風邪の時、看病してほしいのは家族?恋人? ブログネタ:風邪の時、看病してほしいのは家族?恋人? 参加中
風邪の時って、いつになく気弱になるし、身体も思うように動かなくなるし、思考回路もネガティブに沈みこみがちですよね。

弱った時は、愛する誰かにそばにいてもらいたいものです。

私もウランバートルでは風邪をひいたら、完全に一人ぼっちで闘病しなきゃいけないので、できるだけ風邪はひかないようにしています。

モンゴル人の風邪治療って、激しく荒療治!
咽喉が痛いとか、扁桃腺が腫れた、とかうっかり言ってしまったら、大変なことになりますよ。
それが国際結婚の新婚ほやほやだったりすると、もう有無を言わさず、すんごい手厚い看病・・・

ペニシリンの錠剤を細かく砕いて粉末状にしたものを2-4時間置きに細いロート状に巻いた紙筒で炎症を起こしている患部めがけて吹き矢のように噴霧する、という壮絶な治療を受ける羽目になりましたもん。

最近はね、もう今度モンゴルに帰ったら、愛犬・ソートンとの共同生活で人間の頭数でいったら、再びアローンアゲインになることを想定しておりますから、愛情に満ち溢れたペニシリン噴霧攻撃にあうことももう一生涯ないと思うんだけどね。

で、まぁ、モンゴル人が頼りにならない、あるいは頼りにすると大変な目にあうというのは嫌というほどこの20年間で経験したので、もうこれ以上の講習・修行はいらないや。

私は、風邪になったら、家族にそばにいてほしいです。
特に母。
父は当然のごとく役に立たないから当然却下。

私は扁桃腺が腫れると40度以上の高熱が一気に出て、さらに小児喘息が残ったようなしつこく激しい咳と鼻の下が切れるほどの鼻炎に悩まされるという、それはそれは悲惨な、風邪薬の効能に書いてある症状全部を短期間に経験するという、わりと風邪に弱いタイプ。

なので、子供のころから、やれネギ湿布だ、ショウガ蜂蜜ミルクだ、野菜スープだ、氷嚢だ氷枕だ、マッサージだ加湿機だと、病気になった途端に、聖母のようにやさしくなる母に40歳となった今でも期待してしまうのです。

恋人に、こんなズビズバで悲惨な姿は見せたくないし、自分を苦しめている風邪に彼氏がかかるなんて、可哀想で・・・申し訳なくて、、、感染する可能性からはできるだけ離れていてほしい。

お見舞いも来てくれないでいいけど、携帯電話にやさしいメッセージなんか送ってくれれば嬉しいな。


家族だと、以心伝心みたいに長年の病気の時の阿吽の呼吸があり、わがままも遠慮なく言えるけれど、恋人だとね、、、恥ずかしさや遠慮もあるし、そもそも我儘言って、それがもとで「あいつ、性格悪い」なんてことになって失恋する羽目になったら、それこそ「泣きっ面に蜂」ですもんね。


これから空気が汚く、寒さが厳しくなるモンゴル。
在留邦人の皆様は、なにとぞご自愛くださいませ。




AD
化粧水はさっぱり派?しっとり派? ブログネタ:化粧水はさっぱり派?しっとり派? 参加中
晩夏から初秋へと移り変わりつつあったウランバートルを離れてから早2週間余り。

最初のうちは、日本の空気のしっとり感に、内陸の過酷な気候に慣れ親しんでいたアラフォーのお肌もすっかり感激、化粧水いらずで10日間ほど過ごしておりました。

モンゴルでは、コラーゲン入りとかヒアルロン酸入りで、お肌の潤い残します、なぁんて売り文句の洗顔フォームを使ってもつっぱらかって、5分もしないうちに素肌がパリパリと乾くのを感じて、大慌てで、化粧水をパチャパチャたっぷりと、丁寧にしみ込ませてたもんです。

日本からその化粧水を持って行ったときは、私もまだ30代。「さっぱり派」で十分、ピチピチ、もちもち肌をキープできておりました。

まぁ、いわゆる1000円以下で買えちゃうような、アロエとかへちまのローションタイプや、霧吹き型ポンプの肌水なんかを愛用してました。

湿度がとにかく日本に比べると低いので、化粧水だけではとても肌の潤いをキープできませんから、化粧水が馴染んだところで、すかさず、ミルキーローションとか、美容クリームやナイトクリームなどでカバーしてました。

紫外線も厳しいですしね。基礎化粧が大事、とかいっておきながら、自分のお肌対策は、日焼け止めもつけなければ、紫外線防止のファンデーションもなーんも使ってませんでしたから、スキンケアは結構気にしてました。

なんでも紫外線って3分から5分くらい外出して日光浴びただけでも、肌にダメージを与えるんですってね。

それはわかっているのですが、いかんせん大気がカピカピなので、私のように下地などのお手入れがちゃんとできない人間がリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを塗ったところで、やっぱりひび割れの栗まんじゅうみたいになってしまってかっこ悪いのです。

ただ40代になったら、ドモホルンリンクルで無料お試しセット、いっちゃいますか?ってくらい、徹夜明けとか、砂漠でじりじり焼けながらの乗馬トレッキングなんてやった後はお肌がボロボロ、口元とか目じりとかほっぺとかのしわが気になるー!!!

なので、ワタクシ、ついに、肌年齢に対する自覚のレベル、上げました。
それもかなり一気に上げましたよ。

今回は、近所のドラッグストアで35%引きで販売されていたElexcilのもっとしっとりⅢをローションとミルキーローションセットで買いました。さらに、kaneboのエビータホワイトニングローションの「もっとしっとり」タイプも購入。
エビータにいたっては、50代の女性用であります。

どんだけ乾燥肌なんだ・・・って感じですよね。

さらに、、、もう今回は最初の一週間で、あまりの湿度の違いに愕然としてスキンケア商品、しこたま買い込みましたよ。

松田聖子さんと中島みゆきさんのCMでむむむ!な、肌が喜ぶジェリー byFUJIFILM!
本体はびっくりの1万円弱という高価さにびびくりまして、さすがに冷静になりました。
ちょっと匂いが気になるといえば気になる。
お店の試供品コーナーも美容液と化粧水はあるけれど、あのジェリーはありませんね。空き箱持ってって、レジでピックアップという万引き対策の念の入れようはすごい。

まぁ、それだけ話題になってるということでしょうね。

5日間お試しセット1,000円というのをゲットしてみました。

まぁ、どれもモンゴルに戻ってから使用するっていう想定での購入です。

今はコラーゲンたっぷり洗顔フォームをしっかり泡だててフワフワの泡でやさしく洗顔するだけで、肌がピカピカ、ピチピチになっているので、日本国内で化粧水、必要なの?って感じなんだけど・・・

もちろん、必要でしょう。

さっぱり派を使いたいのは、真夏のギンギラ太陽が暑いときですね。
気温が高く、紫外線じりじりな時は、肌がほてりやすく、また汗っかきなため汗腺がつまりやすいから余計な油脂分はいらなーい!

朝の洗顔や夜のお風呂の時に、たっぷり蒸しタオルであっためた顔や首を、きめ細かく丁寧にホイップした洗顔フォームでフワフワと洗った後、水気をタオルでとったらすぐに化粧水をたっぷりつけます。

んでもって、しばらくしてから日焼けの火照りをおさえるアロエジェルとかひんやり系のスキンケア製品をつける。

寝るときはスキンケアのローション、ミルク、クリームをつけ、さらにナイトクリームでマッサージをしつつ、しわになりそうなところに美容液をつける、という念の入りようでした。

日本のしっとり空気になれつつも、毎日化粧をばっちりして、冷房にさらされたり、暖房にふきつけられたり、ストレスがたまったりしている日本のOLさんや学生さんは、きっと私がモンゴルの自然の空気で受けているのと同じくらいのダメージ受けていることでしょう。

だから、お肌に気を使うのはいくら気を使っても足りないくらい。

40代に突入してから、自分の身体の組成がずいぶん変わってきてるなぁって感じますからね。
私も27歳とか28歳とかから、スキンケアとか考えておけば、今頃はどっかの誰かさんのお嫁さんになれていたかもしれない。。。

もうアラフォーにもなると面の皮も鉄板みたいにあつくなりましてねぇ・・・

ちょっとやそっとじゃ、あの湿度が20-30%という寒くてカラカラなウランバートルの冷気にさらされた皮には、「もっとしっとり」ぐらいじゃないと太刀打ちできない気がします。

あとね、30代の頃には気にもしなかった、肌のたるみも気になります。
もともとがピチピチと張り詰めたぽっちゃり肌なので、これがうっかり痩せちゃったりして、垂れてきたらどうしよう!

そっちのほうがよっぽど心配なので、去年までは気にしてなかった、パシャパシャパッティングも、最近は、かなり手先に気を使い、肌をだぶつかせないように慎重にしみ込ませております。

ちなみに、化粧水の段階で、しっとりを使っているので、今回はミルキーローションとかナイトクリームの類はかなり節約して使うつもりです。

あ、ちなみにモンゴル国内でもウランバートルでは、Kaneboや資生堂、HABAはじめ、クリニークなど日本人女性にも人気のあるブランドの基礎化粧品は入手可能です。
さらにBBクリームなど韓国の人気漢方生薬配合系ブランドの基礎化粧品もあります。

日本製品は、うぅ!高い!!!と、日本のドラッグストアの安売り特売日にまとめ買いして、航空便で送る2-3倍くらいの値段になるものもあるので、2年以上行ったまんま帰れないという人でなければ、一時帰国のときに自分で購入しちゃったほうがお得だと思います。

2年間一度も帰れずに、、、という状況になるのは、まぁ、海外青年協力隊の方ぐらいでしょうが、そういう方も、結構日本からいろんなものを送ってもらっているようですし、通販もありますからね。

世の中、便利になったもんです。

旅行でモンゴルにいらっしゃる方は、160mlとかの壜入りのものをそれぞれ持ってくるよりは、コンビニとかトラベルキットなどのコーナーにある、かわいいポーチにはいったお泊り1,000-1,500円くらいのものが便利ですよ。私は1セットで1カ月は持たせられました。長持ちさせるコツは、一回のスキンケアで全種類を使わず、肌の状態や気温や湿度にあわせて2点くらいをローテーションで使い、1週間に一度、600トゥグルグくらいで売っている韓国製のアロエとか朝鮮ニンジンとか真珠エキスとかが配合されているというパックを使い、そのあとで顔面全体に美容クリームを塗りたくって、ぐっすり眠るというような感じで、肌を鍛えながら、無駄なく使いきることです。





AD
雨の日でも一日は外に出て空気を吸いつつ、1万歩は歩かねば!と携帯電話についてる万歩計に踊らされてるモンゴルだるま@日本は快適、です。

読者の皆様は、自分のテーマカラーをお持ちですか?

巷ではカラーセラピーとかオーラソーマとか、人の持つ色彩感覚に注目したセラピーや性格診断などがありますね。
流行ってるかどうかは知らないけれど、色とシンボルっていうのは、人類学的にも奥深く、面白いテーマだと思います。

一応、私の中には、その1年を象徴する自分カラーっていうのがあります。

子供のころは、セルリアンブルーとかエメラルドグリーンが大好きで、水彩絵の具やクーピーペンシルも真っ先になくなっちゃう色でした。
でも、身につけるものというと、なぜか赤が多くって・・・
といってもティーンエイジャーの頃は、怪我で選手生活をあきらめるまで、剣道着に赤胴っていうパターンが1日の生活のほとんどすべてであったんだけど。

高校時代の私服はブルー系が多かったですが、大学に入ってからは、なんか複雑な色とかグリーン系が多くなってました。ワンダーフォーゲル部という山登りとか川下りとか無人島とかとにかく自然の中で活動するアウトドアスポーツに熱心だったからかな。

で、起業してからは、情熱の赤とか、金運がアップするというゴールドや黄色系、オレンジ色など暖色系を多用するようになりました。

実際、色の持つパワーってすごくって、ビジネス手帳を赤やゴールドにしていたときは、仕事は驚くくらい順調で、売上も右肩上がりでニョキニョキ伸びていました。

でもって、人生の急展開があった2007年のテーマカラーは、ピンク。
まぁ、これはフジテレビの「あいのり」のお仕事をすることになり、急遽、自分で車を購入し、ラブワゴン用にドピンクカラーに塗装しなおさなきゃいけなくなりまして、いっそ、人生ピンク色に塗りつくしてしまえ!という感じで、流れにのってのピンクづくしライフになっただけなんだけど。

ピンクを身につけるとですね、、、すんごく恋愛運や人との出会い、めぐりあわせが劇的に変化するんですね。
ただ、油断しやすいというか、個人的なことに集中しすぎて、私は共同経営者とその親戚でもあったマネージャーという一番信頼していたはずの友人たちの陰謀にはめられて、金銭的にはのたうちまわり、すっからかーん、というショッキングなどん底に突き落とされちゃったので、自分的には要注意カラーだったりする。

今年はなんとなく落ち着いたアースカラーを基調にしていています。安定したいなぁっていう気持ちの表れでしょうか・・・


で、来年。

モンゴル国におけるエコツーリズム推進に打ち込む旅行会社として、地域共同体やいろんな人との協調性や自然と人間の調和、なんてことを意識しながら活動していこうかな、って考えています。

で、このテーマカラーを象徴しているのが、私の場合は、「ほぼ日手帳」のカバーなのです。
早速注文しちゃいました。

何もかも、緑で統一っていう気はないんですが、1年ごとのメリハリをつけるのが好きな私としては、「テーマ色」ってわかりやすくていいかなぁって思います。
AD