるようです。ショックアブソーバーなしだと都会といえどガクガクなので、一応、KYB(KAYABA)のショックアブソーバーも購入して装着してるんだけど、ガナー君たちがいうには、エミューのも直せば使えるはずだから、後輪はダブルショックアブソーバーにしようとのこと。

私は車は無事に走れればいいじゃないか、と思うわけですが、ガナー君たちカーキチ君たちにとっては、車っていうのは、ただ走るだけじゃダメらしい。
いかに快適に、車の能力を最大限引き出せるようにカスタマイズしてこそ、4WDオーナーなんだそうです。

オトゴンテンゲル山に登る、といってもモチロン、車で登れるのは途中まで。それに、前回の道なき道を力づくで越える!という強引なことはできないモンゴル人にとってはとってもスピリチュアルな聖なる山だから。

ということは、オトゴンテンゲル山の山頂にたつためには、今から体力づくりをして、山登りに備えないといかんのです。私がWii フィットに燃えているのも、ある意味、こういう久々の登山に対するモチベーションが上がってきているからってこともあります。

去年は4人組チームの編成が当初の予定とかわってしまい、1人ドライバーになってしまい、しかも私もツアーのための経費30万円を1人でひっかぶることになってしまい、結構イラチで喧嘩ばっかりになっちゃったりと反省する点も多かったです。
旅費の負担を折半できる人、ということで友達の日本人女子をさそったわけですが、結局、彼女の同棲相手のモンゴル人男がくっついてきて、食費だけの折半とかわけのわからぬこと言い出し、結局、それすらも支払ってもらえず・・・で、ガナー君も親友のアドーチ君がいないことで交代要員も精神的な支えもない中で体力の限界を遙かに超えたドライブをすることになっちゃった・・・
とはいえ、それでもやっぱり面白かったです。番組見てても、ほんとのこというと、嫌な思い出もよみがえってきちゃうこともあるんだけど、それでも、ガナー君がはしゃぎながら何度も見ているのを見ると、「いろいろあったけど、いい旅だったじゃん」って思えてくるから不思議です。

去年は申し込み締め切りギリギリになって、すっからかんの状態で思いつきみたいに無理やり参加しちゃったところがありますが、今年は、招待チームにしていただけたことで、事前情報も入ってくるし、準備のしがいもあるってものです。

MONNISアドベンチャーツアーへの参加準備ってことは、つまりはモンゴル最強の車両を用意してるってことです。

もちろん、モンゴルホライズンの旅にもこのスーパーパトロールと元ラブワゴンは万端の整備でペタしてね
AD
モンゴルだるま@ウランバートルです。
時がたつのってあっという間ですね。
一時帰国してから1週間あまり。
航空便で2月19日土曜日に郵送してもらった荷物は、かっきり1週間、2月25日にウランバートルに届いてました。
Wii Fitをモンゴルに持ち込み、無理せずボチボチ始めてから9日目。はかるだけダイエット並みに一日かっきり100gのマイナス。運動と食べ物と体重の関連性をなんとなく体感できるようになってきました。

床はきれいに居候のガナー君たちが拭いてくれてはいたけれど、私の所持品は所定位置から完全にとびちらかっており、大事なものに限って見つからず。
散らかっているように見えていても、私なりに指定位置を把握していて使いやすいように配置していただけに、未だに復興がなされていないのがとても辛い状況です。
特に辞書とか辞典とか今の翻訳作業に必要な資料文献の類やファイルが点在し、ほんとに困っています。
結局、まるまる1週間かかっても、自分の生活環境を取り戻すことができたのは台所だけ。

他は天地が逆になったり、背表紙を奥につっこまれた本棚を見るにつけ、腹が立って血圧があがりくらくら状態です。
日本語が読めないからかなぁ、とも思ったのですが、もはやこれでは、ポルダーガイストの仕業、と思うしかない、という感じです。
やはり聖域である寝室を施錠せずに帰国したのが大失敗でした。
とはいえ、ガナー君たちがえらいなぁと思ったのは、かなりお金に困窮していたであろうに、私の「ムングニィーダルラガ」が無事であったこと。
ムングニィーダルダガというのは、財産を呼び込むおまじないをかけたお金を包んだ袋のこと。収入の10%をここに入れておくとさらなる収入がもたらされる、という話。10%とは言わないまでもそれなりにたまってたのに、発見されたものの、一切手をつけてなかったのでした。

自分が散らかした家の大掃除は3日間くらいで収束していたのに、他人が「かたづけた」家の整理整頓って、1週間かけてもまだ終わらないってすごいことです。
でもやらないわけにはいかぬ。

まぁ、心機一転の整理整頓、再出発にはちょうどよいチャンスなのだ、と受け止めることにしました。

翻訳作業などはあるにせよ、自分の時間を結構自分で管理できているっていうのはラッキーなことです。

なんだかいろんなことが帰ってきてみたら、白紙状態、というか、一から出直し状態になっちゃってるので、あんまり暢気になってるわけにはいかないはずなんだけど、ひとつずつ、前向きにアクションを起こせば、なんかちゃんと結果が出る、っていう予感があるんです。

これも1年間のうちの1/6を費やして、自分と仕事と生活の軸を立て直したからじゃないかしらん?

モンゴルに戻ってくる途中の飛行機の中で書いたことがあります。
今年のテーマは「規則正しい気持ちのよい生活」です。
意識的に一日を積み重ねていく、というのは、社会人の大人として当たり前のようなことでありながら、意外とモンゴルでの独り暮らし=野放し状態では継続しづらいことなのです。

意識的に暮らすということは、自分を節制するってことですね。
ほんのちょっとのコンシャスをどれだけ続けられるか?

ランダムに書きだすと、
・1日5個以上の「幸せ実感」を体験する。
・1日1時間の読書。
・1日20分以上の朗らかな会話。
・1日1200-1600kcalのバランスの取れた3度の食事を楽しむ。
・1日30分のストレッチ。
・朝晩2回以上の犬の散歩。
・1週間で3時間以上のジョギングおよび有酸素運動
・1週間で3時間以上の筋トレ(主にインナーマッスルを鍛える。)
・1週間に2度以上怒らないこと。
・1日15分の瞑想。

こんなことが自分をコントロールするために心がけていることです。
今のところ、続けています。
10項目が10日間続けられたので、ちょっとだけ項目を増やしてみることにしました。

3月から(2月27日と28日は時間的に難しそうだったら修正するためのお試し期間)は
・ブログを毎日更新する。
・5行日記をつける。
・好きな人にお手紙を書いて出す。
・1週間で5個以上のモンゴル観光情報をまとめる。
・1週間に1度、自分へのご褒美をあげる。
この5項目を追加してみます。

モンゴルで何か自分にいいことを続けるって、結構難しいなぁ、というのは、わりと自己中心的なモンゴルの人たとの時間も大切にしなきゃいけないってことです。
でも、社会とコミットしていくっていうのはそういうことなのかもしれないなぁ。

ところで、最近、私の携帯電話、携帯メッセが受信できないでいます。もし、メッセを送ってもなしのつぶてだった、モンゴル在住の方、いらっしゃったら、直接電話かメールしてくださいませ。

ペタしてね



AD