ドライブするなら、海派?山派? ブログネタ:ドライブするなら、海派?山派? 参加中

私はその他派!

好きな人が運転してくれる横顔を眺めていられるなら、車がどこ走っていたって幸せです。
日本でのドライブは断然、海に連れてってもらうのが好きだったのですが、それは、当時、大好きだった人の隠れ家ホーム的な場所が海の近くにあったからなのでした。
海の匂いを感じながら海岸線沿いの道をうねうね走るのも幸せだったけれど、一緒に、海に沈む夕陽を眺めるのも格別の幸せでした。
でも、山のふもとに暮らす共通の友人宅へのドライブも楽しかったです。色づいた山の広葉樹のグラデーションを楽しみながら、あるいは雪を気にしながら、温泉でぽっかぽかの体で車のシートにうずもれるのも素敵でした。

子供の頃は、車酔いが激しくて、車に乗るの、だいっきらいだったのですが、大人になってからは、車の運転が上手な人を好きになるケースが多く、楽しいドライブをたくさん体験させてもらいました。

モンゴルは海なし国なので、どんだけ海ドライブが楽しい、大好きだ、といったところで、できないので、ないものねだりな選択肢を選ぶわけにもいかぬ。かといって、山がすきってほど、山もないしなぁ。

なので、あえて、その他で、草原・砂漠でも選んでおこう、と思いました。

草原ドライブもすばらしい爽快感を味わえます。
特に4WD車だったら、モンゴルの草原や砂漠でこそ、その能力を発揮できます。
草原ドライブの面白いところは、思いも寄らぬところで、野生動物と遭遇できちゃうことです。
ハリネズミやウサギ、キツネ、シカ、オオカミ、トカゲ・・・

当たり前のところでは、牛やらくだ、馬、羊、ヤギが放し飼いですからね。

かっこいい大鷲、イヌワシ、ソウゲンワシ、ハゲワシ、ヒゲワシ、ノスリといった、日本では希少種で野生のものを間近で見るチャンスが少ない大型猛禽類はもちろんのこと、ヤツガシラとかサケイなど派手系な鳥も。

いってみれば「野生の王国大満喫」ドライブなんですもの。
どこまでも、どこまでも続くなだらかな山波を縫い、車窓を流れていく草や青空に浮かぶ雲や無限に広がる宇宙を感じながら、道なき道を心のままに走り続けることの解放感はモンゴルの草原ならではです。

モンゴル旅行での、旅行のお客様からのご感想で多いのが「道が悪くて辛かった」というものです。確かに、どこかの目的地に行こう、とすると、日本でなら車で3-4時間程度の距離のところが、延々とオフロードを疾走すること半日とか1日がかりになっちゃう場合も多く、ひとたび、その道のりを「苦痛」と感じてしまったら、それこそ避けがたい苦痛です。

なので、同行ガイドがいかに、その道中で「モンゴル満喫」とか「モンゴルらしいところなんだ」って楽しんでいただけるように旅を演出するか、が重要な鍵になるのです。
文句いったところで、距離が縮まるわけでも、道路状況がよくなるわけでもないのです。

旅の醍醐味は、「その土地ならでは」という経験を楽しむところにあると思います。
不安や不満も含めて、最終的には、旅を「いいもの」にするためには、旅人本人が自分に起きた出来事を、自分ならではの経験であり、ギフトなんだってことを自覚することが大事。

モンゴルは人生修行の場ではありますが、逆に、誰もが「冒険者」気分を味わえるっていうお得な辺境地でもあると思います。

列車の旅や飛行機の旅も楽しいけれど、一度は、草原を突っ走る快感を味わっていただきたいです。

それにね、私たちの愛車「ラブワゴン」のど派手なピンク色が似合うのは、海でも山でもなくって、緑の草原や真っ白な大雪原なんです。

にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村






ドライブするなら、海派?山派??
  • だんぜん海派
  • だんぜん山派
  • 街中を走るほうが好き
  • その他

気になる投票結果は!?

みんなでつくるアメブロード(PCのみ)
オリジナルブログスキン(PCのみ)
みんなでつくるアメブロード
オリジナルブログスキン
AD
カツ丼、牛丼、どっち食べさせてもらったら自白しちゃう? ブログネタ:カツ丼、牛丼、どっち食べさせてもらったら自白しちゃう? 参加中

私はどっちにしろ自白しない!派!

私はカツ丼が大好きです。モンゴルへと旅立つ前の成田空港で食べる最後の食事はカツ丼です。蕎麦のときもあるけれど、カツ丼セットというタイプで、女子とは思えないほど、炭水化物がっつりなメニューを迷うことなく選びます。

牛丼も嫌いじゃないけれど、牛丼って、チープなイメージありませんか?
私は、時間もない、お金もない、心の余裕もない、自由もないっていう過酷なテレビ番組制作会社のアシスタント時代に涙とともにかみ締めながらかっ込む、っていう切ない記憶が密着しているため、涙なしに、牛丼なんか食べられません。

ほんと、牛丼食べるときの私、せこかったですもん。
これでもかーってくらい紅生姜を山盛りのせたりね。お茶をがぶがぶおかわりしたりして、空腹を満たす。次、いつご飯食べられるかわからなかったから。
なので、牛丼ってなんかガッツと不屈の精神ってイメージがあります。
だから、牛丼ごときでは絶対、自白なんかできません。

って・・・
自白って何を自白?
どんな容疑で犯人にされちゃうの???

いずれにせよ、黙秘権だ。弁護士がつくまでは黙秘を通す。
自分の名前ぐらいは言ってもいいだろうけれど、容疑については完全黙秘で拘留期限まで、内心、びびくりまくりながら、ねばりたい、と思います。

カツ丼だって負けません。
だって、たかだか一杯のカツ丼に負けて、うっかり自分の容疑が懲役刑につながるような犯罪に関わるものだったら、逮捕・拘留された、という事実に激高して、あることないことぶちまけて、拘留期限が延びてしまうかもしれません。そしたら、次に、ホントに自分が好物のカツ丼を食べられる日がいつになるかわかりませんよ。

それに、一杯で自白なんかしちゃったら、「あいつ、ちょろいぜ」ってことで、次からは、スニッカーズとか、チープでジャンクなものになっちゃうかもしれん。

牛丼で黙秘し、カツ丼でも心を閉ざし、かたくなに黙秘を守っていれば、次は、うな丼とか浅草は大黒屋さんのたっぷり巨大海老天がさくさく、つゆダクっていう上天丼が出てくるやもしれぬ。それでも落ちないってことになったら、味噌汁つきになるやもしれません。

敵が懐柔策に出てくるならば、こちらが意固地になればなるほどに、きっと懐柔でちらつかされるエサもでかくなるのではなかろうか?

実際の警察、検察の取調べって、「推定無罪」の原則は、、、って感じらしいですね。
ちなみにモンゴルの場合はですね、詐欺罪で被害届を出してもね、警察はほとんど動いてくれません。
被害届で、こちらが詐欺を働いた、と訴えた相手を呼んで取り調べをする程度で、被害者自らが証拠集めをし、事件性を証明しなければいけないのです。
たとえ、送検されたところで、検事を懐柔できちゃえば、事件としては立件されなくなっちゃうんですからね。理不尽ですよ。

どこの国でも刑事事件の被害者って立場が弱いです。アウェイだと余計にね。

逆に「あんた、ほんとに被害者なの」ぐらいの勢いで、痛くもない腹を探られ、「おいらたち、めんどくさいから、被害届、ひっこめてくんないかなぁ」ぐらいの態度で警察も全然やる気ないの。詐欺罪の場合、訴える側(被害者)が外国人で、訴えられる側(加害者)がモンゴル人であることが通常なので、その場合、警察官って、自国民をかばうというか、ちょっと右翼的というか民族主義的な傾向もあるっていう印象があります。仕方ないのかもしれないけれどね。それがアウェーで勝負するってことなのだから。

モンゴルの場合は、警察が証拠探しの捜査したりって、日本の刑事ドラマみたいにはしないから、基本的に、「容疑者になっても黙秘を貫け。知らぬ、存ぜぬで、罪を認めるな」というのが鉄則なんだそうです。

殺人事件の場合は、外国人を殺した場合は、大抵は死刑だったのですが、昨年2月の日本人女性教師強盗殺人事件の犯人は、懲役刑で終わってました。最近は、モンゴルのエルベグドルジ大統領が、国際的な人権保護団体「アムネスティ」の抗議で、モンゴルでの死刑廃止、的なことを提唱しているようですが、終身刑とかで、凶悪犯に三度の飯を与えているよりも、死刑判決が出たらわりとすぐに執行されるというほうが、被害者遺族の気持ちを考えるとリーズナブルな気がします。どのような理由があったとしても、人間が人間を殺す、というのは許されるべきではない。だから、はずみでも、わざとでも、人をあやめる場合は、「死なばもろとも」の覚悟でそういう罪を犯すべきだ、と思うから。
人一人の命という可能性を絶っておいて、後悔してる、更正する可能性があるから恩赦、なんて自分が愛する人を殺された立場なら納得できません。

まぁ、それにしてもモンゴルでの犯罪は、その多くが傷害罪。しかも酔っ払った勢いでのエスカレートというケースで、傷害過失致死や傷害の場合も、大抵、酔っ払い同士が知り合いだったりするから、お互いが生きている場合は、大抵、被害届は出ない。

あ、このパターン、、、今の横綱の暴行疑惑と似てますね。
示談は成立して1000万円の示談金、との報道があったり、示談になったのに警察が事情徴収みたいな記事もあったのですが、どうなってるのでしょうか?

2月になってからの横綱審議会にかけられる、ということですが、まだまだ実力に衰えず、話題としてもホットになるのですから、本人にまた大相撲を続ける希望があり、また今回の事件を後悔し、反省し、更正する気持ちがあるのならば、寛大な処置をしていただければなぁ、、、という思うのは、やっぱりモンゴル好きの贔屓の引き倒しか・・・

おっと、話がそれてしまった。

取調室で自分が容疑者、という立場だったら、やっぱり気が弱い小心者の私は、どれほど上等のカツ丼だったとしても、「生きた心地がしない」状態で、全然美味しく感じられないだろうな、と思います。

何はともあれ、もう二度と被害者にもなりたくないし、もちろん加害者として警察のご厄介にもなりたくない。なので、人を傷つけたりしないですむように、地道に淡々と生きていこうと思います。







自白しちゃうのはカツ丼?牛丼?
  • カツ丼
  • 牛丼
  • どちらでも自白
  • どっちにしろ自白しない!

気になる投票結果は!?



にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD
水難続きの自宅アパート。
謎の水漏れの正体は、トイレのタンクに続くパイプの老朽化によるものだ、ということで、パイプを自己負担で交換したのでした。
話はそれで終わったもの、と思っていたのですが。

本日、楽しい時を過ごしてうきうきしながら帰宅する途中で、アパート所有者組合(日本の町内会とか、マンションの住人理事会みたいなもの)の会長さんに呼び止められました。

どうも、私の所有物件の水道パイプのどれかからの水漏れで、構造壁が崩れそうだ、というのです。

確かに、廊下の天井からぽたぽた水が滴ってます。

でも、我が家が水を使ってなくても出てるのです。
言ってる意味がわかりません・・・

各部屋をチェックしていて、消去法的に、うちだ!ということになったらしいので、実際、どのパイプから漏水してるのか、あるいはしてないかすらわからない状態なのですが、水周りの配管全部が、セメントで塗り固められている我が家。(この工事は私が物件を買う前に施されていた)

会長さんの話だと、前の持ち主に、この工事をするように迫ったところ、工事をしないまま、物件を売却してトンズラこいたのだという。つまりは、私は思いっきりババ物件をつかまされた、ということになる。

とはいえ、構造壁が漏水の結果崩壊、というのは、私ではとても補填しきれない。

なので、来週中に主任配管エンジニアと会長さんと我が家が一緒に、水周りいったいの点検。
どこをどう工事するのか、を確認する、ということになりました。

あー、ツァガンサル前になんという悲惨なことに。

モンゴルってひどいなぁ、と思うのは、まぁ、私の過失ではない、いわゆるの老朽化による漏水の工事で、わが風呂の部屋が床から壁からぶち壊されても、復旧工事は一切してくれない、ということです。
道路でもなんでも、掘りっぱなし。ひどいと思いません?

この無責任さはなんでしょう?

大体、さんざん、私が入居してからも検査だなんだと、ぶっこわしては、「うちじゃなかった」ということで、無駄な点検、工事がくりかえされているのです。

あー、お金さえあれば、去年、あのお金をあきらめさえしなければ、私も出ていくところなんだけどね。

仕方ありません。いくらかかるかわかりません。
自慢のジャグジー風呂がどうなるか、もわかりません。
というか、もう使えないかもしれない、くらいにぶっ壊されることになること必至です。

でも、構造壁の保護、という名目で、私は自らを納得させて工事代も全部負担しなきゃいけないのです。

あー、理不尽だったら理不尽だ。

でも、こういう辛い目にあいながら、またひとつ「モンゴル」での修行レベルをあげるんじゃ。

あーーーーーーーーー。
働けど、働けど、ほんと、あの手、この手でモンゴルって私からお金をしぼりとっていくのね。
楽しかった一日におつりが出るほどの結末だ。。。


でも、めげないもん。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
にほんブログ村
AD