天国と地獄、気温は何度くらいだと思う? ブログネタ:天国と地獄、気温は何度くらいだと思う? 参加中
はぁ、室温+5度だ寒いです。モンゴルだるま@ウランバートルです。犬の散歩に行く前に、ベランダのドアをちゃんと閉めるの忘れてた・・・防犯の意味でもNGだ。やっちまいました。寒さとかいろんなことで思考回路が鈍っているのかなぁ。

気温というと、気象天文関係だーいすきな私は燃えるなぁ。

もうちょっとこまめに家畜のところに通えるのならば、牧畜気象用の観測セット(50万円ぐらいするらしい)を購入して自主研究しちゃおうかって思ってたくらい。

気候変動は地球全体の深刻な問題です。
特にその変化が生活にダイレクトに影響を与える内陸気候のモンゴル国で暮らしていると余計に気象現象には敏感になります。

辛いなぁっていう寒さでも、都会でダイヤモンドダストが日常的に見れちゃうって素敵じゃない!とかね。
何事もポジティブシンキングが大事ですわ。

天国ってなんか、かなり高いところにあるような気がする。
地獄って地の底に落ちるイメージがある。

だから、そこの温度は気温ではない!
気温は、世界気象機関では、地上125-200cmの高さに設置した百葉箱の中に設置した温度計で測るものであります。日本だと125-150cmってところで、小学生でもひょいってのぞける高さにありましたが、モンゴルだと、高い!180cmくらいのところにあります。今は日本政府の無償援助などの賜物で全国300箇所余りにコンピューター制御で必要な気象計測項目が常時チェックできるようになっているけれど、それでも地方の測候所とかでは、3時間ごとにメカニカルに気象計測係の人が目視確認・記録して電話で中央に知らせているのですよ。

死んだらどこに行くんだろう?ってちょっと不安になることもある。
これで終わりっていって、パッツンって消えるわけではないというか。

信仰心を持って、清く正しく生きていれば、ちゃんと天国にいける、といわれていても、やっぱりね、人間は、というか私自身が常に善な存在でいるかっていうとぜんぜん自信がありません。
ブラックなことも考えちゃうこと、あるもん。意地悪っていうか、すごく他人に批判的になってしまったり、自分自身をいじめてしまったり、怠けちゃったり、なかなか「善」なことだけやってるって難しい。

でもね、神様もイエス様もお釈迦様も最終的には人を許すって思う。
どんな悪いことをしたとしても、自分がその罪を認め、償うって決めたなら、その人は許されるんだと思う。
世の中ひどいことする人一杯いるなぁ、って思うけれど、許すとか許さないとか、最終的には人には判断つかないものであるし、いろんなことが割り切れないっていいながら、突き詰めていけば、「許せない」って怒りを一生維持し続けるのは難しい。

だから、天国も地獄も、実は行き着くところはおんなじで、その場所をその人がどう受け止めるかっていうことで、あったかいところなのか、涼しいところなのか、寒いところなのか、灼熱なのか、決まってくるんじゃないかなぁ?

一番怖いのは、何にも感じられない環境です。

例えば、今、室温が+5度からなっかなかあがらず、シュラフの中に入って、どてらを着て、人魚みたいなカッコで背中を丸めてPCに向かっているわけですが、こういう環境を悲惨ととらえるか、「やったブログネタができた!」って思うかでかなり違ってくるんですよ。

社会主義時代のモンゴルにモンゴル政府奨学金で留学した初代の女性留学生のうちの一人は、「ここは天井のない監獄や」といって留学期間を途中できりあげて帰国しちゃったけれど、もう一人はそのまま残って、任期全う。

そしていずれも日本を代表する先進気鋭のモンゴル学研究者としてバリバリ現役でご活躍していらっしゃる。

生き地獄!って思うと、モンゴル国ほど地獄体験できる場所はない。なんだよー、、、っていうストレスは勝手にたまる。あぁ、この「イライラ」とか「ムカッ」っていう感情がお金に換算され、貯金されるような金融機関があったら、今頃、私は南の島のオーナーになれちゃってるんじゃないかしらん。

でも、「まぁ、そこそこにがんばって働けば、のんびりできるし、らくちん、らくちん」って思えば、パラダイスです。

特に、大型犬を飼う環境については天国です。

リードをつけずに散歩しても道行く人にしかられたり、嫌な顔攻撃されたりしない。
肉とか生骨とかソバや粟、豆類など犬の餌も新鮮なものが比較的安く手に入る。
ドッグランなんていわなくても、何kmだって好きなだけ走り回れる場所もある。
アパートでも自由に飼える。

ね、パラダイスでしょ。

今、寒い冬で、これがずーっと半年余り続くって思うから、「げー」って思うけど、夏の灼熱のゴビ砂漠とかで恐竜の化石堀りとかやってる時に、「あの寒さ」を想像すると、ちょっとだけ涼しい気がする、とかね。

天国が心地よいばっかりだと、たぶん、私、飽きると思う。

「ちょっくら地上、行って来るわ」とかいって、ゴーストになって、きっと知り合いとかに迷惑かけちゃう。
「あいつ、出た」

「あ、私のとこもきたよー」とかね。

あ、ちょっと今の一時帰国っぽい?
まぁ、それもいつものことじゃないからね。
気の持ちようですよ。愛するお友達の皆様。

とりあえず、気温は、125-200cm、無風空間で直射日光が当たらない場所で計らないといけないんですよ、っていうところ。百葉箱係だった私としては、かなり強く主張しておきたい。

ペタしてね





AD
絶対大掃除したい場所 ブログネタ:絶対大掃除したい場所 参加中
絶対大掃除したい場所っつーか、しなきゃいかん場所。「オフィス」。
窓の交換をし、密閉式の真空窓にしたのですが、その結果、オフィスの中が瓦礫の山で埋まり、さらにセメントをこねたときに撒き散らされたと思われる粉塵が、工事をしていなかった部屋にまで蔓延している。PC、コピー機、大丈夫かなぁ・・・。

瓦礫の山はとりあえず窓枠工事現場の見張りをしていたガナー君が屋外に撤去はしてくれたわけですが、肺をはじめとして呼吸器系が弱い彼に粉塵まで清掃させるわけにはいかぬ。

ゆえに、私がやるべきなのですが、、、久々にバロメーターがダウン気味で体が動かぬ。

とりあえず明日から週末までの通訳の仕事を終えたら、気持ちを切り替えて、大掃除せねばならぬ。

自宅内部と違って、オフィスにあるものって、とても単純にまさにオフィス用の机・椅子、書類棚、ファイルキャビネットとかA3対応コピー複合機、カフェのショーケース、冷蔵庫、冷凍庫、テーブル、椅子、そんな程度ですから、気合さえ入れば、ちゃんと大掃除としてやりがいがあるオブジェクトであると思います。

会社を経営、、、といっておきながら、実際は、今は超零細個人事業というよりは、さらにフリーターみたいな感じの日常生活パターンになっちゃってるので、まずは心の大掃除が先決ですね。

ビジネスって当たり前のことですが、自分の頭脳と心とフィジカルな部分のバランスがとれてないと、うまくいかない。

資金繰りがどうの、とか、マネジメント能力がどうの、という以前に、自分の中の動力源が健全に、「自分のビジネスはこれだ」って明確なビジョンをもてなくなっちゃうと、ぐらつくのです。

働くことも仕事をすることも、それは自分の精神状態に関係なく、能力と集中力で、意欲的に向き合うことができる。
働くのは好きだし、何より、大学時代に巡り合い、取り組んできたモンゴル語を生かして、モンゴルと日本の交流に携わることが出来ているのは、自分にとってはすごくラッキーなことだと感謝しているのです。

自分が自分の能力を生かして働くのって楽しい。

でもビジネスをやるってなるのは、そこから先に、社会貢献っていうか社会参加っていうものが重要になってくると思うし、文化を創ったり、社会を創ったりするというビジョンが不可欠。

あれやら、これやら、モンゴルに戻ってきてから具体的にオフィスを再興して、動こうって思ったときに、協力者をどうするか、とか人、雇わなきゃいかん、とか考えたらね・・・ちょっと萎えた。

また人に裏切られるんじゃないか、また足元すくわれるんじゃないか、またお金、奪われるんじゃないか、っていう恐怖や不安が募るこのマイナス思考を大掃除しなくちゃいかん。

オフィス=自分の仕事=自分の生き様ってくらいの意気込みで、集中して、大掃除、しようと思います。

人が集まってわいわいできる、心が安らぐ、生きる希望が持てる、心のモヤモヤが解消できる、、、そんな千客万来なオフィスにしたいです。

オフィスになるのか、今流行りのサロンになるのか、カフェを復活させるのか・・・

まだ考え中。

前に旅人カフェをやる!って決めたときに、ゴルバンゴル調査隊でお世話になったお兄さんからの手紙に「モンゴルの「かもめ食堂」だね。」って激励された時は、「かもめ食堂」っていう作品を知らなかったのですが、今回、小説とDVDを日本から持ち帰ってみて思った。

あぁ、こういうまっつぐに淡々と、何があっても誰に対しても分け隔てなく誠実に生きられる人になりたい。

食堂的な外食産業をモンゴルでやろうとすると、どうしても調理師免許だの給仕係免許だのバーテンダー免許だの、資格やライセンスを持っているモンゴル人を雇わなきゃいけないっていうルールがありまして、そのことが逆に私がやりたいカフェとか、サービスビジネスの足かせになっちゃうんですね。

モンゴル人を雇うっていうことの難しさは、モンゴルでビジネスをやる日本人のみならず外国人にとっての共通の最大課題です。

でも人が生きる希望を見出し、誠実に働くことで自己実現をしたいっていう夢がモンゴル人でも持てるようなビジョンをどーんと提示できるようにならねば。

田崎先生の「ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ」は、ビジネス思考にも、いろいろいらないものをそぎ落とし捨てるってことが大事、といったことが書かれているんだそうです。

ミッションもビジョンも、あまりごちゃごちゃせず、スッキリと、明確で力強い言葉でたーん!としないとね。

あー、田崎先生の本、読みたいなぁ。
明日、発売です。





かもめ食堂 (幻冬舎文庫)/群 ようこ

¥480
Amazon.co.jp

かもめ食堂/群 ようこ

¥1,300
Amazon.co.jp

かもめ食堂 [DVD]/小林聡美,片桐はいり,もたいまさこ

¥5,040
Amazon.co.jp

かもめ食堂[Blu-ray]/小林聡美,片桐はいり,もたいまさこ

¥6,090
Amazon.co.jp

ビジネスパーソンのための断捨離思考のすすめ (DO BOOKS)/田崎正巳

¥1,470
Amazon.co.jp

AD
乾燥が気になるのはリップ?手? ブログネタ:乾燥が気になるのはリップ?手? 参加中

私は派!

そういえば、4月ぐらい以降、リップって使ってない。どっかいっちゃった・・・と思ったら、大掃除したとき、出てきた。というくらい使ってません。そもそも、化粧もしないので、口紅も仕事でよっぽど気合が入ったときしかつけないし。でも、つらの皮が厚いおかげで、あんまり顔の肌荒れ気にならない。唇も去年はピリピリすぐに切れちゃってたんだけど、あれはたぶん、仕事等で歯を食いしばったり、イライラを沈めるために唇を舌でべろべろなめちゃったりしていたのが原因ではないかと思います。ストレスたまると乾燥だけでなく、口唇ヘルペス出ちゃうんだよねー。
でもここんとこ、楽しい仕事か翻訳しか仕事らしい仕事、してないので、大丈夫。
ただ、寒さがナー、心配です。

と唇カサカサは意外と悩まずにすんでおります。

一方、手は悲惨なことになっている。

まず掃除とか台所等水場の清潔を心がけることにすると、当然、水仕事が増えるわけです。
40代に突入すると、手に潤い、なくなるのねー。やっぱ、なんでもなってみないとわからんことあるわねー。

で、最近はビタミンE配合のユースキンを愛用しております。
日本ではニベアなんだけどね。あとアノンちゅうのも使ってたことある。

なぜ、ユースキンか?というと、これはもう完全、すりこみです。
20年前、「チンギスハーンの陵墓を探す!」という壮大なロマンをかかげた日本モンゴル合同学術調査「ゴルバンゴル」に学術調査隊通訳隊員として参加したときの経験。
長期間にわたる野外テント泊ですぐにはまともな病院にもいけなかった超辺境地だったフィールドでの調査に、東大の大学病院勤務だった若いお医者様が同行してたんですね。
んで、医療グッズも充実。大塚製薬とかコカコーラとかスポンサーがついていたので、まぁ、生まれて初めてオロナミンCを飲んだのもモンゴルだった。
で、手あれ防止のために入っていたのが、ユースキンだったのです。
んで、あだ名が「医者」だったI先生も、おすすめしていたのです。
ハタチだった私にはどんな冷たい水での水仕事でも巻き割りでも別に肌荒れなんか縁がなかったんだけど、「ユースキンは肌荒れ、アカギレにいい」と完全に刷り込まれてた。
なんといってもはじめての長期海外仕事だったわけですからね。

ユースキンとオロナインH軟膏。

このペアは、冬の手あれに最強の味方です。

モンゴルでもニベアとかダブとか以外にもそれなりにいろんなハンドクリームが入手できます。
馬乳成分配合とか、ラクダ乳成分配合とか牛乳の成分よりも粒子が小さく、人間の肌に対しての浸透圧がいい相性でするーっと深くまでしみこむんだそうです。

でも、私、わざわざ日本から持ってきちゃうんだよな。オロナインH軟膏とユースキンは。
あと化膿止めのマルコフラノンと。

まぁ、一冬で一瓶も使い切らないくらい、ちみちみ、ちみちみ使ってるわけだが。

今年の冬、お湯はぬくいときはぬくいのですが、いかんせん室温が低く、さらに湿度も低いからねー。
手についた水をさっさと拭いて、すぐにクリーム塗っておかないと、もう湿地帯が干からびたみたいに深いひび割れになっちゃいそうです。ユースキンぬればすぐ直っちゃうんだけど。

指先がアカギレで割れると、翻訳作業が辛いのです。PCのキーボードたたくときに、これ以上、余計なものを指につけたくないって思うから、絆創膏もはれない。
注;初夏に怪我した指は結局、寒くなると痛みが酷いので、割り箸とかフェルトテープとかを利用して特製サポーターを作って打ってるの。アニメの攻殻機動隊の公安9課のAIおねえちゃん達のPC緊急対応のときの指をイメージして作りました。えへへ。でも不便っす。

指の関節、筋の痛みとアカギレの痛みのどっちが不便か、といったら、当然、筋に力が入らないってほうなのです。絆創膏つけちゃうと、指先がただでさえ、ピンポイントでキーに落とせないのに、さらに命中度が下がるから。

そういえば、母もよくアカギレを作っておりました。パッカーンて爪と指先の間の肉が割れて、痛そうなんだけど、「痛いって言った所で直らないから、痛いという必要はない」なんて言ってたんだよなぁ。洗濯物干すときとか。
あの頃の彼女の年ごろになっちゃったのね、、、私。

と思うと、すんごい年寄りというか軌道を外れた大人になった気がします。

で、結論。

唇の乾燥って意外と食事療法で栄養バランスよくしとくと、血行がよくなるので、乾燥したところでもそれほど大変なことにはならない。

でも、手は1度、乾燥による手荒れにつかまると、かなりシツコク苦しめられるので、早め、早めにケアしてあげることが大事です。
ペタしてね
赤ちゃんのぷくぷくスベスベ肌、いいよねー。





乾燥が気になるのはリップ?手?
  • リップ
  • 気にならない
  • 両方同じくらい気になる

気になる投票結果は!?

AD