さて、日曜日も昼下がりをとっくに過ぎちゃったので、「またいつものごとく計画倒れか」と思いきや・・・2時半過ぎになって、「あの男」がやってきましたよ。

バタバタとあわただしく、うっとうしいなぁ・・・

てなことはもちろんオクビにも出しませんよ。

はい、イノシシ狩りに出発することになった、我が家のオス共の話です。
久しぶりにみかけたガナー君に興奮するソートン。

「ソートン、行くか?」

もう狂喜乱舞で意味も無く、その場グルグル回りでやる気を表現するシェパード7歳半・オス。
写真とっときゃよかったなぁ。

先々週でしたか、ついこの前の弟達と一緒にいったイノシシ狩りでは、森で1人迷子になり、周囲に大迷惑をかけたガナー君でしたが、こりません。
やっぱりGPSもって行きませんでした。意地っ張りは命を落とす・・・と心の中では思いましたが、もちろん口には出しませんでした。

獲物が取れるから、餌はいらない、とこれまた根拠の無い自信に満ち溢れた言葉を「はいはい」とスルーし、ソートンの「お泊りセット」を押し付けました。

羊の耳と肺臓・脾臓(なのかなあ)をゆでてみじん切りにしたものの瓶詰めと、その内臓ゆで汁で炊いた蕎麦・粟粥の瓶詰めを1日半分を用意し、あとは犬布団と餌入れのセット。

タイガの狩猟民・ツァータンの男達の狩りと違って、都会っこたちのハンティングって「ぷっ」って笑っちゃいたいくらい軟弱。
お泊りは、なんと地元の民家なんだそうです。

私はてっきり、雪原のもみの木の根元とかで雪堀りやって、焚き火たきつつ野営なのか、と自分の経験を元にいろいろ想定していたのですが、移動は車。
狩猟場についたら、足跡をちょっこし追跡っていう程度なんだとの説明。

なんで、そんなちょろい話で、丸1日森林で迷子になるのか、疑問ですが、きっと口で言うより、よっぽどスリリングなんじゃないかなぁ?

とにかく、ソートンが無事で生きて帰ってきますように。他はどうでもいい・・・

まぁ、いろいろイメージのヅレがありのますが、今回、出発の際に、さまざまな不義理やむかつくNG行動にも、愚痴も文句も飲み込んで、「はいはい」といい子にしているのには理由があります。

それは・・・やっぱり、狩猟って何が起きるかわからないんですね。
特に、夜が氷点下まで下がるところで、冬眠前の熊もうろついている森林をヨソモノである人間がうろつけば危険が伴います。

子供の頃から狩猟を生活の一部としてくらしているツァータンの男達との狩りだって、いろんな危険がありました。
国境をうっかり越えちゃって、ロシア連邦のトゥバ共和国側に拘束され、3年間戻ってこれなかった、とか二度と戻ってこなかったって話もありました。
熊に襲われて、目玉がふっとび、腸がずたずたに引きずり出された状態になっても主人をかばった犬の話とか。

指先とかほっぺとか耳とか足先とか、体のどこの部位も凍傷になる危険もある。

私もそんな危険と背中合わせの狩猟の旅に同行したことがある。

でも、ガナー君たちのハンティングは、車を使う、民家に止まる、トランシーバーもある、だから大丈夫。
なまっちょろい話だから。

そんな風にたかをくくり、ワガママ放題で、部屋の中をぐっちゃぐちゃにして、ライフルの弾だのマガジンだのの「捜索」をして散らかしっぱなしで文句いっぱいで出て行ったガナー君を後ろから、携帯電話のメッセージでまでおいかけて嫌味たらたら攻撃した、翌日の夜に、「ガナーが行方不明になった。まったく消息がつかめないまま1日がたってしまった」と一緒に行くはずが仕事で居残りになったおにいちゃんのテッチャンから知らされたとき、私、自分の髪の毛が全部抜けるか、真っ白になるんじゃないかっていうくらい心配しました。

パニックになり、最後の言葉が捨て台詞で、最後にあわせた顔が鬼婆みたいな憤怒の激怒りんぐ顔だったことをむちゃくちゃ後悔しました。

そういえば、ツァータンのおばさんたちも言っていた。

「狩猟だ狩猟だって、いつも家をあけっぱなし。家にいるときは何にもせずにゴロゴロ。でもね、いつだって私たちのために危険と隣り合わせでがんばってるってわかってるから、彼らのしたいようにやらせてあげてるのよ」

家庭内がうまくいってるハンターほど、しとめる獲物が多いのは、「大地の主」「豊かな大自然の母」がそういう家庭に獲物を与えてくれるからなんだそうです。

家庭内、ではないけれど、やっぱり心の中にいつも不安と怒りが立ち込めているガナー君なので、せめて、出発のときは、気持ちよく送り出してあげたい。
それなりに「いい獲物をしとめて得意顔で帰ってきたい」って思ってくれているのはわかっているのだから、いろいろ問題行動が多いお馬鹿さんダメ男ではあるけれど、せめて私ぐらいは応援してあげないとね。

やっぱり何よりも安全第一で元気に帰ってきて欲しいと思います。

モンゴルの諺にも「日没後は喧嘩をしてはいけない」というのがあります。

ちょっとした心がけと我慢で、大切な人が無事にいられるならば、多少の馬鹿馬鹿しい非常識ぐらい鼻でわらって吹き飛ばしてやろうって思ったのだった・・・

まぁ、そう思ってみると、モンゴルで起こるいちいちのむかつき事件って、結局モンゴル人がいうように「たいしたことじゃない」気がしてきます。

人間、いつだって安全に生きていられるわけじゃない。
いつどこで、何が起こるかわからない。

そんな刹那は、モンゴルでは日常茶飯事です。
AD
先日の記事「ご質問・ご相談をいただいた皆様・・・(タイトル長すぎるので以下略)」をリリースしたあと、ちょっぴり不安だったモンゴルだるま@時々、辛らつ毒舌ごめんなさい、です。

日曜日の昼下がり、10月末日です。
2010年も残すところ、あと2ヶ月なんですね。
あっという間だわさ・・・

といいつつ、「あれやんなきゃ!」「これやんなきゃ!」とグルグル考え、思い悩んだ挙句、「おいらは日本人だから、年度末は、2010年12月末日ではなく2011年3月31日と考えればよい」とグダグダな解決案に思い至りました。

正直、在留邦人最大派閥のJICA様を、図らずもちょっぴり辛らつ批判しちゃったかのような(でも事実だけどね)記事のアップで、今後のモンゴル生活でバッシングやアンチモンゴルホライズン運動が広がって、むかーしあったみたいに、「仕事ほされちゃうかもー」とちょっぴしビビリました。

でも、一部のJICA様のこれまでの在モンゴル生活などに対するモンゴル人の悪感情の延焼で在留邦人であるがゆえに飛び火バッシングを受けるより、軽いところから、「そうかもしれんな」ぐらいの意識を持っていただきつつ、モンゴル人に対してや「民間人」であるおいらのような小市民に対する「上から目線」をちょっぴり低くしていただけたら、多分、2-3年間の滞在中に、レンガで殴られたり、集団に囲まれてぼこられたり、すりにあったり、といった怖い目に2度も3度もあったりする頻度は減ると思うんですね。

だって、私、共同経営者に裏切られたっていう以外には、ウランバートル市内を歩いているだけで、因縁つけられたり、暴力沙汰にまきこまれたりしたこと、この20年間で一度もないもん。
仲たがいはありますよ。起業してからこの方、結構、モンゴル人との激しいバトルを繰り広げている。これはきっとスマートな日本人男性よりもよっぽど激しい格闘の連続であり、心身ともにズタボロに傷つき、食いしばりすぎて歯が砕けるほどの哀しみを味わってきているんですからね。

それに、最大派閥であるというだけでなく、私にとっては、通訳デビュー以来、一番のお得意先ともいえる楽しいお仕事をいただけるお取引相手なので、思い入れや愛着も、多分、JICAの職員さんやJICA関係者のIDカード持っている人よりもよっぽど深く抱いていると思うです。

だから、yassさんからのコメント、嬉しかったです。感激っす。
危機管理チェックのおじさんのコメントにより、長い間「家なき子状態」をしいることになってしまった、私の物件紹介の件もサラリと受け流しての、愛情こもったコメントで、かなり気が楽になりました。

ありがとうね、yassさん!
お待ちしておりますよ。

それから、モンゴルがらみのビジネス関係のおじさん達・・・(あ、すんません。アラフォー世代だから、同年代なんですね。なんでしっかりしたような男の人は「おじさん」で、自分のことは「女の子」って思っちゃうんだろうね? この辺がアラフォー女子のご都合主義っすね。)の反応、はや!

結構、いろいろメールでのお誘いをいただきまして、「出会い系っすか?」とちょっぴり浮かれてしまいましたよー。

おかげさまで、来週はなんだかんだと、結構、ミーティングっつーのが多くなりそうです。
やっぱ、起業家っつーか、仕事を生み出す人間っていう定義で自分を考えてみるとですね、人と会って話をするっていうのは、問題点の整理や突破口を見つけるためにもいいことだって最近思うようになりました。(おいおいおいー!起業9年目でそれですかー!!っていう意地悪な感情は華麗にスルーです)

それにしても、ワタクシ、ちょっとした人気者気分でございます。
こんなことなら、もうちょっと早く連絡先、公表しときゃよかったですね。
なんなら、全記事、連絡先、つけちゃおうっかな・・・

(はい、そこ。いい気になりすぎです。たかびしゃオーラ警報発令です。・・・すみません)

いつもいつも、自分が提案したサービスなり意見なりが正しいとも限らんし、そもそも出来るかどうかは試行錯誤なわけですし、現金すっからかんで日々の糧にもちょっぴり苦労(貧乏ダイエット推進中。でもバクシーシ的なご馳走お相伴は大歓迎!)している現状ですが、、、それでもお話をうかがうと、「この人のために何かしてあげたい!」ってウルウルと心が震えるんですねー。自分の突破口もさることながら、目の前のこの人のお悩み、心の出口の詰まった状態をなんとかしてあげたい!って。

これは、やっぱ母性本能ってやつですか?
いい女ホルモンってやつですか? (誰もそんなこと、いってねーよ。。だよね)

11月はどうも翻訳作業で忙しくなるはずなのですが、未だ、原稿が1ページどころか1行も来ていないので、時間の調整をうまくやりながら、「会いたい!」とモンゴルはウランバートルまでお越しいただいた方優先で、ぜひぜひミーティングやりましょう。セッションやりましょう。

ただし、メールやコメントへのお返事は、かなりスローモーっす。
ご相談事に対応するタイミングが今なのかどうか、なんてことも考えちゃったりするので、メールをいただいてから3日間くらい音沙汰ないよってこともありえます。


家畜のところ行っちゃってたりすることもあるんで。。。
そろそろ干草等の補充準備もしなくちゃねっていう時期なので。

お店オープンの時期については、今しばらくお待ちください。
皆様からいろんなリクエストやご意見が殺到してて、、、

「おぁ、なるほどぉおおお」とか
「そっか、でもそれやるとなると、準備必要ジャン」とか
「あー、そこまでやる予算はないっすよ」とか。。。

応援したくなる人に対する他人事アドバイスってホント、いい感じのアイディアが集まりますねー。ありがとうございます。鳥頭の私には及ばなかった範囲まで。。。あぁ、こりゃ、サポーター必要ですよ・・・一人じゃ絶対ムリだ・・・

まぁ、ワクワク盛り上がってる分、ちょっと自分でも状況判断が冷静にできてるのかどうか怪しいので、うっかり、すんごい設備投資して、お客さん「ゼロ」に日が延々と続いてめげるのも怖いから。

お店のオープン、待たずに手伝ってくれーれいって気持ちもいっぱいです。

あー、、、日本人、やっぱやることなること、スピーディだわ。
高度経済成長のあの尋常じゃないスピードも、日本人ならではのミラクルですわね。

モンゴル人からも日本人からも「半ばモンゴル人じゃん」って言われるたびに、「生粋のジャパニーズだわい」と反発していましたが、昨日、今日のメールでの反響の多さに、正直・・・「ほんとだ、私、やっぱり田舎のモンゴル人並だ」って気持ちになっています。

でも、まだまだオゴリ飯付きのミーティング予約受付中ですからwww

申し込みは、このブログのコメント欄にて、非公開希望の場合は、その旨をタイトル欄に明記の上、投稿してくださいまし。

アメブロ会員にはなりたくねーよ、というヘソマガリさん(なんちって、そんなこと思ってませんよ)は、mongolhorizon☆gmailどっとこむまでご連絡くださいませ。

とりあえず11月中は、読者様でモンゴルまでお越しくださった方優先で、、、オゴリ飯セッション予約受付いたしますw ダイエット中のため(週3回を限度にしておこう・・・)とりあえず、後半はまだまだキャパ余裕があります。

モンゴルで美味しいものってどこで食べれるの?とか、お店の人に温かいサービスを受けられるようになりたいよ、という方も・・・グルメコンサルしちゃいますwww

いろいろほざいていますが、仕事には極めて、マジメに、老後の安定を確立できるように息の長い、持続的ビジネスモデル構築・実践を目指してますんで、ご理解と応援、よろしくお願いします。
AD
10月最後の日が、ぽかぽか陽気で嬉しいモンゴルだるま@ウランバートルです。
日本は台風直撃とか、いろいろ大変みたいですが、みなさま、ご無事でしょうか?

なんとなく、右耳サイドのへんてこりんなハネとか中途半端でどうわけてもお笑い芸人っぽい前髪とかが気になっていたのです。
おりしも、10月30日・土曜日は「髪の毛をきると縁起のよい日」になっているではないか!

というわけで、開店早々の近所の美容サロンなるものに行ってきました。

美容室(洗髪・整髪・セット)+エステ(眉毛カット、フェイシャルエステ、ボディマッサージ)+ネイルサロンが1箇所に集結している庶民的なお店です。

なぜ、ここか、といえば、徒歩0分。自宅アパートから40mも離れていないから。
あと、美容師のおねえちゃんで、20分でシャンプー・カットをしてくれるのに、満足な出来!というまかせて安心な人がいたからだったんだけど。。。

どうやら、オメデタかなにかでいなくなっちゃってた。
有無を言わさず、初めての美容師さんに頭を任せることに・・・

へんなコテづかいでのツンツンヘアにされてしまったが、「いつもとは違う自分」に変身できて、それなりに満足。(シャンプー・カット代が8,000tgでへんなヘアアイロン(コテ?)付きブローが6,000tg。)しめて40分間。14,000tg=約900円強)

んで、結構、おしゃれさんっぽくなった気がして、なぜか、ここで勢いがついてしまった。

いつもエステサロン(知り合いのお姉さんで、四柱推命+西洋風水術+カードリーディング+オーラ・ソーマ+塩もみ付きセルロース除去グイグイマシーン+大腸だかなんだかのインナーマッスル強化マシーン+小顔フェイシャルエステ+骨盤矯正などあらゆる女性の美と癒しについての願望を満たしてくれる魔女がいるのだ)にいったときに、ついでに眉毛を剃ってもらっちゃったり、サササーッてかわゆくしてもらってたので、そんなノリで、エステおばさんの眉毛カットにゴー!

でもね、、、モンゴルの眉毛カットは、すごかった。
かみそりなんかは使わず、百円均一にある眉毛とつめのお手入れセットにあるような毛抜きが、びしびし抜いていくのだった。

「毛、多すぎ」とか
「タレ眉毛だけど、、、抜きすぎると、せっかくの黒眉がなくなっちゃう」とか
ぶつぶつつぶやきながら、クリームぬったりすることもなく、グイグイ、グイグイ抜いていく。

確かにタレ眉は残念だけど、眉なしにでもされたら、できもしないのに毎日、アイブローとかで眉毛描いたりしなきゃいけなくなって、スッピンのときに、間抜け面になるから、「適当なところでご勘弁を」と許してもらいました。

でも、さすがプロです。
無尽蔵にガイガイ抜きまくっていたようで、ちゃーんと私が、「こうだといいなぁ」って思ってたように左右対称に整っておりました。

眉毛のカットが2,500tg。(160円強)
所要時間は20分弱。
でもあの怪しげなコテ+ブローよりもこの眉毛抜きのほうがよっぽどテクが必要そうなのに、解せない料金設定です。
多分、電気代の問題だろう。。。

メイキャップもやってくれるんですが、モンゴル女性は、アラフォー女はケバいのがいい!っていう固定観念があるらしく、すんごい老け顔にされちゃうことが多いため、遠慮しました。

エステおばちゃんの話だと、眉毛はひっこぬいておくと、結構、その状態をキープできから、剃るよりいいよ、とのことでした。

それにしても近所にこのような美容サロンが同じアパート1階に並んで3軒もあるのに競合することも潰れそうになることもなく共存できてるってことがちょっと不思議です。

ウランバートルはこういう「なんでもあり」なお手軽エステ美容サロンと歯科医とサウナマッサージがいっぱいあります。

もうちょっとお金に余裕ができたら、巷に増殖中に「スパマッサージエステサロン」なるものに行ってこようと思います。
AD