こんにちは。モンゴルよろず相談屋のモンゴルだるまです。

今年の夏もやっぱり旅、旅、旅で、更新が滞りがち。
インターネット環境がイマイチのところばかりだったので、すみませんね。

いただいたメッセージもおかげさまで、いろいろ膨らんでいたことと、いくつか共通事項、共通の傾向があったので、次の旅に出発する前に、できる限り、このブログ記事でお答えしていこうと思います。

今現在、モンゴルに長期滞在していらっしゃる方も、生活上の問題、モンゴル人や在留邦人との人間関係でお悩みの方も少なからず、いらっしゃるようなので、このブログが、少しでも、皆様のモンゴルでの旅や暮らしに、幸せや潤い、癒しとなりますよう、おいらもがんばります。


さて、、、

まずは生活編ですね。

ウランバートルの大気汚染を心配なさる方、多いですね。
なんといっても大気汚染首都で世界1、2位を争うウランバートルですから、環境意識の高い日本の皆様にとって、心配ごとになるのは当然のことです。
モンゴル人ですら、「ウランバートルの冬の空気の汚れには耐えられない」っていうくらいですからね。

もちろん、モンゴル政府も、市場経済化以降、急激に増加した自動車と石炭ストーブ使用のゲル地区から吐き出される有害ガス、煙、塵による大気汚染には憂慮しております。
環境対策の中でも、上位優先事項となっています。

日本の大通りなどによくある、大気中の有害物質の数値検出パネルもドイツ政府などの援助で設置されています。

また国際機関による「ミレニアムチャレンジプロジェクト」でも環境アセスメントのコンサルさんが来てます。

なので、ウランバートルで特に排ガスや石炭塵肺などの大気汚染がひどい地域についての情報もちょくちょく新聞やテレビでも発表されています。

ウランバートルは盆地なので、-20℃以下になると、寒さで比重の重い排ガスや石炭の煙などは放散されることなく、底部にたまってしまいます。

特にひどいのは、車どおりが激しく、ゲル地区と隣接している地域です。
いわゆるウランバートル中心部のちょっと端っこくらい。
燃焼効率がよく石炭粉塵の排出が少ないタイプの豆炭などの燃料も開発・販売されていますが、いかんせん高価なため、庶民オブ庶民な低所得層があつまるゲル地区の住民には手が届かないため、なかなか普及していません。
科学技術大学とか芸術大学の工芸科、エコビジネス業者などが煙の少ない石炭ストーブの開発なども国や国際機関の援助等の助成金を得て取り組んではいますが、これまたやっぱり難しいみたいです。

バガトイローの西部、東部地域、サンサル地区、ガンダン寺付近、ゲル地域全般などが特にひどい。

逆に、空気が綺麗、といわれているのは、19地区(旧労働者地区 第19ホローロルあたり)や高級住宅街のザイサン地区。渋滞がひどいけれど、日本大使館やコンチネンタルホテルなどがある、やっぱり高級マンションやコンドミニアム、一軒家などが立ち並ぶセレブ地区などは、周囲にゲル地区が一切ないので、空気が綺麗です。

加湿器は、20ドル前後でいろんな形の超音波加湿器(熱くならないタイプ)が家電コーナーやザハなどで購入可能です。構造が簡単だからそう簡単には壊れませんから、JICA関係での赴任の方は、帰国組の方から委譲、買取りなどをするほうがリーズナブルじゃないかしら、と思います。

2万円相当前後で、マイナスイオンとか湿度調整機能がついている室内用空気清浄器も売っています。
私も今年は、オフィスと自宅にこの空気清浄器の導入を検討中です。

ボランティア関係者の方はJICAから支給される家賃の上限があるから、ザイサン地区などの高級マンションに滞在というのは難しいかもしれませんが、生活空間としてはゴロムトタウンあたりはJICA関係者、日本からのビジネスマンなども住んでいらっしゃいますからお手頃かと思います。

花粉症も最近、流行っているから、微粒子対応の高性能マスクなどを日本からまとめ買いしておくほうがいいかもしれません。

最近はモンゴル人も呼吸器系疾病が増えているので病院もそれなりに対応してくれていますが、やっぱり言葉の問題もあって不安ですものね。

空気がかなり酸性に偏り、酸性雨にもなりガチです。
白いものを着ていると、ただ20分ほど歩いただけで洗濯したときどす黒い水になります。
なので、おしゃれしたくでも、白系よりは、汚れが目立たない色の服のほうがよいでしょう。

空気の綺麗なエルデネットに移住!と意気込んでいたガナー君と子狐親子も、エルデネットの家賃が意外と高いことや住民票をうつすのが意外と大変だ、とか諸々の理由で、結局、ウランバートルにとどまることになっちゃったみたいです。

まぁ、ビジネスチャンスとか学校教育環境、利便性などを考えるとウランバートルが圧倒的に有利なんですけどね。
でも私も先日、2泊3日でエルデネット住居探しをしていて、素敵な手作りログハウスとか広々とした敷地の土地などが売りに出されていて、かなりテンションがあがりました。
でも、小高い丘から夕暮れ時に街を眺めたら、やっぱり結構なスモッグがたまること判明でね。。。

なかなかどこも都会は住みにくくなっておるのぉ、と思った次第です。

また、特にスモッグがひどくなるのは、夜明け(といっても朝7時ー9時くらい)です。前日のスモッグに加え、ゲル地区の人々が石炭ストーブをつけて朝の支度をする頃が出勤時の車移動と重なるからです。

できることならば、このピーク時をさけて出歩くと少しは、大気汚染による人体への悪影響を減らすことができると思います。

これからの個人がとれる大気汚染対策は、生活拠点には空気清浄器と加湿器を設置することと、出歩くときはマスクを装着することってところです。

あとは、週末はきれいな空気の郊外でリフレッシュですかね。

あんまり芳しい情報ではありませんが、ここ10年くらいは、ウランバートルの大気汚染問題の解消は難しい気がしています。

読者の皆様の気になる、モンゴル生活事情、対策について、お役に立てたら光栄です。

いつでも私は皆様が快適なモンゴルライフのために、ここにいます。
AD
自分のまわりに、「所在不明高齢者」いると思う? ブログネタ:自分のまわりに、「所在不明高齢者」いると思う? 参加中
111歳の方がなくなったあとも、「こっちのほうが実入りがいい!」とばかりに、配偶者遺族年金をもらい続けていた家族が、詐欺罪で告訴されましたね。

それにしても、今回の騒動、「姥捨て山」もびっくりな展開で、こんなにも多くの超高齢者の方々が、行方不明になっておったとは。

モンゴルは、平均寿命が女性でも64歳。社会主義時代は、年金受給資格は48歳からという職種が多かったようですが、それにしても、そんな若くして定年退職ですか?と思っていましたが、まぁ、還暦迎えられたら、立派に老人っていうモンゴルでは、早めに引退して人生謳歌したほうがよいって感じだったのでしょうね。日本の60歳ってまだまだ現役!って感じだけれど、モンゴルでは50歳代でも立派に「おじいさん、おばあさん」な感じです。心が老人になるのが、モンゴルは早い!

民主化と同時に起こった市場経済化への移行で、社会主義・共産主義時代の福利厚生制度が崩壊してしまい、壮絶なインフレ傾向のため、年金だけで都会暮らしするのは老人にはちと厳しい。

元気な老人は、草原で遊牧生活を営み、子供達の援助を受けつつ、若者たちの子供や孫を田舎で育てるという家族内相互扶助システムがなんとなく出来上がってきております。

モンゴル全国21アイマグ津々浦々、いろいろ調査や旅で訪れましたが、モンゴルでは、実に老人が大切にされています。老人も心得たもので、あんまりごちゃごちゃしたことには口を出したりしません。ただ淡々と規則正しく、日々をのんびり暮らしています。

口うるさくても、おとなしい可愛い老人でも、モンゴルの若者達はわけ隔てなく優しい。
まぁ、適当に陰口や笑い話、冷やかしなんかはしてますけれどね。

都会で顔中ピアスだらけのモヒカン頭で、漫画「ハンターxハンター」に出てくるギダラクルもびっくりなくらい怖い容貌のモンゴル人青年だって、市内バスでは老人や子供を抱きかかえた女性に当たり前のように席を譲ります。中国人など外国人は理由もなくリンチにするような恐ろしい極右民族主義集団の若者だって、年配者には従順です。

そんなモンゴルで暮らしていると、肉親でありながら死者を弔うこともなく、「消息不明」とか「連絡をとってない」とか主張し続けてン十年もの間、行政を騙し続けていた、本当の事情が知りたくなるし、情報社会であるはずの日本が意外と、ザルのように隙だらけなのだなぁ、とびっくり仰天しています。

それこそ、ホラーです。白骨化するまでの月日を遺族はどんな気持ちで放置していたのだろうか?故人の霊におびえたりしなかったのかしら?


モンゴルでも超高齢者じゃなくても、まだまだ国民登録システムが徹底していないため、選挙のたびに「死んだはずだよお富さん」の一票が投じられた、とか1人の人が、あちこち複数の選挙区で投票してた、など大騒ぎになります。

また地方からのイレギュラーな転入者で膨れ上がったウランバートルでは、もはや住民登録システムそのものが正常に機能しづらい状況です。出生届けの出ていない子供が学校に入学できない、子供支援金ももらえない。でも首都住民であるための徴収金も払わない。ゲル地区が異常膨張を続け、バヤンホショーというテレビ塔の北西地区の共同墓地の敷地内まで、住居用の囲いが作られ、墓や棺の上に掘っ立て小屋やゲルがひしめき合っているのです。
年金制度はしっかりしてるとはいえないけれど、それでも選挙用アピールのために、高齢者を訪れる政治家やお役人は多いのです。高齢者リストはしっかりしているし、電話もインターネットも老人がいるような世帯ではそれほど普及してないから、訪問する、ということもよくあります。
特に年金、支援金や助成金など、国や地方行政からのお金がもらえる、といった場合は、必ず本人が役場や銀行まで身分証明書と、年金手帳やら子供手帳など助成金、支援金をもらうための証書持参が徹底されています。

死亡証明書が医師によって作成されたものを持って埋葬、なんていうのは都会での話で、田舎はなかなかそうシステムどおりにはいきません。夏場だと、遺体安置所なんてものは地方の辺鄙な集落にはもちろんありませんから、遺族のゲルの中に安置されます。家庭に不幸があったゲルでは、ウルフといわれる四角いフェルトの天窓蓋をぴったりと閉じ、地方によっては黒いヤクの尻尾で作った纏のような目印を立てます。
それでも夏の暑い日は、遺体は2-3日で死後硬直がとけ、腐敗が始まるのです。
人間の遺体の腐敗した臭いというのは、家畜の死体のそれとは全く違う独特の臭いです。人間の食べ物のせいなのか、そもそも組成がそういうものでできているのかわからないけれど、一度かいだら忘れられない、そしてどれだけ綺麗に体をあらっても、その臭気がしみついているような気がするのです。
だから葬式してもよい日、というのをモンゴルの暦や占いで見つけたら、なるべく早く埋葬してしまいます。

風葬の習慣も残っていて、それは真っ裸な状態にした遺体に白い布をかけて、四隅を石などでおさえて、放置しておく方法です。チベットの鳥葬と混同されることもありますが、チベット式だと、決められた場所に決められたシキタリにしたがって、お経が彫られた岩の上で石包丁で鳥葬用の遺体の処理をする専門的な人によって、鳥や犬などが食べやすいように切り刻んでから葬るのだそうです。チベット仏教では、死んだ人の魂は、死によって肉体から解放されるので、肉体はもうただの物体。切り刻むという行為そのものに残虐性はないのです。
モンゴルでもまた同様ですが、風葬の場合は、生前の行いがよく、徳が高かった人の遺体は、早くなくなり、悪かった人の遺体は、いつまでも残って成仏しない、と信じられています。モンゴルでは肝臓や腎臓系の疾病でなくなる方も多いのですが、お年寄りは、死期を悟ると、病院での治療を拒絶し、自宅で死を迎えることを希望するケースもあります。それは、一説によると、抗生物質などの薬物漬けになった肉体は、腹ペコなはずの野犬や狐、テン、クロハゲワシやカラス、トンビといったスカベンジャーな肉食生物も敬遠するからなんだとか。

まぁ、大々的に死亡が公表されて、立派なお葬式が出る、ということは都会とか国の要人、有名人でもないかぎり、あんまりないのですね。でも新聞の死亡者欄に遺族が写真入りで故人を悼む広告を出すこともあります。埋葬や風葬などのお葬式そのものはごく身内の人だけで執り行うことが多いから、見方によっては、今回の100歳高齢者のように「死んでることを行政に届け出ず、いつまでも年金等のお金をもらい続ける」ことも可能なのです。

でも、モンゴルでは人の噂は光より速く、広く伝播します。
「お宅の爺さん、元気かい?」みたいな感じで、世間話が始まり、「どこそこの人、最近みかけないねぇ」みたいな感じで、いろんな人の消息が伝わるのです。
それに、老人の独り暮らしというのも、ありえない!
遊牧仕事というのは力仕事も多いので、独立している元気な老人といえど、肉親や親戚が、1人っきりでほったらかしにして、老人独自での遊牧生活を営ませる、なんてことになったら、地元の人々から非難轟々、村八分になりかねないのです。

モンゴル人って、自己主張の塊で、他人のことには無関心で、何か面倒なことがあると「おれ、シラネ。(アー、メデフクイ!)とか(ビー、メデフクイ)」って逃げる傾向はあるのですが、それでも、老人とか身体障害者とか精神障害者とか子供など、社会的弱者、自律生活が難しい人をほったらかしにするとか天涯孤独にして、その消息を尋ねない、なんてことは、「ありえねー!!!!」なのです。
過干渉はしないけれど、引越しとかカシミア採集や羊の毛刈りや家畜の群全体の予防接種や寄生虫駆除のための洗浄などなど共同作業でないと埒が明かない作業が四季折々、まぁ、2-3週間ごとに何かしらの行事が発生するので、わりと相互のコミュニケーションが取れています。

なんといっても世界一人口密度の低い独立国という不動の地位をン十年続けているモンゴルです。
人がまばらに点在しているからこそ、一人ひとりの存在に対する関心が高い、ともいえます。

逆に、行方不明になることも簡単ですけどね。

今、モンゴルは2012年の選挙や、タワントルゴイ、オユートルゴイの経済鉱区での鉱山開発が国際契約などによって、正式にスタートし、その恩恵を国民全員に公平に分配するという新しいシステムを導入するためにも、国民登録の徹底に取り組んでいます。7月5日から始まったこの登録更新作業は、10月上旬には終わる予定です。

90歳超のご老人、モンゴルでもわりとお元気でいらっしゃる方もいます。
あんまり寝たきり老人とか脳死状態でずっと生命維持装置をつけられるということもないので、基本、「ぴんぴんコロリ」なのかなあ、という印象。

そして、ブログネタの答え、「自分の周りに所在不明高齢者、いると思う」は、100%、「いません」と答えられます。

年金や遺族年金等の不正受給も問題ですが、私は、早く亡くなられた超高齢者の皆さんが、しかるべき対応によって、丁重に弔われることのほうが重要な気がします。
ご本人の遺志によるものなのか、遺族の意図的な隠蔽だったのか、わかりませんが、とにかく、人の死に対し、哀悼の意を表します。
私自身は、特に盛大な葬式とかお墓とかを望みません。できれば、ひっそり、灰になったところで、大好きな沖縄とかツァガンノールとかバヤンウルギーの氷河とか、ヘンティーとかに撒き散らしていただきたいなぁ、なんて思っています。

私の曽祖父母、祖父母はいずれも鬼籍に入ってしまいました。結構、「もう十分生きたでしょう」と自他共に満足できるくらいの長生きをしてくれたおかげで、私は、明治維新前後のお話とか、明治時代、大正時代のモガ・モボのデートの話、昭和の2.26事件当夜、遙かに聞こえた銃声の音、東京大空襲やら空襲警報で防空壕に入った話とか、バケツリレーの練習とか、配給時代の闇取引とか、原爆投下の日から焼け野原のヒロシマ復興の日々などなどを生き証人の口から聞くことができたのです。
次の超高齢者になるのは、母か父。
「もう、いいかげんにしてよ、ママ!」ってくらい元気はつらつ長生きしていただきたいな、と思います。
そして、まだまだ両親が後期高齢者って呼ばれるには程遠い。まだ30年以上あります。

元気な老人があふれかえる日本のことはさておき、医療環境が懸念課題だらけのモンゴルで腎臓だのなんだのを患っているアラフォーの自分が死なないようにすることのほうが大事だ。
こんなところで死んじゃったら、100歳超えて無くても普通に「消息不明者」で処理されちゃいそうなので、日々の生存の記録として、ブログを無駄に更新している、、、のでした。

世界中、どこでも、女子供、お年寄りはもちろん、命は大切に、敬い、愛し合うことが当たり前なのです。人の死は、人の生と同様に尊重されなければいけない、っていうことを、もっともっと私達は真剣に受け止めるべきだって、今回の全国あちこちで連続発生した「高齢者消息不明と思ったら、とっくの昔に亡くなってました」事件であらためて思ったのでした。
AD

お詫びと楽しみなお知らせ!

テーマ:
「モンゴルまるかじり」にアクセスいただきましてありがとうございます。

モンゴルは晩夏だ、寒い、初秋だ、、、などと連日お伝えしてきたわけですが、一昨日あたりから、実に爽やかで快適なモンゴルの8月らしい素晴らしい日々が続いております。
今日なんか、暑かったみたいです。

利き腕をまたしても負傷し、さらに先日の乗馬トレッキングの筋肉痛が下腹部のインナーマッスルに悪影響を与えたのか、ベッドから起き上がるのも苦痛、という状況で、あんまり記事がまとめられず更新が滞っております。

・・・まぁ、普段から散漫ですが(・・。)ゞ

ここんところ、激しく移動が続いております。

明日から、北大のイケメン・ウィルスハンター教授ご一行様と毎年恒例の鴨糞拾いという重要なミッションが始まります。

なので、9月上旬までしばらく更新が滞ります。

ぶわーっと=But ここで朗報!

先日から散々お伝えしておきながら、出し惜しみしてきたMONNISのアドベンチャーツアーについての詳細を、この鴨糞まみれの日々が終わったところで、堂々公開させていただきます。

本日、MONNISの広報担当者や撮影者からの正式なゴーサインが出たので、こちらも心置きなく、われらが日産パトロールの馬力とオフロードにいかに強いか、弊社の車両整備がいかに優れ、維持管理に気を配っているかを多いにPRしていきますのでお楽しみに。

さらに馬旅、ラクダ旅などの写真の整理も出来次第、発表していきます。

本来は、シーズン中にバシバシ公表してお客様を募集すればよかったのですよね・・・って、今年もまた同様の言い訳。

備えあれば憂いなし、ほんとそうだよなぁ・・・

で、モンゴルでの30日以内の短期滞在ビザの免除が来年まで続くかどうか、また長期滞在を希望する方々への対応がどうなるのか、など気になるところもいろいろありますが、気の長い話とはいえ、来年に向けて、じみちーにモンゴル旅行の心得や見所、私達ならではの旅のアテンド、こだわり、個人での自由旅行を目指す方々へのヘルプサービスなどを充実、弊社の本来の底力を存分に生かせる業務体制に生まれ変わるぞ!

余力のある限り、ウランバートルにいるうちに予約記事やモンゴル関連ニュースなどをご紹介しておこうと思いますが、しばし、生生しい記事の更新が滞ることを、ご容赦くださいませ。
AD